妻とのカーセックスを覗かれ、やがて快感に

ぴゅあらば

今から7年程前の話になります。

妻と結婚したばかりでお金も無く、ボロアパートに住んでいました。

築30年のアパートは、壁も薄く隣の部屋の音が聞える様な所でした。

お隣には、1人で住んでいる50代男性。

まだ新婚の私達は夜の営みも気を使う毎日。

ラブホテルに行きたい所ですが金銭的に余裕が無く、泣く泣くカーSEXや青姦をしていました。

決して好きで始めた訳では無かったんですが、いつの間にか2人共楽しむ様になっていたんです。

外は意外に気持ちも良く、大きな声を出しても問題ありません。

普段隣に気を使う生活にストレスを感じていたんだと思います。

ある日の夜、私達は家から10分程走った山間部で大きな駐車場を見つけました。

夜という事もあり、駐車場内には車が居ませんでした。

私は車を奥の目立たない場所に停め妻にキスをしました。

「ここでいい?」

「うん、静かな所ね。誰も来ないよね」

「誰か来ても明かりで分かるから、大丈夫」

助手席を倒し、妻の来ている上着を捲るとDカップの胸が露わになり、私は吸い付いたんです。

「優しくしてね・・・ん~気持ちいいよ」

「もう濡れてるんじゃない?」

「もう!恥ずかしい事言わないで」

妻のスカートの中に手を入れるとパンティを下げたんです。

「もう、大洪水だ!エッチな汁がいっぱい出てるよ」

「やだ!あんまり見ないで・・・恥ずかしいわ」

「舐めてあげる」

「あぁ~凄い気持ちいいよ・・・そこ!!!!ん~」

私は妻の服を脱がせ全裸にすると、69の体制になりお互い舐め合ったんです。

「あなた気持ちいい?」

「ん~もっと吸って・・・」

妻はチュパチュパ音を立てながら首を上下に動かし私のチンポを刺激してくれました。

そんな時、助手席の外に人気を感じた私は妻のマンコを舐めながらチラッと窓を見ると、車の外に男の影がハッキリ見えたんです。

男性は学生でしょうか?

まだ幼い感じにも思えると同時に、オドオドして見えます。

何となくですが、彼は決して私達を襲う事は無い様な気がしていました。

きっと妻の裸体を見ながら股間を握り、しごいているんだと思います。

誰とも知らない男に妻の裸体を曝け出している事に異常な興奮を覚えたんです。

私は妻のお尻を窓の方へ向けさせ、彼にじっくり見せてやろうと思ったんです。

妻はまだ彼の存在を知りません。

運転席に座りながら妻におしゃぶりをさせ、彼の覗き風景を見ていました。

彼も私が仕向けている事に気づいたのか、私をチラチラ確認しながら、完全に窓に顔を近づけガン見です。

私は妻のお尻に両手を回し、鷲掴みする様に両側に広げ、お尻とマンコを思いっきり見せつけてやりました。

彼は驚いた表情で、妻の陰部を見ています。

「あなた、どうしたの?」

「いや、お前の姿をじっくり見ていただけさ」

「そうなの?私も欲しくなっちゃた」

妻は私の上に乗り、チンポを自分でマンコに招き入れたんです。

妻が上下に動くと、Dカップの胸もポヨンポヨンと跳ね、いやらしさ満載です。

私は両手で妻の乳を鷲掴みし、指先で乳首を刺激してやると妻は大きな喘ぎ声を上げていました。

間もなく、妻が

「もう逝きそう・・・あぁ~」

と声を上げると同時位にヒクヒクと体を痙攣させ妻は逝ったのでした。

そんな妻を抱きかかえながら、四つん這いにさせ助手席の窓の方へ妻を向けさせると、私もバックから激しく突いて上げると

「あなた~駄目・・・また逝っちゃう・・・ん~気持ちいい」


と声を上げたんです。

そして、妻が目を開き覗きの彼と目が合ったんでしょう。

「あなた・・・外で誰かが見てる・・・私を見てるの」

と言ったんです。

「ずっと見られていたんだよ。お前のエッチな姿を見ながら彼もオナニーを繰り返しているんだ」

「いや!恥ずかしいわ・・・早く帰ろう」

「何言っているんだ!お前だって見られて興奮しているんだろ!やめて欲しいのか」

「もっとして欲しいけど・・・でも」

「見せてあげればいいさぁ!お前の魅力的な姿を・・・」

「いいの?私の裸姿見られても・・・」

「俺は凄い興奮してるよ、お前の淫らな姿を他人に見られて…」

「どうしてかな?私も興奮しているみたい」

私達の会話が聞こえたのか、もう隠れる必要が無いと知ったのか、堂々と中を覗きながら妻にギンギンになった股間を見せつけていました。

彼のチンポも大きく今にも精液を出す勢いです。

「彼も興奮しているのね!私達を見て、あんなになってる」

「そうだな、きっとお前のマンコに入れたいんだろう!この淫らなマンコに・・・」

「もう駄目!逝きそうよ・・・逝く・・ん~」

「俺も逝くぞ!中に一杯出してやるからな!うっ・うっ」

私達が絶頂を迎えると同時に彼の股間からも白い液が飛び出すのが見えました。

息を整え、妻と服を着ると車の外へ出ました。

助手席の下には大量の精液とティッシュが捨てられ、遠くにバイクのテールランプが見えたんです。

その日から、私達は何度かこの場所でエッチをしました。

もちろん覗かれる事を望んでです。

バイクの彼も、私達が望んでいる事を知っているかのように、毎回現れ助手席の窓から中を覗いていました。

全てが終わると、彼は何もせず帰って行き、助手席の下には大量の精液とティッシュだけが残されていました。

この場所で夫婦の営みを覗かれて5回目位の時だったか?

私達はいつもの様にエッチをしていたんですが、彼の姿が無かった時があったんです。

「今日は来ていないなぁ」

「そうね、何だか寂しい感じもするわね」

「何だよ、お前彼が気に入ったんじゃないか?」

「そうじゃないけど!でも見られると凄く興奮するし、気持ちが昂るって言うか?」

「俺もだ、変な感じだけど、彼の存在って大きいかも?」

そんな感じで、お互い彼の存在を意識し始めていたんです。

だからなのか?

その日のエッチは、何だか物足りない感じで終わり車を出そうとしたんです。

その時、駐車場に向かって来る一台のバイクのライトが見えたんです。

「あなた!来たんじゃない?彼」

「ん~そうだな」

バイクは林の陰に向かい、彼に間違い無い様だった(いつも同じ場所にバイクを止めていた)薄暗い中、彼がこっちに向かって来るのが分かりました。

「あなた、どうするの?帰っちゃう?」

「折角来てくれたんだし、何だか股間も元気になって来たし、もう一回やろうか」

「そうね!物足りなかったしね」

妻は急いで服を脱ぎ、全裸になると私のズボンを下げ、チンポを咥えだしたのだ。

彼が助手席の窓から顔を覗かせ、早速ズボンを下げチンポを握っているのが分かった。

そんな彼の姿に、私の股間は一気に燃え上がりMAX状態!妻の陰部を触ると、これまた大洪水であった。

さっきまでとは明らかに違った反応!妻も彼の存在をかなり意識している様だった。

いつもの様に、妻の顔を窓際に向けさせ俺がバックから突くとあなた!凄い・・・気持ちいいよと妻が声を上げると、彼の表情も興奮した感じに変化した。

いつもなら、そのまま絶頂を迎え終わる所だが、その日は彼が来なかった時間が異常に興奮を高めた様で私は運転席の窓操作に指を掛け、助手席の窓を開けたんです。

「あなた!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。