新幹線の売り子と仲良くなって強引に犯した話

最近、養女が関東に進学の為、年始から新幹線に乗る回数がいつになく増えました。

それでも調教には手を抜かず、性に満ち溢れた生活を送っています。

そして、私の楽しみは新幹線で出会う売り子の存在でした。

今年の年始にその売り子と知り合いました。

いつも同じ時間帯での利用からなのか、毎回同じ売り子と遭遇しました。

ネームプレートには◯◯百合子と書かれています。

おそらく年齢は22歳前後でしょうか。

化粧で大人っぽい雰囲気を醸していますが、結構な童顔で、身長もあまり高くなく、155cmくらいなので、非常に幼く見えます。

セミロングの黒髪を後ろで縛り、乗客に満面の笑みで接客する姿は朗らかで、素敵だと誰もが思うでしょう。

ただ、私の場合はその純真さを私の性で思い切り汚したいという欲求が燃え上がります。

グリーン車で、

「すいません、お弁当下さい」

「はい、1150円になります」

私は1万円札を出すと、少し困り気味に

「お客様、申し訳ございません。ただ今千円札が手元にありませんので、一度、車両販売を一通り進めてから、お釣りをお渡しさせて頂いてもよろしいでしょうか?」

「構いませんよ」

彼女は笑顔で、カートを進ませます。

東京の手前で、彼女は再びやって来て、

「お客様、大変お待たせ致しました。お釣りでございます」

とお釣りを渡して来ました。

東京駅に着き、下車する時も百合子ちゃんに対し、

「さっきは迷惑を掛けて申し訳なかったね」

「いえいえ!そんな気を遣わなくて大丈夫です、こちらこそ申し訳ありませんでした」

こんなやり取りがありました。

その後も何度も彼女と遭遇し、東京駅で下車する時に、会話するようになりました。

中部地方出身で、都内の大学に通う3年生でした。

その日は養女の買いものに付き合い、最終の新幹線の時間までセックスに興じました。

ただ、あまりに時間を掛けてしまった為、間に合うか微妙でした。

タクシーに乗ったものの、東京駅に着いた時には既に最終の新幹線はなくなっていました。

養女のマンションに泊まらせてもらおうか、悩んでいたところに、売り子の百合子ちゃんが通りかかりました。

何度も顔を合わせているので、向こうも警戒心なく話しかけてきます。

「あれ、もしかして最終間に合わなかったんですか?」

「はい…何処かで飲み明かす事になりそうです…」

力ない笑顔で答え、続けて

「良かったら、一緒に少し飲みませんか?いつも新幹線でお世話になってるし。それに、1人で呑むのも侘しいものですから…」

「えっと…」

困惑している仕草も愛らしいです。

「やっぱり駄目です、ごめんなさい」

「分かりました…こちらこそ困らせてごめんなさい…」

そう言って立ち去ろうとした時、

「あ、一杯だけなら…大丈夫ですよ」

その言葉を聞いた時、私のチンポは微かに疼きました。

駅からほど遠くない、場所に私の行きつけのお店があり、そこに連れていきました。

シックな雰囲気の内装に、彼女はびっくりしながら着いて着ます。

個室に通され、まずはビールを注文しました。

「こんな店来たの初めてです…」

出てくる料理に舌を巻く百合子ちゃん。

「いいんですか!?こんなに頼んで」

「全然、気にしなくていいですよ」

そう言って、カクテルしか飲んだ事のない彼女に、有名な日本酒を飲ませます。

「あれ…?苦くない…お水みたい…」


安い日本酒との違いの驚き、彼女は徐々にほろ酔いになりました。

そして、彼氏の話などを聞き出していきます。

大学1年から付き合っている彼氏がおり、交際も2年と長いようでした。

話振りから察するに、交際経験はその男性1人でしょう。

もうその頃には彼女はかなり酔っていて、ふらふらとトイレに向かっていきました。

私は彼女のトイレのドアの前で待ちました。

彼女がトイレから出ようとした時、再びトイレに押し込め、舌を彼女の口に滑り込ませ、スカートの下から手を入れて布越しに愛撫しました。

「むむむっふっむむむっ」

と抵抗しようとしますが、酒のせいで、私の舌を排除できません。

可愛い両手で背中を叩きますが、無駄なあがきです。

私がクリトリスに指の腹で小刻みに振動を加えると、パンティー越しからも分かるほどに濡れてきました。

そこで唇を話すと、

「やっ、止めて下さい」

と言うので、再び、舌を彼女の唇に入れます。

そして、ストッキングの股間の部分だけ破き、パンティーの横から指を滑り込ませます。

「んんっ!ん、んんっ!」

と出て来る声色が変化し、私の人差し指はすんなりと締め付けの強いマンコへするりと入りました。

指の動きに敏感に反応する膣壁と、高まる呼吸、そしてぐちゅぐちゅと音を立てる愛液。

私は再度舌を抜き、

「ほら…百合子ちゃん、素直になろう?…こんなに濡らして、気持ちいいんでしょ?彼氏よりもおじさんの手マンが上手いんでしょ?」

彼女は何も答えず、

「ハァハァ…」

と肩で息をするのが精一杯です。

私はスーツのスカートのホックを外しました。

パステルブルーのパンティーはクロッチをはみ出るほどに染みを広げていました。

私はパンティーを引き下げ、愛液と小便の匂いが混ざるピンクのマンコを舐め上げました。

「いやぁぁぁん!」

そう言いながら首を横に振るものの、マンコからは愛液が洪水のように流れています。

すると、

「いやっ!出ちゃう!オシッコ漏れちゃう!」

と赤面した表情でかぶり振る百合子ちゃん。

私は膣に差し込んでいた舌先を尿道に移行させ、刺激を与えてやりました。

「あああああぁぁぁぁぁっ!」

と絶叫しながら、私の口内に暖かな液体が噴水のように押し寄せました。

さすがに服を汚すわけにはいかないので、口を離すと、透明な液体が滴り落ちています。

そして、放尿し終わったマンコを優しく舐め上げ、泣きじゃくる百合子ちゃんを便座に座らせ、正常位でチンポをねじ込みました。

「いやぁっ!あっ!」

とギチギチの膣壁を私の赤黒い亀頭が押し入ります。

すぐに子宮にまで到達し、抽送を始めます。

「おじさんのチンポ気持ちいいんでしょ?彼氏のエッチじゃこんなに気持ちよくないでしょ?」

「いやっ!そ、そんな事…な、ない…です」

「嘘をついても無駄だよ。こんなにチンポギッチリ締め付けておじさんの精子欲しがっているのに」

「嘘です…そ、そんなの嘘です!あっ!あんっ!」

「ほら、トイレだとあまり時間かけられないから、一回出して、ホテル行くよ!行くよっ!百合子ちゃんのマンコ、今夜たっぷり楽しませてもらうよっ!」

そう言って、チンポを引き抜き、百合子の口に精子を吐き出しました。

彼女は喉を鳴らせながら、飲み込み、咳き込んでいました。

その後、ホテルで何度も彼女のマンコにぶち込み、実は3回戦目で彼女は気を失ってしまいました。

翌日も大学に行かせず、ホテルで犯し続けました。

新幹線の中で調教したいと思っているのですが、現実的には厳しいので、どんな方法があるのか試行錯誤している日々です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。