美人になった女子大生の従姉妹の彼氏代わりになってセックスした話

大学にも少し慣れ、友達らしき者も出来、遊びも多少覚え始めた頃、或る土曜日に、従姉妹のアキから電話が掛かって来ました。僕のオフクロから連絡が有って、僕の事を宜しく頼むと言われたとか言ってきた。

実際はアキのオフクロさんと僕のオフクロが話してる時に、話のついでに僕が東京で1人なんで「アキちゃんにヒロシ(僕)の事宜しく頼むって言っといてね。」なんて会話だったらしいんですが・・・。

まあ兎に角、会おうと言う事になりました。田舎モンでも分かる、待ち合わせのメッカ「渋谷のハチ公前」で待ち合わせの時間が来てもアキは来ません。当時携帯なんて無い時代です。

そうだ、アキとこの前はいつ会ったっけ?中学ン時?4~5年前?お互い変わってるだろうなぁ・・・と思ってると「ごめ~ん。待ったでしょ?」と斜め前にアキが立っていました。正直「きれ~。」と思いました。

アキは3つ上だから、20か21歳。「ヒロ変わらんねぇ。」と笑いながらアキが言いました。「そう?アキは変わったよね。って言うか東京の女になったやん。」僕は何とか動揺を悟られないように振るまいました。

「飲めるよね。なんか食べながら、飲もうか?」
「うん、ホントは未成年やけど・・・」
「いい、いい。大学生やし大丈夫、入学祝してあげるよ。」

僕の前を歩き出しました。渋谷のイタ飯屋、と言うより何でも屋みたいな店に行きました。東京の話、親戚の話、大学の話・・・・ 話は尽きません。酒も、会話と一緒にドンドン入ります。

その内に「ねぇ、ヒロの部屋見たい。いいやろ?」と酔っ払ったアキが言ってきました。「えーーーーーっ、汚いし、又にしよ。なっ、又にしようよ。」僕も慌てて言いました。本心では、嬉しかったんですが・・・何故か断りました。

「いや、行く。奢ってやったお礼と思え!」アキも諦めません。そんな訳で、僕のアパートにアキはやって来ました。途中でビール、チュウ杯、ツマミなどを買い込んで向かいました。

5月の終わり頃だったと思います。まだ少し肌寒い夜でした。部屋に着くと「意外と綺麗にしてるやん。彼女でも出来たん?ヒロ、モテルやろ?」とビールをシュポッと開けながら、アキが部屋を見廻して言いました。

「そんなんまだ出来んよ。俺、割と綺麗好きやけんね。」と僕はベッドを背もたれにして座り、アキは対面に座って飲み始めました。

しばらく雑談をしていたら「今日、泊まっていい?明日休みだし・・・ヒロは予定あるん?」えっ・・・・泊まる?いくら従姉妹と言っても、暫く会ってなかった上に、綺麗になってるしと迷っていた。

「都合悪い?・・なら 帰るけど・・」
「いや、都合は悪くないけど、狭いし・・・ 何処に寝る?」
「私はベッドじゃ駄目?」

覗き込む様に言われると、あせりながらも「いいけど・・。や、いいよ。」ともうアキに逆らう気は無くなっていました。すると僕の隣に座ってアキは話し始めました。

「ねぇ、ヒロはさぁ、小学生の時から私と気が合ったでしょ?」
「私は従兄弟の中でも、ヒロが一番好きよ。」

「俺もアキが一番好きだなぁ。年も近いし・・・」
「アキは彼氏は居るんやろ?綺麗やし、モテるやろ?」
「女子大って男と知り合う機会が少ないしねぇ・・・」
「そっか、フリーか。暫く彼氏代わりしてやろうか?」
「ほんと?でもヒロこそ本当に彼女居ない?」
「うん、東京に来る前に別れた。遠距離は無理だし・・・」

その時、アキの顔が近付いてきました。逃げるように顔を背けたら「キスして。ヒロ。彼氏やろ?」と言い酒臭いけど、柔らかい唇が触れて来ました。応えるように流れでアキの頭を抱えて舌を入れました。

アキの上あごを舐め回し、唾液を吸い上げました。完全にもたれかかって、僕の膝の上に上向きになっています。目の前にアキの顔、そして小ぶりなオッパイがあります。そっと胸に手を置きました。

何の抵抗も有りません。ブラウスのボタンをはずしていこうとしますが、焦ってはずれません。「待って・・・」アキは起きあがると、自分でカーディガン、ブラウスを脱ぎました。

ブルーのブラだけになると、再び僕の膝の上に仰向けに寝てきました。ブラの上から胸を揉みます。外すのが面倒臭かったので、ブラを上に押し上げ乳首を出しました。ピンクとは言えないけど、小さめの乳首がツンと威張っていた。

そんな様子に堪らずに吸い付き、キスしながら、乳首舐め、又キス・・・。アキは膝から上半身を反り返り、乳首だけが僕の顔の前にきていた。スカートの上から股を触りました。盛り上がったデルタ地帯。

思ったより固い。その時、アキが僕の手を押さえると、「ねぇ、ベッドいこ。ヒロも脱いでね。」と僕とアキはパンツだけになり、ベッドの入りました。ねっとりしたキスから始めました。

その前に、僕はどうしてもアキに聞いておかなくてはならない事があった。

「アキ、俺達いとこやん。こうなってもいいんかな?」
「あのね、いとこは結婚も出来るんよ。」
「まぁヒロと結婚はしないと思うけどさ。だからして・・・」

もう理性なんか有りません。思ったより毛深いアキの股間を舐め回し、指を入れました。「ヒロ ここ吸って・・」小さな突起物を指で剥き出すアキ。これがクリトリスか、優しく吸ったり、激しく吸ったりすると「あ~ 気持ちいいぃ~ ヒロ気持ちいい。」と喘ぎだした。

僕ももうパンツは濡れ濡れです。アキの手を持って僕のパンツへ導きました。「なに?こんなに濡れてるやん。もう出たん?」と聞いてきたから「違うよ。男の潤滑材。もう入れたい。アキ入れていい?」と素直に要求した。

僕は高校時代、経験は有りましたが、数えるほどでした。「いいよ、ヒロ来て。」と言われて僕はアキの上に乗り、チンポを持ってアキの毛深い所に当てたけどなかなか入らない。アキも尻を動かして、受け入れようとしてくれた。

「ヒロもしかして初めて?」
「いや、初めてじゃないんやけど、どこ?」
「ヒロ キスして。」

キスをしてるうちに、アキの手が僕のモノを掴み、自分のトコロにあてがいました。「入れて。」と言うので、腰を突き出すと、ヌル~とした暖かい中へ。「アキの中はすごく気持ちいいよ。」と声が出てしまう。

そんなにピストン運動する前にアキも僕の首に手を廻し「ヒロ ヒロ 好き スキ・・・」と連呼する。僕は溜まりすぎてもう限界でした。だから「アキもう出る。出していい?何処に出す?」と射精を告げた。

するとその時アキが足を絡めてきました。腰を押し付けて来るのを無理矢理離し、「駄目アキもう出る。」とアキの股の毛の上にたっぷり出しました。荒れた呼吸を整えテイッシュでアキの毛を綺麗にした。

僕のモノも拭き取りました。ベッドに並んで寝て、煙草を吸いながら聞きました。

「どうして、最後 足絡めて来たん?」
「間に合わんかったらどうするつもり?」
「・・・・・・・・・」
「なんで、黙っとるん?」

「あのね、私、ヒロだったら・・・。」
「子供出来ても良いかなぁって、一瞬思った。ごめん。」

そんな事を言われた僕はアキを抱きしめました。可愛いっていうか愛しいと本当に思いました。もう従姉妹とかいう感情はありませんでした。本気で好きになっていた。

「アキ、まだ僕は1年だよ。子供出来たらどうするん?」
「そうだね。でもあの時はそう思った。」

今度はアキからキスして来ました。これが僕とアキの最初でした。1回戦はアキはイカかなかったそうです。そりゃそうですよね、自分の事しか考えて無かったから・・・。だから2回戦は僕がイニシアティブを取って、アキも満足していたようです。

後日談として、僕が大学2年の時に2人の関係がアキの姉ちゃんにばれて、家族の公認になりました。そして、今は僕の可愛い嫁さんです。家族の反対は特にありませんでした。

いとこ同士の良い所は、親戚付き合いが一緒だから、面倒臭くない所かな?今は九州の田舎で、浩と亜希子は暮らしています。

読んで下さった皆様、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。