厨3の妹とのエッチが気持ちよすぎてヤメられません

俺 工2 妹 厨3

最近大人っぽくなってきて目が行くようになってオナしてたんだわ。
妹だと背徳感みたいなのがあるけどそれでも気持ちいいからよくやってる。

で、一昨日学校から帰ってきた妹が風呂でシャワーー
浴びてて覗きたくなったから心臓バクバクさせながら洗面所のドアの前で僅かに開けて出てきたところを覗くつもりだった。
 
 
しばらくしたらドアを開けて妹が出てきて…
昔見た時よりずっと成長してて興奮してチンポボッキンコ
気づかれずにタオルで体を拭いてるのを見て欲望を抑えきれなかった。

エッチしたくてたまんねぇ…
今まで脳内でエッチしたのを思い出してリアルでもやりたくてたまらなくなった。
けどじきにパンツに手を伸ばして…

やりたいやりたいという気持ちでいっぱいになりついにドアを開けてしまった。
「お兄ちゃん!?」
驚いてタオルで体を隠してしまうが近づいて奪い取った。
「やめてよ恥ずかしい!」
手と腕で体を隠して露骨に嫌がりながら俺を見ていた。
けどもうやめる事もないと思い胸を見たくて腕をどかしたらおっぱいが見えてガチボッキ
生でこれくらいの年の女のおっぱいって見た事がなかったから有り得ないほど興奮してガン見
「やめてよ…」

小さい声で言うもののあまり抵抗する様子がないから恐る恐る右手でおっぱいにさわると
頭の理性が弾けていって今度は両手でゆっくり揉んでみた。
「んっ…」
少し声を出したのにもチンポが反応して我慢汁が出てきた。
初めて揉んだけど女のおっぱいって柔らかくてたまらなかったわ。
「やめてよお兄ちゃん…」

妹が体を少し硬くしながら愉しんでいた?

まだ普通のBかCくらいの大きさで物足りない気もするが、初めての俺にはけっこう満足できた。
屈んで揉みながら乳首を交互に舐めたり吸ったりとしていると少し感じたらしく顔が赤く表情が緩んでいた。
「もっと気持ちよくしてあげるからベッド行こうよ」
自分の部屋に誘って裸になって乗ってみた。

「恥ずかしい…」
ネットでは何度も見た事があるが初めて生で見るマンコ
ヘアがけっこう生えてて唇も成長してた。
吸い寄せられるようにクンニしてみると
「そんなとこ舐めちゃ…あっ!」
こういう経験はないらしく恥ずかしがって抵抗できずにいる妹がすごくかわいくて
もっと感じさせてあげたくなり一番感じるんじゃないかと思ったクリに舌先を当ててみた。
すりすりと妹に擦り寄るとそれだけで少し気持ちよくてしばらく楽しんでから
まだ少し妹にこんな事していいんだろうかという気持ちがあったが迷いを捨ててエッチする事にした。
「お兄ちゃん…やっぱりよくないよ…」
「もう我慢できない。」

ふとももから脚の先まで舌で舐め回していった。
「あっ、あぁっ」
何度かやったらふとももに痕が付くくらい強めに吸って少しずつ内ももの方に近づけて脚を開くと
唯一身に着けてたパンツが邪魔だったので脱がせてヘアとマンコがよく見えるようにした。

「あっそこ! いい…」
ちょっと臭いけど妹もちゃんとここは感じるらしく執拗に舐め上げてイクまで続けてやった。
初めてでイクなんて感じやすいんだろうなと思いもういいかなとチンポを片手で持ってマンコに近づけていった。
「痛いぃ! 痛いよ! 痛い痛い!」
かなりキツくて奥まで入れたら出血してしまい、やっぱりもっと濡らしてゆっくり入れた方がよかったかと後悔
けど俺は痛いどころかすげー気持ちよくて童貞を捨てられたという喜びに溢れてた。

キツマンに締め付けられて今にもイキそうだったが痛がっている妹を見ると少し萎えてゆっくりと動かしてみた。
「おにぃ…ちゃん。やっぱり痛いね…」
「初めてだししょうがないさ、我慢してくれ」
生マンコが気持ちよ過ぎて1分も経たないうちに放出
中で出したいという気持ちがリスクを上回ってやっちまった。
あんなに気持ちよく射精したのは初めてでもうこれからはオナじゃ満足できないんじゃないかと思えるくらいだった。
抜いて横になって余韻を感じてるとまた実の妹とエッチしてしまったという背徳感に襲われ少し後悔

起き上がると痛がって泣いてしまっている妹を見て
「この事誰にも言うなよ。」
ゆっくりと起き上がり
「もしかしたら言っちゃうかも…」
ヤバいと思いつつも何もできずにどうしたらいいんだろうと迷った。

しばらくしてまだ親が帰ってきてないし謝ろうと妹の部屋に行ってノック
「来ないでよ!」


「もしかして親父たちに言わねーよな?」
「…」
何も言ってくれず怖かったから
「もし言ったらすごく怒られたりしてよくないと思うんだ。俺はいいとして兄貴とエッチしたなんて思われたくないだろ?」
まだ何も言ってくれなかった。
「そうだろ? だから言わないでくれ。」
「…わかった。」

「ありがとう。ちゃんと謝りたいから入ってもいいか?」
「いいよ」
ドアを開けて顔を見ると怒った顔だがさっきまでほどじゃない。
「早くしてよ」
土下座して頭を下に付けた。
「本当に悪い事をした。許してほしい。」
「言わないけどまだ許す気にはなれないよ」
「じゃあどうしたらいいんだ?」
「それはねぇ…顔を上げて。」
ゆっくりと顔を上げると唇にキスされた。
「ちゃんと責任取ってよ。」
妹はスカートの下から手を入れてパンツを下ろすとめくり上げてマンコを見せた。

エッチすればいいんだなと思い指マンコすると
「今度は前より気持ちよくなりたいよ。」
じっくりと指で陰唇やクリを刺激すると感じて少し声を出した。
腰をややクネクネさせて指で気持ちよくされるのを楽しんでいたらしい。
「またエッチな事されて痛くても知らんぞ。」
指での愛撫に飽きたので顔面騎乗したくなり上に乗ってもらって舐め回すと次第に濡れてマン汁が出だした。
「もっとしてほしいか?」
「気持ちいいからもっとしてほしいよぉ!」
呼吸を乱して感じ入っているのを見て勃起してきて舐め続けると…
シャーッ…
えっと思いながら潮噴いちゃったのか? と思ったが色や臭いからションベンだとわかった。

「おま…」
まさかションベンをぶっかけられるとは思ってなかったのでけっこう驚いた。
「…ごめん、わざとじゃないと気持ちよくて溜まってたから出したくなっちゃった」
「これは流石にお返しをしないとな」
押し倒してパンツを脱いでチンポ挿入したらまた痛がったけど入れたら痛いのはどうにもできず我慢してもらうしかない。
「痛いっ! もう痛いって!」
気にせずぬめったヒダと擦り合わせるの気持ちよさを愉しみピストンしてみた。
温かくて最高の気持ちよさのせいで他の事を考える余裕がなくなっていく感じがまたよかったな。
動きを止めてから
「痛いけど我慢してくれ、そのうち慣れたら気持ちよくなるよ」
言った後に両手をつないで見つめあうと
「お兄ちゃん…うん、がんばって我慢してみる」

顔を綻ばせたらまたゆっくり動き出すが痛がる声と苦痛に歪む顔に俺も辛い気分になったが
折角我慢してくれてるんだからやめるわけにはいかなかった。
「お兄ちゃん…気持ちいぃ、もっと、もっとぉ…」
気持ちいいと言ってはいたが顔は明らかに痛がっていたからすぐ嘘だとわかりもうできるだけ
早く終わらせた方がいいんじゃないかと動きを素早くした。
「出るっ…出すぞ!…イクぞっ!」
今度は中に出さずに抜いて腹にぶっかけた。

やっぱエッチって気持ちいいなぁ…と思いながら寝転がって休んでいたらまたキスされて今度は舌を入れられた。

ぎこちなく舌を絡ませ体液交換もして
「中に出してもよかったんだよ?」
「だってヤバいと思ったから…」
「さっき出されちゃったしもう同じだと思うけど」
もうしばらくキスをしてるともう2回射精してるのにまだし足りないと言わんばかりに勃ってきて
おっぱいをつかんで乳首を摘んでみた。
「もう1回しようぜ」
「うん」

四つん這いにさせてバック
「やっぱり痛い…けど、お兄ちゃんに気持ちよくなってほしいから」
うれしい事言ってくれるじゃないかよと感動して遠慮せず摩擦運動
「ホントは気持ちいいんだろ?」
「うん…なんてね。すっごく痛いよ…」
顔を後ろに向けた時に見ると涙を流しながら痛みに耐えている様子が見えた。
かわい過ぎる…もう気持ちよくなる事なんかほとんどどうでもよくり早く出ろ出ろと必死に摩擦して…
量が減った3度目を中でして抜くとすっかり疲れてグッタリと倒れこみ、
これからまた妹とエッチできるんだと思うとうれしくてしょうがなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。