中学校卒業記念の映画撮影で生セックス

ぴゅあらば

中3の時、卒業記念ということで、女友達数人などと集まって映画を撮影することになり、
どう撮るならインパクトのあるものが良いと言うことで話し合った結果、ちょっとエッチなものを撮ることになった。
中3と言えばそりゃもう盛りですから、満場一致でそういうシーンからの撮影に取りかかる。 


 
 
あまり激しいものは・・・、ということで抑えつつ、全裸の女子とベッドへ入る。
監督役の女子が「本当に入れんなよ」と冗談半分で言っていたのを鮮明に覚えている。そして撮影開始。

実際に局部が映るわけではない(布団がある)ので、本当に触ったりする必要はないのだが、
女子も女子で顔を真っ赤にしており、なにより全裸の女子と寝ていて触らないわけがない。
最初はさり気なく当てる感じで触っていたが、演技で出している喘ぎ声に我慢できずフルタッチ。
おっぱいやら下半身やらを触っていくうち、演技であったはずの喘ぎ声が演技でないように聞こえてくる。
見ると乳首はビンビンに勃っており、心なしか下も濡れている。その時は愛撫のシーンなのでとりあえずここでカット。

休憩を挟みその続きから撮影を再開。次はSEXシーンの撮影だ。演技上だが、女子が喘ぎまくる。
そして実際に台本にはなかったのだが、俺のモノを握りしめてきた。
演技をしている内に本当に興奮してきてしまったのだろう・・・。

もちろんオレのも勃っており、さながら演技ではなく本当の行為のような雰囲気になってきた。
女子も女子でそう感じているのか、執拗にキスをしてきたり触ってきたりしている。
そして女子が抱きついて密着してきた瞬間、オレのアレが女子のアレに入る寸前まで密着した。
設定では、このあたりは実際にやっているというところなので、女子は下半身をクネクネさせており、そのたびにオレのアレが刺激されることになる。

そして・・・
そのまま挿入、、、というより物理的に挿入せざるを得ない状況になり、
挿入が前提でなかったのでコンドームも何もしておらず、生のまま挿入・・・。
女子もそのまま腰を振り続けたので、普通の本番エッチになった・・・。

そのまま射精しても問題であり、また外に出しても痕跡が残るのでばれてしまう・・・。
女子もこれを気に掛けたのか、オレが逝きそうになる寸前で止め、双方ともが逝った演技をして演技上の行為は終わった・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。