引きこもりの叔父にレイプされた私

ぴゅあらば

私には両親にも彼にも言えない秘密があります。

私が10歳の時でした。

パパのお父さん(爺ちゃん)が突然の事故で亡くなったんです。

爺ちゃんの家は、旧家で大地主。

専業農家だった事もあり、後継ぎ話で揉めていました。

パパには8歳下の弟(叔父)がいたんですが、高校に入ると間もなく引きこもりになり、今でも部屋から出て来る事が無いと言います。

この叔父は、中学まで成績優秀で将来を期待されていたらしいんですが、進学校に入り2年生になると同時くらいに引きこもりが始まった様でした。

(原因は不明らしいです)

こんな状況ですから、パパが実家に入る以外の選択肢は無かったんだと思います。

パパも会社で課長まで出世した事もあり、農家は諦めて大半を親戚に頼む事になったんです。

家族3人で婆ちゃん家に引っ越し、新しい生活が始まりました。

パパは普段は会社員で、ママは看護師。

婆ちゃんも普段は田畑に出掛け、家に居るのは私と部屋から出て来る事のない叔父だけでした。

ある日、私が学校も休みで家に居る時でした。

突然叔父(25歳)が部屋から出て来たんです。

(まぁトイレ・風呂・食事など見かける事はあるんですけど)

叔父は私を見るなり

「休みか?」

と話しかけて来たんです。

「うん」

「1人か?」

「うん」

その言葉を発すると、叔父は急に私の手を取って部屋の中へ押し込まれたんです。

「何するの?痛いよ」

「良い事教えて上げるから」

そう言うと同時に、私は叔父にキスをされたんです。

まだ良く状況を理解できない私は、叔父に抵抗する事すら出来なかったんです。

叔父は私の服を脱がせ始めると

「検査してあげるから」

と言うのです。

「叔父さん医者だから大丈夫だよ」

「うそっ!」

「本当だよ、だから早く脱いで」

叔父に騙される様に私は全裸にされ、ベットの上に横にされたんです。

そして叔父は、私の身体をペンライトで照らしながら手で体中を弄り始めたんです。

「ここ汚れているから綺麗にしないと」

とマンコを指差したんです。

何を言っているのか理解できないまま、叔父は私のマンコをペロペロ舐め始め、遂には穴の中に指を押し込んできました。

初めての経験に驚きながらも、何だか気持ち良い事に気づいたんです。

叔父は、何度も何度も私のマンコを舐め続けていました。

すると

「今度は麻美ちゃんの番だよ」

と言い叔父はジャージズボンを脱ぎだしたんです。

パパ以外のチンチンを見るのは初めてで、しかも凄く大きかったんです。

(当時は凄く感じました)

叔父に言われるまま、私は叔父のチンチンをペロペロ舐め、終いには玉袋やお尻の穴まで舐めたんです。

叔父は毎日風呂に入らないので、匂いがキツく感じたのを覚えています。

何分舐めたでしょう?

叔父が私をベットに寝かせると、遂にマンコに入れられたんです。

まだ幼い私のアソコ、しかも処女を叔父に破られてしまったんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。