同僚の女の子に紹介され若い男の子と独身熟女の乱交セックス

ぴゅあらば

私は今は婦人服関係のお店に勤めているのですが(39歳、独身)、実質店長のような仕事を任されています。でも、結構経営が厳しいんです。値段下げないと売れないし、下げると儲けは少なくなるし・・・。
 
 
 そんなことを考えるとストレスばっか・・・。ストレスを解消するにはセックスが一番なんだけど・・・、若い時は男が言い寄ってきたけど、おばさんになるとこっちからアプローチしないとどうにもなりません。
 ということで、うちに服などを卸してくれている会社の若い男の子にちょっかい出したりして食べたりしていました。彼女もいるようだけど、最近の女の子って結構わがままなので付き合いのも大変そうです。
 お互い、性欲の処理という感じであとくされなくセックスをしています。たまに彼の友達を紹介してくれたりします。すごいうまい子がいたり、全然下手な子もいます。どちらでもおばさんにとってみれば楽しいものでした。

 でも、1ヶ月ほど前から私のセックスライフは変わりました。
 今、バイトできている女子大生の女の子のY子はおとなしそうな顔をしているのにとてもHなの。私の若い時顔負け。
 後から知ったことだけど、その男の子ともHしたって。

 いつも超ミニで、夏はキャミで通勤です。その格好で通勤すれば「また、痴漢にあっちゃった!」というから「当然でしょ!」って言い返してやります。そういえば最近痴漢にも相手にされない私は少し嫉妬? 私ももっと大胆な格好にするかなあと思ったり。
 その子とは仕事帰りに時々食事に行くけど、話は下ネタばかり。特に、今同棲しているという彼氏(というよりもセックスフレンド)との変態セックスの話ばかりで、男がいない私はかなりうらやましく、そして、下半身がうずうずしてきます。

 1ヶ月ほど前、Y子が、「今度、私のうち(といっても彼と同棲しているマンション)で飲み会をしませんか? 彼の友達も来るから4人でどうですか?」っていうから「私みたいなおばさんでもいいの?」て聞くと「みんなHで素敵な店長に興味あるようですから」ですって。
 素敵な店長はいいけど、Hでというのは「あんたに言われたくないわ」と思いつつ、OKしました。
 ある日、仕事が終わって9時頃に行ってみると、既に彼(T君)とその友人(K君)も来て、先に飲んでいました。私たちがついてあらためて乾杯をして、最初はたわいのない話をしていました。でも、若い男性が二人もいるとどきどきします。
 すぐに、Y子が着替えてくるといって別の部屋に入っていってしまい、リビングは3人だけになってしまいました。ここで二人に襲われたらどうしようなんて考えているうちに、Y子が戻ってきました。

 Mっ気がある私は、若い男の子に食べられたい! と思っていました。でも、Y子はタンクトップにホットパンツ、よくみると、ノーブラです。男性二人もラフな格好で私のみ堅苦しい格好だったので、Y子は「私のでよければ貸してあげる」ということになり、Tシャツとショートパンツを借りました。
 Y子はすでに私のことをすごいHなおばさんという感じで紹介していたようで(当たっていますが)、すぐに山手線ゲームをすることになりました。
 負ければ服を1枚脱ぐのですが、自分で脱ぐのではなく、他の人に脱がしてもらうというルールです。でも、みんなほとんど着ていません。1回負ければ下着です。

 まず、私が負けて、T君にTシャツを脱がしてもらいました。いきなりブラです。次に、T君が負け、私がTシャツを脱がしました。若い男の子裸の上半身です!。
 次にY子が負け、K君がY子のホットパンツを脱がしました。Y子はスケスケ下着なのでおマンコの毛が丸見えです。次にまた、Y子が負け、今度はタンクトップをT君が脱がしました。もちろん、おっぱい丸見えです。若い人はうらやましい。結構遊んでいるはずなのにピチピチのピンクの乳首です。
 でも、Y子達は3Pとかをしているようで平気のようです。

 次は、T君が負け、私がジャージの下を脱がしました。今流行のボクサーパンツ。でも、かなりチンポが大きくなっています。思わず、私も脱ぎたい! と思い、次はわざと負けました。
 ショートパンツがありましたが、T君に抱かれるようにブラをはずされました。T君もK君も「おおー」と言って少したれ気味の貧弱なおっぱいを喜んでくれました。

 そのあと、K君が2回続けて負け、私がTシャツとジャージの下を脱がしました。K君は普通のトランクスです。でも、K君もかなりもっこりです。
 次は、T君が負け、私がパンツを脱がせることになりました。上から脱がせていくと、チンポがポンと出てきました。もうかなり大きくなってそそり立っていました。Y子は「何でそんなにたってんの?」と大喜び。私も心の中で大喜び。
 次は私が負け、ショートパンツを脱がされました。ご自慢の横ひもスケスケパンティーです。Y子は「店長、H~」

 次は、またT君が負けました。もちろん、脱ぐものはありませんが、1分間みんなでチンポをもてあそびました。私は筆でなでなで、Y子は30センチの定規でビシバシ、K君はデジカメで写真を撮っていました。
 次は、私が負けてしまいました。横のひもをあっという間にはずされ、全裸です。若い男性にじろじろ見られるとかなり感じてしまいます。T君いわく「なんか、スケベな体だなあ~」ほめられているのかどうかわかりませんが、うれしくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。