嫁さんと勘違いして他人の人妻におもいっきり中出し

会社の部署別対抗野球でファーストに滑り込んだ俺は、足首を複雑骨折してしまった。

志願して出場したわけではないので完治するまで長期休暇を貰える事になったのはいいけど、今って骨がようやくくっつき始める位ですぐリハビリをさせられるらしい。

理由は、関節が固まっちゃうから。

それが痛いのなんの。

最初の頃は絶叫した。

ようやく何とか間接が動くようになったら、かみさんがご褒美にって東北の某温泉で湯治する事になったのである。

温泉といっても旅館ではなく、いや旅館なのだが湯治施設というか。

木造の宿舎みたいなのが旅館の横に建っていて、長期療養者はそこで自炊して暮らすというそういったもの。

閉山前ギリギリという事もあって他に泊まってる人もおらず、寂しい事といったらない。

だってまだヨチヨチ歩きで自由に外散歩する事も出来ないし、本読んでてもすぐ飽きちゃうし。

もう限界!帰る!ってなった時に長澤さん夫婦がやってきた。

それが奇遇な事に、俺と全く同じ社員野球で足を骨折して療養に来たと言うんだから笑った。

歳も俺と旦那さんと歳が1つしか違わなくて、何か運命を感じますねぇとか言って、それからはかみさんを山の麓まで車で酒買いに行かせて毎晩宴会騒ぎ。

誰も居ないんだから気楽なもん。

最後の方の、もうほとんど全快になった頃なんて、おいちょかぶ負けた方が真っ暗な中外の自販機までジュース買ってくるとかいうアホな事もした。

「あぁ、何か修学旅行に来たみたいだね」

と言いながら、遅まきながら青春を謳歌したわけだ。

でも、楽しい時というのは一瞬で終わってしまうもので、あれよあれよという間に宿泊最終日になってしまった。

皆で朝、「今日で終わりだね」ってシュンとしちゃった。

「よし!今日はとことん飲むぞ!」

って言って、かみさんにいつもにも増して酒を買ってこさせた。

暖房の効きがうちらの部屋の方がいいんでいつもはうちらの部屋で飲んでたんだけど、その日に限ってなぜか暖房がほとんど効かず、結局長澤さんの部屋で飲む事に。

もう寂しさ紛らわす為に夜更けまでめくらめっぽう飲んでて、いい加減小便行きたくなってトイレ行って戻ってきたら部屋が真っ暗になってた。

足下に布団の感触があったから就寝時間になってることが分かった俺も、酔っぱらってて立ってるのしんどくなってたからバタン!と布団に横たわった。

しかし暖房効きが悪いなぁ・・・と思いながら天井を見てると、手に人肌の感触がある。

あ、かみさんだと思って思わずギュッとその手を握りしめた。

かみさんも握り返してきたんだけど、沸々と性欲が沸き上がってきて思わずかみさんの布団に転がり込んだ。

寂しさもあったと思う。

かみさん何も言わずにじっとしているので、俺はそのままかみさんの上にのしかかると、キスをしながらパジャマのボタンを外して胸元に手を差し込んだ。

普段だと、アン!の一言ぐらいあるのだが、長澤夫妻に聞かれてはまずいと思ってるのだろうとそのまま乳房にむしゃぶりついた。

とりあえず上半身を裸にすると、俺も裸になってキツく抱き合いながらお互いの肌の暖かさを確かめ合い、寂しさを分かち合った。

その間もかみさんは「んっ」というくぐもった声とハァハァという吐息しか漏らさず、今日は随分と辛抱強いんだなと思いながら、いよいよかみさんの一番大事な部分に指を差し込んでいった。

「はぁん・・・」とようやくかすれたような声を出したが、差し込む俺の腕をキツく両足で挟みながらそれ以上の声は漏らさない。

でもあそこはネットリと湿り気を帯びてて、臨戦態勢は整っているご様子。

俺もかなり酔ってたから前戯するのもしんどくて、パジャマの下も下ろして、そのままかみさんの両足の間に体を滑り込ましていった。

結婚2年目、そろそろ子供が欲しいねと言ってた矢先の骨折だったから、今日こそは溜まりに溜まった子種をかみさんの中にぶちまけてやろうと思った次第。

ヌヌヌという湿った肉に包まれていく感触。

とっても久しぶりで、俺はまるで童貞君のようにひと擦りで射精しちゃいそうになった。

いやぁ改めてオマ○コとやら、よう出来とる。

とりあえず一番奥までズヌヌヌウと入って子宮口でコツンと亀の頭が、そこで行き止まりですよ!と制止されるまで挿入し、そんで改めてかみさんと唇を重ね合った。

レロレロと舌で咥内を掻き回しながらグリグリとチン○で中を掻き回す。

上と下とで掻き回す。

かみさんの膣(なか)を掻き回す。

レロレロレロレログリグリグリグリと、粘膜同士が擦れて最高に気持ちいい。

出す時は、とにかく子宮の入り口に亀の頭を潰れんばかりに押し付けて、溜め込んだ俺の子種を一滴残さずかみさんの子宮の中に注ぎ込むんだ。

そんな気持ちで一杯だった。

俺はかみさんの両足を抱え上げると、痛いくらいに亀の頭を子宮の入り口に押し付けた。

アアン・・・!と、さすがにかみさん歓喜の声を漏らし、体を仰け反らせた。

弓のように体をしならせると、真っ暗の中でもかすかに乳房の盛り上がりがそれと確認出来る。

かみさんも受け入れ体勢万全だ。

あたかも


「あなた全部私の中に出してね♪」

と言っているかのような姿勢だった。

出さいでか!

ドビュ~!ビュウ!ビュビュウ!ドックン!ドックン!ドックン!ドックン!

一気に俺の尿道から熱い迸りが、かみさんの子宮へと注ぎ込まれる。

一切の逆流は許さない。

一分の隙間もないようミッチミチにハメ込んで精液を肉道に残さず直に子宮へと流し込んでいった。

「ああぅぅ・・・!」

俺のおびただしい射精を感じたかみさんは、ブルブル身を震わせながら俺にしがみつき、衝撃に声を漏らしながら耐えている。

俺もかみさんをキツく抱き締める。

唇を重ねる。

俺達夫婦はこれ以上不可能という程に1つになった。

やがて全ての精液を注ぎ終わっても俺はチン○を抜こうとしなかった。

逆に妻のくびれた腰を抱え尻を少し高くして、子宮口辺りの僅かな隙間にも残っているであろう精液ですらも残したくなかったからである。

その時、何で自分がそれ程にまでに種を妻の子宮に注ぎ込む事に執着したのか分からなかった。

とにかく本能にも似て俺はそうしなければならない衝動に駆られていたのだ。

結局、俺は妻の額にキスをしたり首筋を愛撫したりしながら30分以上ハメ続けていたと思う。

もっとそうしていたい気持ちは山々だったが、かみさんもいい加減重いだろうという配慮から、俺は名残を惜しみながらもかみさんの中からチン○を引き抜いた。

フゥ・・・・とお互いに大きな溜め息。

あまりのハモリっぷりに思わずお互い噴き出した。

気づけばあんなに飲んだにもかかわらず酔いもすっかり覚めていた。暖房が効かず寒かったのもある。

漠然と漆黒の天井を見る。

田舎の夜は多少の光は全て吸い込んでしまうようで、本当の意味でも真っ暗闇だった。

まるで出口のないトンネルの前に立っているかのように、天井は一切の光の侵入も許さなかった。

年甲斐もなく怖くなった俺は、人肌を感じたくてかみさんの手を取って強く握った。

かみさんも強く握り返してきた。

「とうとう今日で終わりね・・・」

とその声を聞いた瞬間、俺はとっさにかみさんの居る方の闇を見た。

ん?あれ?・・・・何かが違うような、決定的に何かが食い違っているような・・・。

あれれれ?

俺は立ち上がり電気のスイッチのある方向へ手探りで歩いた。

まさか!まさか!まさか!

急激に心臓の鼓動が早くなる。

「あなた、どうしたの?」

そう彼女が言ったその時だ。

俺は電気のスイッチを見つけ、それを押した。

急に部屋が明るくなり、俺は眩しくて何度か目をしばたたせた。

相手を確認し、俺は息を飲んだ。

「きゃぁ!」

小さく悲鳴を上げる長澤さんの奥さん。

そう、何をどう間違ったのか、俺達は互いの伴侶とまぐわっていると勘違いしていたのである。

そんなのってアリか。思わず目を疑った。夢かとも思った。夢であってくれとも思った。

「どうして・・・」

俺はそう言うのが精一杯だった。

「あれ?ここ・・・あれ?」

長澤さんの奥さんは部屋番号を確認し、自分が間違った部屋に来てる事に初めて気づいたようだ。

どうも奥さんもトイレに行ってそのまま部屋を間違ってしまったらしい。

酔っぱらって眠くなったので、自分の部屋で寝ようと思ったそうだ。

いや、実のところ俺自身も勘違いをしていて、いつものように自分の部屋で飲んでいるように思い込んでしまっていたのだ。

 長澤さんの奥さんは全裸のまま毛布を抱き締め、身じろぎもせず俺を見つめている。

シンとした静寂が訪れた。

「・・・って事は旦那さんはあっちの部屋だよね」

と、やっとの事で言葉を吐き出すと

「あ、そうだ、どうしてるのかしら」

と言って奥さんは身を起こし、散乱しているパジャマと下着を探している。

俺は慌てて窓の方向へ向いた。

すると、窓に奥さんの裸体が映し出されて慌てて俺は目を伏せた。

「すいません、もういいです」

背後から声が聞こえて俺は目を上げた。

恐る恐る長澤さんの部屋へ向かう最中、もしもかみさんが同じように抱かれていたらと思うと猛烈に緊張し、心臓が高鳴った。

しかし、まだ煌々と明かりが漏れていた。

「まだ飲んでるのかしら?」

奥さんがいつもと同じような口調で話すので、ようやく少し俺の緊張も解れた。

よかった、と安堵した。

お互いの勘違いと信じてくれたようだ。

いや、本当に勘違いなのだが、それでもやはり女性としてはなかなか許せるものではないだろう。

「まさか、もう寝てるでしょ」

「電気も点けっぱなしで?」

と言いつつ部屋を覗き込むと、俺の予想通り2人とも大の字で爆睡していた。

ビールやウィスキーの空き瓶が散乱する中で、飲みながら潰れてしまったのだろう。

そっとお互いがお互いの伴侶に毛布をかけてやり、奥さんが電気を消そうとしたので俺は慌てて止めた。

暗くて間違っちゃうといけないからと、俺が言うと奥さんはプッと噴き出した。

「そうよね、危ない危ない」

よかった、いつもの明るい奥さんの笑顔だ。

心底安堵した。

「どうする?」

俺が奥さんに聞くと、

「ここで4人でザコ寝は厳しいわよねぇ」

と言いながら、とりあえず空き瓶や缶を片付けているので、俺も慌てて手伝った。

それはそうだ一部屋四畳半しかないのだから。

「しょうがない、起こしますか」

と言って俺が妻の肩に手を触れようとすると

「可哀想ですよ、それに起きないんじゃないですか?かなり飲んでたみたいだし」

と言いながら、奥さんは私も飲み過ぎて頭が痛いと言ってこめかみを摩っている。

足が完治していれば担いでも連れていくところだが、まだそこまでするには至っていない。

湯治に来て悪化させたら元も子もない。

とりあえず放置する事にし、奥さんは俺と一緒に俺達の部屋で休む事にした。

怪しまれるといけないので電気を点けたまま2人で布団に横たわった。

「絶対に絶対に秘密にしましょうね」

と奥さんが呟いて

「もちろん棺桶まで持って行きますよ」

と答えると、アハハハと明るく奥さんは笑った。

根が明るくていい奥さんだ。

長澤さん(旦那さん)は幸せものだな、と改めて思った。

目を瞑り、眠ろうとするが眠れるわけがない。

俺の腕とチン○にはまだ奥さんの感触が生々しく残っているのだから。

吐き出したばかりのチン○は、いつのまにか再び生気を取り戻して血流が流れ始めている。

ギュッとそれを掴むとツンとした快感が走った。

やぱい。

ふと奥さんの横顔を覗き見るとスヤスヤと寝息をたてて眠っているようだ。


俺は奥さんの横で寝ていると再び劣情を催してしまい、抑えられそうにないのでそっと身を起こすとタオルを手に取った。

「どこに行くんですか?」

という背後からの声に俺はビクン!と反応した。

「ビックリした!起きてたの?」

「すいません、驚かせちゃいました?アハハ」

「寝てるのかと思った、寝息立ててたし」

「眠れるわけないでしょう?」

「そりゃそうだよねぇ、ごめん」

「もうやめましょう、お互い様ですから」

本音を言えば、奥さんが今日危険日なのかどうかとても気になった。

聞いちゃいけないような気もするが、聞くのがマナーという気もする。

どっちがいいんだ。

「風呂行こうと思って」

と言ってタオルを持った手を上げようとして慌ててやめた。

勃起したチン○がパジャマから盛り上がっているのが見えたからだ。

「もうやってないでしょう?」

「いや露天風呂の方。俺、足が悪くてまだ1回も行ってなかったから・・・行った?」

「ううん、でもあそこ、昼でも崖があって怖いくらいなのに・・・」

「それくらいでいいんだ、何か修行僧になりたい気分だからw」

「アハハ、分かります分かります・・・私も行っちゃおうかな?」

「ええ?崖から落ちても責任はとれないよ」

「病み上がりの人に言われたくないなぁ」

「ま、いっか。1人落ちたらもう1人が助け呼べばいいんだし」

屈託無く笑う奥さんは、美人という訳ではないけど、とにかく笑顔がよく映える人だった。

恐る恐る玄関を出てサンダルをつっかけると、ヒンヤリとした冷気が爪の先まで染み込んできて、出てから第一歩目で既に気持ちが萎えかけてきた。

少なくとも奥さんに対する見栄がなかったら、すぐにでも退散していた事だろう。

心許ない光しか放たぬ電灯を頼りに、苔むした石の階段を一歩一歩降りていった。

寒さで手術した箇所がズキズキ疼いた。

でも奥さんがいる手前、自分から撤退を言い出す訳にもいかない。

何やってんだろ俺。

「寒~い!こわ~い!」

奥さんが思わず声を漏らした。

「やめよっか?」

と言う言葉の中に奥さんの、「うんやめます」という返事を期待していたのは言うまでもない。

しかし奥さんは

「ううん大丈夫」

と言って、むしろ俺より目がらんらんとしているのだから女は本当に強い生き物だと思う。

とにかく谷底に落ちる滝のドドドドという音が、まるですぐ傍で聞こえてきているようで、それが怖くて仕方がなかった。

でも月はちゃんと出てた。

奥さんが「満月ですね」と言ったのを覚えてるから真っ暗闇ではなかったと思うのだが、でもその光は谷底の滝を照らし出すほどの強い光ではなかったという事だろう。

永遠とも思えたその露天風呂への道のりも、着いてしまえば何だこんなものかと思ってしまうのだから、人間の心理というのは不思議なものだ。

俺達はとりあえず男女に別れ、脱衣所に入った。

脱いでしまえば、一刻も早く湯船に浸かってしまわないといられないほど刺すような寒さで、俺は掛け湯もせずに慌てて湯船にドブン!と入った。

「うわぁ!寒いぃ!」

と声を上げながら

「キャァ凍死しちゃう!」

と岩の向こうから奥さんの声。

間髪入れずにドブン!というお湯の跳ねる音が聞こえてきた。

男湯と女湯は160センチくらいの岩に隔てられているだけで、180センチの俺が立つと女湯の向こう側が見えてしまうような頼りない仕切りだった。

(後編へ) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。