高校の頃そこそこ仲良かった巨乳の同級生とサシで飲む機会があった

高校の同級生Gカップとセフレっぽくなった時の話。

俺が19歳でフリーターしてる頃、高校の同級生でそこそこ仲が良かった女とサシで飲む機会があった。

仲良いって言っても学校で話すくらいで、遊び行ったりとかは滅多になかったが。

そいつは男みたいなサバサバした性格で、顔は篠田麻里子みたいな感じ。

身長が148cm位で太ってはいないんだが、おっぱいはGカップというエロい体つき。

ちなみにGカップってのは高校の頃からクラスで噂になってたから知っていた。

夕方から安い居酒屋で飲んでて、あらかた飲み食いした後、カラオケ行きたいって俺が言い出して近くのカラオケへ。

広めの部屋でテーブル越しに向かい合わせで座ってたんだが、歌ってる内に暑くなってきて冷房を効かせようって事になり、同級生が冷房のリモコンを手に取る。

その時エアコンが俺の真上にあったのね。

で、リモコンが中々反応しないみたいで同級生が俺の横に立って一生懸命エアコンにリモコンを向けてたの。

その時の同級生の服装は、ピッタリした黒いTシャツににデニムのショーパンとタイツって感じ。

俺は座ってたから、ちょうど同級生のGカップのおっぱいを下から見上げる形になったわけ。

俺「おぉ、凄い眺めだな」

同級生「何が?ww」

俺「いや、改めて見ると凄い胸だなと思ってw」

同級生「まぁチャームポイントだからねw」

みたいな会話をして、その後は普通に時間までカラオケしてた。

カラオケ出てから、これからどうする?って話になり、俺が半分冗談で

「ホテルでも行く?」

って言ったら、同級生は

「マジで?う~ん…」

と少し悩んだ後、

「良いよwあー私ガード緩いんだよな~…」

とビッチ発言(笑)

それからまた近くのホテルへ。

ホテルの部屋に入るまでは、

「あー何か緊張するねーw」

とか言ってた。

ホテルの部屋に入ると、同級生はソファーに座ったまま、

「あーやっぱ恥ずかしいーw」

とか言って顔を背けてる。

俺は隣へ行き、顔を背けてる同級生のおっぱいをTシャツの上からゆっくり揉みしだく。

「んっ…」

とか言って感じている同級生。

俺「胸、感じるの?」

同級生「んっ….我慢出来る程度には感じるよ(笑)」

と顔背けたままで返事。

片手でおっぱいを揉みながらキスをしようと顔をこっちに向けると、振り向いた瞬間に濃厚なディープキス。

しばらくおっぱいを揉みながらキスを続けた後、同級生が

「シャワー浴びようw」

と言ったので風呂場へ。

風呂場では軽くキャッキャしながらおっぱい揉んだりチンコ触られたりしながらお互い体を洗いました。

そしてお互いバスローブになりベッドへ。

上に乗りキスをしながらおっぱいを揉む。

ちなみに俺はおっぱい星人です。

バスローブをはだけさせ、おっぱいと乳首をひたすら揉んで舐める俺。

仰向けになってもボリューム満点のおっぱいって素晴らしいね。

同級生もおっぱいを攻められながら俺のチンコに手を伸ばしてきて、やらしい手つきで触ってくる。

そのまま手マンに移行しようと、手を下に持って行くと既にビショビショ。

しかし違和感が…毛の感触がない…もしやと思うと、

同級生「剃ってるの…恥ずかしいからあんま見ないで…」


正直俺はそんなにパイパンに興味は無いのでそんなにテンションは上がらなかった。

指を入れ、Gスポットを攻めると凄い声で喘ぎ始めた同級生。

「あぁぁんっ!」

とか

「気持ちいいっ!」

とかそんな感じで喘ぐ。

しばらく手マンした後、

俺「舐めて」

と仰向けになる。

今度は同級生が上になり、乳首を舐めながらチンコを握ってくる。

同級生のGカップのおっぱいが体に当たるのがかなり良かった。

しばらくフェラをしてもらい、

「そろそろ入れたい」

と俺が言い、挿入へ。

正常位の形になり、俺が

「ゴム着ける?」

と聞くと同級生

「ん…そのままで良いよ。でも外に出してね」

お言葉に甘えて生で挿入。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。