弓道部の才色兼備な憧れの先輩と部室でエッチ!!

ぴゅあらば

僕は高校時代、部活動は弓道をやってました。

なぜそんな物珍しい部活動に入ったのかというと、ある可愛い1コ上の先輩がいたから。

その先輩(以後A先輩)は可愛いだけでなく、実力もあり、部内の人気No1でした。

A先輩は小柄(150センチ)で、細身の儚げな感じの体つきでしたが、弓を引いている時の凛とした表情と、普段見せる愛くるしい表情のギャップが堪りませんでした。

そして何よりも、袴を帯でギュっと締めた時のウエストのくびれが最高でした。

実を言うと、この学校は弓道では県内有数の強豪校だったので、練習はかなり辛かったです。

A先輩は常に試合に出場するAチームのエースで、雑用ばかりの僕ら1年坊主からすれば雲の上の存在。

僕は一念発起して、

「俺も男子Aチームのエースになって、あの先輩を振り向かせるぜ!!」

と邪念を燃やしました。

今思うと自分でも不思議でしたが、それからの日々は朝6時に弓道場に向かい、HRが始まるまでひたすら自主練習。

昼休みも弁当を3分で済ませてひたすら自主練習。

放課後も夜21時まで練習三昧。

そして僕は努力の甲斐あって、ついにAチームに選出されました。

その頃からA先輩ともよく話すようになり、自主練を一緒にやったり、チーム内の人間関係や学校での他愛もない話で結構仲良くなりましたが、それ以上の関係には発展しそうでしないもどかしい日々が続きました。

それから1年後。

その日の放課後もいつもの様に自主練習を続けていました。

当然、A先輩は練習熱心ですから、僕から少し離れた場所で練習しています。

18時くらいでしょうか。

ポツポツと雨が降ってきました。

次第に雨足は強くなり、いよいよ本降りです。

他の部員は皆慌てて帰り支度をして道場を飛び出し、帰宅の途につきました。

僕が他の部員達が道場を後にするのを見送って、暫しその場でボーっと雨空を眺めていると、

「皆帰っちゃったね」

と可愛い声が僕の後ろから聞こえてきました。

その場で世間話みたいなのを15分くらい続けていました。

話している途中、A先輩は僕の背中を擦りながら、

「○○(僕の名前)の背中凄く固いね」

「あぁ、筋肉の事ですか?広背筋です」

僕は平静を装って答えました。

「いつも頑張って練習してるもん、鍛えられるよね。引き締まってて格好良い」

おぉっ!

これって脈ありか?

「私なんか腕こんなんだよ」

A先輩は半袖の胴着の袖を捲り、綺麗な白い二の腕を出しました。

「触っていいですか?」

そう言いながら僕は思わずその二の腕に触れてしまいました。

プニュプニュと、突きたての餅のように指に吸い付く肌に段々と僕はムラムラしてきました。

A先輩は嫌がりもせず潤んだ目で僕を見つめています。

そのまま5分位無言で経過。

広い道場には屋根を打つ雨の音だけが響いていました。

僕は先輩に今までの想いを伝えるチャンスとみて声を出そうとした瞬間、ほっぺたを真っ赤に染めた先輩が

「○○の事、ずっと好きだった。引退するまでに言わなきゃって思ってたんだけど……」

と電撃告白!

えぇぇぇぇぇ!!まじかよ!!!!!!!!!!!!!

心の中の僕は小さなガッツポーズを100回位してました。

僕は即座に

「ずっと好きだったって、今は好きじゃないって事ですか?」

と意地悪く返答。

先輩は目を潤ませて

「違うよ、今も好きだよ!」

 

もうやられましたね、ハイ。

「僕も先輩の事、ずっと見てました。先輩と仲良くなりたくて、毎日練習してました。こんな風に言ってもらえて、本当に嬉しいです」

そう言って僕は先輩を抱き締めました。

先輩は感極まって泣き出してしまいました。

小さく肩を震わせながら僕の体を強く抱いていました。

ちょっと状況描写から離れますが、この時の自分の感覚は不思議でした。

頭は熱でやられたみたいにポーッと半ばのぼせているのに、自分の気持ちは上手く言葉になって出てくるんですね。

キスに持ち込んで、道場から少し離れた部室に連れ込もうとか、脳内の作戦本部には刻々と情報が集まってきて、次々に分析をかけて判断を下しているんですね。

いやあ、人間ってすばらしい!笑

で、作戦本部の命令は

『部室で召し上がれ』

僕は先輩に

「部室に戻りましょう」

先輩は黙ったままコクンと頷くと、僕は先輩の小さな手を取って部室に走りました。

道場から部室までは結構距離があって(30メートルくらい)、走っても結構雨で濡れました。

また先輩の綺麗な茶色の髪が良い具合に濡れてるんだなー、これが。

部室の中に入ってドアの内側の鍵を閉め、僕はもう一度先輩を抱きしめてキスをしました。

と言っても僕の身長は184センチ、先輩は150センチ。

結構キツいんですこれが。

僕は少し身を屈めて、先輩は少し爪先立ち、はああ、可愛いよお。

先輩の小さな唇は適度に湿っていて、良い香りがしました。

唇をなぞったり、ポンポンと軽く唇で叩いたり。

そして舌を入れていくと、先輩が

「ふぁああー」

と湿った吐息を出しました。

ほっぺたが紅潮しています先輩は小さな舌で一生懸命僕の唇を愛撫してくれました。

そして一度お互いに目を合わせて唇を離すと、お互いの舌、唇からだらしない糸がタラーリ。

やがて糸は切れて先輩の胴着の胸の辺りにピトッと張り付きました。

僕は先輩の袴を脱がせに掛かります。

シュルシュル、帯や紐の解ける音ってこんなにエロいもんかと思いました。

そして胴着を脱がせると、上下パステルブルーの可愛い下着を着けている姿が!

ブラには小ぶりな胸が遠慮がちに収まっています。

僕が胸に手を伸ばそうとした瞬間、先輩が

「○○も胴着脱いで。恥ずかしいから」

と一言。

僕は

「じゃあ、脱がせてください」

先輩はさらに真っ赤になりながらも拙い手つきで僕の胴着と袴を脱がしました。

その時には既に僕のアソコは痛いほど張り詰めていて、トランクスのテントを張っていました。

僕は堪えきれなくなり、先輩のブラを捲り上げて胸を揉みしだき始めました。

先輩の小ぶりな胸に、さらに可愛いピンク色の乳首が申し訳なさそうに乗っかってます。

乳首を舌で優しく愛撫し、甘噛みすると

「あぅん…」

と小動物のような鳴き声。

だんだんと吐息が荒くなっていきました。

そしてまたキスをしながら今度はパンティーを脱がし、指に触れたのは、薄くてやわらかな陰毛。

陰毛を指に絡めて軽く引っ張ったりしながら割れ目の方に指を当てると、

「ん….うぁん….ダメ…..恥ずかしいよぉ」

先輩のアソコはもう入り口の方までシットリと濡れていました。

中指をゆっくり中に入れていくと、先輩は僕の肩にしがみついて快感に悶えています。

やがて先輩のアソコにあるお豆さんがプックリと膨らんでいます。

舌を這わせて摘み取るようになぞると、

「あぁぁぁぁぁ!もうダメだよ……。気持ちいい………」

そして僕は椅子に座り、トランクスを脱ぎました。

そして先輩に

「おちんちん、舐めてもらってもいいですか?」

と頼むと、先輩はまたコクンと頷き、床に膝をついて僕のアソコを口に咥えました。

「そうそう、先っぽの割れ目のところ舐めてください…」

「こふ?(こう?)」

「口すぼめて吸って」

「ふぁい。(はい)」

小さな顔についた小さな唇で、頬を窄めて一所懸命に舐めていました。

憧れの先輩が僕のアソコを舐めている………。

こんな事ってあっても良いのか?

そんな事を考えていたら僕は堪らずイキそうになり、先輩の口からブツを抜いたのですが、間に合わずに発射してしまいました……。

先輩の顔に掛かったばかりか、先輩の脱いだ袴にも掛かってしまいました。

(袴に掛かった精液は行為が全て終わった後に拭き取ったので全然落ちず、先輩の話では次の日に他の女子の先輩に「なにこの汚れ?」と詰問されたそうですw)

それはともかく、外は雨が降って寒いし、当然、室内の温度も低い。

先輩が

「寒いね」

と言ったので僕は

「暖め合いましょう」

と返しました。

先輩は口篭もりながら

「初めてだけど、いい?」

僕「全然平気。優しくする」

とフォロー。

先輩「でも赤ちゃんが出来ないか心配…?」

僕「大丈夫ですよ、ゴム持ってますから!」

先輩「何で持ってるの(笑)」

部室にあったトレーニング用のマットを敷いて正常位で開始。

入れる瞬間、先輩の顔は強張ってたけど、僕が耳元で

「大丈夫ですよ」

と囁き、優しくキスをしてリラックスさせて、どんどん奥へと挿入。

先輩「痛い…けど我慢する…」

僕「◯◯先輩!大好きです!」

先輩の中のヒダというヒダが僕のアソコにまとわりついてきました。

感度も締まりも凄くよく、気を抜いたらいってしまいそうでした。!

ピストンを徐々に早めていくと、先輩の目は痛みからか涙目になりながらもどこか優しいような表情をしていて、

「○○好きい!○○!○○!」

と何度も言っていました。

舌を激しく絡めてお互いの体を貪り合いました。

そしていよいよフィニッシュ…かと思ったらなんと学校駐在の巡回警備員がこちらの弓道場と部室の見回りに来たのです。

そんな事とは全く気付いていない先輩。

僕は

「シーッ」

と指でジェスチャー。

警備員「誰か残ってる人いますー?」

僕「はーい、今帰り支度をしているところです」

正常位で結合したまま普通に会話を他人とするなんて妙な話ですが………。

 

警備員「もう遅いから早く帰ってねー。戸締りもきちんとねー」

僕「は、はい」

警備員が去ってお互い目を合わせて

「ドキドキしたね」

などと言いつつ、再び燃え上がりました。

この後、僕と先輩は部内では秘密にしてお付き合いを始めました。

一応、僕らの高校は県NO4くらいの進学校だったので、僕も先輩も(別々ですが)大学に行きました。

僕は現在某大学院に在籍中で、先輩はOLさんです。

ちなみに先輩(彼女)は今僕の後ろのベッドで幸せそうに眠ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。