「妹と姫初め」 連続中出し全開デー

1月24日~25日と連続中出しで妹のノリと散々やりまくった。 
やっぱり中出しは、最高に気持ちいい。 
おまけに妹がコスプレしよう!ということで大盛り上がりの1泊2日になった。 
そして今回は、初めて妹の子宮の中に精液を全部ぶちまけた。こんなに気持ちいいものなのかと、考えが変わってしまった。今までいろんな女とセックスしたが、今まではただのじゃれあいでしかないと思う。なにより快感の度合いが全く違う。

1月24日(金)、夕方6時半に妹と待ち合わせ。 
「お兄ちゃん、お待たせ~。ごめんね、遅刻しちゃった。」10分遅れでノリが来た。 
「うんにゃ、たいしたことじゃないだろ。なあ、飯食べようぜ。腹ペコだよ。」 
「私も~。お兄ちゃん、私が今日おごってあげるね。いつもお兄ちゃんじゃ悪いもん。」 
「じゃあ、お言葉に甘えて、ノリに御馳走になるか!」「焼肉行こうよ!」 
ベッタリとノリは俺にくっついて、二人で焼肉屋へ。 
まずは戦闘前の腹ごしらえ。今晩は、二人とも外泊ってことで親に話してあるから、たっぷり時間もあるし。 
もちろん、別々に用事があるってことにして。ノリはお泊り女子会、俺は大学時代の仲間との飲み会ってことした。 
しっかり、焼肉で精力つけて。満腹にして二人ともいざ出陣!!

おしゃれなラブホをあらかじめネットで見つけていたから直行。 
「うわあ!綺麗なホテルだね!おしゃれ!」妹は大喜びしてた。 
「よかったな。いつも地元の場末のホテルだもんな。」 
「お兄ちゃん、今日ってわかってるよね?大丈夫な日だからね。」 
「おう!そんなのはわかってる。たっぷり可愛がってやるからな。」 
「へへへ、たっぷりね・・・ねえ、お風呂入ろう?ノリ煙草の煙とか燻されてるから臭いよぉ。」 
いつものように脱がせっこした。 
ブラを取ると、Dカップがプルンと揺れた。思わず、毎度だが揉み揉みしてノリのおっぱいを楽しんだ。 
さあ、ショーツ脱がそう! 
「今日はTバックかよ。いい根性してるなあ・・・そんなミニスカートじゃ覗かれても文句いえないぞ?」 
「え?さっき焼肉屋さんのトイレで履き替えたんだよ。まさか朝からじゃないよぉ。」 
レモン色のTバックをスルスルと脱がした。が、いつもと違う部分が目に入ってびっくり! 
「お・・・おまえ・・・毛が無いじゃんか。」 
「えへへ、びっくりした?昨日剃っちゃったぁ!ほら、ここ丸見えでしょ?」 
ツルツルに反られた股間に俺は興奮した。 
「おいノリ!見せろ!見せてくれ!」 
「今はだーめ!あとでお兄ちゃんに見せてあげる。」 
バスにお湯を張りながら、二人で体を洗いっこした。文字通り1日の垢を流すってわけじゃないけど、綺麗にさっぱりとした。 
ツルツルのオマ○コの触り心地は凄く良かった。 
ついつい触りたくて、せっせとボディシャンプーをつけた手で、ノリの無毛マ○コを触りまくった。 
俺のチ○コはビンビンに立ちまくってしまった。 
「あはは!お兄ちゃんすごい元気になっちゃった!! お兄ちゃんノリに入れたい?ツルツルのここに。」 
「モチッ!早く入れさせてくれ!我慢できない。そんなの見せられたらいくら兄ちゃんでも無理だ。」 
でも、妹は話しながら、扱いたり、亀頭を撫でたりしてじらしながら誘ってきた。 
「我慢できん!」俺は無理やり床に妹を四つん這いにさせた。 
お尻を高く上げさせて、毛のないオマ○コをむき出しにさせた。指で触るとお湯ではなくヌルヌルとしていて、妹は濡れ濡れだった。 
そのまま、クンニした。オマ○コにしゃぶりついてしまった。 
「ウヒャア!お兄ちゃん!がっついてるぅ!」 
「だって、こんなの見て興奮しないヤツはいないだろ・・・」 
しばらく、オマ○コを舐めて吸った。丸見えのオマ○コは異様だが、ノリのは綺麗だからいくらでも舐めてやりたくなる。 
「アン!アン!ねえ、お兄ちゃん入れて?」 
「お、おう!入れてやる。」 
今日は中出しOKの日だから、すかさず俺はノリの膣口に先端を当てた。 
黙って、妹のお尻を両手でつかむと、一気に押し込んでお尻を引き寄せた。根本までいきおいよく入った。 
「アグッーーーッ!」妹がうめいてのけぞった。 
「ノリ、溜まった精子たっぷり出してやるからな!ツルツルのオマ○コの中に全部出してやる!」と言いながら、腰を前後に振った。 
パン!パン!パン!パン!と軽快な音が風呂に響いて、リズムをつけて腰を打ち付けた。 
「アン!キャン!キャン!突き刺さるぅ!アン!・・アン!アッ!凄い!アン!」先っぽが子宮口に当たるたびに妹は可愛い声で喘いでのけぞる。 
前後の動きを止めて、子宮口に先端を当てて、グラインドした。 
妹の腰がクネクネと動き出す。「アン!・・・お兄ちゃん・・・やっぱこれいいよぉ~!アン!」 
「いいだろ?もう少ししたら子宮にたっぷり注いでやっからな!」 
「早く・・・頂戴!お兄ちゃんの熱いセイシィー!」 
溜まりすぎてるから、早くも射精感が来た。 
「おっしゃ!だすぞ!」 
再度、前後に強烈にピストンした。子宮をガンガン突き上げた。 
「早く・・・アウ!・・・お兄ちゃん・・・ノリも・・・イグッ・・イク・・・アウ!イグゥゥゥー!」 
膣が一気に締まって、チ○コを締め付けて奥に引き込む。 
「オウッ!」俺もうめいて、少し開いてる子宮口に先端を当てて大量に噴射した。何度もザーメンが脈打ちながら飛び出してた。 
妹はそのまま顔を床につけて、ゼーゼー喘いでいた。 
俺はじっと動かずに先端を子宮口に当てていた。子宮口がわずかにうごいて亀頭の先っぽを包む感じだった。 
「ノリ、起こしてやるな?」妹のおっぱいを両手で包むと、ゆっくり起こして背面座位にした。 
子宮口に当たってる先っぽがわずかに潜り込んだ。 
背面座位のまま、おっぱいを揉みながらキスし続けた。お互いに舌を絡めて吸って・・・ずっと飽きるまでキスをした。 
俺のチ○コが再び大きくなって、先端が子宮口にあたった。 
「アウン!入ってるぅ!ハア・・ハア・・・お兄ちゃんの精子・・・たくさん出たね・・ハア、ハア・・・」 
「良かったか?」 
コクリと頷いて「ノリの子宮が熱いよぉ・・・もしかして子宮の中に入っちゃったのかなぁ?」 
「ん?かもな。口開いてたし、俺がたっぷり注いじゃったから。」 
「ヒャア~、妊娠しちゃうぅぅぅ!お兄ちゃんに孕まされたぁ~!キャハハハ!」と笑いながら喜んでた。 
まあ、安全日だから大丈夫だし。 
「お兄ちゃんたくさん出したから、双子かもね。三つ子かなぁ。ちゃんと責任とってよねぇ~?」 
「あほか?安全日だから出したんだろ?なあ、ノリさ・・・もし俺の子供妊娠したらどうする?」 
「え?え?・・・うーん・・・わからないよ。でも、生みたいなあ・・・だめなんだろうけど。作りたい?」 
「あおなあ・・・そんなことできるわけないだろ。とはいえ、本当に兄妹じゃなければいいのにな。」 
「お兄ちゃん・・・。ねえ、復活が早いよねぇ!まだノリに出したい?」 
「ん?今はいいよ。バスに浸かるか?」 
「ヨイショ!ちょっと待って、精子出さないとお湯が汚れちゃうよ?」妹は立って、俺のほうを向いた。 
俺は妹のツルツルオマ○コを指で開いてみた。 
「なあ、出てこないぞ?たっぷり出したのに。」 
「うーん・・・ちょっと待って。」妹は下腹部に力を入れた。ドロッ・・・出てきた! 
ボタボタと凄い量のザーメンが膣口から垂れてきた。とはいえ全部出てきたってわけじゃないみたいだな・・・。まだ子宮の中に残ってるかも。 
「お兄ちゃん!溜めすぎだぁ・・・すごいね。」「あはは、感心するわ!」 
シャワーできれいにオマ○コを洗ってやった。洗ってる最中に残りの精子がトロトロと出てきた。 
「出たな?」「うん!お風呂入ろう?」

ノリとバスにつかりながら・・・ 
「お兄ちゃんさ、今日はがっつきだね?」 
「いやいや、それはノリもだろ?溜めたもんな・・・おれ。それにまさかお前が毛を剃ってるなんて想定外だ!」 
「あはは!嬉しかった?あとでたくさん見てもいいよ。私もかなりちょっとがっつきかなあ・・・。だって、これ好きだもん。」と俺のチ○コを握ってきた。溜まりに溜まっているから、元気なままだ。 
十分暖まったので、二人で湯船を出て、そのままディープキスした。 
毛のないノリのマ○コに手をやり、クリをいじった。毛がないだけに触りやすい。 
「ムムム・・・お兄ちゃん、ベッドでしたい。」 
「ああ・・・ベッドでじっくりノリの見せてもらうかな。」 
「エッチィ!」「何をいまさらぶりっこしてんの?」 
バスタオルでお互いを拭いた。妹が落ちたショーツを拾おうと前かがみになった。 
おれに背中向けてたから、オマ○コ丸見え! 
そのまま、チ○コを入口に当てて、一気に腰を入れた。 
「アウッ!ヒャア!何?何?」 
「このままベッドまで行こうな?」 
「やだぁ!エッチ!お兄ちゃん、過激だなあ!もう!こんなとこで入れるかなあ・・・アン!」 
「ははは、はい、歩いて歩いて。」 
後ろからの立ちバックのまま、密着させてゆっくり歩いた。 
「ぬぉぉぉ!ノリが歩くたびにグニュグニュと動くぞ!めちゃ気持ちいいぞ!」 
「え?・・・ふーん。動くんだ。」 
「ふーんって感じない?ノリ、しばらくこのまま部屋の中歩かないか?」 
「ええ~!?やだあ。それはやだあ。面白くないよぉ。ねえ、ベッド行こうよぉ~」 
「頼むから。ノリ・・・お願い!」そのまま後ろからノリを抱きしめておっぱいを揉んだ。 
「クスッ・・・もぉ~、お兄ちゃんの甘えん坊!子供みた~い。」 
「はいはい、じゃあウォーク、ウォーク。」 
そのまま、歩き回った。ピストンしてないが、まるで「みみず千匹」みたいに膣の中が動いて、俺のチ○コに絡みつく。 
こんな快感はまずない。初めてだ。 
俺が「ウォッ!」と声を上げるたびに、ノリは笑ってた。 
歩きながら興奮してきた。 
「ノリ、ストップ。その場で高く足あげて足踏みしてみな?」 
「え?ええーっと、こんな感じ?」と交互に足を高く上げて足踏みした。俺は妹の腰を支えてひっくり返らないようにした。 
「うううう!いい!それいいぞ!」 
左右の膣壁が交互に亀頭を擦る。しかもグニュグニュ柔らかくまとわりつきながら・・・。 
妹は、面白がって足踏みしだした。 
「お兄ちゃん感じる?」「はあ・・・はあ・・・たまんねえ!ノリは?」 
「うーん・・・なんかね。いまいち感じなーい。」 
「もうちょっとこのままでな・・・頼む。」 
バタ・バタ・バタと足踏みしてた。 
「うおお!!おれイキそうだ!」 
「え?えー!うそ!おにいちゃーん!やだあ~!」 
一気にそのまま膣内に射精してしまった。 
「ほんとだ!出てるぅ!ドクドクしてる!えぇ~、なんで?なんでぇ?お兄ちゃんなんでいっちゃったの?」 
「はあ・・・はあ・・だって、気持ち良かったから。」 
「もうぉ!もったいないなあ・・・。せっかくフェラして飲みたかったのにぃ~。」 
妹はブーたれてた。 
しかし、こんなのもあるんだなあ!!初めて体験した快感だった。 
俺はノリにはめたまま。ベッドに移動して、ノリをうつぶせに倒した。 
俺もその上に乗って。チ○コが抜けたら困る。抜かずにもう1回出したかった。 
「お兄ちゃん、なんか変だよ?アン!アン!・・・もう?できるの!!」 
「ああ。抜かずにあと1回出してやる。」 
「ええ!壊れない?お兄ちゃんのオチンチン」 
「大丈夫だよ。あと3、4発はいける!」 
「凄すぎるぅ!ノリ、なんか怖くなってきちゃった。ねえ、妊娠しないよね?」 
「あはは。大丈夫だよ。おまえ体温も測ってたろ?」 
「うん。今日は絶対に大丈夫な日だよ。」 
「じゃあ問題なーし!」 
そのまま、妹をベッドに押し上げる感じで上げて、バックからやった。 
「アン!キャン!キャン!当たってるぅー!キャン!」妹のお尻を抱えてピストンした。 
突くたびに、妹は前傾になり、だんだんうつぶせに倒れて行った。 
両足を開かせた状態で、俺は妹の尻に乗る感じでピストンした。奥に届くよう、弧を描く感じでピストンし突き上げた。 
子宮を押し上げてた。 
「ウン!ウック!アン!・・・ヒック!エッグ!・・エーン・・・ウエーーーン!気持ち・・・いいよお~」 
妹が快感で泣き始めた。それを合図にして、俺は強烈に高速ピストンに切り替えた。 
「ア!アッ!アウ!アウ!ダ・メ!ア!ダ・メエ!イグ!・・・アア!イグヨ~!イッグッーーーーーー!」最後は絶叫に近い声をあげ、いきなり上半身を逸らせると妹はイッた。 
今までにない締め上げだ!! 我慢!まだださないぞ!我慢しながら高速ピストンを繰り替えした。 
「ハア・・ハウ!ハウ!アウ!おにい・・アン!ちゃん・・・ダメぇ・・アウ!アウ!アウ!・・壊れ・・ウウ!ちゃうよぉ~!」 
ダメと言われても止めなかった。ノリと一緒に行きたかったから。ノリのお尻に恥骨を打ち付けるようにして奥までチ○コを突き刺し続けた。 
「おにい・・・アウ!ング!ング!アウ!」妹が腰を振り始めた。膣からはピュッ!ピュッ!とジュースが飛び出すのがわかった。 
あともうちょい!。妹の全身が俺の突き上げに合わせて揺さぶられていた。 
「エーーーン!エグ!エーーーーーン!ウェーーーン!」ほとんど号泣に近い泣き方になった。 
チ○コの先が咥えられた。あ!子宮口が開いた!この間と同じ感覚。 
射精感が出てきた。俺ももうちょっとで出る! 
「アグゥ!イグ!イグ!ダメ!イグウゥゥゥーーーー!」ノリの全身が硬直した。バカ力でノリのお尻が浮き上がった。上に乗っている俺を持ち上げた。 
反対にその勢いで、チ○コが深くのめりこみ亀頭先端が子宮口の中へと埋没したのがわかった。 
そのまま子宮口が俺の亀頭を咥えこんだ。 
その瞬間、「アグゥ!・・・ウウウウウゥ!」妹はうめき声をあげてグッタリした。 
「おう!でるぅ!」妹のお尻を両手でわしづかみにして広げた。もっと子宮の中に入りたかった。のけぞって全体重をかけて、膣内の奥にチ○コを押し込んでザーメンを放出した。完全に子宮内射精になった。ドクン!と放出するたびに妹の腰がビクンと動いた。強烈な快感と射精だった。チ○コの脈打つのが収まらない・・・。射精し終わってもピクピク動いた。 
「はあ・・・はあ・・・ノリィ・・全部出たぞ・・子宮に。」 
そのまま俺はうつぶせで伸びている妹の上にかぶさった。 
「ノリ?・・おい!・・・ノリ!」 
また失神していた。 
「おい!ノリ!ノリ!」ほっぺたを軽く何度も叩いた。 
「ゲホッ!・・・ファ~・・・」ふぅ~、覚醒したか。 
「お兄ちゃん・・・・私・・・また?」 
「ああ、おまえ失神してた。大丈夫なのか?」 
「う、うん・・・ちょっと待って。」 
「わかってる。ゆっくりこっちに戻ってこいよ。」妹が完全に覚醒するまで待った。 
待ってる間、ノリの中の動きを確認した。ゆっくりと亀頭先端が子宮口から押し戻される動きで、ヌルッと抜けた。 
子宮口が口を閉じた。そして亀頭の先っちょを舐めるようにクニュクニュ動いていた。 
「ノリ・・・戻ったか?」 
「はあ・・・はあ・・・うん。お兄ちゃん、なんで私失神しちゃうの?」 
「わからないよ・・・。ちょっとお前の横に寝るから抜くぞ。」静かにチ○コを引き抜いた。 
「はぁ~」ノリがため息をついた。 
そのまま腕枕でノリの横に寝た。 
「お兄ちゃん、私、感じやすいのかな?」 
「うーん、俺とやると失神しちゃうのかな?今までないんだよな?」 
「うん。でもね、すんごく気持ちいいの。ほんとフワフワ飛んでるみたいになって、幸せいっぱいになるんだよ。ってか子宮まで届く人いなかったもんね。それだけお兄ちゃんのはデカチンなんだよねぇ。」 
「そっか。おまえ、痛くないの?」 
「うーん、痛痒いっていうのかなぁ。そんな感じ。」 
「そっか。まあ毎回失神されたんじゃ危なくてしょうがない。 ちょっと俺も加減するよ。」 
「でも気持ちいいんだけどなぁ~。あ~あ!お兄ちゃん、また(子宮の)中に出したでしょ?」 
「ああ、出しちゃった。だって俺の咥えこむんだもん。」 
「お腹が熱くなるからわかるよ。これも失神する理由かもね?」 
「わからんわ。俺には。風呂に連れてってやるよ。」 
俺は起き上がって、妹をお姫様抱っこして風呂場に連れて行った。 
風呂場で妹を立たせて、マ○コに指を入れた。 
うーん、出てこないなあ・・・。 
「ノリ、下っ腹に力入れてみな?」 
ボタボタと垂れてきた。 
「お兄ちゃんって絶倫だね、きっと。女の子が最高に喜んじゃうよ。」 
「そっかなあ?なんか嬉しいが。」 
綺麗にシャワーで流して、オマ○コも丁寧に洗って・・・チ○コは妹が洗ってくれた。 
そのままベッドに戻った。

妹は、バッグを脱衣場に持って行くと、せっせと着替えてた。 
まあ、何かしら下着を持ってきたんだろうけど、楽しみにして俺はTV見てた。 
「ご主人様~、おかえりなさいませぇ~!」 
「はあ?」振り返ってビックリ!メイドのコスチューム着た妹が立っていた。 
「えへへ、これ一度着てみたかったんだぁ~。ノリのメイドはいかがかしらん?お兄様?」 
「ほぉ~・・・・似合ってるじゃんか! エロいけど、いい感じだ。」 
黒のメイド服、白いエプロン、白ストッキング、頭にはセットものの飾り?、ガーターつけてるのかストッキングにベルトがチラチラ見える。 
「今日は、お兄様のご奉仕をさせていただきますね?」 
「なんか凄いぞ!ノリ! メイド喫茶行ったことないけど、オマエならいけるな!」 
ゆっくり、ソファまで来て、俺の隣に座った。 
「お兄ちゃん、あのさいつもノリを可愛がってくれてるでしょ?だから、今日はノリがお兄ちゃんにいろいろしてあげたいなあって。だからお兄ちゃんは、私に任せてね?」 
「え?ああ・・・ご奉仕ってわけか?」 
「そう!今日はお兄様専用のご奉仕メイドってことで。好きにしていいからね?きゃはは~。恥ずかしい!」 
「そっか。しかし似合ってるなぁ・・・どこで買ったんだ?」 
「はい。ドンキでございますわよ。お兄様。」「じゃあ頼もうかな? 肩揉んでもらえるかな?」 
「はい、お兄様かしこまりました。」とすっと立った。俺はスカート部分をちょっとまくってしまった。ちらっと白いショーツが見えた。 
「いやん・・・お兄様ったら。あとでゆっくりお見せしますね。」 
「・・・・ああ。」 
しばらくノリが肩をもんでくれた。「お兄様、けっこう凝ってますね。」 
「ノリ・・・こっちもすごく凝っちゃってるんだ。」俺は腰に巻いたバスタオルをとった。 
異様に興奮してたので、カチ○コチンに勃起。 
「お兄様・・・すごいですわ!ちょっと立っていただけますか?」 
「お・・・おう!」立って、妹の前に行った。妹はしゃがんで、チ○コを握った。 
「お兄様、先から何か出てますわよ?これは何でございましょうか?舐めて差し上げますわ。」 
妹が亀頭を口に含んで、我慢汁を舐めとってくれた。いつもと違う雰囲気に俺は参ってしまった。 
「ノリィ!頼む・・・頼むから思いっきりフェラしてくれ!俺の精子全部飲んでくれ!」 
「かしこまりました。では、失礼して、お兄様、いただきます。」思い切り咥えこんだ。 
ジュボッ!ヌプッ!ジュボッ!と音を立てて、妹はバキュームフェラを開始した。 
ものすごい快感だ。今までと違う。コスプレって盛り上がるもんだなあ! 
俺は妹の頭を掴むと、前後に動かした。妹は上目使いでじーっと俺を見ながら咥えて、扱いて、吸った。 
亀頭全体を舌で包む感じにして、ペロペロ舐めまわした。亀頭の先っちょを舌でツンツンしたり、先っちょの穴に舌をこすり付けたり・・・。 
「ウォ!いいぞ!オゥ!」声がでて、思わず腰がくねった。 
それを見て、妹は連続で亀頭を舌でくすぐり、舐めまわしたりした。 
「ノリィ・・・はあ・・・出そうだよ・・はあ・・・」 
妹は右手で強く握って扱きながら、バキュームフェラに戻した。左手はタマを軽く握って揉んでくれた。 
「ウッ!」俺はのけぞって、大量に放出した。 
妹は扱いて吸いながら、ザーメンを全部口で受け止めた。出し終わって・・・ゴックン、ゴックンと音を立て飲みこんだ。 
「ふぅ~・・・ノリありがとうな。」 
が、妹は扱く手を止めずに、そのまま連続フェラをし続けた。 
「おい!・・・もう出たって!・・・」 
上目使いのまま、フェラし続けた。チ○コが柔らかくなっても続けてきた。 
「もういい!!・・・ノリ、もういいから。」止めようとしたが、妹は咥えたまま離さなかった。まるでスッポンだ! 
そのうち、何かがでそうな感じになった。 
「うぁあ!」ドピュ!ドピュ!と何か発射した。 
「ンン!ンンー!」と妹がうめいて口を話した。手のひらに発射したものを吐き出した。 
「お兄ちゃん・・・これ何?・・・まさかおしっこ?」 
「いや・・違う。たぶん、潮吹いた・・・・。」 
「へ?男の人も潮吹くの? なんかネバネバしてないね。おしっこみたい。まだ出るかな?」 
「おい・・・やめろ」「いいから、ご奉仕、ご奉仕ぃ~」と笑って、チ○コ握って力いっぱい扱きだした。玉も握ってモミモミを繰り返す。
「お兄様・・・出そうですか?・・・いかがですか?」と言いながら・・・。 
ちょっとして、「ヌォ!出る!」ピュー!ピュー!と透明な液体が床に飛んで行った。 
「きゃ!・・出てる!・・・まだ出るよね?」 
散々しごかれ、潮吹かされた。 
「ノリ・・・もういい・・・もうだめだ・・・出ない、無理だ。」 
「ふぅ~・・・お兄様・・・満足?」 
「ノリ~・・・壊れそうだよ。」 
「えへへへ、お兄様、ベッドに行きましょう?」 
手を引かれて、ベッドに妹と移動した。 
「さあ、お兄様。仰向けに寝て休んでくださいませ。今日は私がご奉仕しますわ。」 
「ノリぃ~、おまえやりすぎだよ。でも、嬉しいけどな。なんか興奮するよ。」 
「へへへ、お兄ちゃんを喜ばせたくてさ。ノリに今日は任せてね。いっぱいお兄ちゃんを可愛がってあげるね。」 
俺を仰向けに寝かせると、俺の上に妹がメイド服のまま重なった。 
キスをしてきた。 
俺は妹にされるがままに・・・と思って、妹に全部任せることにした。 
俺がいつもノリを舌で舐めまわしたのとは、逆にノリが俺の全身を舐めてきた。 
乳首を舐めて、吸ってきた。舌で俺の乳首を転がす・・・。くすぐったいが、なんだか気持ちいい。 
「お兄様、気持ちいいですか?」 
「ああ・・・」 
妹はそのまま下半身へと舌をずらして、もう一度チ○コを咥えた。 
「なあ・・・さっきしてくれたから、しばらくフェラはいいよ。」 
「では、こちらを舐めますわね?」 
と俺をマンぐり返しした・・・。と、アナルを舐め始めた。 
「うぉ!ノリ・・・おまえ・・・気持ちいいぞ。」 
妹がアナルに舌を這わして舐めまくっていた。 
「ノリ、俺の顔またいでさ、こっちに来てくれ。」 
「はい。かしこまりました。お兄様。」 
俺の顔を跨いだ。白いショーツを下から拝んだ。妹の腿を掴んで俺の顔の上にしゃがませた。 
その間も妹はアナルと玉舐めを繰り返してくれた。 
「ノリ・・・触るよ。」「はい・・・お願いします。」 
顔から10㎝上にある妹の股間をゆっくり揉んでやった。ショーツの上からだが、すでにショーツにはうっすらシミがついていた・・・濡れてる・・・。 
思わずショーツの上からオマ○コをしゃぶった。 
「アン!・・・お兄様・・・いきなり・・・アン!」 
「はあ・・はあ・・・すげえいいぞこれ!」 
黒いメイド服のスカートをまくり上げて、ショーツを丸出しにした。妹は、俺のチ○コを一気に咥えてきた。 
まだチ○コ元気じゃないから・・・。 
俺はショーツを引っ張って、割れ目に食い込ませてマン筋を見て楽しんだ。 
「ノリ、脱がすぞ?」 
「ジュポ!・・・ダメですお兄様。今日は私に任せてください。」咥えてたチ○コを話して俺を見おろして話してきた。 
「ええ~。そりゃないよ。おまえだって楽しみたいだろ?」 
「お兄ちゃん、いいから今日はノリに任せてって。わかりましたか?お兄様。」 
「・・・・うん・・・じゃあ、ノリのおっぱい揉んでもいいだろ?」 
下から手を伸ばして、メイド服の上からおっぱいを揉みまくった。 
そして、食い込んだショーツの割れ目をしゃぶった。 
「アン!・・・お兄様・・・興奮しますか?」 
「たまんねぇ~。これからコスプレしようぜ。」 
「フフフ・・・いいですわよ。お兄様、アン!アン!・・・もっとしゃぶってください。」 
ジュルジュル音を立てて妹のマ○コをショーツの上から舐めまくって吸った。 
妹は、チ○コを咥えた。ジュポッ!ジュポッ!と相変わらず強烈なバキュームフェラだ。 
さすがにこんだけ興奮すれば、チ○コは復活! 
「お兄様、固く大きくなりましたわ・・・入れたいのですぅ~。」 
「中出しすっか!!・・・おい、早く入れようぜ。」 
「ではでは~。」妹はベッドを下りて、ショーツを脱いだ。 
そして、メイド服を脱ごうとした。「ちょっと待て!全部は脱ぐなよ。おっぱいだけ出したらそのまま来いよ。」 
「はい!そうします!」妹は背中のチャックを降ろして、ブラを出した。 
そしてベッドに横になってる俺を跨いだ。 
「ノリ、おまえのツルツルオマ○コ見せてくれ。まだじっくり見てないぞ。 
「かしこまりました。」俺の顔の上跨いで、スカートをたくし上げた。 
ツルツルのオマ○コを観賞した。 
開いて、サーモンピンクの中をじっくりと見た。クリが膨らんで・・・膣口は濡れて光ってヒクヒクと動いていた。 
ツルツルだから、丸見えなのがとても艶めかしい。 
「お兄様・・・これ、私入れたいですわ・・・お願い、入れさせてくださいませ。」 
「よし、じゃあ入れてくれ。」 
「かしこまりました。では、いただきますね。」 
そのまま、チ○コの真上に移動して、チ○コを握った。 
俺がスカート部分をまくって持って、挿入部分を見た。 
チ○コがオマ○コに当たり、ゆっくりと中に潜っていく・・・。毛が無いからビラビラがめくれて、周りの肉を引きづり込みながら入っていく・・・。 
すごく興奮した。 
「アウ!・・・入ってる!・・・お兄様の大きなオチ○コ・・・アン!アウ!・・・」 
妹が腰を落としながら、可愛い声を上げる。俺は下から妹のおっぱいをブラの上からわしづかみにして揉みまくった。 
「お兄様・・・おっぱいもっと揉んでくださいませ。」 
「ノリ、一気に入れてくれよ。」 
「はい、では一気に入れさせていただきます。」と言うと、ズン!と腰を落とした。 
根元まで収まって、子宮口に先端が思い切り当たった。 
「アグゥゥゥーーーー!」妹はのけぞってうめき声をあげた。 
俺はブラの肩ひもをずらして、ブラを引きずりおろしておっぱいを丸出しにして、揉みまくった。乳首がコチコチに勃起してた。 
「ア!ア!ア!ア!アウン!・・いい!・・・いいよぉ!」妹が上下に飛び跳ねて強烈にピストンしてきた。 
「もっと!ノリ!もっと強く出し入れしてくれ!!」 
「ア!ア!ア!・・・あい!・・・もっと・・・ですねお兄様・・・では・ああああああああ!あん!あん!」 
「うぉお!いいぞ!・・・もう出そうだ!」 
「出してぇ!お兄ちゃん・・・出してぇ!」 
バコ、バコ、バコと勢いよく撥ねまくった。俺は妹のおっぱいを揉み続けた。 
「ノリ!出すぞ!」 
俺は腰を突出し、下から妹を突き上げた。子宮口に先端が潜った。 
「アグゥゥゥゥ!イッグーーーー!」妹が絶叫を上げた。 
俺も精子をたっぷり放出。チ○コが脈打つたびに、妹の顔がのけ反った。 
「はあ・・・はあ・・・出たぞ・・・ノリ」 
「ゼーゼーゼー・・・・お兄様・・・まだ・・・です。まだ出してくださいませ・・・アウ!」 
そのまま妹は、腰を動かした。 
「ノリ!・・・もう出ないよ・・・」 
「お願い・・・もう一度だけ精子欲しい・・・」妹はそのまま強引に腰を振り続ける。 
「わかった・・・はあ・・・はあ・・・もう一度だけな。」 
「うん・・・はあ・・・はあ・・・お兄ちゃん・・・大好きぃ!」 
「ノリぃ・・・愛してるよ!」 
ガシガシと妹は腰を振ってた。 
少しして、妹の膣から汁がピュッ!ピュッ!と飛び出し、俺の股間がグショグショになってきた。 
「アグ!アウ!・・・アン!アン!・・・アアアア!イッグゥゥ!イッちゃうよぉ!」とのけぞってイッテしまった。 
膣が一気に締まる。まるで万力でチ○コが挟まれるみたいな強烈な締りだ! 
妹はイッテも腰を振り続けた。口からよだれを垂らしてた。 
「はあ!はあ!ノリ・・・もうちょっとでいきそうだ。もっと腰振ってくれ」 
「は・・・・はい・・・アグ!アグ!・・・アン!」 
腰を振り続ける・・・ 
「お兄・・・ちゃん・・・また・・・イキそう・・・」 
「おう!一緒に行こうな!」 
俺は下から、また突き上げた。妹の飛び跳ねる動きに合わせて突いて突きまくった。 
「うお!また出るぅ!」 
「いってぇ!・・・アウ!アウ!・・・ノリ・・・イグゥーーーー!イグゥーーー!」 
子宮に向けて、また精子を放出した。 
「ウグゥーーー!!」 
そのまま、妹は俺の上にドサッと倒れた。俺も、妹も汗だくだった。妹の躰はほてって赤くなってた。 
俺と妹は抱き合ったまま、ずっとじっとしていた。 
「お兄ちゃん・・・・はあ、はあ・・・気持ちいいよぉ~・・エッグ・ヒック・・・ウエーン!」 
妹が俺の上で泣きだした。 
終わってから泣いたのは初めてだ。 
「ノリ・・・俺も最高だ・・・お前を離したくないよ。」 
「エッグ・・・お兄じゃん・・・一緒にいたいよぉ・・・ずっと・・・ヒック・・・」 
「ノリ・・・。」

泣き止んでから、妹のメイド服を全部脱がして、スッポンポンにしてから、抱き合って爆睡した。

帰り際に事件が起きた。 
朝起きて、シャワーを浴びて出てきたはいいが、俺のパンツが見当たらない。 
「ノリィ~、兄ちゃんのパンツ知らんか?ないんだわ。どこいったんだ?」 
「え?知らないよぉ。どっかに落ちてないの?」 
妹はドライヤーで髪を乾かしてセットしていた。 
ソファの下、ベッドの下とか見たがない。おいおい!マジかよぉ! 
必死に探しまくった。30分ぐらい・・・。 
仕方なくそのままスーツのズボンを履こうとしたが・・・。 
「お兄ちゃん!待って!そのまんまズボン履くの?ちょっと汚いよお・・・ノリのパンツ貸してあげる。」 
「はあ?お前のパンツって・・・」 
「はい。これなら大丈夫でしょ?」とブルーのショーツを渡された。一体ノリのバッグには何枚下着が入っているんだ? 
「ノリ、そのバッグに何枚入ってるんだよ・・・ドラえもんのどこでもドアみたいで凄いなあ。」 
「あはは!だって、お兄ちゃんとデートだから、毎回お気に入りを4セット入れてるんだもん。ねえ、早く履いてチェックアウトしないと延長になっちゃうよぉ。」 
とにかく急いでショーツ履いて、ズボン履いて、スーツを着た。 
ショーツになんとかチ○コは収まったが、位置が落ち着かない・・・。スースーして股間が寒かった。 
しきりに俺が股間をいじっているのを見て妹は笑い転げてた。 
「きゃははは!お兄ちゃんどうしたの?さっきからいじってるけど。もしかしてショーツ履いて元気になっちゃったとか?」 
「違うわ!いや、あのな・・・どうも居場所が落ち着かない。コンビニでパンツ買っていいか?」 
「いいじゃん、どうせこのまま家に帰るんだから、帰ってから履き替えれば?」 
「まあな・・・しょうがない我慢するか・・・。しかし、どこ行ったんだろ?俺のパンツ。」

実は、妹がたくらんだ悪戯だった。 
俺のパンツは、妹のバッグの底に隠してあった。 
なんでこんなことしたか?  
俺を困らせたかったのと、ショーツを履かせて街中を歩かせたかったってことだった。 
家に帰って、真相がわかってから、俺は妹をとっちめた。 
もちろん両親がいないから、即復讐した。 
おっぱい揉み揉み攻撃とディープキス攻め、 
最後は家にある電マを使って、マッサージ攻めにしてやった。 
両手をネクタイで縛って、妹の上に馬乗りになって、スカートまくってショーツの上から電マを押し当ててスイッチオン! 
20分電マでクリとマ○コを連続マッサージしてやった!そしてショーツを引きずりおろして、チ○コをマ○コに突っ込んで即ハメしてやった。 
電マをクリに当てたまま、チ○コをピストンした。当然中だし。 
妹は4回イッテ、完全にグロッキーだった。全身汗だくだった。 
「ゲホッ!・・・ゴホッ!・・・ひどいよぉ~・・・。ノリのこといじめたぁ!!!」 
とエンエン泣き出した。 
「ノリ、おまえさ、おれ恥ずかしかったんだぞ。あのとき。」妹の頭を抱きしめて、撫でてやった。 
泣きじゃくりながら・・・ 
「ヒック!ううう・・・だってぇ。エック!・・・お兄ちゃんのこと大好きだからいじめたかったんだもん。コスプレしたかったんだもん・・・」 
「・・・そっか・・・まあ、許すよ。しかし、ショーツって薄くて寒いわ。」 
「ねえ、お願いがあるんだぁ。お兄ちゃんさ、ノリとエッチするときだけ、ショーツ履いて?お兄ちゃんのショーツ姿って可愛いんだもん。」 
「おいおい!・・・・うーん・・・まあ、エッチの時だけならいいか・・・。」 
「やったあ!じゃあ次回からはショーツ貸すね!」 
「はあ~・・まいったな。」

ところで、俺とノリは春になったら実家を出て一緒に暮らそうという相談をした。 
お互いに「自立」という理由にして。ただ、いきなり一人暮らしは大変だし、妹が一人暮らしは危険だから、俺が保護者として一緒に暮らす・・という理由にして、親に話した。俺も妹も通勤時間が1時間超えなのも理由だ。結果はOKとなった・・・。 
一番の理由は、当然二人で暮らしたいということなんだが。

決まったこととはいえ、本当にいいのか疑問はある。 
このまま同居したら、本当に妹とのセックス生活になってしまうのではないか?・・・最悪、兄妹夫婦みたいになってしまうのではないだろうか? 
とはいえ、ここまで来たら・・・もう戻れないのだろうか・・・。 
後悔と期待感がごっちゃだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。