いとことの愛

ぴゅあらば

 通夜の時には、案の定、H美(にします)と顔をあわせ
「大変だね。」「うん…」とぎこちない会話ではありましたが、喜びを感じました。

 父などは寺に残るみたいですが、子供たちは返されることに。H美も僕の家に来ました。

妹とH美と三人でトランプをしたり、TVゲームをしたり…
やがて、睡魔に負けた妹はベッドへ。

H美と二人で気まずくなることもなく、ゲームに没頭。
すると電話が

「うわあ!!」とH美が叫んだのでH美以上に驚きました。

「人死んだあとの電話ってやだよ…出て!R!(僕の名前です)」「はいはい…」母からで、寺に泊まるとのこと。

「じゃあ、朝まで一緒か!テレビつける?」と、テンションがいきなり高くなりました。僕も一緒に見ていたところ、いきなり、H美が「ねえ、お爺ちゃん亡くなっちゃたんだよね…
もう、明日には焼かれてしまうんだよね…Rは強いよね。おばさんとか泣いているのに、小さい頃から一緒だった、Rは我慢してるもんね…見なかったことにしてあげるから泣いて良いんだよ?」と、優しい言葉に負けて、思わず泣いてしまいました。祖父との思い出、H美の優しさに…

泣き止んだ僕に、容赦なく質問攻めするH美。
「ねえ、彼女いるの?」「好きな人は?」とどめに
「まだ童貞?」「まだ…って、まだ中2じゃんか」と、H美から童貞というワードが出てきたことに驚きを隠せないまま答えました。「だよね…ねえ、もし…もしもだよ?もしも嫌じゃなかったら…Hしてほしいの!」何か飲んでいたら噴出しそうで、食べてたら喉に詰まらせるところでした。

「え?あ、ああ?え…」と、僕も動揺しまくりです。
「Rのこと…大好きだから!」
とどめの一言で僕はとうとう、首を縦に振りました。

「じゃ、じゃあ、さ…まず…Rからやってよ」と言われたので戸惑いつつもH美の体に手を伸ばしました。大好きなH美の体が…と思うと、ペニスは天井を向いていて…


服の上からでしたが、H美の胸の感触は最高でした。
少々、ブラジャーが邪魔でしたが、それでもH美は感じてる様子で、声にならない音を漏らしていました。興奮した、僕は服を脱がして、ブラもはずさせて直に触り始めました。
じっくり揉んでいると、だんだん声になってきて「あ…あん…」と引き立てる声が漏れてきました。

「もう濡れてるよ…じゃあ、私がしようかな。フェラ下手かもしれないけど、我慢してね」といきなりのフェラ宣言に驚きはしましたが、期待に胸…いやペニスを膨らませました。

ジーパンから出た、僕のペニスは上を向いていて
「へえ~、ちんちんってこんなになるんだ」とH美が感想を漏らしました。「じゃあ、いくよ…」

すると、温かい口の中で僕のペニスは快感に浸っていました…

時間が経つにつれて、イキそうになり「口の中に出していい?」と聞くと「良いよ」という合図を出したので、放出!

「う…」と苦いザーメンに顔を顰めながらも、「じゃあ…そろそろ?」と言ったので目で確認しあい、「ゴムは?」と聞かれて「ないなあ」 「じゃあ、生で!」とさっきまでのいやらしいH美はどこかへ行き、なんでもないように言いました。さすがにためらいましたが「お互い好きなんだから、妊娠したら、正直に言って、生ませてもらおうよ!」と真剣な言葉に負けて…

そこには恥らいながらM字開脚するH美がいました。
「じゃあ、行くよ…」「うん…」

ゆっくりとH美の中に入っていきました。「あん…」と声を漏らすH美。「ピストンしていい?」「うん、痛かったら言うよ」お言葉に甘えて、僕は激しく腰を振りました。

「あん!あ、あ、あ、あ、ああ、あん!うぅん…」とかなり感じてくれてるH美に興奮して僕も「う、うう…」と声を出す始末。

やがて絶頂がきて、さすがに中出しは…と思ったのですがH美のマンコの締りに負けて
「H美、俺イキそう…」「私もイクよ…」そしてしばらくH美の喘ぎ声が響いたあと、ついに二人はイキました


はあ、はあ、とSEXに疲れて息も上がっていましたが僕はH美に想いを伝えることに…
「私は、さっき言ったとおりだから…よろしくね!」と言うH美は今まで一番可愛く見えました。軽くキスをしたあと、風呂へ入りました。

 その後、H美とはデートを繰り返しましたが、二度目のSEXはお預けでした。そんな中、ある日チャンスがやってきました。H美の部屋で遊ぼう、と誘われました。
 慌てて、コンドームを買って高鳴る胸…基、ペニスを抑えながらH美の家へ向かいました。
 しかし、部屋へ入ると既に人が。H美の友達のめぐみでした。これで「あーあ、またなしか」と心の中でぼやきながらも、可愛い女の子二人と遊んでいるのはなかなか幸せでした。しかし、夕方になるとH美が「弟の迎え行かなきゃなんないから二人で、適当に遊んでて!ごめんね」と行ってしまいました。
 仕方なく、めぐみと学校の話などで盛り上がりました。
そして、必然とエロトークになり「ねえ、RってH美とエッチしたんでしょ?」と聞かれる始末。した、と正直に言ったら、「へえ~Rも童貞じゃなくなったんだ…H美が気持ちよかったって言ってた…私としてくれない?」とめぐみに、聞かれてめぐみの裸体が見たい、という衝動にかられた。
 最初は、大好きなH美への後ろめたい気持ちで押しつぶされそうになりましたが、最後は「いいよ」

 そしてゆっくりとめぐみの胸に手を伸ばしました。H美が大きかったせいか、ややめぐみの胸は小さく感じました。
 しかし、その女の子独特の柔らかい感触に変わりはなく、僕を興奮の渦に陥れました…
 やがて、服を脱がすことを求められたので、ゆっくり脱がすとそこには色白の肌に映える、水色のブラジャーがありました。それもゆっくりとはずして匂いをかぐと、女の子特有の、甘い香りがしました。
 直に揉んだ胸の感触はたまらず、トランクスを破りそうなほど勃っていました。
 「あん、あん…」といやらしい声をあげて、感じているめぐみにフェラを求めると「うん…」とうつろになった目で答えました。
 トランクスから出たペニスは、すごく硬くなっていました。それを軽く握り、そっと口の中に含みました。その感触から「ああ、めぐみは処女じゃない…少なくともフェラは経験済みだ」と思いました。
 ものの3分程度で僕は絶頂を迎えました。「口に出していい?」とうつろに聞くのが精一杯でした。「いいよ」ととれる音が聞こえたので、思い切り射精しました。これでもか、というぐらいザーメンが出たので、めぐみも、僕もかなりびっくりしました。めぐみはそれをティッシュに出して、「じゃあ、私の下も…」と言って、スカートをめくり…

とうとうめくりあげたスカートの中には白いきれいなパンツがありました。「いつも白なの?」と聞くと「ううん…白は好きだけどいつもじゃないよ」と答えました。僕は前にめぐみのパンチラらしき場面を目撃したのですが、色が白だったので確信をもち、さらに興奮しました。
 パンツの上から触っても、愛液が音をたてます。「なんか恥ずかしいよぉ…」と恥らうめぐみに興奮して、パンツをずらして直接あそこを、弄ぶことにしました。「いやん、あん…あ、あん…」とやっぱり直に触られるほうがいいみたいでした。
 最初は一本でしたが、恐らく経験済みと思われるめぐみのあそこの中はH美より広く、指が二本でも少々きついぐらいでした。「いやん、いや、んん…」と二本にすると、一本よりも感じるみたいでめぐみを見ているだけで僕が、イキそうでした。「あ、あん…気持ち良いよ…R…い、イキそう…ん…あ、あ、あああん!」とめぐみのあそこから愛液がみるみる、流れ出します。それをいとおしく舐めて、きれいにしてあげました。「ねえ、H美にやったみたく、わたしの…わたしのここにも」と言ってめぐみはあそこを指しました。「Rのちんちん入れて…」と言われたら、もう入れるしかありません。ゆっくりと、ペニスを持ってめぐみのあそこに近づきます。「Rの大きいね…」と言われて、さらにペニスは上を向いたので入れるのが難しくなりました。しかし、バックからを求めているめぐみのためにも自分のためにも…と思い、やっといれかかりました。「ああん、暖かいよ、R…」奥まで入れると「すごい…本当に大きいよ…ねえ、突いてみて…」と言われたので、最初から少し強めにめぐみを突きました。
「あん!あん!あん!んんぅ~!あ!あ!あ!あ!ああぁん!うん!」と悶えるめぐみに、フェラの後から限界が近かったペニスが「射精したい」と悲鳴をあげていました。
「俺、イキそう…出したい…」と聞くと「とりあえず外に出して…あん!」と快感に必死で抵抗しながらめぐみは、すごくかわいくてかわいくて仕方がありませんでした。しかし、抜こうとしてもめぐみのあそこの締りが良すぎて、抜けませんでした。そして、ふと見るとめぐみの胸が揺れていました。そんなにないと思ったのですが、揺れるほどあったのに少々驚きました。「ごめん、締り良すぎて抜けない…」と正直に喘ぎ、喘ぎ言うと「あ!あ!あん…えへへ…抜けないほど締りが良いなんて照れるなぁ…」と言ったのでもう、限界でした。「頼む!中だしさせて!」と振り絞って言うと「あん!あん!ん!い、いいよ!わ、私もイキそう!あん!あ!あん!」とその言葉を聞いて本日、二回目の射精をしました。フェラの時より、遥かに多い量のザーメンをめぐみの中に放出しました。そして、二人とも絶頂を迎えて…

「はあ、はあ…ねえ、R?私、本当に、えっちだけじゃなくて…本当にR好きなの…でも…でも…」といきなり泣き始めました。「やっぱり、う…や、やっぱりH美が好きなんだよね?う…」しゃくりあげるめぐみを抱きましたが逆効果で、めぐみの涙を誘うこととなりました。「R は…うっ!Rは、H実がすきなんだよね?」と聞かれ偽るのは酷だと思い「そうだよ」と静かに告げました。「そっか…H美はもっと気持ち良いんだろうな…R に思われてるから…」そういうめぐみになんとも言えない感情で胸が一杯でした。「もう、私とのえっちはこれっきりにしよ!H美に悪いし…」そういって、めぐみは僕から外れました。「本当に好きだよ」と静かに言って服を着るめぐみには胸が痛みました。

めぐみとのSEXで気分は既に「漢」でした。

そろそろH美と二回目をやりたい…と思っていたある日。
ついにしっかりしたチャンスがやってきました。
「ねえ、R。今度の土曜日家に来ない?親もいないから…ね?」
それは「二回目のSEX良し」と僕はとったので、もううきうきでした。
その話は火曜日に話したので、土曜日が待ちきれなくて待ちきれなくて、水曜日にはたまらず一日3回もオナニーをしてしまいました。

そんな中やってきた土曜日は朝からペニスは硬くなりっぱなしでした。
H美に少しでも触られたらすぐに射精すると思ったほどです。
「あ、来たね~。いいよ~上がって~」

前、めぐみとヤったとこか…と、少し感慨に浸りました。

しかし気を入れ替えて「今度はH美をイカせまくるぞ!」と気合を入れていました。家に入っていきなりSEX、というのも味気ないのでお互い暗黙の了解でゲームしたり、映画のDVDを見たりしました。

映画でのキスシーン(洋画だったのでディープっぽかったです)にちょっと触発されて二人で見詰め合って唇を重ねたりもしました。

映画のエンディングも見終わり「じゃ、私お風呂入るね」とH美が鼻声で言った時にはキター!なんて叫びそうでした。余談ですが、この映画は感動モノでした。なので涙腺がきつく締まっている僕には関係ありませんが、H美はボロボロ泣いていました。

ちょうど箪笥があったのでH美のパンツでオナニーをしようと思ったのですが、これからを考えて苦渋の思いで手を引きました。

「はぁ~良いお湯だったよ。Rも入っておいでよ」

風呂上りのH美は良い匂いが漂っていて、これまた抜けそうでした。
風呂でオナニーしようかと思いましたが、やはりこれからのお楽しみを考えるとペニスには触れれませんでした。


上がって髪を乾かしているといきなりH美が抱きついてきました。
「ねえ、R…今日、エッチしてくれる?私、本当にしたくてしたくて…おかしくなりそうなの」と目を潤ませて背中に張り付いて声を漏らすH美にどきどきさせられました。「分かってるよ。今日はH美をすごく気持ちよくさせたいんだ。だから俺頑張るよ」と下心を抑えて良い事を言ってみました。

H美のベッドは相変わらず良い匂いがしていました。
そしてH美が倒れるようにベッドに転がりました。何も言わずに僕はそっと服を脱がせました。前回は白のブラジャーでしたが、今回は水色でした。
これもそっとホックを外して、久しぶりのH美の胸に手を伸ばしました。
「大きくなったんじゃない?」「うん…Cじゃきつくなってきた」息が少々荒くなっていました。

しばらく手で揉んだり乳首を口に含んだりの愛撫を行いました。
「気持ち良い…R…でも、でも下も…ね?」
待ってましたと言わんばかりにジーパンを脱がせました。ジーパンの中を嗅ぐと、H美の良い匂いがしてたまりませんでした。今回のパンツは薄緑のチェックでした。そこからアソコの辺りを少し突付いて見ました。「いやん」とH美が反応したので優しく撫で回すと「あん…ん…」とすっかり黙り込んでいました。今度は少し強めに押してみました。「あう…うん…ん…」とこれまた感じてる様子でした。焦らしてばかりじゃかわいそうなので、そろそろ直に触ることにしました。「あ」僕は思わず声を出してしまいました。
実は前回のSEXの時には、H美はパイパンでしたが今回はちゃんと毛が生え揃っていました。今度は直にH美のマンコを攻めます。クリや中を中心に優しく愛撫していました。H美は声を出しまくりでした。「あん!あ、R、私、あん!ああん!い、イキ、あん…イキ…あー!」と愛液を放出しました。

「はぁん…ん…」

とイッたあとのH美は息が上がっていました。

「じゃあ、今度は私がRを気持ちよくするね…ズボン脱いでよ…」

とはぁはぁ、と浅く呼吸しているH美をもう一度イカせたいと思いましたが、ずっとビンビンになっていたペニスを労わり、ここは一度出させてあげることにしました。

「すごいね…オナニーしてないの?」

H美の口から「オナニー」ということばが出ただけで射精しそうでした。

「じゃあ…」とH美のフェラが始まりました。

色んなことが頭を巡り、今にもイキそうでした。

唾液の音やペニスを擦る音がやけに生々しかったです。

限界に達したペニスをH美の口から抜き「あああ…」とイキました。

ザーメンはH美のきれいな髪や顔、大きな美乳にもかかりました。

「いやん…顔にかけないでよぉ…」とザーメンをティッシュで拭いながら、H美が不満を漏らしました。

「ゴメンゴメン…お詫びに気持ちよくさせてあげるからさ…」と息を荒げながら呟きました。

H美の股をゆっくり開き…「入れるよ?」「うん…」

射精した後も萎えることなく、勃ったままのペニスをH美に挿入しました。

「あん!」

ここからH美が悶えまくりました。

「あん、あん、あん…んん…ああ…あ、あん…あん!ああ!あん、あ、あ、あ、あ、あああん…」

とよりいやらしい声を出して喘ぐH美はとても可愛かったです。

「う、んん…あう…あ、あ、あ、ああ…あ、R、い、い、あああん…イキ、イキそうだよぉ…あん、あ…」

「大丈夫だよ。イッていいよ…」

ピストンを続ける僕は静かにそういいました。

「あ、わた、私…い、イク…う、ううん…あん、あん、あん―」

H美の体が硬直し、H美の中に入っているペニスに生暖かい液体が触れました。


「うううん…」

H美がイッた様でした。

その後、何度も何度もお互いに気持ちよくしあいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。