Sな俺にはたまらない女…パチンコで見つけた人妻と…

ぴゅあらば

パチンコしてて、よく見かける女がいました。

30代前半位かな?

茶髪の長い髪で、派手目の女。

短いスカートを履いてきてムッチリ太ももを晒していたりしてた。

気になってはいたけどなかなか話せずにいたが、隣に彼女が来た時にコーヒーをあげて話し掛け、それからは見かけたりしたら声を掛けて、向こうも話し掛けて来るようになった。

「今日はどう?」

など話したり。

で、先月平日に代休を取って行くと彼女が居ました。

自分が

「あれ?今日は仕事じゃないの?」

と話すと

「土曜に出たから休み取ったの」

と。

「そっちは?」

と聞かれ代休の話をし、隣で打ちました。

お互い程なくして当たり、5箱ちょっとは出したかな?

それからバタリと止まったので俺は換金しましたが彼女は続けてたみたい。

しばらく休んでまた打つ台を探してたら彼女も歩いてた。

「出なさそうだから止めた」

と。

「これからどうするの?」

と聞くと

「暇だから打とうかなと、そっちは?」

と聞かれ

「お腹空いたし止めようかな?」

と話した。

彼女も

「確かにお腹すいたかも」

と話したので食事に誘うと、

「奢ってくれるなら!」

とあっさりOK。

彼女を車に乗せ、食事に行って話したら彼女は人妻だった事が分かった。

旦那と同じ会社に勤めてる様子。

たまにある代休の日と、日曜は来ているのだとか。

子供が帰ってくる前に帰りたいって話になると勿体ないチャンス。

店を出て走り、ホテルに向かう。

「こっちラブホある方だよ?」

と聞かれ

「そっちに行こうかな」

と話したら

「オバサン連れ込まなくても若い娘がいいじゃん?」

と言われ、

「目がおっきいしタイプだから」

話したら

「変わってるね」

と言われたが、ラブホに入り、車を降りて、彼女も部屋に入りました。

「こういう所久しぶりに来るんだけど」

と言う。

座り、タバコを吸う彼女にゆっくり触れても抵抗は無くて、おっぱいを触ると

「あんまりおっきくないよ」

と言われたが、柔らかいおっぱいだった。

 

服の中に入れてみたら

「ちょっと…シャワー浴びたいんだけど」

と言われ、彼女がシャワーを浴び、俺も浴びて上がると、ベッドに寝る彼女の隣に移動。

ゆっくり触っていくと裸でした。

顔を見つめ、キスをしてゆっくり首筋、耳、胸を舐め回して色白な肌を味わいました。

「アンッ!アンッ!」

と可愛めな喘ぎをしていて、あそこは洪水状態。

甘酸っぱい汁が大量に溢れでていて、舐め回してたら、

「フェラしてあげる」

と起き上がり、チロチロ筋を舐め回し、口の中に入れてジュルジュルっと丁寧にしてくれました。

派手な割りにはそんなに上手くなかったので新鮮でした。

そして彼女を寝かせて挿入すると、中は程よい締め付けで、濡れて滑らかに入りました。

ちょっと荒めに体をぶつけるように突くと

「アンッ!アンッ!アンッ!」

と声を上げて、ぐちょってと音が出るくらいに濡れてきた。

「グチョグチョだよ!」

と話すと

「言わないで!」

と言われたが、彼女見た目Sだが、体はM気質な予感。

「ほら!音が出るよ」

と突いて、グチョグチョと音が漏れてきた。

「恥ずかしいよ」

と言うが感じてるし、濡れ方も凄い。

フィニッシュを果たしたくなると、意地悪したくなり

「あ!出したくなってきた!」

と激しくし、

「ア!ヤバイ!出る!」

と話すと

「中はダメだから!」

と言われ、

「大丈夫!大丈夫!」と話すと

「ダメダメ!」

と首を左右に振る彼女。

「我慢出来ない!」

彼女の両手首を押さえつけ、

「駄目~~」

と絶叫する彼女に射精したフリをした。

「出した?」

と聞かれ頷くと

「ちょっと!」

と睨まれたが、

「嘘だよ!イクよ!」

と今度は外に発射した。

横になってたら

「意地悪!」

と言われたが、

「Mみたいだから意地悪しちゃった」

と話すと

「確かにそうかも」

と笑いながら話してた。

見た目と違い気質がMな彼女に聞いたら、

「強引にされてみたい願望はあるかも」

と。

手足を押さえつけられたりが好きみたいだった。

Sな俺にはたまらない女。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。