絶倫の弟に気を失うほどイカされて、彼氏も失った(前編)

私たちは昔は仲のよい姉弟でした。

一つ違いの弟は幼い頃からお姉ちゃんっ子で、私が何をするにもついてきました。

私がピアノを習いだすと自分も習いたいと言い、私がバレエ教室に通いだすと泣いて一緒に通わせて貰っていました。

遊ぶときもお人形さんごっこなど私と同じ遊びばかりをしたがるのでいつも私と一緒に家の中にいました。

両親は普通の男の子のように、弟にサッカーか野球をやらせたかったようですが、全く関心を示さず、いつも私がすることを見ては真似てばかりいました。

私が小学校に上がった時は大変で、自分も学校に行きたいと言って泣き止まず、一年間待たせるのに両親は大変な苦労を強いられたようでした。

小さい頃はそんな弟のことも可愛らしく思っていたのですが、弟は器用で何でも私より上手くなってしまうのです。

最初は私が褒めてもらっていたのに、その賛辞が弟に移ると私は面白くなくて、ピアノもバレエも辞めてしまいました。

すると、弟も途端に関心を無くして、お稽古ごとをすぐに辞めてしまいました。

私が中学に入ったころから、流石に何でも真似をする行動は治まってきましたが、それでも私が出かけようとすると、家のどこに居ようとも直ぐに嗅ぎ付けてきて、

「ねぇねぇ、どこいくの?」

と訊いてくるのでした。

夜は私の布団の中にこっそり潜り込んできては、抱き合って眠ることも少なくありませんでした。

しかし、私に生理が訪れ、如何に仲のよい姉弟でも年頃の男女を同じ部屋にしておくのは拙いと思ったのでしょう。

両親は弟に有無を言わさず、私と弟の部屋を分けたのでした。

散々泣いて抵抗した後、漸く弟は諦めて現実を受け入れたように見えましたが、お姉ちゃん離れをし始めたそのころを境に、段々と悪い友達と付き合うようになり、言動も粗暴になってきました。

中学生になると、風貌は青白いままでしたが、母親の身長をすでに超えていた私よりもいつの間にか背は高くなっており、癇癪を起こした時の弟は、もはや母親や私では手が付けられませんでした。

そうして、弟が中学を卒業する頃には家の中のものを壊したり、部屋の中で物を投げてガラスを割ったりするほどの荒れようでした。

家の玄関の扉には、今でも弟が蹴飛ばして凹んだ痕が残っています。

父親も身体の大きくなった弟の振る舞いを見て見ぬふりをしていたので、弟は高校にも行かず、好き勝手に悪い友達のところを泊まり歩いたりしていました。

私はこのままではいけないと思い、両親が親戚の法事で帰ってこられない夜、弟と二人で話をしようと部屋に向かいました。

暴れているときの弟に恐怖を感じることも偶にありましたが、両親には反抗的でも私に手を上げることはありませんでしたので、私の話ならいてくれるかもしれないと思ったのです。

「テツ、お姉ちゃんだけど、ちょっといい?」

部屋の前で私は弟に声をかけました。

玄関に靴が脱いであったので、家には帰っているはずです。

「テツ?」

返事がないので、もう一度声をかけてドアノブを回し、ドアを開くと弟の部屋は凄いことになっていました。

床一面はゴミだらけで、何かを食べた後のお皿などがそのままおいてあって、ガビガビになっていました。

よく見ると、弟はベッドの上で、雑誌か何かを読んでいるようでした。

「テツ、入るよ」

弟は、返事もしません。

ゴミの中でもマシそうなところを選んで歩くとベッドに近寄り、雑誌を取り上げると、漸く弟は不機嫌そうな声を出して、

「何するんだよ!」

と私を睨みつけてきました。

「テツ、このままじゃ、ダメだよ。一体何が気に入らないの?」

「…」

答えないので、私は弟の肩を揺するようにして返事を促しました。

するといきなり弟の手が伸びてきて、引き寄せられたので、私は弟の上に倒れこむように覆い被さってしまいました。

「テツ、何するの!」

私は身体を強張らせましたが、弟は私の身体を下から抱きしめたままで動きませんでした。

抱きしめられているだけだと思ってそのまま力を抜いた途端、弟はクルリと身体を入れ替えて、気がついたら私に覆い被さってきていました。

「いや!」

押し除けようとしましたけれど、弟の身体は細いくせにすごい力で、両手首を掴まれて組み伏せられました。

イヤイヤをしましたけれど、ゆっくりと弟の唇が近づき顔を背けて逃げようとしましたが、結局私の唇は奪われてしまったのです。

私の大切なファーストキス…。

悔しくて涙が出てきました。

でも、弟の傍若無人ぶりはそれだけにとどまりませんでした。

弟の手が制服のブラウスのボタンを外し始めて前が少し開いたところでブラジャーの上から胸を触られました。

「イヤだって、言っているでしょう!」

胸を触るために片方の手首を離したので弟の顔を思いっきり押してやりました。

すると、もう片方の腕も自由になったかと思うと、次の瞬間、バチーンと言う音がして思いっきり頬を張られました…。


一瞬、何が起こったのかわからずにいましたが、直ぐに頬にヒリヒリする痛みが広がり、それでも力なく弟の胸を押して抵抗したら、もう一度、平手打ちを食らいました。

途端に力が抜けて戦意喪失…。

更にもう一度、手を振りかぶったので、私は泣きながら、

「もう止めて、打たないで」

と哀願すると弟は再びブラウスの残りのボタンを外しにかかり、ブラジャーのホックまで外されました。

弟の手が私の膨らみかけた無縁を揉み、まだ、陥没したままの乳首を口に含みました。

「テツ、止めてよ…」

もう一度言ってみましたが、止めてくれる筈もありませんでした。

弟は私に乳首を舌で転がしながら、スカートのファスナーをおろしたかと思うと下着諸共も脱がされると、あっという間に素っ裸にされました。

弟は私を横抱きにして、口の中に舌を入れ、乳房を揉んでいましたが、やがて弟は私の貧弱な胸の上に跨って、怒張したものを私の唇に押し付けてきました。

私は口を堅く閉じていましたが、

「もう痛いの、嫌だろ?」

と言われて堅く結んでいた唇を開いてしまいました。

屈辱を感じている暇もなく、弟の肉棒で何度も何度も喉の奥を突かれて、その度に“オエッ”となっていました。

すると弟は私の胸の上で身体の向きを変えると反対向きに身体を覆いかぶせると、私の口を蹂躙しながら私の股間に顔を埋めてきたのです。

私は敏感な突起を剥かれ、剥き出しになったところを舌で嬲られて、絶頂を迎えました。

私が果てても弟は執拗にクンニを繰り返し、何度かイカされたあと、結局喉の奥に出されて飲まされてしまいました。

暫く放心状態だったのですが、ノロノロと身体を起こして部屋から出て行こうとしましたら、引き戻されて、ベッドの上で両脚を折り曲げられると今度は一番大事なところに指を入れられてしまいました。

弟に股間を手で触られて、嫌悪感を感じましたが、信じられないことに、

「お姉ちゃん、濡れてきたね」

と言われたのです。

カッとなって頭に血が上りましたが、そんなはずはないと自分を取り戻そうとしました。

それなのに、ピチャピチャと音を立てて触られているうちに、だんだんおかしな気分になって来てしまいました。

自分で言うのもなんですが、健康で健全な年ごろの高校生ですので、男性経験は無くとも、自分で自分を慰めるぐらいのことは知っていました。

執拗に舌を這わし、指で掻きまわす弟の愛撫に私の身体は軽い痙攣と共に…、再びイッてしまいました。

「お姉ちゃん、またイッたの?」

私は顔が熱くなり、強く首を横に振りましたが、弟は意味ありげに、

「ふぅん」

と言うと、再び私の割れ目に沿って舌を這わせ始めました。

「テツ、もう止めて…」

そう言うと、

「じゃあ、お姉ちゃん、ちゃんとイクところ見せてよ」

「何をバカなことを…」

結局、股間を舐められ続け、腰をくねらせながら、

「……見せたら、止めてくれるのね」

「うん」

と言うことになって、私は自分が一番感じる位置に、弟の舌を誘導したのです。

「そう、そこ。あ、もっと、優しく…、そう。あ、あ、あ、それ、そのまま、そのまま、あー、そのまま、もっと強く…」

「あ、あ、あ、いい、いい、いい、あっくっ、イクっ!」

そして私は弟の舌で、その日何度目かの昇天をさせられてしまったのです。

絶頂の余韻に浸っていると、弟はいつの間にか裸になって私の脚の間に身体を割り込ませてきていました。

「テツ、もう止めるって言ったじゃない!」

「うん、だからもうクンニは終わり」

「そんな…」

弟の大きく膨らんだペニスが私の大事なところに押し付けられました。

「ダメ!それだけは絶対にダメ!」

非力な私の抵抗は、抵抗にすらならず、弟は無理やり私の中に入ってきました。

ものすごい痛みを感じ、私は泣き叫んで痛みを訴えましたが、弟は私の一番奥まで入ってくると、中で出し入れを始めました。

私は虚ろな目をして弟の肩にしがみ付いていました。

 やがて弟の動きが早くなり、

「テツ、中はダメだからね!絶対にやめて!お願い!」

弟の動きが止まった時、私はイヤな予感がしました。

「テツ、出してないよね?中で出してないよね?」

私が身体を捩って暴れると弟の肉棒がヌルッと私から抜けました。

私は慌てて膣口に手をやると、べったりと精液がついていました。

私は弟の身体を叩きながら、泣き叫びました。

「どうしてこんなことするのよ!赤ちゃんができたら、どうしてくれるのよ!」

射精を済ませた弟は少し平常心に戻ったのでしょうか、何も言わずにそのままそっぽを向いてベッドに横になってしまいました。

私は飛び起きてバスルームに駆け込むと念入りにシャワーで注ぎ込まれた精子を洗い流そうといつまでもシャワーのノズルを膣口に押し当ててお湯を注ぎ込んでいました。

ファーストキスのみならず、バージンも奪われ、精子を呑み込まされた上に、中出しまでされてしまいました。

あんなに仲の良い弟だったのに、卑劣にも私を騙し、犯したのです。

そんな目に合わされたにも関わらず、私はそのことを両親に打ち明けられませんでした。

奥深くまで挿入されているところを携帯で写真にとられてしまっていたのです。

するとそれを良いことに、弟は両親の居ないときに私をいつも凌辱するようになったのです。

いくら抵抗しても、弟の腕力には敵いませんでした。

それでも私が抗い続けると、弟は写真で私を脅すのです。

何度もそんなことを続けられるうちに、やがて私は諦めの境地に陥り、コンドームさえしてくれるのなら、ということで弟の欲望を満たすようになってしまったのです。

これが私の大きな間違いでした。

絶倫の弟に何度も凌辱されるうちに、私の中の被虐の喜びが日に日に目覚め、やがてそれが途轍もない快楽へと私を誘っていくことになろうとは知る由もありませんでした。

私には一つ年上の彼氏がいましたので、こんなことなら彼が求めてきた時に全てを許してあげればよかったと後悔しました。

しかし、身体の関係のない彼氏にお別れを告げるようになるまで、それほど時間は掛かりませんでした。

最初はあんなにも嫌がっていた姉が、やがて喘ぐようになり、絶頂に導かれるの見て、弟は楽しんでいたようです。

私は他に男性を知らないので、弟が遅漏なのか絶倫なのかわかりませんが、太い肉棒で突き続けられるうちに私は何度も何度もオルガに達し、最後には失神してしまうのでした。

弟に簡単にイカされるようになると、口では嫌がっていても私の身体は快楽を求めるようになりました。

器用な弟は悪い友達に誘われて何人もの女性と経験をすませていたようで、絶倫なうえに、高校生の年齢にして早くも女を狂わすテクニックを身に着けていたのでした。

私は、自分でも知らなかった喜びを弟に無理やり植え付けられ、やがて私は命じられなくても弟のペニスにしゃぶりつき、吐き出された精液を喉を鳴らして呑み込んで、最後の一滴まで吸い出すようにいつまでも舌を這わせるようになってしまいました。

それを見て、弟も流石に道を踏み外したことに気付いたようです。

しかしその時にはもう全てが手遅れでした。

私は淫乱な女になり、弟にイカされた後は弟が逃げ出すほどに弟のペニスが何度も波打つまでしゃぶり尽くしました。

「あんたが私をこんな風にしたんだからね。責任取りなさいよ!」

そう言って、弟が擦りつけて痛いと訴えるまで、私の中を突かせるのでした。

アクメを迎えるとき脳の中に何かの物質がでて、麻薬のように快楽へと導くといいますが、私はまさにセックス中毒になっていました。

弟は私をこんな身体にしておきながら、家を空けることが多くなって私は一人で自分を慰めるようになりました。

それでも、男性に貫かれる快感には到底及ばず、私は自分の周りにいる男を手当たり次第に食い散らかすようになっていきました。

けれども大抵の男は、ただ入れて出すだけ。

女のことなんか考えていなくてガッカリさせられるばかりでした

そのうち、サセ子とかヤリマンとか噂されるようになって、周囲の男に希望を見いだせなくなった私は、女子大に進学することにしたのです。

レズっ気のある女性を見分ける能力に長けていたのか、相手は次々に見つかりました。

先輩、後輩、先生、学内の購買の店員。

手当たり次第でした。

そのうち、相手の女性に潮を吹かせるコツのようなものを覚えてきて、それが秘かな楽しみになってくると、手当たり次第に吹かせました。

彼氏のいる子でも、これを一度味わわせると、必ず私のところに戻ってきました。

バイになる子もいれば、百合族に転じる子もいました。

私が良く使った手は、一緒に飲みに行って、相手を酔わせ、家に泊めるか相手の家に送って行ってそのままこちらの世界に引きずり込むと言うパターンでした。

「ユリちゃん、大丈夫?」

「あ、せんぱぁい…、うぃっ」

「はい、お水、飲んで」

「すみ…ません…」

「ユリちゃん、こぼしてるよ!」

「ふぁい…」


「ほら、ユリちゃん、飲んで」

私は水を口に含むと口移しでユリちゃんに飲ませました。

白い可愛い喉を鳴らしながら、ユリちゃんは喉を潤わせます。

それから、一枚一枚、着ているものを剥ぎ取ると、身体中に舌を這わせて、先ずはクリで、次は指を入れて中でイカせると、後は中のツボを刺激してあげるだけでアクメを知っている女の子は直ぐに、そうでない子も朝までイカせ続けるとほぼ確実に潮を吹きました。

「せんぱぁい…、恥ずかしいです」

どんなにはにかんで見せる女の子も、潮を吹かされた子は眠っていた淫蕩さが呼び覚まされて、大胆に自分をさらけ出します。

「イク、イク、イク、イッちゃう、イッちゃうーっ!ダメぇーっ!!!」

そう言いながら、私の前で失神する子も珍しくありませんでした。

困ったのは、大抵の子は、自分がイクだけで私を快楽に導いてくれるテクニックがお粗末だったことでした。

それでも、暫くは女同士の快楽に私は溺れました。

女ばかりの三角関係がバレて、修羅場を迎えたこともありました。

一時的には険悪なムードになりましたが、オンナばかりの3Pに持ち込んで、あとは二人でお互いの亀裂を舐め合うように仕向けると、いつの間にか二人でよろしくやってくれるようになりました。

私が連れ込んだ学校の先輩を弟に寝取られたこともありました。

”女好き”のする妖艶な雰囲気を持った素敵な女性で、キスもクンニも最高に上手でした。

この人は珍しく私を感じさせてくれる女性でしたが、四つんばいになって私に覆い被さり、私にキスのシャワーを施しているときに、全裸になった弟がこっそり忍び込んできて、先輩を後ろから貫いたのです。

中出しされた先輩が、私の家に来ることは二度とありませんでした。

私は残念でなりませんでしたが、やはり心から満足させてくれるのは男しかいないとの結論に至り、快楽を与えてくれる男を求めて、私は夜な夜な街に出て男を漁るようになりました。

夜の繁華街でフラフラ歩いていれば、軽いノリの男はいくらでも言い寄ってきました。

それでも、いいセックスを楽しませてくれる男は限られていました。

援交と思われて、エッチの後にお金を置いていく人もいました。

お金なんて欲しくはありませんでしたが、ただでエッチをしようとギラギラしている人ほど下手で、何も言わなくても枕元にお札を何枚か置いていってくれる人ほど、気遣いが立派で気持ち良くさせてくれました。

そういう人にほど、全てを賭してお応えさせてもらったことは言うまでもありません。

一度だけベロベロに酔っぱらって、夜の街で座り込んでいた時、見知らぬ男に拾われました。

ラブホに連れ込まれて最高のセックスをしてもらいました。

私は、その男のアパートに入り浸りになりましたが、精神的に攻めるのも上手で私の性癖を洗いざらい白状させられました。

男は私をベッドに縛り付けて体中の性感帯を攻め立てたあと、目が虚ろになるほどイカせた後で、寸止めを繰り返して、洗いざらい白状させられてしまったのです。

私はやっと自分を満たしてくれる男性にに出会ったと思い、どんな求めにも応じました。

けれども、そのうちにその男にも疎ましがられるようになって、衝動的に死なない程度に手首を切って見せました。

すると、男は猶更気味悪がって、自分のアパートだと言うのに帰って来なくなりました。

その男とのセックスが出来なくなると思うと寂しい限りでしたが、お世話になった部屋中を綺麗に片付いて、台所のシンクやトイレもピカピカに磨き上げて、そのままアパートを後にしました。

絶倫の弟に犯されて、何度も何度もイカされて、私の人生は狂ってしまいました。

自分でも異常だという認識は持っています。

それでも、弟が再び求めてきたら、私はきっと股を開いてヨガリ狂うことになるのでしょう…。

■続き
弟の所為でこうなってしまった私の性癖について、もう少し綴らせてもらいたいと思います。

弟は私を都合の良い性の捌け口として使っているだけかと思っていましたが、後になってから、実は私に負けたくないという昔から一貫した負けん気の強さが執拗に私を責めさせたのではなないかと思うようになりました。

弟が不良の道を邁進する中、自分でいうのもアレですが、私は家でも学校でも品行方正な優等生でした。

子供の頃の習い事こそ長続きせず、親の期待に沿うことはできなかったものの、その後、両親が娘にお淑やかさを求めていることを知り、お花やお茶のお稽古に勤しんできました。

また、学校でも率先して生徒会の役員を務めるなどして、教師受けの良い行動を意識してとってきました。

その一方で、一旦道を踏み外してしまった弟がこれを挽回するのは殆ど不可能で、それでいて私には負けたくはないという気持ちが何年も燻っている中、自分が追い付けないのならば、相手を引き摺り下ろしてやろうという身勝手な論理でその機会を狙っていたのではないかと思われるのです。

そう思うようになったのは、携帯の動画で撮った私との性行為を弟に見せられた時からです。

もう少し正確に言うと、自分のイクところを見せつけられたのです。

そのときの私は、弟に貫かれながら、徐々に高まっていく様子が映し出されていました。

獣のように私を襲い、性行為を繰り返して私を無理やりイキ易い身体にさせたあと、弟はそれを録画していただけでなく、私に見せつけてきたのです。

その画像は、おそらく私が既に何度か絶頂を迎えた後で、朦朧とした状態で目の焦点が定まらず、脚を折り曲げられて、弟の肉棒を受け入れているところでした。

「あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ…」

弟のペニスが私の奥深くに届くのに合わせて、私は喘ぎ声を上げていました。

弟の片手が伸びて私のまだ小さくも硬くなっている乳首を指で弾く様子が映り、腰を強く擦り付けられて画面が激しく揺れたりする度に私がどんどん高まって行っているのが見ていてもわかりました。

やがてピストン運動は一段と早くなり、

「あ、ダメ…、いや…、ん、ん、ん、あっあっあぁぁ!」

(後編へ続く) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。