高校の時に筆下ろししてくれた相手は同級生の妹の小学生

今から30年くらい前の話なんだけど、当時俺は高2で童貞だったから早く初体験したくてたまらなかった。

友人「お前知ってるか?隣のクラスの小野布美子って」

俺「ああ、あの根暗そうなメガネの女だろ?」

友人「そうそう、その小野布美子の妹がヤリマンで、頼めば簡単にヤラせてくれるみたいだぞ」

俺「マジかよ!?あいつの妹だからブスだろ?それに噂だけじゃねえの?」

友人「A先輩がヤッたって言ってたからマジかもしれねえぜ」

そんな話を学校の昼休みでしたんだけど、ちょっと気になって放課後にA先輩に直接聞いてみた。

ちなみにA先輩は同じ高校の1つ上の先輩。

A先輩「マジだよ。何ならお前もヤルか?お前確か童貞だったよな?ヤラせてくれるか聞いといてやるよ」

A先輩に頼んだけど、本当なのか嘘なのかわからなかった。

すると翌日の朝、学校に来るとA先輩が俺のとこにやって来た。

A先輩「おい、今日空いてるか?聞いてみたらOKだってよ。今日の夕方5時に○○公園に来いってさ、良かったな」

俺「マジですか?ありがとうございます。そう言えばその子の名前知らないんすよ」

A先輩「小野雪美って名前だ。楽しんで来いよ」

それからは放課後になるまでドキドキワクワク。

こんな日って時間が立つのがマジ遅く感じる!

そんなんでやっと学校が終わり、一旦家に帰宅し着替えて指定された○○公園に向かった。

ドキドキワクワクだったけど、マジで来るのか不安になってたのも事実。

「ノボルちゃん???」

公園で待ってたら俺を呼ぶ声がしたので振り返ると、何とランドセル背負った小学生がいた!!

俺「えっ!!も、もしかして雪美ちゃん!?」

雪美「そうだよ~(笑)」

俺「小学生だったんだ・・・」

雪美「聞いてなかったんだ~(笑)私が小野布美子の妹の雪美で~す(笑)さあノボルちゃん早く行こうっか?」

ノボルちゃんてちゃん付けで名前呼ぶなんて、まあ小学生だから良いか・・・。

歩きながら話してると雪美ちゃんは小5で、すでにこれまで30人とセックスしたベテランさんだとわかりました。

しかし、正直小学生とヤルなんて考えてなかったんで断ろうかと思ったんですが、セックスベテランのヤリマン小学生なら良いかと思ったのも事実です。

雪美「ここ、ここだよ。さあ入ってぇ」

着いたとこはボロい空き家です。

俺「こんなとこでいつもヤッてんの?」

雪美「仕方ないじゃん、家にはお姉ちゃん居るし、他に場所ないから。早く入ろう、こっちこっち」

雪美ちゃんに連れられてその空き家の裏に行くと、裏の窓が1ヶ所割れてか何かで無くなっていて、そこから中に入れそうでした。

雪美ちゃんはその窓から四つん這いで中に入ろうとしています。

するとどうでしょう!!

四つん這いだったので雪美ちゃんのスカートの中が見えたのです!!

スカートがミニだったのはその時まで全然気付かなかったけど、スカートの中が見えてパンツが見えた時、俺は興奮してもう勃起していました。

しかも雪美ちゃんのパンツは食い込んで、ワレメちゃんの型がクッキリと出ていました。

俺は急いで雪美ちゃんの後に続いて中に入ると、いつの間にか雪美ちゃんに抱きついていました。

雪美「あはは、慌てないでよ(笑)ノボルちゃん童貞でしょ?聞いてるよ。私がしてあげるから(笑)」

雪美ちゃんはそう言うと、背負ってたランドセルを下ろして押し入れから毛布出して敷くと、俺のズボンを脱がしてくれて毛布の上に寝かされました。

パンツ脱がされ俺のチンチンを舐め始めた雪美ちゃん。

小学生にチンチン舐められるとゾクゾクきますね。

それから雪美ちゃんは自分でパンツだけを脱ぐと俺に跨がり、騎上位で早くもチンチンをマンコに入れてきました。

跨がる時に雪美ちゃんのマンコが見えましたが、やはり小5なんでパイパンでした。

マンコはヌルヌルがいっぱいで、簡単にチンチンは膣内に飲み込まれていくのがたまりません!!

奥までチンチンが届くと、雪美ちゃんはゆっくり腰を動かし始めます。

雪美「精子出したい時に出していいからね」

実は早くもイキそうになってた俺。

俺「雪美ちゃん、もう出そう!!」

雪美「うん、出していいよぉ~、初めての時は早いのが普通だから」

俺「どいて!!もう出るから!!」


雪美「中に出していいんだよ(笑)私、まだ生理ないから中に出して!いっぱいマンコの奥に出してね(笑)」

俺「あっ!!出る!!」

ビュルビュルビュルッ!!

雪美ちゃんに中出ししちゃいました。

雪美「童貞卒業させたのこれで20人目だよ(笑)もっとできるよね?今度は私が下ね」

射精してもまだ勃起してた俺は、急いで雪美ちゃんを寝かせると正常位で即挿入!!

だけど入れるとこわかんないから雪美ちゃんに手伝ってもらいました(笑)

正常位で腰を振りながら雪美ちゃんの少し膨らんだオッパイを露出し、オッパイ舐めまくり!!

それからディープキスしてお互い舌を吸い合っていたら直ぐに射精感が!

俺「雪美ちゃん!また出したくなったよ、また中に出すね」

雪美「うん、中に出してぇ~!!いっぱいマンコの中に出してぇ~!!」

ビュルッドクドクッ!!

2回目も大量に中出ししちゃいました。

外も薄暗くなったのでその日はもう帰る事に・・・。

雪美「また出したくなったらいつでも呼んでね」

その頃はまだ携帯なんて無かったので、自宅の電話番号交換して帰りました。

後日、何度電話しても雪美ちゃんは忙しくて日程合わずでした。

ヤリマンちゃんだから早いもの勝ちで日程が決まるので俺の番は3週間も先でした・・・。

俺が童貞を捨てた日はたまたまヤル相手が前日にキャンセルとなり、その日が空いたので俺がたまたまヤレたというわけです。

後日また電話すると・・・。

雪美「ごめんね、日にち合わなくて。代わりにお姉ちゃんとヤッたら?」

俺「あいつ処女だろ!?俺は経験してる女がいい」

雪美「あ~、知らないんだぁ~(笑)お姉ちゃんもヤリマンだよ(笑)」

俺「マジかよ!!根暗みたいだから処女だと思ってた!布美子でもいいからヤリたい!!セッティングして」

雪美「あはは(笑)わかった、今聞いてくるからちょっと待ってて」

しばらくして・・・。

雪美「聞いてきたよ。OKだって、良かったね。でもお姉ちゃんは今生理だからあと1週間位先でないとダメだって」

俺「マジか~、やっぱ直ぐは無理か~」

雪美「じゃあ私の友達とやる?友達にもヤリマンちゃんいるから(笑)」

俺「うん、お願い」

そんな訳で雪美ちゃんはその友達に電話で連絡して俺に紹介してくれた。

だが、その友達はデブスだったので1回だけして帰りましたよ。

まだ雪美ちゃんの姉の布美子がマシです。

ちなみに雪美ちゃんは深田恭子が小学生になった感じです。

その後、布美子とヤリましたが生外出しだったんでスッキリしませんでした。

やっぱりセックスは生中出しが一番ですよね(笑)

雪美ちゃんとは高校卒業するまでセックスしましたが、俺が他県へ就職で引っ越ししたので高校卒業してからは雪美ちゃんとはヤル機会はありませんでした。

ただ、姉の布美子とは正月やお盆に帰省した時にはヤリましたね。

今でも懐かしい思い出です。

コメントを残す