リビングで寝ていた妹のおっぱいを揉んだり舐めたりしてたら

ぴゅあらば

俺が高1で、妹は中1の時の話。

俺と違って妹は可愛くてモテるし彼氏もいたが、俺はそんな妹の事が好きだったが、妹は俺の事をあまり好いてはいないようだった。

ある日、俺が学校から帰ると制服のまま妹がリビングソファーに寝ていた。

テーブルには母さんの

『18時まで帰ってこないから2人とも仲良くね』

とのメモがあった。

今ちょうど15時半。

俺はテレビを見て寛いでいると、妹が足を立てたので妹の下着が目に入り、テレビどころではなく下着を見てしまった。

俺はとりあえずテレビを消して妹の下着を見てると、ムラムラしてきて妹の胸を制服の上から揉んでみた。

妹の胸はCかDぐらいあるかの大きさでとても柔らかかった。

俺は次第に寝てるからいいかと思い、制服のボタンを外して脱がすと、ピンクの可愛いブラを外して胸を揉み始めた。

俺はそのまま揉んだり舐めたりして妹のおっぱいを堪能していたら妹が起きてしまい

「ちょっとお兄ちゃん何してるのよ!!」

と言って俺を蹴ってきた。

「い、良いだろちょっとぐらい」

「なに言ってるの変態!!」

と、俺を変態呼ばわりして叩いたり蹴ってきた。

「もう信じられない!!モテないからって妹にこんな事して!!」

と半泣き状態だった。

さらに

「いつも私をジロジロ見て!!今日こそママやパパに言ってやる!!」

俺はその一言を聞いてようやくマズいと思い、妹を押し倒して手で口を塞いで

「お前が親に言うってんならお前を犯してやる!」

俺は妹のスカートとパンツを強引に下ろした。

妹は抵抗するも、高校生の俺に力で敵うわけもなくマンコをさらけ出した。

俺は妹のマンコに顔を埋めて舐め回した。

妹は足をばたつかせ

「やめてよ変態!!」

と言って抵抗してきた。

俺は自分のズボンとパンツを下ろすとチンコを妹のマンコに挿入した。

「きゃぁぁぁぁいやぁぁっぁぁぁ!!!」

と妹は悲鳴を上げていたが、外には聞こえない。

なぜなら両親の希望でリビングだけ防音設備をしてるからである。

妹の挿入した時、突っかかるモノを感じたので、まだ経験がないようだった。

「お前、初めてだったのか?」

と聞くと、

「最低!!」

と顔を手で隠して大泣きしていた。

俺は笑いながら腰を激しくを動かした。

妹は泣きながら耐えていた。

すると、童貞だった俺はすぐに気持ち良くなり

「あぁ…出る…!」

「やめてぇぇぇ!!」

妹の言葉を無視して思いっきり中出しをした。

「妊娠したらどうするのよ!!」

と言ってきた。

俺は妹の顔に近付いて口を開けるように言ったが、首を横に振って開けようとしなかった。

俺はそれでも強引に開かせチンコを入れた。

「俺のチンコを舐めて精液を吸い取れ」

妹は泣きながらも俺の指示に従った。

俺は全てをやり終えると携帯を取り携帯で妹を撮った。


「この写真を誰にも見られたくなかったら今日の事は黙っとけよ」

と写真を見せた。

そこには裸で精液まみれになって泣いてる妹が写っていた。

「最低…」

そう言いながら、妹は小さく頷いた。

時計を見るともう17時半。

お母さんが帰って来ると思い、妹についてる精液を拭いて妹に制服を着せ、俺も服を整え帰りを待った。

「ただいま」

と言って母親が帰ってきて、俺は何食わぬ顔で

「お帰り」

と答えた。

「2人とも仲良くできたかしら?」

「当たり前だよ」

今日の事は確かに2人だけ
の秘密になった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。