水野美紀似の姉との関係

高校2年になったばかりの頃、英語の成績が悪く、英語が得意な大学4年の姉が、親に金もらって俺に勉強教える事になった。

俺の部屋にいて偉そうに指図ばかりすればいいので、姉にとっては、とてもいいバイトだったのだろう。すっかり俺の部屋に入り浸りだった。

俺の居ない時も、勝手に俺の部屋に来ては、部屋を勝手に片づけたりエロ本勝手に捨てたり、傍若無人の数々だった。

そのくせ、成績が悪くても俺のせいで(あたりまえか)、お袋と並んで俺を叱った。


それでも、懲りずにエロ本買って、オナニーしている時に、ドカッと部屋に勝手に入ってきて、あわてて毛布で隠す俺に「このエロガキ」と親にチクリ、おれの小遣い停止の時もあった。

しかし、オナニーなんて止めようと思って止められる歳ではない。地獄の毎日だった。


ある日、俺は決意して姉ちゃんに得々と説明した。
男はみんなそういう物で、定期的に抜かないと駄目だと。
エロい物が見たくて我慢出来ねぇんだと。

ふむふむと、まじめに聞いていた姉は、「ホレ、ただだよ」と、Tシャツとブラを同時に捲り、胸を出した。一瞬だったが驚いた。


乳首もろくにわからない、一瞬でおわり姉は部屋から出て行った。
それから、毎日もう一度じっくり見せろと頼んだが、エロ本の様には簡単に話が進むわけではなく、怒られなじられ、苦悩の日々は続いた。


もう2学期になったある日、隣で勉強教えてる姉の胸を服の上から、指で持ち上げて見た。正直ブラジャーで固かった。

姉は予想に反して怒らず、「我慢出来ないの?・・・ 勃起してる?(笑)」
自分は、思い切って、ジャージを脱いで、チンチン出した。

姉「大きくなったねぇ・・あははは~」と大笑い。

姉「A(俺の名前)も、AV見たいにシコシコすんの?我慢出来ないなら、やれば?」

と言うので、開き直って扱き始めた。
姉は、色々な角度からチンチンを観察し、机から巻き尺だして長さや太さなど計測して、自分の手帳に付けていた。

姉「どう?出るの?」

俺「もうちょっとなんだけど」と言うと、姉は俺の左手を姉の胸に当ててくれた。
俺は温かくそのブラジャーの固い感覚を手に感じながら机に向かって出した。

姉は「ウワッ」と大きなリアクションで避けて、ティッシュを取り、文句を良いながら机を拭くと、「今日はもう寝ろ」と命令口調で自分の部屋に帰って行った。

繰り返すが、エロ本の様に簡単には話が進まない。

それから、数カ月は服の上から、もむ程度の事は出来るようになったが、見せてもくれない。でも、オナニーを姉の横でやる事は多くなった。

俺は、しょっちゅう見せてくれと頼んだか、怒られるだけだった。
最後に風呂に入った小6の頃の裸を思いだすが目の前の姉は、同じものとは思えない。


俺は高校3になり、姉は小さな商社のOLになった。
回数は減ったが、姉はたまに来ては英語を見てくれた。実のところ、全然英語は上達しなかった。

仕事で疲れている姉は、よく俺のベットで寝ていたが、俺はその横でオナニーして寝る事が多かった。馬鹿だね。信じられない恥ずかしさだ。


しかし、進展は突然訪れた。
姉は「おう、始めるのか・・」と言うと、布団のなかでモソモソ服を脱ぎパンツだけになると、電気を小さな豆球だけにして暗くすると、俺に胸を触らせてくれた。

初めての生乳の感覚は、思ったよりもフニャフニャだった。
下は、「駄目駄目!」と言われながらも格闘の末、パンツの中に手を入れ、無理やり股の奥に指を進めると、熱く濡れた感触があった。

毛は想像以上にボーボーで、俺は一生懸命にマン●をこすったが、特に姉に反応は無くその日はそこまでで、終わった。


それから、数ヶ月は指でペッティングしあう関係になってが、マン●を広げて見る事は出来なかった。

指で触っている時、姉は息は荒くなるが声が出たり喘ぐ事は無く、突然ビックっと震え、「あ~あたしもイッた」もう触らないで、ととっとと部屋を出て行くパターンが増えた。


高校3の夏休み、ペッティングしてると姉が「入れていいよ」とついに許可が出た。

避妊どうしようと聞くと、中で出さないでと一言言うだけ。
困ったが、この機会を逃したくないので、姉の上に乗った。

体を上にずらせて、チンチンでマン●あたりを押すが入らない。
姉は寝てるだけで何もしない。
ずるい姉だから俺が勝手にやった事にしたいのだろう。

色々格闘の後、ぐ~っと強く押すと。ズ~ンと入った。
温かく思ったよりも緩かった。

数回上下に動かしたが妊娠が怖いので抜いて、ゴムを買いにいく事にした。
姉から金を借りると近所のコンビニに走った。
戻ったら姉の気持ちが変わってそうで、真剣焦った。そして急いだ。


部屋戻ると姉はTシャツでTVを見ていたが、俺を見るとTシャツを自分で脱いでベットに横になった。
さっきと同じで上を向いて寝てるだけだ。

(またその作戦かよ)と心で毒づいた自分だったが、慣れないゴムを一生懸命付けて、再チャレンジだ。しかし、また入らない。
姉は濡れているし、緩いのに何故か入らない。

結局痛がった姉が、自分の指経由で先端につばを付けると簡単に入った。
俺には姉のマン●は緩かったので直ぐにはいけなかった。

動かしている間、姉は突かれる度に息は荒くなるが、表情は普通だ。
伸ばしている姉の両足を脇に抱えたら、急に気持ちよくなり思いっきり出た。


終わった後、小学校以来、久々に一緒に風呂に入った。
一線超えたからか姉は俺のチンチンを優しく洗ってくれた。
明るい場所で見る姉は、胸も大きかったし、毛も濃くてネットや本で見る女そのものだった。


風呂から上がり、2回目をする事になった。
今度は余裕をもってペッティングかあ初めて姉に男性経験を聞いたが、いつものように「さぁねぇ」ととぼけるだけだ。
(後から分かったが、俺が2人目だった。)

明るい部屋で思い切って、足とマン●を広げて観察した。
船の様な切れ目に内蔵を感じたが、興奮して直ぐに挿入した。

「ねぇちゃん気持ちいい?」と聞くと
「大きいねぇ」と答えてくれたが、答えになってない。

マン●の入り口あたりが少し引っかかりがあって気持ちいいので、うまく亀頭をそこで突いて2度目も発射出来た。

姉は、
「どうして出す時って、男は奥に押し当てるのかなぁ?
 本能で奥に出そうとしてんの?」
なんて笑いながら部屋を出て行った。


それからは、姉の気が向いたときにSEXする関係が続いた。
自分は毎日でもやりたかったが、姉の気の向くまま。

確かに自分も受験生でそれ所ではないはずだったが。姉は自宅では王様だった。
姉は男と同じでイクと急激にテンション下がり、妊娠が怖いだの勉強しろだの言って、とっとと中止してしまうので、いかにイカさず、こちらが先に出すかが鍵だった。

しかし、色々と注文した挙げ句、上に乗って腰を振り2~3分でイク技を姉が覚えてからは、SEXが苦痛に思える日もあった。


もちろん、姉もテンション上がって優しい人間モードになっている時は、
(妊娠が怖いからだが)口内発射ゴックン出来たり楽しかった。

生理中だが血まみれになりながらの、中だしも出来た。
妊娠が怖いとしばらく断られ続けた時で、自分は猿のようにやりまくりたかったので、
「生理中で絶対大丈夫な日じゃん!」
とシーツ汚れて親にばれたら怖いので風呂場でやった。


関係は約1年で、俺に彼女が出来、姉に彼氏が出来た時点で終わった。
実はその後も姉が結婚するまでは、年に1回程度あったが、軽く体を合わせる程度だった。

姉の始めの彼氏は、姉が彼氏と無いまま成人式を迎え、焦った時に大学の同級生と。

一年つきあったが駄目人間(姉談)との事で終わった。次は俺。

3人目は、小さな商社の上司で散々飲まされた挙げ句にラブホで強引に関係を持ち、つきあう事になった男で、クズ人間(姉談)との事で2年で終わり、姉は転職する事になった。

転職後の勤務先で姉が惚れた男(世界最高(姉談))と姉は29で結婚しました。

「義兄さん、ごめん。
 姉ちゃんのマン●に手突っ込んで、さらに緩くしたの俺です(本当)。
 でも、それは王様(姉ちゃん)が奥をかき回してくれと命令したからです。
 俺は、いまだに独身なのでたまには姉ちゃんとやらしてください。」

と言いたくて・・・・でも言えない。出来ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。