友達が出掛けている間に友達の妹をレイプ

ぴゅあらば

俺が高2の頃、仲が良かった友達の家に行った時の事です。

「おぉ来たか!まぁ入れよ」

いつもの会話で友達の家に上がり、友達の部屋で話しながら寛いでると

「ただいまー」

との声がした。

「今の誰?」

「妹だよ」

「そう言えばお前妹おったな。いくつだっけ?」

「今年4年で私立に通ってるよ」

「へぇ、お前と違うな」

「うるさいほっとけ」

そんな事で盛り上がってると、友達が

「俺何か買ってくるな」

と言って出て行った。

俺も行こうとしたら

「お前はゆっくりしとけ」

と言ってくれたのでベッドでのんびりしてると、ふと前に聞いた事を思い出した。

その友達の妹は可愛いと聞いたので、見てみたくなって妹の部屋に向かいドアを少し開けて覗いてみた。

すると、制服から着替えてるところでパンツ1枚で見とれてしまった。

しばらく様子を見て、妹さんが服を着たところで

「こんにちは」

と部屋に入った。

「えっ誰ですか!?泥棒!?」

と誤解された。

「違うよ、お兄さんの◯◯の友達だよ」

と笑いながら答えた。

「それで、何の用ですか?」

「いや、あいつの妹が可愛いって言うから見に来たの。確かに可愛いねぇ」

「いや…それほどでもないですよ」

俺はそんな妹に抑えきれずになり、ベッドに押し倒してしまった。

「えっなに!?」

と驚く妹に、俺は

「ごめんね」

と言い、服を捲りあげて胸を強引に揉んだ。

「やめてください!!」

と暴れる妹にビンタをして

「静かに!」

と怒鳴ると、妹は素直に大人しくなった。

俺は乳首を舌で舐め回すと

「あぅ…!」

と喘ぎ声を漏らしていた。

乳首を舐めながらスカートとパンツの中に手を入れ、マンコをいじくった。

俺はそんな事をしてるだけでイキそうになって急いで脱いだが、妹にぶっかけてしまい、そのまま妹の口に突っ込んだ。

その頃には、友達の妹は俺の言う事を素直に聞くようになってて、

「もっと舐めてくれる」

「舌を使って」

と全て応えてくれた。

一度抜いて妹のマンコに挿入した。

「痛っ!!いたーい!!」

小4には耐えれなかったのか、妹さんは泣き出してしまった。

俺はそれでもここまで来たらと童貞をこの妹に捧げる事を決心し、マンコの中で動かした。


「うわぁぁぁん!!」

妹は悲鳴と泣き声を上げた。

俺はすぐに気持ちよくなり

「あぁ…出るよ…!」

「ダメ!出さないで!!」

妹さんの言葉を無視して、俺は友達の妹の中に出してしまった。

「ふぅ…気持ちよかったよ」

「うっ…嫌だよ…」

そう言う妹さんの体は震えてた。

「兄には内緒な」

と言い、俺は友達の部屋に戻ったが、ちょうど友達も帰ってきたところだった。

幸い妊娠はしなかったので、今思えば不幸中の幸いだったと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。