大学の同じサークルの巨乳の同級生

サークルの歓迎会で、その子が酔って話しながらテーブルに胸を乗っける感じになってたのを今でも覚えてる。(Eカップとの事)

自分は今まで胸の小さい子としか付き合った事なかったから、その光景に興奮して初めて会ったのにすぐに仲良くなりたい衝動に駆られた。

元々の性格が似ていた事もあり、直ぐに仲良くなれた。

それから数ヵ月経って、別のサークルの飲み会の後でいつものように二次会の話が出た頃に、自分もお酒には弱かったけど、その子に

「お酒に弱いもの同士で二次会しようか?」

的な提案してみた。

その子の反応は案外良くて

「行きたいな♪」

ってすぐに言ってくれた。

なかなか自分に対して好感を持ってくれてるみたいだったから、これはひょっとすると・・・なんて考えた。

店で飲むのも考えたけど、結局自分の家に来る事になった。

その日は家には誰もいなかったのでドキドキしまくり。

自転車で二人乗りして帰ってたら背中に巨乳が当たり、完全に勃起してた。

家に着いてからも勃起が収まる事がなく、巨乳が気になりっぱなしになってて、経験の少ない自分はどうやってHに持っていくかしか考えられてなかった。

その子が家に着いてコートを脱いだら、いつも夢見てた巨乳が現れた。

現れたと言ってもまだシャツは着てたけど、2つの大きな膨らみにまた興奮した。

とりあえずヤラしい考えを捨て、普通の話をしてたんだけど、その子が突然

「恥ずかしいよ・・・」

って言い出した。

「何が?」

って訪ねたら、自分のアソコが完全に盛り上がってるのが隠しきれてなかったからだった。

自分のに自信は無かったけど、家についてジャージに穿き替えた為に盛り上がりが目立つ形になってしまってた。

何とかして誤魔化そうとしたけど、気付かれたならエロトークに変えようと思って色々聞いたら、Hどころか男と付き合った事も無いとの事だった。

ただ、お盛んな友達から色々とHな話は聞いていて凄く興味はあったみたいだった。

軽くまだ酔ってた勢いも利用して

「俺の触ってみる?」

って聞いたら、恥ずかしそうに

「うん・・・」

って言ってジャージの上から勃起したアレを触り始めた。

Hした事ないって事もあって触り方はぎこちなかったけど、逆にそれが興奮した。

我慢出来なくなってその子にキスしたら、

「うんッ・・・うんッ・・・」

って声を出し、完全に理性は飛んだ。

服の上から巨乳をグニュグニュ揉んだら

「ダメっ・・・恥ずかしい」

って言うけどもう収まるわけなかった。

すぐにブラを外して生で巨乳を揉みまくった。

その柔らかさと恥ずかしがるその子に興奮MAXになってしまい、パンツに手を入れた。

「あっそこはダメ!」

って言われたけど、アソコはもうビッチャビチャな状態に。

既にイキそうになってたので、

「我慢出来ない。入れていいよね?」

って聞いたら、

「うん・・・」

って答え。

野獣のようにパンツを脱がせてゴム装着後に正常位で入れた。

「あっ!あっ!」

って声を出してたから

「初めてだよね?痛くない?」

って聞いてみた。

そしたら


「痛いけど気持ちい・・・止めないで・・・」

って言われ、どんどんアソコが締まってきた。

ずっとイキそうで我慢しっぱなしだったため、正常位で巨乳を揉みながら動いてたら直ぐにイってしまった。

彼女も初めてのHでビクンビクンしてたけど、剥き出しになった巨乳に興奮が収まる事はなく、また揉み始めた。

「もうダメっ・・・また変になっちゃう・・・」

なんて可愛い事を言うから、次はバックで巨乳を揉みながらガンガン突いた。

「あっ!あっ!あっ!」

ってずっと声を出して巨乳をプルンプルンさせてる姿に興奮した。

彼女にとって初めてのHではあったものの、ゴックンしてもらいたくなった自分は、

「イキそうになったら飲んでもらっていい?」

って聞いた。

初めてのHであるため、フェラだってした事ないその子は

「うん・・・いいよ・・・アっ!ダメ!」

って叫んでた。

パンパン、パンパン音が部屋の中に響き渡り絶頂を迎え、ゴムをすぐ外すと彼女の口にアレを持っていった。

咥えるというか触れたぐらいで勢いよく口の中に精子が出した。

「飲んだら吸って綺麗にして」

ってお願いすると、チュパチュパ吸ってくれた。

初めてのフェラは歯が当たったりしてちょっと痛かったけど、凄く気持ちよかった。

Hが終わってから付き合って欲しいと伝えたら

「そうなれたらいいなって思ってた♪」

って笑顔で言ってくれた。

今は別れてしまったけど、それから巨乳をタップリ堪能させてもらいました。

ここからは付き合ってた頃の話です。

その日は普通にデートをしていたのですが、電車で移動中にも人目につかないとこでキスしながら巨乳を揉みまくってました。

「ダメだよ、恥ずかしいよ」

なんて言われてましたが、強引にキスしてたらむしろ向こうから舌を入れてくるぐらいで、興奮しまくりでした。

それから買い物とかして、晩御飯も食べて

「そろそろ帰ろっか?」

と聞いたら、

「帰りたくないなぁ・・・」

って彼女が・・・。

ドラマでしかそんなの聞いた事ねぇよ!!って思いながら、そのままホテルへ。

その日の彼女はストライプのシャツを着ていたのですが、巨乳が強調されてて凄くエロかったです。

部屋に着くなり、ディープキスしながらシャツのボタンを外すと巨乳を包む水色のブラが。

すぐにパンツに手を入れ、

「いや・・・いやっ・・・」

なんて口では言ってますが、彼女のアソコは既にビッチャビチャでした。

水色のブラに彼女はその日はなんとTバックを穿いており、我慢汁全開で勃起していました。

「何で今日こんなにセクシーなのさ?」

と聞くと

「今日はずっと一緒にいたかったから、勝負下着みたいな(笑)」

と可愛く笑顔で言ってました。

それからベッドに押し倒し、巨乳をムニュムニュ揉みまくり吸いまくって、それから俺のチ○ポを手でしごいてもらいフェラを始めてくれました。

「ジュポッ!ジュポッ!」

と静かな部屋にイヤらしい音が響き渡り、

「凄いしょっぱい汁出てるよ・・・」

と彼女は言ってました。

それだけでイキそうだったのですが、フェラしながら揺れる巨乳を見てると部屋にあったローションでその巨乳を揉みたくなってしまいました。

 悩む事なくローションを購入し、彼女の巨乳にローションを塗りたくりました。

「あんッ冷たいよ!」

と最初は言ってましたが、すぐに気持ちよくなったみたいで目がトロンとしてました。

彼女の後ろから巨乳を揉んでましたが、その間にも彼女はチ○ポを手でゴシゴシしてくれました。

今日の雰囲気ならと

「ねぇ、パイズリって出来る?」

と尋ねました。

「えぇ~やった事ないよ!どうしたらいいの?」

と彼女が言うので、彼女には巨乳を手で寄せてもらい、俺が動く形になりました。

俺も初めてのパイズリ経験でした。

彼女のローションまみれの巨乳に包まれヌチュヌチュいってて凄く気持ちよかったです。

思わずそこで1回発射してしまいました。

発射した精子は彼女の顔に付いてしまい、彼女は顔を拭いた後にシャワーを浴びに行きました。

「恥ずかしいから入ってきちゃダメだよ!」

とは言われたけど、今更何を言ってるんだと彼女が髪を洗い出したらすぐ入ってやりました(笑)

両手が塞がる彼女に後ろからローションをまたつけて巨乳を揉みまくりました。

「あッ!ダメだよ!あっ!あっ!」

と声を上げる彼女。

俺のチ○ポは完全に復活!

彼女の髪に着いた泡を軽く流したらすぐに立ちバックで挿入。

バスルームにはパンパン、パンパン、と音が響き渡り

「あんッ!あんッ!もうダメっ・・・立ってられない・・・!」

と感じる彼女に興奮しまくりでした。

そして揺れるローションまみれの巨乳。

我慢の限界でした。

安全日とか関係なく中に出してしまいました。

「凄く気持ちよかった・・・もし出来てても○○(俺)との子ならいいよ」

としゃがみこんだ彼女の言葉が凄く嬉しかったです。

その後もパイズリに69と色々やって結局4回もイってしまいました。

そんなラブラブだったのですが別れはきてしまい、彼女の巨乳は堪能出来ない日が来てしまいました。

彼女程の巨乳を体験したのは俺の人生で最高の体験でした。

エッチな体験を投稿しませんか?

人気エッチ体験談サイト

コメントを残す

フォローする