友達3人でキャンプに行った際に隣になった家族連れの奥さん達

6月にキャンプ場にいった時、隣に家族連れの人が居ました。

パパさんらしい人が子供達を連れ、釣りに行った様子だった。

自分達はと言うと、友達と3人でテントを張り、夕飯は焼きそばにでもしようかと話していた。

家族連れの3人の女性が現れて

「すいません?胡椒ありますか?」

と聞かれて貸してあげました。

30代半ばの女性か、ホットパンツやデニムの短いスカートを穿いてて、タンクトップやキャミソールで露出度が高い。

ライターも旦那さんが持っていったらしくて、火をつけてあげたが、女性が屈むと際どい所まで丸見えでした。

チラ見しながら友達と火を起こし、女性にお礼を言われて戻ったけど、もう1人の友達は違うママさんと話し込んでいた。

帰って来ると

「おっぱい見させてもらったけど、ノーブラじゃねぇか?」

と言ってた。

それからはあのママさんがデカそうだとか、おっぱい談義で盛り上がりました。

夕飯は焼きそばにし、3人で食べ始めたらそのママさん達がお酒を持ってきて、皆で食べました。

時折女性が屈むと覗けて拝まして貰いながら。

夕飯は暗くなる前に終わり、ママさん達も洗うのを手伝ってくれ、気がつけば辺りは暗くなり、旦那さん達が帰って来ました。

隣ではカレーのようでした。

自分達3人で飲んでて、隣は花火を始めて眺めていました。

そして、友達がトイレに行ってしばらく帰って来ずに帰って来たら

「胆試ししないか?」

と言われて、

「どういう事?」

と思うと、

「さっきの3人の1人から、夜に3対3で行かないかって」

と言われて、もちろん参加。

22時くらいに待ち合わせる事にして、それまで時間を潰しました。

時間前に少し離れた場所にあるベンチがある休憩所に居ると

「こんばんわ♪」

と3人が現れた。

「大丈夫なんですか?」

と聞くと

「大丈夫だよ?3人で来たから」

と。

そして、そこで話をして公園を1周する事に。

男女ペアになり、俺は髪の長い細めな由紀子さんとペアになりました。

5分ずつ遅らせてそれぞれのペアがスタートしました。

俺達は最後になり、由紀子さんと歩いていきました。

気がつけば辺りは薄暗く、時折灯りがあるだけだった。

「やっぱり恐い…」

と由紀子さんが言いながらついてきて、しばらくするとガサガサと音がした。

鳥のようでしたが、

「恐い!」

と腕を組まれた。

ムニュッとした胸の柔かな感触を楽しみながら歩いていきました。

すると、コースから離れた休憩所があり、なんか呻き声が聞こえる。

近くに行こうとしたら、またもや由紀子さんが

「恐い」

と言いながらも由紀子さんはついてきて、休憩所前に灯りがあり、少し覗きました。

すると、そこには人影が2つ。

「ウンッ…ンッ…ンッ」

と、どうやら吐息らしい。


暗闇に目が慣れて見てみると、それは友達と一緒に行った真紀さんだった。

「おっぱい舐めて…」

と話している。

じっと見てたら

「真紀さんたら…」

と由紀子さんが話した。

そして、跪いたと思ったら、

「ジュルルジュルル」

と音がした。

そしてその影が立ち上がると重なるようになり、

「おっきい!」

と声がして、ギシギシとベンチが軋み、

「アンッ…アンッ…アンッ…イャン」

と女性が喘いでいた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。