観光バス

ぴゅあらば

その日の客は日帰り研修ご一行様。
行きから酒飲んでてガイドにセクハラ発言ばっかしてんのよ。
そんで最初の目的地について客が昼飯~研修~観光~土産購入で夕方まで離れたのね。
俺らは弁当とお茶を渡されて離れた駐車場で時間なるまで待機してたんだけど
ガイドと客の話をしてたのよ。
俺が「さっきの親父凄かったな」なんていうと
ガイドが「ジジイだから立たないのよw」なんて言うのさ。
俺がすかさず「立ってたらどうすんの?」と返すと
ガイドは「やだー油ギッシュは嫌い」だって。


俺「ん、石川(ガイド仮名)は顔が幼く見えるから刺激しちゃうんだよ」
石「今25だけど高校生に見られるからね」
俺「俺も刺激されたてたりな(笑)」
石「悪ふざけしないでよ~」
俺「石川みたいな娘とあれしたら持たないだろうな」
石「もぉ~やめてぇ(笑)」
そのまま彼女は車内のゴミ拾いやシートの汚れをチェックするのに
一番後ろのコの字になってるサロンに歩いてったんだ。

俺も手伝うふりして後ろを突いてった。
彼女がシートのコの字の角に落ちてるゴミを
シートに寝転んで腕を入れて拾ってる。
下着は紫っぽかった。
そこで声を掛けたわけさ。
「拾えてるか?」

彼女慌ててスカートを手で抑えて言い放つ。
「ちょっとお!こっち来ないでよ~」
「俺もお前みたいな奴と結婚すれば良かったな・・」
「○さん、奥さんも子供もいるじゃないよ」
「ちょっと僻んだだけだよ」
「奥さんにいいつけるよ~(笑)」
「一度でいいから石川としてみたいな」
ここで反応見るんだよ。


驚いたり動揺したりする態度をしたらあと一押ししちゃえば出来る。
彼女は笑いながらも驚いてた。
「それってどういう意味ですか~?」
「だから石川とエッチしたいんだよ」
「そんなに私って男の人を刺激しちゃうのかなぁ」
「(俺の股間を指差して)充分に刺激されてるけど」
ここで彼女の隣に座ってマジな顔してジッと見つめて黙ってみる。
相手も黙ったり目を瞑ればそのままセクスに持ち込む。
彼女は黙りこんだ。


彼女に顔を近づける。
二人の呼吸がわかるまで近づけると目をとじたのでキスをする。
彼女の肩を持ってシートに寝かしてもう一度キスする。
この時点で俺の手は彼女の胸を覆って軽く揉む。
外からは見えないので制服を脱がせてYシャツのボタンを外して
ブラをまくりあげる。


ゆっくり愛撫してる余裕がないので
いきなり胸に吸い付く。

「んふ・・」
彼女の手はだらーんして上を向いたまま目を開けてる。
そこそこに舐めたらスカートを上げて直にマンコに手を入れる。
充分にネトネトしてるので脱がす。
俺もシートにうつ伏せになって吸い付いては離れるようにクンニする。
「ブチュ」「あぁぁん・・」
一旦彼女から離れて俺は下を一気に脱ぐ。
ここでも反応見るんだ。


チンポを持ってそのまま入れようとする。
「ゴムして」とか「つけて」とか言えばゴム嵌める。
しかし何も言わない場合は入れる直前に聞く。
「生だけど大丈夫?」
頷いたり、「うん」とか返事したり様々。

石川は頷いただけ。
彼女の割れ目に沿ってチンポを上下させて
彼女の液で濡らす。
そして挿入する。

「うぅぅ・・あん」
彼女の上に倒れこんで正常位で突く。
「あぅ・・あぁ~・・あんっ」
突くたびに彼女から声が漏れる。


逝く時に聞くんだ。
「石川の中は最高だな・・中で出しても大丈夫?」
彼女は一言だけ・・。
「大丈夫だと思う・・あっあっ・・出して・・」
心配だったけど俺も限界だったので思いっきり奥で出す。
「ふぅ~ふぅ」「はぁはぁ」
二人の声だけが車内に響く。
しばらくして彼女から抜ける。
「クチャ・・トロトロ・・」
俺のザーメンがあふれ出す。


客が持ち込んだティッシュで彼女のアソコを拭く。
しかし、シートは俺のザーメンが点々と散らばってる。

彼女がティッシュを抑えたまま起き上がる。
「○さんとしちゃった・・」
「石川・・俺、妻も子供もいるけどお前を好きになりそうだよ」
「ダメよ、奥さんいるじゃない・・」
「だよな・・でもまたお前としたいよ」
「私も○さん好きだけど彼氏いるからなぁ・・」
「二人だけの秘密にするしかないよな」
「今度休みの時に会って話そう」
「そうだな」
今、こんな状態で同僚として・・
そして割り切った関係で付き合ってる。
セフレ感覚だよな。


つか、石川一人だけじゃないんだ。
今は三人と付き合ってる。
夫子持ち、彼氏持ちとな。
フリーだと本気になられるから手は出してない。

みんなみたく上手く書けなくてごめん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。