気になってた友人の彼女を泥酔させて肉体関係に持ち込んだ!

結構前から気になってた友人の彼女を含めて飲んでる時に肉体関係を持ち、それからというもの友人に内緒で強引に関係を続けてます。

内容を書くと、友人、友人の彼女(恵美)、私、他2人で飲む予定でしたが、友人が仕事で来れなくなり、4人で飲む事になりました。

酒が入り始め、話は過去の暴露話に突入。

で、友人の秘密話を暴露してると恵美ちゃんは

「そんな事してたんだ」

憤慨しながら酒を飲んでいました。

お開きにしようと店を出る時には、恵美ちゃんが泥酔状態でした。

他2人は私に押し付けて帰ってしまったので、私が送る事になりました。

送る電車の中、気持ち悪いと前屈みになった恵美ちゃんの胸の谷間が見え、私は頂こうと決心しました。

送ってる最中もエロトークを続けながら部屋に到着しました。

恵美ちゃんは1人暮しだったので、支えながら部屋に入りました。

「吐きそう」

と言うので、背中を摩りながらブラのホックを外しましたが全然気が付く様子も無く、胸元から谷間とピンクの乳首が見えてる状態でした。

「頑張って部屋まで連れて来たんだからご褒美におっぱい揉ませてもらうよ」

みたいな事を言い、意識がほとんどない恵美ちゃんのシャツとブラを脱がせて左胸の乳首を甘噛みしながら右胸を揉みしだきました。

5分ほど経過したところで、乳を揉んでいた手を恵美ちゃんのスカートの中に手を入れ、下着の中に手を入れました。

クリ周辺は凄く濡れていてすぐにでも挿入可能な感じでしたが、勿体ないので、指を1本だけ出し入れしていると、小さな声で

「あんっ」

とか

「はぁ」

とか言いながら反応を示し始めました。

手マンをしてると、恵美ちゃんが目を覚ましかけたので

「恵美ちゃん凄く可愛いね、我慢できないからHしようよ」

と誘うと、酔いが回ってるらしく

「少しだけなら良いよ」

との事。

その発言を聞いてからの私はもう獣ですよ。

キスをすると恵美ちゃんから舌を絡ませつつ、手マンで挿入してる指を2本にして、ウネウネ動かすと先刻より大きな声で喘ぎ始めました。

私は取り敢えず抜きたくなったので、手マンしつつ体勢を入れ替え、私のモノが恵美ちゃんの口の前に行くと同時にフェラを始めました。

凄く嬉しかったけど、酔ってる状態だったからたまに噛まれる。

気持ち良いが半分、痛いが半分だったが、友人の彼女としてると思ったらあえなく口の中に出してしまった。

すると恵美ちゃんはゴクリと飲んでしまいました。

射精しても衰える事無くギンギンでした。

洋服を脱がさずに四つん這いにしてスカートを捲くり上げ、陰部を覆ってるパンティを指でずらして、一気に生挿入!

その瞬間

「ああっん」

って一際大きな声で喘ぎ、あまりの色っぽさに危うく中出ししそうになりました。

出すのを我慢して、バックから前後に動かす度に鼻にかかる声で喘いでくれて、その声が聞きたくて20分位前後に動きながら左手でクリトリス右手で胸を揉み続けました。

途中で少し意地悪をしようと、モノを抜くか抜かないかギリギリまで持って行き雁首で入口を前後に動かし、たまに思いっきり突き上げると凄く喘ぎ、最後は泣きそうな声で

「意地悪しないで思いっきり突いて」

と懇願されました。

腰をガッチリ掴んで激しく突き上げると

「パシュッパシュッ」

っと淫水の音が響き、喘ぎとも鳴咽ともつかない声を上げて恵美ちゃんは自分から腰を動かし始めました。

後ろから突き上げながら乳を激しく揉み、イキそうになった時に恵美ちゃんの携帯が鳴り、ビックリして携帯を開くと、彼氏(私の友人)から

「仕事が終わったよ。今何してるの?」

ってメールが入ってました。

「SEXしてるよ」

ってメールを送信したい衝動に駆られましたが、そんな事する筈も無く、恵美ちゃんは私の下でアンアン言いながら腰を振ってるので、私が代わりに

「結構盛り上がって、酒を飲んで凄く眠いから今から寝るよ」

と送りました。

 

「じゃあ今日は行かないよ」

というメールが返って来ると同時に外出しでフィニッシュ…。

次の日、酔いが醒めた時の恵美ちゃんの顔は恐ろしいほどに顔面蒼白でした。

私は追い打ちで、送った時に強引に恵美ちゃんが私を部屋に上げて関係を迫ってきたと伝え、逃げ道を無くすと

「彼には内緒にして」

と言ってきました。

「肉体関係を続けてれば黙る」

「嫌なら黙らない」

と言い、強引に肩を引き寄せキスをすると、舌を絡ませてこないので、

「昨日は自分から絡ませたクセに」

となじると絡ませてきました。

そして

「風呂に入ろう」

と強引に立たせて連れて行き、服を脱がせて乳を片手で揉みながらシャワーを浴び始めました。

ある程度汗を流すと、私は浴槽内に仁王立ちして、恵美ちゃんは浴槽内に跪かせてフェラをさせました。

酔ってた昨夜とは違い、さほど上手くはないが凄く気持ち良くてイキそうになり、そこでフェラはストップして、次はパイズリをお願いしました。

「ローションが無いと出来ない」

と断ってきたのでボディソープを谷間に垂らすと、観念した表情で私のモノをおっぱいに挟み、ゆっくりと、でも心地良い力加減で動かし始め、たまに出てくる私のモノを舌先でチロチロ舐めさせながら

「〇〇にも結構パイズリしてるんだろ?」

と言うと、上目使いの恥ずかしそうな顔でコクリと頷く仕草を見て我慢出来なくなった私は、挟んでるモノを抜き恵美ちゃんの口に突っ込みました。

両手で恵美ちゃんの頭を掴んで強引に前後に動かしながら口内射精しました。

少し落ち着いたところで下を見ると、恵美ちゃんは軽く放心状態でした。

が、その顔が凄く色っぽくて、私は身体を拭くのもそこそこにベットに連れ込み、仰向け寝転んでる私のモノをしゃぶらせ始めました。

すると恵美ちゃんの顔が上気し始め、体勢を入れ替えて陰部に軽く触れるとヌルヌルとした液が溢れる状態で、軽く触れただけなのに

「んっ」

と声がして身体がピクッっと反応して、中指を入れると中から少し白い液が溢れ出て私の指を濡らしました。

クリトリスを舌先で転がしながら指2本で激しく出し入れすると

「あっ」

「あっ」

と声を上げ、私のモノを激しくしゃぶり立てました。

そして恵美ちゃんは私に

「お願いだから挿れて欲しい」

と哀願してきたので、指の動きを止めず

「関係を続けて良いの?」

と聞くと一瞬の間の後にコクリと頷き、私は仰向け状態のまま

「跨がって」

と言うと恵美ちゃんは小さな声で

「◯◯(彼氏)ごめんね…」

と言いながら跨がってきました。

ゆっくりと自分から腰を動かし、声を上げ始めたので、私も下から突き上げると一際高い声が出て、その顔を見ると悦に浸っているようでした。

身長に似合わないおっぱいも激しく揺れ動き、下からギュッと掴み上げ、乳首を指先で捻ると一層声と締まりが良くなり、恵美ちゃんは喘いでるのか叫んでるのか分からない位の声を出してイキました。

私も同じ位のタイミングで果て、危うく中出しになる所でした。

グッタリとしてる恵美ちゃんの乳を揉みながら、私は恵美ちゃんの携帯を勝手に開いて見てみると、彼氏から恵美ちゃん宛に

「おはよう、飲み過ぎて遅刻しないように」

とメールが入ってたので、私は

「大丈夫~!」

と返信し、私は洋服を着始めました。

行為が終わって興奮が冷めた恵美ちゃんは、虚ろな表情で洋服を着ながら消え入りそうな小さな声で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。