いい肉感の魔の美脚の虜に…同僚の淫乱女

俺は5年のニート生活の後、正社員で就職できたが、残業が凄い量だ。
俺と同じ年に入社した女が、会社にミニスカートや短パンジーンズを履いてきては、男の目をひいている。
その女は、ルックスも良いが、ほどいい肉感のある生足の持ち主でストッキング不要な脚のきれいな女だ。

今思えばわざとだろうが、ある日、残業していると、女子トイレから喘ぎ声が聞こえてきた。
俺は恐る恐る入り、奥を見ると、その女が、短パンジーンズのチャックを下ろし、指でいじっていた。

少しすると俺に気付き、驚いて立ち上がった。
暫くの沈黙の後、「舐めてくれない?」と言ってきた。
俺は二度頷いて近寄り、キスをしようとすると、
顔の前に手をやり「早く…」と言ってきた。

俺は興奮し、しゃがんで尻を掴んで引き寄せ、開いた「窓」からしゃぶりついた。
彼女は、俺の両手を「自慢の」太ももに誘導して上下させた。
俺がさすりながらしゃぶり始めると、彼女は自ら割れ目を開いて感じた。

俺が我慢できなくなり立ち上がって、窓を開けようとすると、
「ヤダ」と言って俺を突き放し、出ていこうとした。
俺は「分かったから」と言って彼女を引き止めた。
俺は再び舐め始めると、彼女は膝をガクガクさせながら感じ、股を俺に押し当てた。
俺がジーンズを脱がそうとすると、その手を掴み、右手を割れ目に誘導した。

俺は恐る恐る、その反応を見ながらゆっくりと指を入れ、彼女の可愛らしい喘ぎ声を聞くと、次第に速めた。
彼女の膝が曲がり、しりもちをついた。
彼女の太ももを引き、寝かせた状態で再び割れ目を舐めた。
彼女は、口を押さえながら、遂に自ら下半身裸になった。
解放されたように好き放題舐め回し、指をピストンさせると、彼女は絶頂に達した。

その後、挿入を試みると、股を抑え「今度は、○○君のイク所見たい」と言った。
俺は立たされ、ズボンを下ろすと、息を漏らしながら彼女はゆっくり起き上がり、俺のいきり立った棒をしごき、射精させた。
俺は思いの外大量に射精してしまい、しりもちをついた。
彼女はそれを見ると、「またね」と言い、頬にキスをし、帰っていった。

次の日、眠れなかった俺をよそに、彼女はミニスカートで出社していた。
当然の如く誰もいない事務室で残業していると、内線電話が鳴った。
取ると、彼女だった。
「昨日のトイレに来て」
「分かった」
と答え、俺はトイレに行った。
中をのぞきこむと、光が後ろからさした。
後ろを振り返ると彼女がいた。

写メを撮られていたようだった。
「可愛い。ホントに来たんだ」
彼女は笑顔で俺の手を引いて女子トイレの中に入った。
彼女は昨日いた窓際に立つと、突然真剣な目をし、掴んだ俺の手を股にやってさすらせた。
今日こそはと、俺はキスしようとしたが、
彼女はまた手を口に当てられ、「キスしないと嫌?」と言った。
俺は首を横に振った。

俺はその日も、スカートの中に潜り、彼女の太ももを愛撫し、キスをしながら割れ目を舐めた。
彼女を立たせたまま指で絶頂を迎えさせると、
彼女はうっとりした目で俺の股間をさすり、ズボンをおろし下半身を裸にした。

昨日よりは落ち着いていられたが、
彼女が肉棒を握った後、
もうひとつの感覚が襲うと、俺は冷静ではいられなくなった。
彼女は、舌で俺の肉棒を舐め、口に含んだ。
俺は彼女にされるがまま、絶頂に達した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。