いつもは仕事の出来る女上司が泥酔…適齢期を過ぎた女の誘いに恐怖を感じながらもヤッてしまった!

ぴゅあらば

僕は地元では大きい住宅建設会社に勤めていた。

その時に泊まりの忘年会に出席する為、伊豆の旅館へ行った。総勢25名程度 飲めや、歌えやの大騒ぎで宴会も終り、潰れている人、寝る人、外へヌキに行く人を除いて2次会へ向かうことになった。

10名程で旅館を出ると、その中に足元フラフラで喚いている女性がいた。よく見ると設計担当のNさん33歳。いつもは仕事の出来る大人の女上司といった感じだが、今日その面影は無い。

「一昨日振られたんだってさ」
「それであんななっちゃったんスか」

隣を歩いていた先輩に聞かされる。
「おーい僕君!もうこいつダメだ」
「うるせーから旅館連れて帰ってくれ!」

一番下っ端だった僕に営業課長から命令が出た。もちろん断れる訳も無く任務遂行。やだな~と思いつつ酔っぱらいの相手をすることになった。
「ほら、ちゃんと歩いて下さいよ~」
「うるぅさいよ!あ、あんた・・」
「あんたにでぇあたしぃの○△×&%#」

もはや聞き取り不可能だった、Nさんの腕を掴み旅館へ連れて帰った。案内で室番を聞き、エレベーターに乗せる。部屋に着いて「はい、着きましたよ」と布団に座らせる。2人部屋の様だが相方は不在。

「水飲みますか?」
「じゃ僕戻りますから」

うつむいたまま返事無いし、部屋を出ようとすると呼び止められた。

「おい!ちょ、ちょっと僕!!」
「何スか?」
「お、おまえねぇ こ、こんなね」
「かぁいそうなあたしを1人にする気なのぉ」
「ひとりって・・・」

もう始末におえないNさん・・・。目の前を指差し、バンバンと叩きながら「まぁいいから座れ」と言われた。

「は、はい
「だから男ってのは云々・・・」

説教の始まり、でも内容の半分は振られた事のウップン晴らし、すると僕の携帯が鳴る 先輩のA美さんからだ。

「Nと今一緒?」
「どんな?荒れてる?」
「ええ」
「やっぱりぃ、きゃははは」
「じゃ私他の部屋で寝ーよおっと」
「じゃ頑張ってね」

プツッと電話を来られた。どうやらA美さんが同部屋だったらしい、さすが危機管理が出来てらっしゃる。僕は人身御供になってしまったらしい。

「A美さんは他の部屋でもう寝ちゃってるから戻らないそうです」

さすがに真実は伝える事ができずファローフォローした。Nさんは正座を崩した状態で、胸元と裾が開いて色っぽい、しかし相変わらずの説教は続く・・・。

「おい僕、お前、彼女は?」
「いないッスよ」
「そっか、お前も寂しいんだなぁ」

本当は居たのだがいると言えない雰囲気だったので思わず・・・答えていた。Nさんが僕を見つめる。そのNさんを見つめ返す僕・・・・・・というより蛇に睨まれた蛙状態だった。

すると、Nさんがいきなり僕の腕を取りおっぱいにあてがう。えっ、え~~!?なんでだろう~なんでだろう~少しパニくる。相手は適齢期をちょっと過ぎた女性。一瞬にして方程式が確立する。
キスする=明日からケコーンを前提にお付合い
オパーイさわる=明日両親紹介
セクース=明日二人でお役所へ

いきなりLEVEL2!マズイ、それは無理。やばいよ~やばいよ~!しかし当然僕も酔っている。手に余るおっぱいの感触がたまらないwww そんな時に突然Nさんが女のせつない表情を見せる。

そして「今日は忘れたいの・・・」と言われてしまい、ゾクゾクと立つ鳥肌。あー、えーと、どうしよ・・・んと考えて「わかりました。今夜僕はNさんの彼氏になります」と言っていた。

覚悟を決めたというか、諦めたというか、なるようになれ!って勢いだった。ねっとり交わすディープキス。ピチャ、ピチャとお互いの唾液を味わいながら激しく抱き合う。

Nさんの耳、うなじへと口を移し右手はおっぱいへ伸ばす。「アッ・・アッ・・ハアッ」体がピクッピクッと反応している。浴衣の襟元から手を入れ、肩まで捲るとワインレッドのレース刺繍入りブラの艶がまたヤラシイ。

ブラを強引に捲り上げると、おわん型で張りのあるおっぱいを直モミすると手からはみ出ている。毎日の様に会社で顔を合わせているNさんが今こんな状態になっている。いつもと違う興奮が僕を襲う。

少し黒ずんではいるものの、小さめの乳首にしゃぶり付き、舌で転がし、もう1つは中指で小刻みに弾くと「アッ・・アアッ・・ハアッ・・」と喘ぎ、軽く噛むと、悶えながら声を上げていた。

手をマンコに伸ばして触ると、ネチョッ、ピチャ、ピチャ、クチュッと愛液が指に纏わりつく。

「はぅっ、あ・・ああぁぁ・・はぁっ、はぁ、はぁ・・」
「凄い濡れてますよ ほら」

愛液の粘性を確かめるかの様に、中指と親指で伸ばして見せる。糸引く様子がエロかった。「舐めますよ」と言ってブラとおそろのパンツを片足だけ脱がせ、マンコを広げると、濃い目の毛にギラギラ光るひだ。

溢れる愛液はシーツまで垂れ、その液を掬い取るように舌を這わせると、自分で指を噛み「フグッ・・フウッ・・アッ・・」と声を抑えるNさんは顔を左右に振り快感に身を任せている。

クチョクチョわざと音を立てながらのクンニして、クリを剥き出しにしてから、舌で円を描くように愛撫し続ける。すると、「い・・いきそう・・イッちゃいそう」と声を出して悶える。

さらにクリを下から上へ激しく舐め上げると、「イッイクッ、はぁっ・・っあっ・・ハアハアハア」と体を何度もビクつかせイッてしまった。

その後は「そのまま上にきて・・」と言うのfで、膝立ちのまま顔の近くまで行くと、パンツの上からスリスリされて、「かた~い 食べてイイよね・・・」とパンツを脱がされフェラチオされてしまう。

下から上へ舐め上げ、横から咥える。ジュルジュルと音をたて吸い込まれるチンポ。Nさんの体温を感じる。片玉を口に含んでは出しを繰り返し、玉も竿も唾液まみれになった。

上から見るその光景にチンポも反応して、カッチカチになった。僕の右手はオマンコを愛撫していた。「フグッ、ハウッ、ヴッ」と口から離さず感じながらもしゃぶり続けるNさん。
我慢できなくなった僕は「入れますよ」と告げてから当然ゴムは無く生挿入した。「アッ・・アッ・・アッ・・」と喘ぎながらタプッ、タプッと揺れる大きなおっぱい。

完全に脱がせてない浴衣が帯の部分に集まるので、両足を僕の肩に架け、上から突き刺す。髪は乱れ、顔は隠れているが、また指を咥えていた「フッ、ンッ、ンッ」声にならない喘ぎ声だった。

そして「あっ、いくっ」と体位を変え帯を掴み、力任せに腰を振りラストスパートして腹上発射した。酒が入っていた事もありクラクラしていると「ハッ・・ハア・・こっちにきて・・・」と言われた。

息を切らせながら寄っていくと、お掃除フェラをしてくれた。根元からゆーっくりと絞り出されるザー汁。一通り終わって「ありがと」そう言うとNさんは眠りについた。

翌日、帰る為ロビーに向かうとNさんが駆け寄って来る。

「俺君・・昨日はごめんなさい 私・・・」
「えっ、何の事ッスか?何もないッスよね?」

Nさんは「そうよね!」と微笑んだ。

その年の忘年会は思い出を残しかっこ良く幕を閉じたはずだった、その後、暫くの間は思い出を引っ張り、Nさんと『女上司プレイ』にハマッてしまったのは言うまでもない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。