松下由樹似の色気ムンムンの妻の姉との不倫旅行

ぴゅあらば

(前編からの続き)

 そのまま思いっきり澄子義姉さんの口に発射してしまった。

恐ろしいまでの大量だった。

澄子義姉さんは一滴も零す事なく飲み干してくれた。

1回抜いてもらった俺は痺れたペニスを温泉で休めた。

首まで湯に浸かりながら、先ほどの激しいフェラチオを思い出す。

そして、今夜の事を思うとまたもやペニスに力が漲ってきた。

ほどほどの時間を見計らい男湯から出て、澄子義姉さんを待った。

待つ事少し、ほんのり上気しピンク色の肌の澄子義姉さんが出てきた。

うなじのほつれ毛がなんとも艶めかしい。

「待った?こうしてみると私達ほんとの夫婦みたいね」

まだキスとフェラチオだけの関係だが、その時は妻と別れて澄子義姉さんと一緒になってもいいとさえ思えた。

この人には男を虜にする魔性のような力を持っていると感じた。

いや、その淫らな泥沼にはまってしまっている自分に気がついた。

堕ちていく俺がいる。

その湿った手と口だけでもこれほどの快感だから、この先の出来事にもう心は乱れていた。

夕食は最上階のレストランで取った。

全席個室のような作りになっていて、ついたてが目隠しになっていて、プライバシーが守られている。

落ちゆく夕日を見ながら山海の豪華な食事だった。

ビールで乾杯し、大吟醸のお酒と共に美味しく頂いた。

それにしても澄子義姉さんはよく飲むしよく食べる。

これが性のエネルギーになるかのように。

しばらくすると、目が赤く潤んできた。

「お酒を飲むと凄く欲しくなるの」

湿った目で俺を見た。

エレベーターに乗り、部屋に帰ろうとしたら途中で腕を組んできた。

浴衣と丹前越しに豊満な胸が押し付けられた。

チラッとその胸元を見やると、当然ながらのノーブラの谷間が見えた。

押し寄せる感情を我慢し、部屋へと急ぐ。

部屋に入るやいなや、ベッドになだれ込んだ。

「だめぇん・・・優しくしてぇ・・・」

無我夢中だ。

赤ちゃんのオムツを替えるようにお尻を少し持ち上げて、両手で左右にオマンコを拡げきった。

薄目の陰毛の下には、最初は見えなかったクリトリスが薄い皮を半分ほどかぶっていた。

充血して随分と大きくなってるような気がする。

「意外と強引なのね。そういうの嫌いじゃないわよ」

澄子義姉さんは余裕だ。

経験がモノをいっている。

ピンク色の膨らみを下から舐めあげる度に声を上げる。

「アアア、いいわァ・・・凄くいい」

その声がさっきまでの少し低めの落ち着いた話し声とは全く違う。1オクターブ上がった弱々しい女性の声だ。

俺を刺激するには十分過ぎる程だ。

クリトリスの下にはポツンと開いた尿道。

明るい場所でクンニでもしない限り見落としてしまう。

まじまじと構造を見ながら、舐め回せるのは幸せな気分だった。

その下は最初よりはすっかりと充血して左右に花のように開いた小陰唇。

そこをベロベロと舐め続けた。

舌をちょっと膣の中へ入れると、澄子義姉さんは条件反射のように、腰を押しつけてくる。

妻との反応の違いが新鮮だった。

この成熟したオマンコは、一体何人の男のペニスを飲み込んだのだろう。

俺のペニスももうすぐ飲み込まれると思うと、舐める舌の方にも力が入っていくようだった。

アナルもじっくりと舐め始めた。


「そこは汚いからいいわよ」

蚊の鳴くような小さな声で澄子義姉さんは言うが、もう俺のスイッチが入ってしまったので止める事が出来ない。

時々手の小指を入れたり出したり、最初は嫌がっていたのに快感を感じ始めていた。

今こうして澄子義姉さんのオマンコを舐めている。

何か感動的でもあった。

そして澄子義姉さんを自由にしている事が信じられなくて、少しの間目の前の裸体を見ていました。

「どうしたの?」

「なんでもない。綺麗な裸だなって思って」

「あらやだ。嬉しい事言ってくれちゃって」

おどけて笑う澄子義姉さんだったが満更でもない。

澄子義姉さんみたいな人には、こんな正攻法の方が案外効くのかもしれない。

舐めるのを再開した。

「アアア・・・イクッ!イクぅぅ!」

無我夢中で舐め続け、澄子義姉さんは枕の両端を掴みながら果てました。

添い寝のポジションに戻り髪を撫でたり、胸を優しく触った。

よく見ると余韻のようにガタガタと震えているのが分かる。

前にメールで聞いたが、澄子義姉さんは果てた後、痙攣のように体が震えるらしい。

俺の肩に顔を押しつけているのは少女のような女性に思えた。

しかし、俺のペニスはずっとギンギンなのだ。

この辺は男の生理だから仕方ない。

「澄子さん、どうだった?今度は俺の番だからね、入れるよ」

合図も待たずに俺はまた澄子義姉さんの両脚の間に座った。

もう先から我慢汁が出放題のペニスを握り、澄子義姉さんのオマンコへ亀頭をあてがい、上下に少し擦りながら、まずは亀頭だけを入れました。

そして、ゆっくりと腰を沈め、根元まで挿入する。

「アアア・・・んふっ」

艶かしい声。

中は狭く大きな力で、締めているような感触。まずは動かずにこの感触を楽しんだ。

挿入しながらキス。

疲れたみたいにぐったりとしながらも、息はとても荒い状態だった。

「もぉ・・・休ませてくれないのね、余韻に浸ってたのに」

「フフフ。まあね、動くよ」

ゆっくりとピストン運動を始めると、澄子義姉さんは俺の腕を掴む。

その力が随分強かったが、俺は構わずにピストン運動を続けた。

正常位で、バックでと体勢を変えながらセックス。

「いいわぁ、もっと・・・もっと突いてぇ」

俺のピストン運動に合わせて澄子義姉さんも腰を使ってくるから堪ったものではない。

妻との味気ないセックスに飽き飽きしてた俺には新鮮だった。

しかし、これが俺の求めていたセックスである。

最も驚いたのは騎乗位。

俺のペニスの上にガンガン腰を振り下ろす澄子義姉さんの大きなオッパイは暴れまくっている。

腰使いも半端ない。

「重いよ」

「我慢しなさいよ。気持ちいい方がいいでしょ?」

縦横前後左右上下。

ペニスが捻れるぐらい動き回る。

これで何人もの男を落としてきたのだろう。

俺も負けじと、澄子義姉さんのタイミングに合わせて腰と突き上げるようにした。

「アアア!いいわぁ・・・凄いわぁ」

途中で体が投げ出されるようにダラリとするが、腰の動きは止まらない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。