遠足の時のバスガイドとパチンコ屋で再会

10年以上前の俺が高校生だった頃の話。

高2の時、遠足でバスに乗った。

遠足じゃ無かったかな・・・見学かもしれない。

その時のバスガイドさんが凄い綺麗な人でさ。

共学だったんだけど、女の子まで一緒に写真を撮ってたぐらい綺麗な人だった。

だから初めから終わりまで大盛り上がりだった。

別にそこで出会いが・・・なんて上手くはいかないわけで、その後は普通の生活に。

その頃の俺や友達は、高校の最寄り駅近くのパチンコ屋によく入り浸ってた。

夕方になると先生が来るけど、来る前だったら余裕だったんだよね。

大雨が降ってたある日、

「もうこのまま朝から並んじゃう?」

って事で、朝からパチ屋へ行った。

高校生だって店にもバレバレだったけど、チンピラ風の店員には好かれていた俺。

コソッと設定6のスロット台を教えてもらって朝から出しまくってた。

ちょっと脱線するけど、教えてもらった時はこっそりマージンをあげるのが常だった。

いつも折半する感じで、10万勝っても5万勝ちってヤツ。

朝から出まくってたから夢中でやってた。

気が付いたら隣に女の人が座ってたけど、その人は全然ダメ。

可哀想だな~と思って見てみたら、なんとあの綺麗なバスガイドさんだった。

「あれ?バスガイドさんじゃん?」

「えっ…?あぁ……!何してんのこんなとこで!?」

偶然だと思うけど、俺の事を覚えていたらしかった。

打ちながら話してると、もうその時点で4万ぐらい使ってたみたい。

だから

「もうヤメときな」

って言って、

「俺がヤメたらこの台を打ちなよ」

って教えた。

ガイドさんは半信半疑だったけど、負け分がデカいから止めたら即移動してきた。

その日は俺は帰ったんだけど、数日後にまたパチ屋でガイドさんに出会った。

「この前の台勝ったよ!ありがとっ!」

その時はコーヒーもらって少し話したけど、それ以来会えば会話するくらいの仲になった。

これに目を付けたのが、俺に設定を教えてくれた店員さん。

「お前の知り合い?」

「まぁ~そんなとこですかね」

「紹介しろよ~設定教えるからよぉ~」

お姉さんに事情を話し、次の日の朝から2人で高設定を打った。

当然2人とも10万コースで、ガイドさんは上機嫌だった。

そんな事を2回やって、店員と3人で飲みに行こうって約束をした。

ガイドさんもノリノリで、

「アタシが奢るから!」

って言ってた。

4回か5回教えてもらってかなり稼いだある日、3人で居酒屋へ行った。

店員はもちろんガイドさん狙いで、俺は邪魔者扱いだった。

でもガイドさんが俺にベッタリだったから、帰れとも言えなかったみたい。

かなり呑んで上機嫌のままカラオケに流れた。

店員の兄ちゃんがトイレに行くと言って、俺が呼ばれた。

「そろそろお前気を遣えよ」

「はぁ・・・じゃ~もうちょいしたら帰りますわ」

こんな話をしてたら、いきなり後ろからドスの利いた声が聞こえた。

なんとパチ屋の他の店員、しかも幹部の人達が兄ちゃんに声を掛けてきたんですよ。


一緒に飲んでる所を見られたら俺もヤバいから、俺は背中を向けたまま他の部屋へ避難した。

俺には興味が無いらしく、兄ちゃんに

「お前も一緒に来いよ」

と誘っている。

「分かりました。すぐ行きますから。・・・はい・・・分かりました」

と凄いペコペコ姿勢。

声がしなくなってから急いで部屋に戻ると、兄ちゃんが戻ってきてた。

「やべぇよ・・・俺行かなきゃだわ。ゴメンな、また今度飲みましょ」

ガイドさんは能天気に

「はぁ~い!まったねぇ~~~」

と(笑)

恨めしそうに部屋を出て行ったので、俺はガイドさんと2人で飲んで歌って騒ぎまくった。

帰る頃になって一気に酔いが回ったんだろうね。

ガイドさんは1人じゃフラフラして歩けない状態になってた。

「ガイドさん・・・・大丈夫?帰れる?」

「ガイドさんじゃないでしょ!由紀子でしょ!」

「はぁ・・・じゃ、由紀子さん、大丈夫?」

「大丈夫じゃない!早く送ってって!」

聞いたら隣の駅らしいので、タクシーに乗せて家まで連れて行った。

辿り着いたのは普通の2階建てのアパート。

2階の1番奥に住んでいて、部屋に入ると酷く殺風景な部屋だった。

まだ段ボールもあって、引っ越してきて間もないみたいな。

抱えるようにしてベッドへ運び、ムラムラした気持ちを抑えて帰ろうと思った。

だけどまぁ~当然だけど我慢なんて無理(笑)

だって横になりながら上着脱ぎ始めて、パンツが見えそうなぐらいスカートも捲れてたし。

Tシャツにフレアなスカート姿で寝てしまった。

恐る恐るスカートを捲ると、ピンクのパンツ。

指でアソコをプニプニ押してみたが、寝ていて全く反応しない。

何度も触っていたけど起きないから、勇気を出して横から指を突っ込んでみた。

濡れてないな・・・なんて思いながら指先で探ってみると、割れ目の中はちゃんと濡れてた。

そのまま指で上下に擦ったり、クリトリス触ってたらドンドン濡れてきて、そのままゆっくり穴の中に指を入れてみたんだよね。

そしたらいきなりガバッ!と起きちゃってビックリ(笑)

「もぅっ!!!気持ち良くて寝れないでしょっ!」

怒られてるのか褒められてるのか分からず、ちょい茫然とした。

目は座ってたしね。

キョトンとする俺にいきなり抱き付いてきて、逆にベッドに押し倒された。

そのままベロベロと唇まで舐め回すようなキス。

ぶっちゃけ当時の俺は、まだ童貞に毛の生えたようなレベル。

だから突然の逆襲に何もできず、由紀子さんの舌を舐めるので精いっぱい。

由紀子さんは俺のTシャツを捲り上げて、太ももで股間を圧迫してくる。

だけど何をして良いのか分からず状態。

「あれぇ~?もしかして童貞ちゃん?」

「いやぁ・・・・違うけど・・・・・・そんなもんかも・・・」

「えぇ~~っ!ホントにぃ?可愛ぃ~~~~」

なんつぅか、もうそれからは野獣みたいだった。

Tシャツは首元まで捲られるわ、一気にトランクスまで下げられるわで。

今思い出すとホント恥ずかしいんだけど・・・上半身はTシャツ捲り上げられ、下半身はヒザまでパンツもトランクスもズリ下げられ状態。

そんでいきり立つチンコに、由紀子さんはむしゃぶりついてきた。

途中からジュルジュル音を鳴らしながら、食われるんじゃないかってぐらい激しくしゃぶられた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。