友達の妹を犯した体験談

ぴゅあらば

これから約1時間掛けて僕の大学時代の(今27)の思い出を語ろうと思います。
ちょっと懐かしい犯罪すれすれの思い出です。

僕はテニスサークルに入っていました。
一年生で入部した時、男は一年生5人でした。

最初はすごく仲が良かったのですが、
そのうち僕はあまり相手にされなくなっていきました。

それでも一応なんかのイベントの時は5人一緒に遊んでくれました。

初めてのイベントはその中の仮名 亀山の家に遊びに行くというものでした。

亀山の家は湘南になり、みんなで海に遊びに行きました。
当時僕は彼女もいなく、また童貞でした。
早く女とやりたいそんなことばかり考えていました。

海で泳いだあと、亀山の家に行って、砂を洗い落とし、夕飯をご馳走になりました。

おかあさん「こんにちはみなさん、こうじがいつもおせわになってます」
四人「今日から三日間よろしくお願いします」

俺らはこれから始まる三日間で、女をナンパしまくってやるとかいろいろ思っていました。
でも結局だれひとりそんな勇気がなく、結局ナンパはしませんでした。
夜はセガサターンのゲーム大会になりました。
ゲームは当時はやっていたぷよぷよをみんなでやりました。

亀山は「色盲」だったのでぷよぷよの色がわからず、みんなで馬鹿にして楽しみました。

そして夜もふけ、二時くらいになりました。
俺はその頃から頭が急に痛くなり、そろそろ寝ようかなと思っていました。



やつら四人は僕をそっちのけで、コンビニに買い物に行くと言って家を出て行きました。

「ちぇっ俺はやっぱりのけもんだよな・・・・」とか思っていた。
すると「がちゃ」 いきなりドアの開いた音がした。

するとそこにはさっき夕食の時にはいなかった亀山の妹が立っていた。

「あっいらっしゃい」
「こんばんは、お世話になります」

「お兄ちゃんいないですか?」
「コンビニに行ったけど?」

「そうですか、ならいいです」

亀山の妹は亀山と似ていない。
二重のくっきりした大きな瞳をした上戸彩似のかわいい子だった。
前やつから聞いていたので、この子は中3だとわかっていました。

「ぷよぷよやってるんですね?」
「そんなんだよーあいつらいないからさー」

「お兄ちゃんぷよぷよ弱いんですよ!!だって色盲だから^^」

結局二人でぷよぷよをやることになりました。

俺は生まれてはじめて女の子と二人でゲームをやり、
それだけで興奮して勃起してしまいました。
しかも結構かわいい・・・・最高のシチュエーションでした。

まさか二人でぷよぷよをやるなんて俺は夢のようでした。
あいつらはコンビニに行った。
でもきっと30分で帰ってきてしまう。

パラダイスもここまでか・・・・


二人は大学のこととか、共通のピアノの趣味の話でもりあがった。

そこにやつらが帰ってきた。
「良子、お前なにしてんの?」
「あ、○○、妹に手を出すなんて、いけないよーー」とかひやかされた。

結局亀山の妹と仲良く話をするのはこの年はこれが最後になった。
俺たちは平凡に3日間を終え、家路にとついた。

その次の年、俺は当然2年生になっていた。また、当然童貞だった。
今考えると異常な性欲があったと思う。

夏になり、また亀山の家に行くはなしがでた。
俺は去年の妹良子ちゃんのことがすごく気になりだした。

「たしかピアノが趣味だったよな。こう言うこともあろうかと孤独な俺はピアノの練習をしてたんだよね」

俺は運動が苦手なくせにピアノだけはやたらうまかった。
だからこれを亀山の家にいって良子ちゃんに聞かせてやろうと思った。

亀山の家についた。久しぶりの亀山の家だ。
おかさんにあいさつし、みんなで夕飯を食べた。
俺は妹がいつ登場するのかはらはらどきどきだった。

良子ちゃんにあったのは8時くらいだった。
俺たちが部屋で北斗の拳の単行本を読んでいる時に、俺は急にトイレにいきたくなり廊下に出たら、髪の毛がまだぬれている状態で、風呂から上がってパジャマ姿の良子ちゃんにでくわした。

おれは、おもわず「あ!」といってしまった。
向こうも、○○さん久しぶりですね?とかわらって、恥ずかしそうに彼女の部屋に戻っていった。

夜中はなぜかまたゲーム大会になった。
ゲーム機はなぜかまたセガサターンだった。
ぷよぷよをやって、みんなで盛り上がった。

俺は「またこいつらコンビにいかねえかな」とか真剣に願ったが結局行ってくれなかった。

次の日、午前中は雨だった。俺はチャンスだと思った。
良子ちゃんは今この部屋にいないけど、
ピアノを弾けば間違いなく聞こえるはず!!!よし♪

「ねえ、亀山?ピアノ弾いていい?」
「お前弾けるの?」

「まあ弾かせてくれよ」

僕はみんなの前で幼稚園から中学校まで習っていたピアノを披露した。

僕はショパンを弾くことができるので、みんなははっきりいって仰天していた。

「おまえらなんてどうでもいいんだよ。良子ちゃん、聞こえたのかな?」

その日の夕飯、妹の良子ちゃんとおかあさんと俺ら5人で夕食になった。
初めて良子ちゃんが同席の食事になった。

すると
「ねえ、さっきピアノ弾いてたのだれ?」と良子ちゃんがきりだした。


「ああ、俺だよ」とすかさず答えた。

「すごーーい。あの曲むずかしいんだよね。私練習したけど途中でやめちゃったんだよ」

しめしめ、聞いていたらしい。俺は心の中でガッツポーズをとっていた。
どうにかしてもっと接近したい。

おかあさん「こうじ、明日のご飯は適当に食べてよ」

亀山「なんで?どっかいくの?」

おかあさん「父さんと島根の親せきの家に行ってくるよ、良子はどうする?」

良子「私は家にいるよ、宿題やってる」

俺は面白い展開になり、何かを期待せざるを得なかった。
他のやつらはそんな会話を聴きもせず、夕食のカレーをくっていた。

「くそーー、こいつらみんな童貞卒業してるから、良子ちゃんに萌えないんだな、くそーー」とかかってに思いながら夕食を食べた。

次の日天気は快晴だった。
俺はまた本当に頭が痛くなってしまった。

あいつらは4人で湘南の海にでかけた。
家には俺と良子ちゃんのふたりきり。
でも、そのとき俺はマジで頭が痛いので、午前中は部屋で寝ていた。

昼になり、だいぶ良くなってきたので
ゲームの部屋に行くと良子ちゃんがいた。

「あ、頭もうだいじょうぶなの?」
「ああだいぶ良くなったよ」

「ねえ、去年ここでぷよぷよやったよね」
「やったね☆うん、またやらない?」

二人は電源をいれてまたぷよぷよをやり始めた。

おれはこのとき
「ひょっとしてこれはこの子俺に気があるんじゃないか」と勘違いした。

そしてダメ元で「ねえ、夜良子ちゃんの部屋にいっていい?
お兄ちゃんの大学の女の話とか、面白いお話し聞かせてあげるから・・・・
おれはごくりとつばを飲んだ。

すると
「うん、いいよ^^」となんと二つ返事で返ってきた。
これにはびっくりした。これはいけると思った。本当にそう思った。

慎重なおれは考え直されたら困ると思い、すぐに話題を変えて、ピアノの話をした。
するとしばらくしてやつらが帰ってきた。

「○○良子に手を出すなよ」と去年とおんなじことを言われた。
でも俺の心は決まっていた。

俺は一人で外出し、コンビニに行ってコンドームを購入した。
「ぐっバイ童貞!!」おれは心で叫んだ。

夕飯は近くのラーメン屋で5人で食べた。そして夜・・・・・・・

俺たちは1階の寝室に寝ていた、4人である。
そして2階に亀山と良子ちゃんの部屋があった。

つまり階段を上らないと良子ちゃんの部屋にいけないのである・・・・・
家にはおとうさん、お母さんはいない・・・

時刻は深夜1時、俺以外全員爆睡していた。
おれはゆっくりそっとドアをあけ部屋を出て行った。

次なる関門は階段である。きしむのである・・・・・
ゆっくり、ゆっくりと登った。みしみし・・・・・・と音がしてしまう。

階段を30分掛けてのぼったのは人生でこれが最初で最後だと思う。
そして俺はゆっくりと
「良子の部屋」とご丁寧に書いてある部屋のドアを開けた・・・・・・

部屋の中は真っ暗だった。
でも部屋に入ってきた気配で良子ちゃんは目を覚ました。

そして部屋の電気をつけた。
「あ!!」小さな声で良子ちゃんが言った。
「来たよ♪」
「えっ!だってみんなとくるんじゃないの?それになかなこないから冗談かと思ってた」

良子ちゃんはパジャマをきてかわいく見えた。
ベットの枕のうえには鼻紙が散乱していた。

「鼻かんだらごみ箱入れなきゃダメだよーー」とかいいながら強引にベットの上に乗っかった。
本当に俺は今考えると最低の人間だと思う。

「今何時?」
「二時くらいかな?」
「そっかあ、そんな時間なんだ・・・・・・・」

俺は良子ちゃんがひっしにエロイ空気を作らないようにしているのを感じ取った、そして余計萌えた。

ねえ、じゃあ、さっそくいいこと教えてあげるよ。
お兄ちゃんね、今学校のサークルの女の子と付き合ってるんだよ・・・
俺は亀山がいままでに付き合ってきた女の子とを詳しく話した。

そしていきなり俺は彼女の背後に回りこんで、
手をまるで「だるま」を抱え込むように良子ちゃんにまわした。

「あ!!!」良子ちゃんが突然大声を出した。
それは本当に大きな声だった。俺はあせった。
そんなに大きな声を出されたら、みんながおきてしまう。

「ねえ、僕たちもお兄ちゃんに負けないように楽しいことしようよ・・・・」
「・・・・・・、楽しいこと?」

「うん、例えばこういうこと・・・・」

俺は上戸彩にの彼女の胸をパジャマの上から鷲づかみにした。

「あ!!!!!」また彼女はまた大きな声をだした。
どうやら彼女は抵抗しているようだ。あたりまえである。

おれはこれはまともにやっては騒がれると思った。
徐々にエロイ話をしてそしていきなり手を服の中に入れようと考えた。

俺は変態の話がすきなので、変態話をした。

「ねえ、精子見たことある?」
「え??、ないよ・・・・・」

「彼氏の見たことないの?」
「私付き合ったことないから・・・・高1だし」

処女・・・・処女・・・・これは絶対に食わないと・・・・・・・

俺はだるまに手を回すように、彼女を後ろから抱きしめていた。
この格好だといつでも胸がもめる。いいポジション取りだ。

「精子ってね、お風呂にあるあのシャンプーの色とそっくりだよ。
俺つかっててそう思ったYO」

「そんなこといわれたら、これから使う時変なこと考えちゃう・・・・」
俺はここで彼女の服の中に手を入れることを決行した。
しかし彼女は手でしっかり俺の手をガードして服に入れさせない。

俺は無理やり入れようとしたが、また「あ!!!」と
ちょっと大き目の声を出されたのでまたとりあえずやめた。

俺は生来の変態である。そこで・・・・・・・・・
「ねえ、生理になったのって何年生の時?」

するとためらわずに
「うーーんと、小学校5年生の時だったよ。
ちょうど親せきの家に行ってる時になったからびっくりしちゃった」
俺はこんなかわいい子の初潮の話を聞き出せて本当にどきどきした。

俺は時計を見てみた。するともう3時半だった。やばいと思った。
はやくやらないと・・・・・・・・・・あせった。

俺はパジャマの上から彼女のマンコのところに手をつっこんだ。
「ああ!!!」本当に大きな声を出された。正直もうだめだと思った。

数分様子をみて、全然亀山がおきてこないので安心した。
俺はその数分間に悪魔の計画を立てた。


「やばいぞ・・・・時間がない。大声さえ出されなければな・・・」
「そうだ!!!!!!!!!!!!!!、
ディープキスをして口をふさぐんだ。
いきなり前に飛び出して、口をふさげばいい!!!!」

俺はいっせいのうせで 前にいきなり飛び出し、彼女の唇をうばった。
「んーーーー」とか言ってたけど関係なし。
だ液を一気に流し込んで彼女の声を出せないようにした。
そして布団を二人でかかるように覆い被さるようにかけた。

彼女のくちは完全に俺の口が栓をしている。
俺は彼女の服の中に手をいれて小ぶりのおっぱいを直に鷲づかみにし、最後に乳首をこりこりした。

そして、彼女のマンコに手を突っ込んで、
ぐちぐちょになっているマンコを手でもてあそんだ。

「ああ、これがはじめてかんじるまんこなんだ!!]
俺は満足感に満ち溢れていた。

そして足の親指を器用につかい、一気にパジャマとパンツを脱がせた。

彼女は「んーーーーーー!!!!!!!」とか言っていたけど、
ほとんど抵抗しなかった。

俺は持っていたコンドームを装着しようとかおもったんだけど、なぜか下の階に忘れてきてしまっていた。しょうがない。
このままはめようと思った。

「すぐにおわるからね☆」
おれはそういって、唇を離した。
彼女は下半身だけ裸の状態だった。
彼女は半ば半分あきらめた状態で無言だった。

俺はこのことを良子ちゃんが家族にバラすのではないかと一瞬思ったけど、理性を抑えられなかった。

「それから俺のチンコが彼女のマンコに刺さる瞬間」まで
彼女は全く声を出さなかった。

彼女は裸にされてから素直だった。おびえていたのだと思う。
俺はゆっくりと足を開脚させて、ピンクの唇をみて、超感動した。

そして、ゆっくりとちんこをさしこんだ。
きつい、本当にきついなかなかはいらない。

良子ちゃんは「う!」と声を押し殺していた。
大きな声は出さなかった。

チンコを出し入れしていると、
最初は数センチしかはいらなかったのに最後は根元までズブっと入るようになった。
俺は最高にしあわせだった。

彼女は目をつぶっていたみに耐えていた。
五分くらいピストンをやると俺は気持ちよくなって、出そうになった。
俺は出る寸前にちんこを引き抜きさっきの鼻紙で精液を拭いた。
最高の瞬間だった。
童貞、処女喪失の瞬間だった。

俺は達成感と恐怖を感じたのですぐに部屋を出ることにした。

そして「血がでなかったね☆」と明るく言うと
「私、バスケやってたから、もう処女膜やぶれてたのかも」と言った。

「ごめんね」
「他の子にもこんなことするの?」

「いや、君がかわいかったからだよ、ごめんよ」といって部屋をでた。
彼女は泣いてなかったので安心した。

次の日の朝、彼女は起きてこなかった。
俺たちは昼食を済ませると、亀山の家をでた。

俺は彼女が家族に言いつけるのではないかとものすごく心配した。
でも、一向に連絡はこなかった。

その後、しばらくして亀山に「妹に彼氏が出来た」と言う話をきいた。

そこで「お前の妹の処女奪ったの俺だぜ」と言いたかったけど言わなかった。

その話をきいたあと、俺はひさしぶりに良子ちゃんのことを思い出し、大学のトイレでオナニーをした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。