Fカップの女性

ぴゅあらば

僕は中学のころからテニスをしています。 
 高校1年のとき、昔かよってた、テニススクールに顔を出してちょっとだけ練習の手伝いをしてました。 
 そのとき夏休みだったんですが、平日の昼間ということで女の人がほとんどでした。 

 だいたい20代半ばから40前の人が多かったんですが、28歳の女性に、どうしても教えてほしいといわれ、あまりうまくないみたいなので、隅のほうで1対1で教えていました。

 その人はTシャツにスコートという、スクールではけっこういろっぽい服装をする人でした。
 スクールってけっこう運動着っていう人が多かったんですが。 

 ある日、練習の合間の休憩中に二人で話しをてたときです。 
「私下手でしょう。かっこばっかりで。」みたいな感じで。 
 彼女はそこそこかわいい女性で、胸が大きいんです。いたずらっぽく、 
「君時々ちらちら私の胸見てるでしょう。怒らないから正直いいなさい」 
 僕はとまどいながら、「なんていうかすっごく大きいんで」 
「もう高校生だもん。女の体に興味あるわよね。」 
「そうだ。今日の練習が終わったらうちに来て。いつも教えてもらってるからお礼しなくちゃ」 
 僕は遠慮したんですが。 
「いいの。昼間は私いつもひとりだから。」 
 彼女はBMWに乗っていて、家までのせていってもらいました。 

 シャワーあびなさいっていわれてそうさせてもらいました。シャワーをあびていたら、私もといって胸とあそこを手で隠してましたが、全裸ではいってきました。僕は後ろむいてたんでそのときはみられませんでしたが。


 手でかくしてもはっきりわかる胸の大きさに興奮してしまいました。ちょっとそっちみててっていわれ、僕が横を向いてる間に彼女は汗を流してました。 
 洗ってあげるって言って彼女は僕の背中を流し始めました。 
 そして後ろから手を回して前の方を洗ってくれたんですが、後ろに裸の女性がおるって考えただけで興奮してペニスが大きくなってしまいました。 

 そのとき彼女が、後ろから抱き付いてきました。胸があたってもう爆発寸前です。 
「いい体してるのね」ってしばらくそのままだったんですが。 
 彼女が「たっちゃったのね」っていいました。 

 僕はもうはずかしくて「見たんですか?」と言って隠したんですが。 
「ごめんなさい」 
「おわびのしるしに」 
 といって僕を彼女の方に向けさせ、背伸びして僕にキスしてくれました。 
 そして「強く抱き寄せて」っていいました。 
 1分ほど僕は彼女を抱きしめていました。 

 そして彼女はそれじゃあ冷たいものいれるからでましょう。って言ってまた胸とあそこをかくしてでていきました。 
 一人残った僕はびんびんのままぼうっとしてました。 
 風呂からでると、彼女は小さめのシャツで胸のふくらみがいつも異常に目だってました。そしてかわいいミニスカートでした。 

 彼女のご主人は弁護士みたいで、忙しくて家にいないのがほとんどでさびしいみたいです。 
 僕はテニスをするのでいっつも着替えはもっていたので、それに着替えました。 

 ソファの上でなぜか彼女は横にすわりました。 
 僕はどうして風呂にはいってきたのかききました。 
「鍛えられた体を見てみたかったの」っていっていたずらっぽく笑いました。そして僕にもたれかかりました。 

「でも、君には刺激強すぎたかな。ごめんね。でもお礼がしたいの。」 
 そういうと彼女は僕にキスしてきました。 
 今度はかなり激しく、舌を入れてきました。そしてまた今度は、僕の股間に手をのせてきました。 
 また元気になってる。ねえ。もう一度見せてって彼女はいいました。 
「でも、はずかしい」 
 と言うとただでとは言わないわといって、僕の手をとり胸にあてました。そして彼女はシャツを脱ぎました。 

「ブラジャーはずして」 
 僕はやりかたがわからいっていったら、 
「かわいい。もしかして女を知らないの?」 


 彼女ははずしかたを教えてくれました。すごいです。 

157cmの体でFカップだそうです。しかもまったくたれていない形のいい乳房でした。 今度は君の番よ、ていうと彼女は僕の下半身を裸にしました。 
 こちらもいいものもってるのね。そういうと、 
「さわられたこともないの」 
「じゃフェラチオもしてもらったことないんだ」 
「してあげようか?」 
 っといわれて僕は「はずかしいなあ」っていうと、 
「こんなに立派なものもってるのに何ではずかしの」と言いまた。 

 僕は「じゃあ気がかわらないうつにしてもらおうかな」 
 彼女は「正直にならないと損するわよ」っていい、僕のペニスをやさしく口に含みました。 
 しばらく亀頭をなめまわしてたんですが、やがてじゅぱじゅぱ音をたてて頭を激しく吸い上げました。 
 僕は生まれて初めての快感に陶酔してました。 

 そしてでそうになったとき、 
「出していいのよ」 
 っていわれたんで、彼女の口に心おきなく放出しました。 
 彼女は「今日は私がいろいろ教えてあげるねっていいました。」 
「初めてフェラチオされた感じはどうだった?」 
「僕はすごくよかったです。」 
 っていうと、 
「フェラチオって気持ちいいでしょ。男の人ってみんなしてほしがるのよ。私は君やだんなを入れてしてあげたのは5人だけど。」 

 じゃあ今度はキスの練習よっていい。僕たちは3分ほどの長いキスをしました。彼女は僕に舌をからめてきました。 
 そして唾液を僕の口に流し込みました。 
 むさぼるようなキスでした。 
「キスは男と女のコミニュケーションなのよ。 
 唾液をからませあって交換しあうのお互いの唾液を飲みあうのよ。私の唾液おいしかった?」 
「うん」 
「君のもおいしかったよ。」 
 ってそして、 
「じゃあ今度はセックスよ。セックスは男と女の一番大事なスキンシップなの。今日はふたりで裸のおつきあいをしようね」 

 彼女は僕の前に、Fカップの乳房をもってきました。 
 もう僕は何の遠慮もなく彼女の乳房を口に含みました。そして、 
「私を好きにして」 
 といわれてますます僕は積極的になり、彼女を押し倒しました。彼女は何をしてもおこらない。 
 そう思ったら。僕はやりたい放題に彼女を扱いました。 
 あそこもなめまわしました。そして「入れたいよ」っていうと。ちょっと待ってっていわれました。そのときセックスさせてくれないのってきくと。 
「君の精子を中に出されたら赤ちゃんができちゃうでしょ。これだけはつけて頂戴」 
 といってコンドームをかぶせられました。 

 生まれて初めてのコンドームを彼女の手で装着されましたが、僕はそれはしかたないかって言ったら、 
「これをつけてくれたら女は安心して男の人を受け入れられるの」 
 っていいました。 

僕は「いい」ってきくと、 
彼女は「ちょうだい」っていいました。 
 僕は初めて女性の中に自らのシンボルを挿入しました。 
 感激でした。でもはじめてなので1分ほどででてしまいました。 
 でも彼女は気をつかってくれたのか行為の間はAV女優のような声をだしてくれてました。初めて生で聞くあの声は最高でした。 
 終わった後「よかったよ」っていってくれました。そして、初めて女を知った僕のシンボルは彼女の乳房をもんでると再びんびんになりました。 
「君。元気なのね。」 
 またいれたくなったのって聞かれて僕は「いれたいー」っていいました。 
 彼女はまた僕のシンボルにコンドームをかぶせてくれました。

 今度は5分ほど彼女を突きまくりました。彼女は、 
「今度はすごい。違う人みたい」 
 っていいながら、背中に少し爪をたてられました。 
「大きい、大きい」って連呼しました。 
 終わった後、 
「どう初めて女を抱いた感想は?」ってきかれました。 
「最初からこんなきれいでスタイルのいい人としたから、ほかの人としたら満足できないかも」 
 っていうと、 
「もう、上手ね」って笑ってました。 
 これが私のお礼よってっていわれまた。 
「今日だけ」って聞くと「またしたいのー」って聞かれ、だってこんないいこと産まれて最高だったから。ってうと、 

「わかったわ、そのかわりこれからも私専属のコーチよ」 
 って言われました。実は彼女は僕に興味があったそうなんです。しかも彼女は巨根がすきで僕のが思いのほか気に入ったそうなんです。 
 彼女は帰り際に耳元で、 
「安全日は生でさせてあげるね」 
 っていいました。 
 僕は「うれしいな」そういって、彼女の家をあとにしました。 
 その後彼女との関係は続いていて週2回ぐらい彼女とセックスししています。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。