しつこい女子校生を体育倉庫に呼び不良友達にレイプさせた


俺は友達の不良に麻弥を売った。性欲の塊みたいな奴。
顔写真を見せて処女だと言ったらかなり高値で売れた。
ついでにビデオ撮影も許可しといた。その日、いつも通り麻弥を倉庫に閉じ込めた。
ただいつもと違うのは麻弥の両手足を縄で縛り、口にガムテープをして声を出せないようにした。

そして俺は更衣室へ。今日は久々に紗耶香とヤれる。たっぷり時間をかけて楽しむか。
しばらくして紗耶香が入ってきた。
「久しぶり~(^O^)」
満面の笑顔にドキッとする。ヤベー可愛い・・・。
ポニーテールの髪からは甘い匂い。再会を喜びつつ早速イチャイチャ
。俺は椅子に座り、ペニスを舐めさせる。結構巧くなってきたな。
手でしごきながら丁寧に舐める紗耶香の表情にあっという間に勃起。
「ねぇ、早くしようよ~」
自分で入れてみ。
「も~(^_^;)」
紗耶香はパンツを脱ぎ、制服スカートをめくりながら俺のチンポに跨る。
空いた手でチンポをつまみ、自分のマンコの位置をクチャクチャ探る。
亀頭がヌルッと包まれたかと思うと紗耶香はゆっくり腰を落とし、チンポを全て呑み込んだ。
「アァッ・・・イイよ~っ」
うっとりした表情でしっかり俺に抱きつく。
俺も紗耶香の腰を抱きしめ、チンポをより深く押し込む。
「ンッッ・・・」
紗耶香はゆっくり腰を上下させる。
「アンッ、アンッ、アァッ!」
ついこの間まで処女だったとは思えない淫乱ぶり。
俺も頑張って腰を突き上げる。キツキツの締め付けにもう出そうになる。
紗耶香を抱え、床に移動。騎乗位で紗耶香を突く。
あーもうイキそう・・・。突き上げる速度を早め、紗耶香をガクガクさせる。
中に出していい?
「アアアアッッッ!ちょっと待って!」
出る!俺が叫ぶ直前に紗耶香は俺の上から飛び退き、チンポをくわえる。
手でしごき、頭を上下させ、激しくチンポを吸い上げる。ウゥッ・・・。
俺はあまりの気持ち良さに思わず唸ってしまい、紗耶香の口中に発射。
次々出ていく精液を紗耶香はゴクゴク飲んでいく。
最後の一滴まで吸い尽くし、顔を上げる
「精液ってこんな味するんだ・・・」
口の周りの精液を舐めながらニコッとする紗耶香。
おいしい?
「んー、変な味。飲み込みにくいし(^ω^;)」

紗耶香は萎えたチンポを再びくわえ出す。そろそろいいかな・・・。
俺は舐めてもらいながら不良にさりげなくメールを送る。

数分後、紗耶香にフェラされつつ、マンコをぐちゃぐちゃイジってやっていると、隣の倉庫の扉が開く音がした。
「えっ?誰か来たよ?」
紗耶香のフェラが止まる。
数秒後、ドン!ドン!バン!と大きな音が鳴り始めた。
大丈夫だって、隣でも誰かヤってるんじゃね?
(ヴーーッ!ヴーーッ!)
隣から小さく女のうめき声がする。
麻弥の声だ。
ほらね!始まったみたいだよ!
「ホントだー」
俺のチンポをいじりながら紗耶香がつぶやく。
隣で親友が襲われて処女喪失しているとも知らずに・・・。
憐れみながら紗耶香の頭を撫でる。
隣のドタバタは無くなり、女のうめき声が小さく聞こえるだけとなった。
よし!俺らもやろうか!
「うん、何か隣で他の人もヤってるとドキドキするね!(^.^)」
紗耶香はニコニコしながら両膝を付き、尻をこっちに向けた。
紗耶香の白くてプリプリの尻を掴み、ズブズブッと挿入。
「ウゥンーー」
紗耶香が悩ましい声を出して腰をくねらせる。
隣からは
(ヴッ!ヴッ!ヴッ!)
と麻弥の抑えられたうめき声が聞こえる。
不良にガンガン突かれているようだ。
これで麻弥も女になったんだなぁ。そんな事を思いながら紗耶香をバックで責めまくる。
「アンッ!アンッ!イイッ!」
パンッ!パンッ!
紗耶香も興奮しているのか、腰を打ち付けるたびに紗耶香が今まで以上の声であえぐ。
あまりの声の大きさに思わず紗耶香の口を手で抑える。
アソコもギュウギュウ締まり、最高だ。
腰を引くと紗耶香の膣の肉がペニスにまとわりつくように捲れ、ヒダヒダはカリ首をひっかく。

ぐちゃぐちゃと紗耶香のアソコをかき回していると紗耶香が
「アンッ、ちょっと待って、トイレ行きたい・・・」
オシッコか?
「うん・・・」
え~、途中で抜きたくないし。
「ごめん、すぐ戻るからね(^_^;)」
そこのバケツにしたらいいじゃん。
「えっ、嘘ッ!?冗談でしょ?」
俺はバックでペニスを入れたまま紗耶香を立たせ、更衣室の隅のバケツにまたがる。
「無理だって~」
大丈夫、大丈夫!
後ろから紗耶香のクリをいじる。
「アンッ!ダメッ!出ちゃう!」
クリを指で摘んだり弾く度に紗耶香の膣がキュウキュウしまる。
「もうダメ・・・!!」
ジョロロロロ・・・青いバケツに紗耶香のオシッコが放たれる。
「もうヤダ~(T_T)」
俺のペニスも入ったままなのでペニスにも少しかかる。
全て出たところでティッシュで紗耶香のアソコと結合部を拭いてあげる。
あ~ぁ、紗耶香のオシッコ俺のにもかかったじゃん。
「ごめんなさい(T_T)だって・・・」
紗耶香が泣きそうになる。でもどうだった?
入れたままオシッコするのって?
「すごく気持ち良かった・・・(o^-^o)」
恥ずかしそうに紗耶香がつぶやく。

じゃあ俺もこのままオシッコしようかな。
「えっ?私の中に出すってこと?」
嫌ならみんなに更衣室でオシッコした事バラしちゃうよ?
「そんな~(T_T)」
俺は紗耶香の腰をしっかり掴むとペニスの力を抜いた。
尿道をオシッコが流れていく。
「ヤァッ!出てる!オシッコ中に出てる!」
紗耶香は必死に俺の腕を掴む。
ジョーー、紗耶香の中に少し溜まると膣とペニスの間を逆流してくる。
ポタポタとバケツに落ちる。全て出し終え、ペニスを抜いた。
バケツにまたがる紗耶香の膣穴から俺のオシッコがジョロジョロと流れ出す。
「ヤダ~!」
またオシッコしてるみたいだね。
再び泣きそうになる紗耶香をなだめながらティッシュで拭き拭き。

その時、倉庫の扉の開く音がした。
「隣、終わったみたいだね」
じゃあ後一回して終ろうか。正常位で挿入し、紗耶香にディープキスしながら腰をふる。
「アンッ、アンッ、アソコがジンジンするよ~(>_<)」
ピストンを早め、紗耶香の口に発射して終了。

「今日はいつもよりスッゴク気持ち良かった(^.^)」
笑顔で身支度を整える紗耶香にキスをし、校門まで送る。
「次は中に出してもいいよ(^O^)大丈夫な日に来るから」
ニコニコしながら手を振る紗耶香とバイバイ。

俺、紗耶香に惚れ初めてるかも・・・彼女もいるのにマズイよなぁ。
とか思いながら武道場に戻る。さて、後始末するか。

倉庫の扉を開けるとそこには変わり果てた姿の麻弥が横たわっていた。
制服は床中に散乱し、幼い体型には似合わない全裸に靴下だけという姿だった。
白い身体中に不良に吸われた跡がアザのように残り、細い太ももにはアソコから流れ出た血が付いており、マットの上にもクッキリ鮮血が残っている。
そして麻弥の未発達の小さなアソコからは不良の精液がトロトロとゆっくり流れ出していた。
放心状態。
唯一、ハァハァと肩で息をしているのが生きている証拠だった。
倉庫内を見渡すとプレイ前に不良が設置してあったらしいビデオカメラが無くなっている。忘れずに持って帰ったようだ。
俺は麻弥に近付き、これからはアイツに可愛いがってもらえよ、そう告げると武道場を後にした。それから俺は夏休み中、麻弥の姿を見る事は無かった。

数日後、不良から襲った時に録画したビデオを貸してもらった。
不良とはすっかり仲良しだ。

そこには麻弥が俺と紗耶香とのエッチを聞いているところから最後までしっかり映っていた。
縛られているところを突然巨漢の不良に踏み込まれ襲われる。
逃げようとするが足を掴まれ、広げられると、パンツをはぎ取られいきなり挿入されたようだ。
まぁ俺らのエッチを聞いて濡れてはいたようだが。
ガムテープで口を塞がれ
(ウゴーッ!ウゴーッ!)
初めての異物の挿入に麻弥は大きく身体を反らせて苦悶する。
スカートから伸びた細くて白い足は硬直し、ピクピクしている。
不良は麻弥が処女と知っていながら麻弥の腰をガッチリ掴み、ズンズン腰を進め、容赦なくピストンを開始。
(ウゴッ!ウゴッ!)
泣きながら麻弥の身体がビクンビクン跳ねる。
不良は腰を振りながら麻弥の制服を脱がしていく。
麻弥のまだ未熟なおっぱいに吸い付くとデかい身体を震わせ、一発目を麻弥の中に注入。
出されているのがわかるのか、
(ウーッ!ウーッ!)
麻弥は足をバタバタさせる。

二発目、三発目はカメラの前に移動し、見せつける事を意識した内容だった。
麻弥の処女喪失の証に真っ赤に染まったアソコをアップで映し挿入したり、バックで突きながら痛みに泣きじゃくる麻弥の顔をアップで映したりしていた。
巨漢の不良がまだ幼い小柄な処女を容赦なく喰い尽くす光景はなかなか爽快だ。
俺はビデオを見ながら思わず勃起してしまう。

さらに数日後、今度はどこかの部屋で麻弥が五、六人の不良達にマワされているビデオを借りれた。
次々と挿入され中に出される麻弥。
もう麻弥は不良達から脱け出せないだろう。
妊娠するのも時間の問題だ。
今度このビデオを見ながら彼女とエッチしようかな、とか考えつつ俺は携帯を取り出した・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。