友人の妻にエッチな遊びを教えて、そのまま挿入

ぴゅあらば

数年前に友人の家に泊まりに行きました。私は、出張で翌日は帰るだけなので気分が楽で、夜遅くまで友人夫婦と酒を飲み語り合いました。友人夫婦とは、彼らの結婚式の司会もした関係で、何の遠慮も無く、且つ三人とも同郷で使う方言も一緒なので大いに盛り上がりました。

翌日、友人は朝早くから仕事です。私が9時過ぎに目を覚ますと、奥さんが食事の用意をしてくれました。奥さんは大学の研究室で助手のバイトをやっているそうですが、その日は休みでした。

知性があり、元気の良い奥さんです。昨日の話の続きが始まります。昨日の話の続きが始まります。

「かりまん」をした同級生の話が昨日出ていて、奥さんが「「かりまん」って変なことでしょ?」と聞いてきました。私は、「かりまんは、3種類あるんだ」と答えました。「口で説明するのは、いやらしいので、ちょっと後ろ向いて」と私は奥さんに頼みました。

おふざけのつもりです。「一つ目は、子供の遊びの延長でさあ、こうするんだ・・」といいながら、スカートをはいた奥さんのお尻にパジャマをはいたままのペニスを押し付けてグリグリします。かりまん、とは仮エッチみたいなもので、私の郷里の(悪がきが使う)隠語です。

おふざけの積もりだったのに私のペニスが大きくなってしまいました。誰もこの家にいない事も思い出しました。「かりまんだから、これはエッチではないんだ」と変な言い訳をしながら、奥さんの腰に手をあて、調子に乗って続けてしまいました。

二人の間に変な空気が漂いました。昨日の酒がちょっと残っていたのでしょうか。「二つ目は、中学生の遊びかなあ」と私は言い、続けて「こっち、見ないでね。見たらおかしなことになるからね」といいながら、パジャマを少し降ろしてペニスを出し、奥さんの足を閉じさせると、スカートの上からペニスを両足の間に差し込みました。

差し込んで数回前後させましたが、すぐに「スカートがしわになるから、ちょっとめくるね」と説明して、スカートを持ち上げ、奥さんの素の両脚にペニスを差し込みました。私のペニスは、すごく大きくなっていて、しかもとても熱くなっているのがわかります。

「これもエッチじゃないしね」と私は奥さんに言いながら、自分にも言い聞かせています。私の両手は、腰から少し上がって、おっぱいの下の辺にあります。まだ、胸をもむ勇気はありません。

奥さんは、目を閉じて、黙ったままです。感じているのでしょうか。「3つ目は、高校生の遊びかなあ」と言おうとして、言葉が上手く出ないのにあわてました。

「3つッ目・・・・高校生の遊び・・・かな・・」みたいなつまりつまりの物言いです。「ちょっと、びっくりしないでね。遊びだから」と言い、奥さんのスカートを少し持ち上げ、パンティを太ももあたりまで下ろしました。奥さんの両脚は閉じたままです。

「頭だけ、入れるんだよね」「大丈夫だからね」と、何が大丈夫なんだろうと自分もおかしく思いながら、相手に不安を与えたらお仕舞いだと、すばやく、右手の指につばをつけ、左手で奥さんの尻の谷間を広げて、右手の指で割れ目を確認してから、ペニスの頭を奥さんの秘部に挿入しました。2cmほど入りました。すっかり濡れていました。

私の両手は、奥さんのおっぱいをつかんでいました。揉んでも、嫌がりません。私は、調子に乗ってしまいました。

「大学生になると、半分ぐらい入れるみたいだしね」と言い、今度は半分ぐらいを奥さんの谷間にのめりこませ、ピストン運動を続けました。「これ、エッチじゃないけど、内緒だよね」と奥さんに言いながら、最初から立ちっぱなしの奥さんをゆっくり、床に四つんばいにさせて、挿入を続けました。スカートは頭まで捲り上げられ、お尻は全部見える格好で奥さんは、私のペニスを出し入れさせてくれてました。

最後は、自然、全挿入になりましたが、抵抗はありません。仰向けにして、普通に床の上で交合しあいました。友人の奥さんとのちょっとしたおふざけから怪しい関係になってしまいました。

後悔の念はあるものの、あの時の興奮は忘れられず、その後数回、出張にかこつけてその友人宅にお邪魔しましたが、なかなか二人きりになるチャンスはありませんでした。ようやくチャンスが訪れたのが3ヶ月ほど経ったときでした。小中学生の子供二人は、それぞれ塾とクラブ活動で遅くなり、友人は会社の飲み会で多少遅くなるという日の夕方に訪ねることが出来たのです。

私が訪ねると勿論、奥さんはいつものように明るく歓迎してくれました。が、応接に通され二人きりになるとチョット気まずい雰囲気が流れました。「彼が帰ってくると、直ぐ酒宴になるから先にシャワー借りるね」と、私は風呂場に向かいました。

もともと気兼ねをする間柄ではありません。私は裸になり、バスタオルを腰に巻くと「髭剃りどこにあるの?」と風呂場から奥さんに尋ねました。奥さんがやってきました。

狭い脱衣所です。奥さんは洗面台の上の棚を覗きます。その瞬間に私は思い切ってスカートの上からお尻を揉みました。

「チョット!やだな~」と奥さんは体をずらします。「この前、全部教えなかったから気になってたんだ」と私。「もう直ぐ、子供を迎えに行かないといけないから」と奥さん。

「あと、何分ぐらいで出掛けるの?」と聞くと、「もう直ぐはもう直ぐ」と返ってきました。その会話の合間にも私は奥さんの体を手で触ります。「残り教えるの2分位で済むんだけど」と言うと「残りなんて関係ないでしょ」と、かわしてきます。

けれど、強い抵抗は感じとれなかったので、私はここが攻め時とばかりスカートの中に手を入れました。途端に奥さんは座り込みます。私は彼女に覆いかぶさる格好で「残りが大事なんだ」と彼女の耳元で囁き、左手で彼女の胸を弄ります。

彼女の息遣いが多少荒くなったのが分かります。「2分だからね」と言い、彼女の頭を優しく押さえて、膝をつかせ、お尻を私の方に突き出す格好の四つん這いにさせました。続けてスカートを捲り上げ、彼女の頭に被せます。

私の腰にあったバスタオルはとうに剥れていて真っ裸です。私のペニスは興奮でいきり立っていました。パンティの上から触ると既に相当に秘部は湿ってます。

そのパンティを肛門のところまでずり下ろしました。この前はあんまり観察する余裕はなかったのですが、きれいな菊の形をしています。私は瞬間、考えを変えました。

指を肛門に押し込みます。肛門も何だか潤っていました。「男同士のかりまん教えるね」と言い、「これも2cmだけだね」と言いながらペニスを奥さんの菊の秘穴に挿入しました。

明るい脱衣所での行為なので、私の黒いペニスと薄ピンクの奥さんの秘穴のコントラストがとても艶かしく感じます。「今2cmだけど、あと15cmぐらいどうしようか?」と意地悪な質問をすると「15cmとか分からない!」と返ってきました。私は洗面台の上のポマードを取り、指で奥さんの秘穴に塗りこみました。

そうしてから、ペニスを入れ込みました。にゅっとした感触で、私のペニスは奥さんの秘穴に入っていきました。さんざん肛門での出し入れを楽しませてもらった後、一旦ペニスを抜いて、奥さんを仰向けにし、上着を巻くり上げ、パンティを取って足を大きく開いてもらい、乳首に吸い付きながら、正常位で一気に挿入して、果てるまで続けました。

奥さんはずっと目を閉じたまま、私の腰にしがみついていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。