義妹と

ぴゅあらば

30歳の夏に2人目が誕生、翌日の土曜午後に里美が居る産院へ行くとエレベーター前で「あら?!お義兄さん、今度は可愛い女の子で、おめでとう御座います!」弟の妻加奈とバッタリ!

「あ?、来てくれたの?!」
加奈「2人共元気よ!」
「雨、降りそうだけど?」
加奈「あら?いやだ?!どうしょう?!」
「時間良かったら、送るよ!」
加奈「じゃあ~、お願いしよう。又戻るの変だから此処で待ってるわ!ごゆっくりね!」
3Fの産室へ妻と乳児の優に会いに上がった。

昨日も来た事で30分位で1Fロービーへ戻ると、週刊誌を読み加奈が待っていた。


「あら?、早い?もう良いの??」と、ビックリ顔の加奈に
「友人が祝盃してやると、言って早く出たんだ!」に
「あら?、悪い旦那さんね!」と笑う。

やはり雨が降り出していた。義妹と駆け足で車へ、少し濡れた加奈のブラウスに透けた色物のブラジャーをチラリ!母乳を与える妻の胸と同じ大きさの膨らみにゴックンの俺だった。

加奈「傘もって無くって、助かったわ!お友達の所は遠いの??」
「里美には悪かったがウソだよ、それにお袋は無事に出産済んで安心し、バスツアーに出かけて今夜は俺一人なんだ」
加奈「じゃあ?、お礼に夕食は私の処でね!」と「良いのかなあ??」
「あら?っ!弟の家で遠慮する兄は居ないわよ?!」加奈が笑う。

隣市に転勤した弟が1戸建を買って昨年春から住んでいた。2~3回母から頼まれて弟に野菜を届けに来て場所もすんなりの俺だが、義妹を乗せては初めてだった。


「直ぐ支度(夕食の)するから、義兄さんシャワーしたら?」に「ああ、借りるよ!」
蒸し暑い日で汗ばんだ体、シャワーを全開し股間に当てて遊んでると「義兄さん!着替えを置いておきますね!」引き戸を少し開け顔を出し加奈が言った。

「アッ!」と思ったときはもう加奈は外に・・「見られたか?」全開した音で聞こえなかったので加奈は戸を少し開け知らした様だが?少し膨らんだ肉棒はモロに見えていたはずだ。

シャワーから戻り、未だ外は明るさがあり「加奈ちゃんもシャワーしたら?」
「じゃあ~、サッと流して来ますね」加奈がシャワールームへ・・。
シャワーから戻った加奈は、ワンピース姿「徹(弟)は帰る時間遅いのか?」加奈に尋ねると
「何時もはもう帰る時間なの、でも昨日から広島に出張なの明日の夕方には戻るんだけど?!休日出張だ、と言ってブツブツ言ってたわ!最近出張が多くってね!」

今日来た事は、ちょっとヤバイかな?いやっ、チャンスかも?以前から可愛いロリ顔で鼻筋が通ったアイドル風の加奈に徹を羨ましく思って、一度チャンスがあればキスしてみたい願望を持っていた。

「風呂上りはやっばりこれね!義兄さん!」グラスと瓶ビールが「おいおい!俺車だぞ!」
加奈「義兄さんアルコールは強いから、少し位は平気でしょ?!」そして「あ~っ!おいしい!最高!義兄さんゆっくりしてってね!」更にもう1本を抜く加奈。

「義兄さん!子供は男の子と女の子を上手に作っちゃって!羨ましいわ!」
加奈は目を少し赤らめて言う「加奈ちゃんも頑張れば出来るよ!」俺の励ましに「徹最近疲れ気味なの、出張にも時々言っちゃうし!」加奈は少し欲求不満かな?

豊かな胸の膨らみを良く観ると乳首の位置が良く判る、ノーブラかな?
短い裾も上がり白い腿が見える、再び唾をゴックンの俺だ。
夕食が済み、俺はTVのナイター観戦を、だがキッチンで洗い物の後ろ姿の加奈の尻と白い生足に視線が走る。

弟が留守で前からの願望のチャンス到来、酔っている事も手伝って洗いを終え居間に戻った加奈を見つめ「どうしたの?義兄さんそんなに見つめて?!」
更に近寄り「加奈ちゃん!キス位は良いだろ??」加奈「え・え?っ?義兄さん!」肩を掴み、その場へ倒し顔を近づけ「加奈ちゃん!!」「いやーあ!だめっ!義兄さん!ううう~ん」

成功だ!簡単に加奈の薄い唇に押し付け、片手で胸の膨らみを撫ぜるとプリンプリンの豊乳に乳首が、やはりブラなしだ!
「止めて~ぇ!ダメッ!」力を出し俺を突き放した加奈。

後ずさりしながら、「私達!兄妹よ!!そんな関係になっちゃいけないっ!」その時の加奈は真剣顔で抵抗した。
だが、俺はもう股間が反応、禁欲中のチンポは出来上がっていた。

「世間には親子や姉弟が抱き合っている人だっているんだ!俺たちは義理の中で普通の男女なんだ!1度で良いんだ!ねえ?加奈ちゃん良いだろう?徹と思えば良いんだよ!」

「そんなぁ!ダメっ!だめ、ダメェ!」
壁に背が当り後ずさりが出来無くなった加奈、少しレイプ気味にワンピースを剥ぎ、色スリップの肩紐を抜き豊乳を揉みながらキス。

「ううう~ん、あ~んいやあっ!いけないわ!義兄さんこんな事は!」と、まだ抵抗。

居間の端で押さえ込む様に重なり、俺は全裸になり加奈はパンティ姿だった。
片手で乳首、片手はパンティの上から割れ目を刺激し、太いチンポを加奈の腿に擦り、やがてパンティ横から2本の指でオ○○コにタッチ、「加奈ちゃん濡れてるよ!」「いやあん!そこダメェ!」漸く感じ始め身を反らす加奈は若妻の色気充分だった。

遂にパンティを剥ぎ取り、身を重ね唇に吸い付き3度目のキスに加奈は次第に抵抗を弱める。

「加奈ちゃん!俺の興奮を判ってよ!1度で良いんだ加奈ちゃんが欲しい証拠だよ!」
加奈の手首を取りチンポを触らせたが、嫌がって直ぐ避ける。俺は指でオ○○コを拡げ、クリも刺激には「イヤあ!ダメ!そこダメ?!」悶え始める若妻の加奈。

濡れた指を見せつけ「加奈ちゃん!こんなにアソコ濡れてるよ!」に「だって、義兄さん止めてって言っても続けるんだもの!」

「いいだろ?入るよ!」「ええ??っ!!どうしよう??」もう俺はヤルしかなかった。
硬く閉じた生足を拡げ「いやん!」の声も聞かない事にして、弟の嫁のオ○○コに挿入。

「はあ~あ~ん!う・うん?!」顔は横向け加奈は喘ぎ声を殺す様に恥ずかしく。
まだ未産のオ○○コの感触は、妻里美よりは当然締まりが良い。

禁欲中の俺は直ぐ快感し「良いよ!加奈ちゃん締まりあるから、オレ気持ち良いよ!」
加奈の腹に出し、豊乳と首元のまで白い汁を飛ばし満足の俺に「絶対!内緒よ義兄さん!」と問いかける加奈に「当たり前だよ!2人の秘密だ!」

起き上がった加奈はスリップを着始めたが「奥はベットルームだね!」の俺の動きに「あそこは。ダメよ!」と阻止したが、肩と両足を持ち上げ「此処は寝る部屋だろう?!なぜ、ダメなんだよ?」
「だってぇ?!散らかしてるもん!」
「今夜は俺が亭主だ!」加奈を抱き上げ寝室へ。
加奈「ええーーっ?」
「帰らないよ!そして、もっと加奈ちゃんと燃えるんだ!」
加奈「そんなあ!」ビックリ顔にも少し笑みも・・。
他の場所の灯りを消して、加奈を再び抱きしめると「義兄さん、アレ強いのね!」

もう抵抗無しの加奈、簡単に抱き合い舌を入れ合うキス。
「触って良いよ!」に、加奈はチンポを握り「義兄さんの、硬くて太いわ!」
さっきの、抵抗はウソの様な別人の若妻に変身の加奈は「私も前から義兄さんに抱かれたら良いなあ~、なんて思ってたのぉ!」嬉しくなり「ホント?」と、キス。

チンポを股間に近づけると、開脚する徹の嫁に2度目の差し込みを・・・。
「ああ~ん!義兄さん、いいわっ!すごい!太くって壊れそうぉ!」
「加奈ちゃん!キンチャクみたいで気持ち良いよぉ!」
お互い義理兄妹を忘れ、恋人の様に燃え上がり「ああ~あん!イクッ!」
同時の快感を得て生出し、その後はグッタリの2人は腕枕で全裸で抱き合い朝までぐっすり。

部屋の明かりで目が覚め、俺は厚手のカーテンを少し開け外を。
隣家とは5~6メートルの接近、昨夜の雨が幸いし声が消されホッと。
朝食の支度に加奈はキッチンへ、その後を追う様に俺も。
昨日の雨が上がり朝から眩しい逆光、ブラが透ける若妻を観て股間が朝立ち。
加奈に後ろから近づき、脇から両手で豊乳を掴むと「キャァ!」の歓声を聞き更には、美尻には硬く膨らんだ股間を突きつけると「義兄さん!朝から元気良いのネ?!」の笑い顔。

朝食中に、隣の車の音「お隣さん休日でお出かけネ!」俺は「よし!朝から出来る!」
の助平な計画。

加奈を寝室に呼ぶと、逆に爆弾発言が「義兄さんとヤルと、妊娠するかな?同じ型だし顔も兄弟だから似ているワ!」
「チョット!加奈ちゃん、冗談だろう?」でも「私達の方が早く結婚しても未だ赤ちゃんできないんだもの~近じか婦人科で診てもらう予定してたの!」

徹が大学2年時に友人とバイクで転倒し股間を強打し、男の不妊者になっていたかも?
しかし、そんな事を口が裂けても嫁の加奈には言えない当時の俺だった。
それが、バレない内に・・そう思って「今、出張が多くって関係が少ないからだヨ!その内、徹に頑張ってもらえヨ!」そう励ます言葉に精一杯だ(汗)。

だが、義妹と2人きりのチャンスはそう来ない、豊乳を揉み次第に絡み合う義兄と義妹だった。
「義兄さん!抱いてぇ?!来てぇ!」両手を拡げ求める加奈が一層可愛いくなり、
「よおし!今日の出来たての精子を加奈ちゃんに入れてやるぅ!」笑みの加奈も
「うれしいぃ!義兄さんの欲しいわ?!」この日のモーニングSEXは夫婦以上の激しい突き合い、揉み合いの絡み。そして、お互い「いいわぁ!!イクぅ?!」の果てでEND

母も徹夫婦に子供が出来ず、あの事故が原因なのか不安だった。
何とかしないと、加奈が美人で別の男が出来て弟が惨めに成る事を私は恐れていた。
それならば、俺が夫婦を救うしか無い、そう思い妻には勿論内緒で加奈との関係を続ける事になり、「義姉さんには、秘密でネ!」そう言う加奈の誘いを受ける私。

2人目も夏の出産で産後の経過が思わしくない里美が、予定の退院が3日遅れ少しバテ気味だったので、「実家で休んでこいよ」1週間の実家行きを勧めた。

「甘えていいの?ありがとう!義母さんによろしくね」嬉しそうな妻。
退院日に、里美と乳児の優を実家で待つ長男の処へ送った。
我が家へは予定より10日以上戻る日が延びる事になった。その事を知っていた様に加奈から会社にTEL「お義姉さん退院したの?」と、探る様に・・。

「実家で来週迄休む事になった」に、加奈「そう、じゃあ義兄さん会えない?」再び密会を求めて来た。もう一度彼女の本心(俺の子種を欲しい)を聞くチャンスと思ってOKだ。

翌日、会社には適当な理由で昼で早退し加奈が指定した処へ急行。
ミニに、はっきり豊乳と解るTシャツで待っていた。恋人、夫婦の待ち合わせの様に無言でドアを開け乗り込んで来た。
国道に出ると「人目を気にしない処がいいわ」加奈は左前方のラブホを見て笑う。

古い建物で旧式(ワンルームワンガレージタイプ)のラブホに入った。
室内は狭いがムード満点に「良かった!又義兄さんと2人きりになれて?!」加奈は背伸びし、最初から舌を入れてDキスして来た。
盛りのオスメス動物の様にキスと抱擁、そして互いに脱がし合い全裸の義兄妹だった。
ベットへ倒れこむと「ああん!義兄さんもう太くなってるぅ!」加奈はそそり立つチンポを握り扱き始める。

俺もDカップ?いやそれ以上のEか?・・、片手で張りある乳を揉み乳首も弄ると「はあ~んっ」片足を伸ばしたり曲げたりし、興奮する加奈に気になっていた本心を聞いた。
「俺とヤッてるいると、本当に出来ちゃうぞ」
「いいのよ!赤ちゃん欲しい!義兄さんの子供が!!」加奈は、やはり妊娠を望んでいる事を改めて確認出来「じゃあ、加奈ちゃんの子作りを手伝おう」
「うれしい!義兄さんの精子たくさん頂戴ぃ!」

まるで加奈は風俗嬢の様な肢体だ、俺が上になり再びキスし体を重ねるとM字に足を拡げた。
薄毛の股間でオ○○コに指でタッチし、ピラピラを拡げ掻き回すとマ○汁がジワーッとにじみ出て
「いやあん!もういいわ、義兄さん、きてっ!!」
助平丸出しの義妹、M字に拡げ股間を濡らし叫び待つ弟嫁のオ○○コに差し込んだ。
「あああぁぁ~っ!」同じ声を同時に出し合った。
最初の時は(弟宅で)あれほど抵抗した加奈、余程俺のチンポが良かったのか、今日は最初から肉棒を欲しがる若妻だった。
出張帰りの徹とは1度夫婦の交わりがあっただけで、加奈は6日以上肉棒を味わっていない様、俺はあれ以来でまだ禁欲中、最初から激しいSEXの俺と加奈。

「いい~っ!義兄さん、いいわっ!」M字の足を震わせ快感の加奈、やがて「イクよ!出すぞ?!」に「来て!いっぱいよ!」大量の汁を義妹の子宮へ生出し。

SEXを苦痛に思い感じが鈍い妻里美と違って、加奈は敏感の様で俺と同じ時に快感を得た。
1回戦を終え、シャワーへは全裸のままで。
再びベットへ戻ったが、妻にはもちろん会社や母にも内緒事の今日で、何時も時間には我が家へ戻らなければマズイと思っていたが「ねえ、義兄さん、もう一回!」に負け、加奈とジャレ合った。
開脚し加奈の股間に頭を入れ「加奈ちゃんの割れ目綺麗だよ」「いやん!そんなに見ちゃダメ!」
舌は膣に入れ、鼻柱でクリを刺激すると、ジワ~と愛液がにじみ出るエロなオ○○コ。


「若い娘のあそこはハマグリだ!子供を産んだ里美のはアワビだ!」
加奈「それじゃ、私のあそこは?」
「丁度中間で、締りのある’紅アワビ’だね」に「いやん!紅アワビって!」と嬉しい笑い顔。
「それじゃ男の人のオチンチンは?」と訊ね「汁の出るマツタケだよ」の返事に加奈と大笑い!

「汁の出るマツタケ欲しいか?」「ええ!欲しいわ!」と上になりキスして来る若妻加奈だ。
「俺も紅アワビ欲しいんだ!」硬くなったチンポを突き上げオ○○コに刺し込み2回戦。
腰を動かし「いいわ義兄さん!上になって!」差し込んだままで回転し正常位でのピストンに加奈は激しく悶え「イク!イク!」の連発!

ドクドクと2度目を注入し、満足で暫し重なったままの数分間。
肉棒を引くと、チョロっと白い汁が紅アワビから吹き出る「女って、下から白い汁を入れてやると、胸から1年後に白い汁を出すんだね」「私も早くオッパイ出したいわ」そんな加奈に
「オッパイが出たら俺に飲ませてよ」と言う「いいわ、義兄さんに飲ませてあげる!」
加奈は笑って答えた。

この日は初めて加奈とのラブホだが早々出て、何とか何時もの帰宅時間に戻りセーフだ(笑)

我が家に里美が戻り数日後、会社へ又加奈からTEL。
「徹がまた来週火?木曜に出張なの。ねぇ、会えない?」に、少し返答には戸惑った。
しかし、弟夫婦を救わねば、の気持ちもあり「何とか都合を付けるから」その時は安心させ切った。
翌週の水曜に会う事になり、人妻風でなくギャル風の服装の加奈とドライブ、もちろん人目を避ける為に車はレンタカーを・・、こんな事もう何度もやったっけ(笑)
南紀の海が見えるラブホへ昼食を持ち込んで昼前に早々と入った。

「今日はチャンス日よ!義兄さんに狂っちゃうね!」加奈は入るなり助平を丸出しに「俺も、一滴も残らず出し切るからね!」互いに全裸で唾液まで吸いあうキス。
里美には「新製品の開発で最近は疲れた?!」と言ってあり、暫らくはSEXを拒否出来る根回しを・・。
最初から加奈の白い肌を全体嘗め回し「紅アワビ食べるよ!」「私もマツタケ欲しいわ!」
69体位で迫り合い「義兄さん、欲しい!来て、マツタケ入れて!!」とV字に開脚し求める弟嫁の加奈。

クリを刺激し2センチ以上に勃起、オ○○コはビショビショに濡れ肉棒を欲しがり黄色い声を出す加奈をうつ伏せにし「この方が奥まで入るんだ!」「キャア!丸見えでしょう?」
「濡れてる紅アワビ良く見えるよ!」「義兄さん、早く!」に、ズボーッと刺し込み1回戦はバックで5~6回ドクドク流し込み、加奈はメロメロ。

「そんなに会えないから、今日は絶対決めて欲しいの(妊娠を)!チャンス日だからね!」と。
その後は、ヌルヌルのチンポを平気で吸い舐める加奈、舌を上手に使い風俗嬢に
「随分上手だね!徹に教えてもらった?」「うふふ!イカせてくれたら、(過去を)教えてあげる!」
2回戦は、攻め抜いた俺、「いやん!もうダメ!!」腹の上に加奈を仰向けにし下から肉棒を差し込み指でクリを攻め、天井の鏡に写る悶える加奈。

「目を開けて天井の鏡を見ろよ」「うわ、恥ずかしい!」差し込んだオ○○コからクチュクチュッとイヤらしい音が・・。
そして、チンポがピクピク動き白い汁を注入し、互いに満足のグッタリの2発目!

約束通り加奈は徹にも話していない過去を暴露した。
・・小学時代からの友人が性初体験の痛さ話を高1時に聞いた加奈は、その後好奇心で高3の先輩に簡単に処女を捧げた。短大時にはバイト先の中年男の欲望に負け、数回関係しその事を他の男に脅迫され性教育を受ける。妻を事故で失った男は片金の不妊者で生出しでも心配無い。

その男に女の快感を受け、SEXに狂う日々。フェラはその時教わったとか・・

その日のラブホは時間もあり、仮眠した後も挑戦し加奈の子宮は俺の精液で満タンの状態。
これでも出来なかったら(妊娠を)やはり産婦人科で診察すると、帰路の車内で言う弟妻。

以後、1ヶ月は互いの夫婦のサヤ?に納まっていた。
新米を持って弟宅を訪れた秋のある日、久々加奈を見た。徹も居て少しのビールを飲み話し合い帰宅時に外へ送りに出た加奈がまた「会うチャンス日が出来たらTELするからね!」と言う。

正直俺は義妹を超え、加奈を愛人思いに考える程のぼせていた。
妻の里美を嫌いでは無いが、張った豊乳や胸の血管が透ける程の白い美肌、更に締まりある膣とアイドルやAV女優似の顔立ちの加奈には当時の俺は異常に狂っていた事は確かだ。

その1週間後に今度は琵琶湖付近のラブホで加奈とSEX三昧。
白い肌をくねらせ、豊乳を揺らし締まりあるオ○○コからはいやらしい音を出し、悶える加奈が可愛くって「好きだよ!加奈ちゃん!」「うれしい!でもそんな事此処だけよ」
激しい3回戦、シャワー後は紅アワビと、マツタケの吸いあい・・。
遂には加奈に口内発射!に「飲んじゃった!」と平気顔。

11月に畑にある野菜を持って休日に弟宅を訪れると、徹は先輩と出かけ留守。
加奈は笑って「義兄さんの子供が出来たわ!」告げた。
子供の居ない出張中の留守の間寂しさは夫婦の愛も冷め始めていた事を涙ぐんで話す加奈。
弟夫婦に灯りを再点灯する役目をしたと、喜んでくれた加奈。
夫以上に燃え、快感を知った加奈。
その日は挿入を避け、奥寝室で互いの肉体を舐めあった後は「赤ちゃんに栄養を!」と加奈は俺の股間に頭を入れチンポをしゃぶり、吸い捲る激しさに2度口内へ発射!
「秋はやっぱりマツタケ美味しいわ!」と加奈が濡れた唇を舌で舐め笑う凄さ!

翌年7月末に加奈は私の子を出産、大きな女児で帝王切開出産だった。
「お盆でなくって良かった!お盆に誕生日って可哀想だもんね!」徹と私に笑って嬉しそうに。
そしてその年、又新米を届ける時、我が娘を横目に加奈と久々交わった。
ハンカチを口に入れ声を消しての激しい2回戦、あの締まりある感触は切開出産の為残っていた

「いいよ!締まりあって変わらないから、感じるよ!」
「そう!でも又出来ちゃったらどうしょう?」
笑う俺と加奈は暫し抱き合ったままの愛人、豊乳からの母乳もゴックンの俺。
これ程長く妻以外に関係を持った女は居なかった。
その後、加奈とは2年間の密会を続けたが、2度目の妊娠は避ける様に気を使った。
徹はその後「今度は、男の子が欲しい」と、新婚時代に戻った様にハッスルした様だが・・、やはり妻は妊娠しなかった。
母も「徹が親に成れて良かったよ」口には出さないが気を揉んでいた様だった。

加奈との間に出来た我が娘も現在彼氏も出来週末には肉棒のマツタケを味わう年頃。
弟は部長に昇進し、幸せ顔の加奈は今でも小声で私に感謝の言葉を・。
あの時、2度目のラブホでの激しいSEXが種付けになったと、告げる。

昔、隣家で借家住まいの若妻恭子も俺との関係を持ち、妊娠を望んで迫って来た。
どちらもバレずに済み、ハッピーに事が終わってヤレヤレ(汗)。

私は2人の人妻の’種ウマ’だった!
色々変わったアワビをご賞味出来、感謝!感謝!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。