高校生に間違われる親戚の小学生の女の子と

ぴゅあらば

俺の親戚に美優ちゃんという小5になる11歳の女の子がいます。

美優ちゃんは小5なのに、見た目は高校生くらいに見られるらしく、よく中高生男子からナンパをされるみたいです。

親戚の子なので、昔からよく家に遊びに来てそのまま泊まる事もありました。

よく一緒に遊んだりお風呂に入ったりしていたけど、美優ちゃんが小3の頃、親戚は旦那さんの都合で遠くに転勤して暫く会えなくなりました。

美優ちゃんと離れ離れになってから2年ほど経った頃です。

その日は朝方まで仲間と飲んでいて、リビングでウトウトしながら映画を見ながらそのまま寝てしまったようでした。

どれくらい寝ていたのか分からなかったけど、俺の体の上に誰かが乗って俺を起こそうとしていました。

寝ぼけながら目を覚ますと、目の前に見知らぬ女の子の顔がありました。

俺に声を掛けているその声には聞き覚えがあった。

遠くにいるはずの美優ちゃんの声でした。

よく見ると昔の面影があったけど、昔に比べてはるかに可愛くなっていました。

目を覚ました俺の体の上で無邪気にはしゃいでいる美優ちゃんは昔と全然変わってなくて、俺の顔を見ながら微笑んでいました。

俺は美優ちゃんを退かして、ソファーの上に座ると俺の膝の上に再び座ってきました。

「美優ちゃん大きくなったね、もっとよく見せてくれるかな?」

俺は美優ちゃんを立たせると、じっくり美優ちゃんの体を観察しました。

美優ちゃんは、小3の頃の体つきと違って、今は胸も出てお尻も大きくなっていて、段々と女性らしい丸い体つきになっていました。

「どう?綺麗になったでしょ?」

「ん?まだまだ子供だよ」

「もう、意地悪言わないでよっ」

美優は頬を膨らませながら俺の膝の上に座りました。

すぐ近くで俺達の姿を微笑みながら見ていた叔母に色々聞いてみました。

旦那さんが仕事ばかりで、ほとんど子供の面倒も見ないのが原因で離婚してこっちに戻ってきたらしく、また美優ちゃんの面倒を見る事になりました。

美優ちゃんは俺が叔母さんと話してる間、テレビを見ながら時々腰を動かしたりしていました。

柔らかいお尻が俺の股間辺りで動くので、チンコが刺激されて徐々に勃起してきました。

美優ちゃんは、勃起してるのが分かっているのか分からないけど、さっきより微妙に腰が動かして気持ちが良い所を探している感じでした。

久しぶりだったので懐かしく、叔母さんと結構話をしていました。

すると、美優ちゃんはチンコにお尻を押し当てるように腰を動かしてくるので、叔母さんにバレやしないかヒヤヒヤしながら叔母さんの話を聞いていました。

ちょうど夕飯の時間になり、美優ちゃんも叔母さんと母親と一緒に夕飯の準備を始めたので内心ホッとしたけど、少し残念に思いながら美優ちゃんのお尻を凝視していました。

久々に大勢で食べる夕飯は美味しくて、両親も嬉しそうな顔をしていました。

夕飯も食べ終わり、両親達はお酒を飲み始めて再び談笑し始めたので、俺はお風呂に入る事にしました。

体を洗って湯船に入り、窓を開けて風景を眺めていました。

自宅は高台にあったので、周りから覗かれる心配もないし、田舎だったので夜空がとても綺麗なんです。

よくお風呂に入ると夜空とか夜景を眺めながら入っていました。

するとドアのすりガラスに誰かが映りました。

誰が来たのは分かったけど、気にしないで夜空を眺めていると、まだドアの前に人がいました。

どうやら洋服を脱いでいるようでした。

俺は不思議に思いながらドアを見ていると、ドアが開いて美優ちゃんがタオルで前を隠しながら入ってきました。

驚いていると、美優ちゃんは微笑みながら

「昔よくお風呂に入ったよね」

そう言いながら椅子に座り、体を洗い始めました。

洋服の上からでも大きいのが分かっていたけど、裸なので思っていたより大きく、形の良い乳房で、アンダーヘアは余り生えてなくてほぼパイパンでした。

ドキドキしながら凝視してると美優ちゃんは

「どこ見てるの?いやらし~」

と笑いながら自分の体を洗っていました。

美優ちゃんは体を洗い終えると、俺と向かい合って湯船に入りました。

暫く無言でいたので、俺は沈黙が耐えられなくなり、美優ちゃんの体をくすぐったりしてたら美優ちゃんもくすぐり返してきました。

しばらくふざけあっていたら、いつの間にか俺の膝の上に美優ちゃんが向かい合って座っていました。

俺の膝の上に座っている状態で学校の事とか色々話し始めたんだけど、そうしたら俺のチンコが時々美優ちゃんのマンコに当たったりして、徐々にチンコが勃起し始めてきました。

「それで、友達がね…」

そう美優ちゃんが話しているけど、俺は話に集中できず、とうとう俺のチンコが完全に勃起してしまいました。

「ちょっと・・・」


そう言いながら座り直したら、体も股間もかなりの密着状態になり、もう抱き合っているくらいに密着していました。

抱き合っているくらいに密着しているので、俺が美優ちゃんの背中に両腕を回してギューッと抱き締めたら、美優ちゃんは顔を紅潮させて恥ずかしそうにしていました。

俺の股間は、当然美優ちゃんの股間に当たっている状態で、痛いくらいにチンコはビンビンに勃起していました。

すると美優ちゃんは、股間にチンコが当たって気持ちが良いのか、微妙に腰をゆすり始めたので、俺は

『美優ちゃんも気持ちが良いのかな?』

そう思いながら美優ちゃんを抱き締めたまま、頭から背中まで撫で回してあげると、美優ちゃんの腰の動きが大きな動きに変わっていき、美優ちゃんの顔は、トロ~ンとした顔になっていました。

美優ちゃんの股間に擦りつけて、俺は早く射精したい感じでした。

すると美優ちゃんは

「ンッ・・・ちょっと待ってね」

そう言うと驚きの行動に出ました。

美優ちゃんは俺の勃起したチンコを握ると少し驚いた顔をしたけど、慣れた手つきでチンコを扱きながら自らのマンコの位置に合わせ、ズブズブッと俺のチンコを中へ迎え入れてました。

俺は、美優ちゃんはまだ処女と思っていたけど違ったのでした。

「ンッ・・・お兄ちゃんの大きいから入るか心配したけど入ったね」

その時点でまだ半分しかチンコが入ってませんでしたが、美優ちゃんが腰を下ろすと奥まで全て入りました。

子宮に当たるまでチンコが入り込むと、美優ちゃんはゆっくりと腰を前後に動かし始めました。

「美優ちゃんは、処女じゃなかったんだね・・・」

「うん・・・ごめんね、お兄ちゃんに処女あげたかったんでけど・・・ごめんね」

「いいよ、美優ちゃんとセックスが出来て俺も嬉しいから」

そう言うと、美優ちゃんは嬉しそうに微笑んでくれて、腰を更に早く動かしてきました。

「美優ちゃん、凄いよ・・凄く気持ちが良いよ」

「アァ、アッ・・でしょ、気持ちが良いでしょ・・・美優も気持ちが良いよ、お兄ちゃんのチンチン気持ちが良いよ」

周りに聞こえないような小さい声で言ってました。

美優ちゃんのマンコはかなり締め付けがキツく、美優ちゃんが腰を前後に動かすたびにチンコがマンコの中で揉みあげられ、奥に引っ張り込まれる感じでかなり気持ちが良いマンコでした。

「アッ・・ンッ・・アァ・・ァン・・ァン」

美優ちゃんは声を殺しながら喘いでいました。

「気持ち良いよ、美優ちゃんのマンコは、気持ちが良いよ」

俺が美優ちゃんの耳元でそう呟くと、嬉しそうに微笑みました。

「待ってね、美優がすぐに出してあげるからね・・・いっぱい出して気持ちよくなってね」

そう美優ちゃんが言うとマンコがギューッと更に締め付けてきて、俺のチンコを射精に導こうとしてきました。

湯船の中で対面座位みたいな格好で、小学生の美優ちゃんが腰を前後に動かし、俺を射精させようと一生懸命な姿とマンコの締め付けで、俺は早くも射精感が湧いてきました。

「美優ちゃん・・・もう出そうだよ」

「んっ・・・出そう?待ってね、すぐに出させてあげるから」

「もう出るよ・・美優ちゃん退いてくれないかな?・・もう出そうだから・・・・退いてくれないと中に出ちゃうよ」

「いいよ・・・・中に出しても・・・・中に出していいから」

「え?いいの?中に出してもいいの?」

「うん、いいよ、美優の中に出してもいいよ」

そのまま我慢できずに美優ちゃんのマンコの奥に精液を注ぎ込んでしまいました。

暫く繋がったままでお互い息が荒く落ち着くと

「お兄ちゃん、気持ち良かったよ、中で温かいのが当たってきて凄く気持ちが良かったよ」

そう言いながらキスをしてきました。

「美優ちゃんは、いつも中出ししてるの?」

「違うよ、お兄ちゃんが初めてだよ」

「生理は?妊娠大丈夫?」

「生理はまだだから大丈夫だよ」

そう言いながら微笑みました。

「フ~・・・のぼせてきた」

そう言うと湯船の淵に座るとマンコの中から白濁した精液が溢れ出てくるのが見えました。

「もう1回出来るかな?」

「お兄ちゃんなら何回でもいいよ」

 俺は、美優ちゃんを後ろ向きにすると

「やっぱりここでの夜景は綺麗だね」

そう言いながら俺は、美優ちゃんのマンコの位置にチンコを合わせるとゆっくりと入り込んでいきました。

「ンッ・・・凄い・・・気持ちが良い」

俺は、ゆっくりと腰を動かすとクチャクチャと卑猥な音が響き渡ってきました。

「どう?景色を見ながらセックスするのもいいでしょ」

「アァ・・・ンッ・・でも、誰かに見られそうだよ」

「大丈夫だよ、ここは、誰にも見られないよ」

そう言うと美優ちゃんは、たくさん濡れているのが感じました。

「美優ちゃん、凄く濡れてきてるよ」

「もう、恥ずかしい事言わないでよ」

そう言うけど別に嫌がる様子はなく、むしろ興奮しているようででした。

ゆっくりと腰を動かしながら腕を前に回してオッパイを揉みながらゆっくりと腰を動かし続けていると再び射精感が込み上げてきました。

「中に出すよ」

「うん、いいよ、中に出しても」

チンコを奥まで入れ、たくさんの精液を注ぎ込みました。

しばらく余韻に浸っていると、物音が聞こえたので慌てて抜いて2人で湯船に浸かりました。

それからすぐにお風呂から上がり、美優ちゃんは俺の部屋で寝るとの事で一緒に寝ました。

当然朝までセックスをして、久しぶりに5回ほどやりましたが、もうお互いフラフラでした。

今年の夏休みには美優ちゃんが2週間ほど泊まりに来るとの事なので、今から楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。