「やめて・・・」と言いながらも

ぴゅあらば

私は25歳でOLをしています。
彼氏とは遠距離恋愛で会えるのは2か月に一度くらいです。
ある日、職場の飲み会があり私は出かけました。
隣になったのが同僚の青野くんで、いろいろと話をしました。


青野さんは良く言えば社交的な性格ですが、悪く言うと軽いタイプで、
女の子を口説くのも慣れている感じでした。
何度も「みいちゃん、そんなかまってくれない彼氏やめてさ、俺にしなよ~」と言われたけど、
同じようなことをほかの女の子にも言っていたので気にしませんでした。

私は一次会で家に帰りました。
夜11時過ぎ、もうすぐ寝ようかと思っていた時に、家のチャイムが鳴りました。
こんな時間に誰だろうと思って見ると青野くんが立っていました。
「どうしたの?」と行くと「携帯忘れてってるよ」と届けに来た様子でした。
私はドアを開け「ごめんね、違う方向なのにわざわざ」と言うと
「じゃあさ、一杯だけなんか飲ませて♪」といつもの軽い感じで言いました。
「だめでしょ、男の人あげるわけにはいかないよ、それに部屋散らかってるし」と言っても
「そんな警戒しなくても大丈夫だから」と帰ろうとしません。

しかたなく「飲んだらすぐに帰ってね」と家に入れてしまいました。


コーヒーを入れて話をしていると「ねえ、これ彼氏の写真?見せて」とチェストの上に写真を指さしました。


「いいよ」と立ち上がって写真たてをとろうとしたとき、後ろから抱きつかれました。
そして私を自分のほうにむかせ、キスしてきました。
「ちょっと・・なんで・・?」と言うと
「みいちゃん、何度口説いても相手にしてくれないからさ、実行で示しただけ♪」と抱きついてきました。
「ほんと、やめてって!」と言っても男の人の力にはかなわず、
部屋着だったこともあり簡単に服を脱がされてしまいました。

「してないんでしょ?ずっとさ」と胸に舌を這わせて強く吸ったり舌で転がしてきます。
抵抗する私を今度は無理やりうつぶせにして、背中首から背中のほうまで舌で愛撫されました。
私はなんとか逃げようと抵抗しました。
すると急に態度が変わり「こういうこと、したくないんだけどさ」と、
自分のネクタイで私の両手を後ろ手に縛りました。
そして腰を持ち上げ、アソコを舐めてきたんです。

しばらくHをしていなかった私は感じてはいけないと思いながらも、
あたたかい舌の動きに声を上げてしまいました。
「エロいね、みいちゃん」と今度は仰向けにすると、
「ここ、弱かったりする?」とクリを口に含み、吸い始めました。
吸いながらアソコに指を入れられて私はもう理性を保てなくなっていました。
口では「やめて・・」と言いながらも指を出し入れするときの音で、
自分がどんなに濡れているのかわかりました。
「もう入れてほしくなった?」と私の中に入ってきました。
突かれるたび体がビクンビクンと反応しました。
「すげえ音、やらしいね」と言われました。
すぐにいきそうになり締め付け始めると青野君はわざと抜いてしまいました。
「あ・・ああっ・・」と声を出すと、今度は騎乗位の体制にさせられ、
「してほしかったら自分で入れなよ」と言ったんです。
私は青野君のモノを自分にあてがい腰を下ろしました。
「自分で動けよ」と言われ、自分の欲望のままに腰を振っていました。

Hのあと、私は後悔でいっぱいでした。
なにやってるんだろう・・と。
自分が浮気をするなんて・・。
青野君は着替えながら「みいちゃん、超エロいね、またしようよ」と言ってきました。
黙っていると「いいじゃん、利害関係が一致してるんだからさ~」と私の首に
キスマークを落とすと「俺のモノって印しね」と言って帰っていきました。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。