長身だけど小学生みたいな容姿の友達としちゃった

ぴゅあらば

高校の時の女友達のトモとやった。 

トモは身長が170位あって背は高いんだけど、顔だけ見たら童顔の丸顔で小学生みたいにも見えた。 
体は細めで胸もお尻も少しぺったんこな感じだけど、声が女の割に低くて色々とアンバランスな奴だった。 


なでしこの川澄選手をもう少し若くして丸顔にしたかんじ?遠いか。
まぁ全体見て中の上ってところかな? 

トモとは二年の時同じクラスになって俺の当時の彼女の友達だった。
今はその時の彼女とも別れてしまったけど、トモとは時々メールしたり電話したりする仲は続いてた。

ちなみに俺はチビで165しか無くて俺は高校の時は水泳をしていた。
体はそれなりに出来ててブサメンじゃないとは思う。 
この春俺は京都で一人暮らしを始めて、先週の土曜の昼に彼女が遊びに来た。 
トモは大阪の実家に住んでて、京都駅とか四条、三条周辺の事くらいしか知らないとか。 

俺だって出て来たばっかで京都にはあまり来た事無かったから大した事知らないけど、家の近く案内ついでに天一本店にラーメン喰いに行ってみたり、近くのバッティングセンター行ってみたり。 

そんで折角遊びに来てくれたので別に大したもんじゃないけど、夜はゴハン作ってやったりした。 

少しお酒も飲んで、高校の時の事話したり、入ったばかりの大学はどうだとか、そう言う他愛もない話してて、そろそろ終電だから駅まで送っていくよって言ったんだけど、トモは「まだ時間有るし大丈夫大丈夫、もっと話そうよー」とか言いながら終電の時間が過ぎるまで結局うちにいた。 


終電時間が過ぎると「あー、帰られへんくなったわー。


今日ここ泊めて貰っていいー?」って笑いながら聞いて来た。

追い出すわけにも行かないし、彼女も居なかったから良いよって伝えた、まぁそれからお酒飲みながら、今は彼氏居なくて寂しいだの、誰か紹介してくれとかそう言う話で ダラダラと確か2時位までゴロゴロしながら時間を潰してたんだ。

んで、そろそろ眠いし寝るかって話になって、Tシャツとジャージのズボンを貸してやった。 
俺は床で寝るからお前はベッドで寝ろよーって言って、座布団を枕代わりにそのままそこでで眠ろうとしたんよ。

そしたら、 
「突然泊まる事になったんやし、一人でベッド占領するの悪いわ、○○君もこっちおいでーや、友達だし平気」 
って俺をベッドに誘って来る。

俺は床で平気やし、大丈夫やからって言ってしばらく、
「床で寝るよ」「ベッドおいで」って話てたんだけど、
なんか無駄な話し続けてるみたいで、もういいわって思って結局ベッドで一緒に寝る事にした。 

俺もベッドに潜り込んで、眠ろうとするんだけど、さっきの彼氏居ない話と、終電をほぼわざと逃してここに泊まってるって状況から、こいつ欲求不満でやりたいんやろなーって言うのはなんか感じてた。

向こうはうつぶせに寝て顔を俺と反対に向けて寝てる。俺は彼女に背を向けて寝る体勢になっていた。

体はくっつくかくっつかないか、ギリギリのところで彼女の手が俺のおしりの辺りに当たってるのを感じた。

正直俺もムラムラは来てた、側に居ると人肌感じてくっついてる所がすげぇジンジン感じる。
トモの匂いが近くて脳髄が刺激される気がした。 

なんかたまらなくなって少し体勢入れ替える振りして俺は仰向けになる。 
手にトモの手が当たって一瞬そっちに目をやったら、反対を見ていた筈のトモがうつ伏せになりながら俺の方をじっと見てた。 

俺もトモの方を見て目が離せなくなくなって、友達に手を出したらダメだって理性と欲望が葛藤してたんだけど、少し触れられてた手を握られて理性が決壊して、そのままキスしてしまった。 
もうそうなったら止まらなかった。

トモは友達なのに、こんな事してたらダメだ。元に戻れなくなる。
でもやりてえって気持ちが心の中葛藤しつつも、キスの後に一気に上と下を脱がして、俺も脱いだ。 
薄い水色の可愛いブラとパンツだった、正直凄く興奮した。 

首筋から小さな胸から舐めまくって、手で背中や腰、お尻をこれでもかって位愛撫した。 

普段話す時は少し低い声なのに、掠れる様に喘ぐ彼女の声が高くて、そのギャップと普段知ってるトモとの差に凄くドキドキしていた。 

彼女の真ん中に俺の指が触れて、あぁあ!って一際大きな声が上がる。 
こっちが驚く位上半身がビクンって跳ねた。 

あそこはドロドロに溶けてて、熱くて、それからエロい匂が俺の鼻の奥に充満する。

「トモって濡れ易いんやなー」って言うと、
「もー、恥ずかしいやん」って上気した顔で恥ずかしそうに笑った。

その指を舐めて、俺はクリトリスに触れない様に周りをねちねちと責めた。 
トモは俺にされるがままって感じで快感に耐えてるみたいに見えた。
焦らすのが好きでいつもこうしてたんだけど今日はもう俺が我慢出来そうに無かった。 

あぁ…って掠れて声にならない位高い声で彼女が鳴く、足がピンとはってて腰が激しく動くのを我慢する様にゆっくり上下していた。 

昔の彼女としてた時ならこの後クンニしたりして、じっくり行くんだけど、俺ももう限界だった。

こっちはチンポギンギンでがまん汁垂れる位濡れてたけど、そのまま正常位の体勢から生で入れた。 

「うわ、ヤバイヤバイヤバい死ぬー、死ぬぅぅ…」 
とか言って掠れ声で感じてた。

俺は「死ぬー」は無いやろって思ってちょっと気持ちが萎えたけど、下半身はギンギンに感じててた。 

クリトリスに当たる様に腰を押し付けながら、中でコリコリした子宮の所にチンポの先を擦り付けた。 

そしたら10秒もたたないうちに「ーぅうぁああっああぁ…」って言いながら、激しく体を震わせながらイッた。 

根元からギュッと締まって、俺もイキそうになったので慌てて抜いた。 

こんなに直ぐにイクとは思わなかったからびっくりして、ぐったりしてハァハァ言ってる彼女と全然萎えてない俺のチンコを見てた。 

ビショビショって言うか、白くてドロドロな感じの愛液。 
自分に付いたのを指にすくって舐める。クンニ好きなのでこの味ですげえ興奮する。トモは臭く無いけど少し酸味のキツい感じがした。 

イッて無いから興奮はまだ冷めてなかったけど、一時中断して少し冷静になってたから 遅いかもと思いつつコンドームを付けてぐったりしてるトモの脚を持ち上げて入れた。

「えっ、あっ、まっ、まだ待って」って言ってたけど、
俺は気にせずにそのまま突いた。 


2分も経たない内だったと思う、「あっ、ま、まぁああ」って言いながらトモがイッた。 

俺ももう遠慮は無くなってて、そのままM字開脚を強いる様にトモの脚を押さえつけてピストンを続けた。 

喉から掠れた音が漏れる様な感じで声にならない声が漏れる中、俺はそのまま背中まで痺れる位激しくイッた。 
正直、今までしたセックスの中で一番気持ちいいと思った。

終わってから「私イッてるのに酷いわー、後最初生でしたらあかんやん」って軽く怒られたけど少し笑ってたから、本気で言ってる様には思えなかった。 

俺たちはやっちゃったなぁとか、まずいねぇ、見たいな、どうでも良い様な話をしながらそのまま裸で寝てしまった。 

次の日、裸で起きてムラムラしたから朝からフェラしてもらったりクンニしたり、多分前日より濃いセックスを朝から昼前位までやり続けた。 
その後マクドで食事して、京阪の駅で彼女とバイバイした。 

正直凄く気持ち良かったけど、きっと付き合う事も無いだろうし、今回だけにしよう。でも暇だったらGWに遊びに来るから、その時は遊んでねって約束とも言えない様な約束はした。 

今まで意識してなかったけど、正直やっちゃってから意識してる。 
昨日の晩もメールがあったし、今日も朝昼夜とあった。 

大学もまだ始まったばかりだし、トモとはそんなに会えないだろうから、どうなるか分かんないけど 今はトモのGWが暇だったら良いなと思ってる。

正直またヤリタイ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。