最近のJKのセックスポテンシャルの高さに脱帽した体験

30代のはじめころ、女子高生と1年ほど関係をもったことがあります。彼女の名前はミキといって、知り合った当時は高2だったと思います。ミキという子は本当にセックスが大好きな子でした。「高校生二人が飲み会したがっているので来ませんか?」誘ってくれたのはクラブでDJをやっている後輩Aでした。一度でいいから現役の女子〇生とセックスしてみたいと思っていた私は出会いを求めてもちろん参加することにしました。

そのAも年齢は私とおなじくらいだったのですが、Aいわくその女子〇生2人はどちらもかなり「ヤル気」らしく、うち一人とはもうヤってしまったとのこと。その子の友達が「お金もってる年上の彼氏大募集中」だというのです。内心、「そんなうまい話あるわけない」と思っていましたが当日参加して本当に驚きました。最近の女子〇生のなかにはほんとうにありえないくらい積極的な子がいるんですね……。飲み会はAの知り合いの店の個室で行われました。

当日私は仕事の関係で少し時間に遅れて参加したのですが、店に着いたときはもう女の子のうちの一人がAにあからさまにしなだれかかっているような状態でした。「お仕事おつかれさまですう!……ビールでいいですかあ?」そう聞いてきたのが、私のために空いている席の隣にいたミキ。はっきりいって、モロにタイプでした。背が高くてちょっと生意気そうなタイプ。目元がきりっとしていかにもセックスで乱れそうな早熟な色香がありました。しかもパンストの似合うなかなかの美脚で、私はチラ見しながら思わずゴクッと生唾を飲み込んだものです。あとで聞いたのですが、ミキはこの時点で私の粘りつくような視線に気づき、妄想をふくらませて興奮していたようです。

まだ午後8時くらいだったと思いますが、私が席に着いたときには3人はすでにアルコールが回っていて話題は思いきり下ネタになっていました。「ねえ、やっぱり30代の男のセックスってネットリ変態系ってかんじなの?」Aにしなだれかかっていたノリコという子がいかにも興味深々という眼で聞いてきました。「俺はわりとノーマルだけどなあ……」などとAが返答すると「つまんなーい!」と不評でした。

私自身は思いっきりネットリ変態系なので、Aから話題をふられて正直にカミングアウトするとその場が一気に盛り上がりました。「わたしはねー、フェラしててそのまま口の中で出されるとすっごい興奮するう!」そう言うノリコちゃんのテンションにつられたのか、ミキも話題に積極的でした。「わたしはいろんなとこ舐められるのが超興奮するう……。でも男ってあんま舐めてくれないんだよねー」もうこのミキの発言を聞いた時点で、私は完全に勃起していました。それから先は完全に女子〇生二人のペースでした。あからさまにAとノリコちゃんがいちゃつき始め、それを合図のようにしてミキもキスができるほどの距離にぴったりと密着してきました。

「はい……あーんして……あン……こぼれちゃうから早くう……」甘えっぽく囁きながらデザートのアイスを指ではさんで食べさせようとするミキ。その媚をふくんだ目はあきらかに私を誘っていました。目の前ではAとノリコちゃんがディープキスの真っ最中です。私は思い切ってミキの指についたアイスを、いやらしく舌をからませて舐めとりました。「……やンッ……!!」ゾクッとからだを跳ね上げさせて敏感に反応するミキの媚態に、私の理性が完全に吹き飛びました。肩を抱き寄せてパンストにつつまれた太股を撫でまわすとミキは嫌がるどころか甘えっぽい吐息をもらしながら私の手を太股ではさみつけてきました。

「……あン……触りかたエロいよお……」女子〇生を食うどころか大人の男ふたりが女子〇生におもちゃにされている、そんな雰囲気すらありました。

その夜はさすがにそれ以上のことは起こらず、11時前には二人とも電車で帰宅しましたが、ミキも私と関係をもつことを決めたようでした。「ウチらふたりともセックスだいすきだから……そのかわり満足させてよね!」そのあまりの積極的な態度に私もAも逆にプレッシャーを感じたほどでした。二人が帰ったあとAと飲み直しながら「最近の〇校生はスゲーな!」と呆れたのを覚えています。その週末の土曜にさっそくミキとデートの約束をしました。

制服で来て欲しいとリクエストするとミキは私の変態性欲を妄想して興奮したようで、(いま授業中なんだケド……想像したら濡れてきちゃったよお……)とメールを返してきました。私はもう、土曜が来るのが待ちきれませんでした。電話で話したところによるとミキには違う高校の彼氏がいるのですが、サッカーに夢中でセックスにはそうとう淡白な性格らしく「フェラさせられて入れられるだけ。ぜんぜん物足りない。」ということでした。

友達のノリコちゃんも似たような状況だったため、SNSで大人の男をつかまえて満足させてもらおうということになったらしいのです。凄い話ですがミキいわく「肉食系女子」のあいだではよくあるとのことでした。今でもそうなのかはよくわかりませんが……。デート当日の土曜日、ミキは私のリクエストに応えて制服で現れました。白いシャツにグレーのミニスカ、紺のハイソックスが映えてピチピチの太股が誘うようにチラついています。「もうッ!……目つきが超エロいんだけどお!」言いながらミキもノリノリの様子です。

私はもう、完全に色ボケ状態でした。そのまま手をつなぎながら映画館に入ったのですが、映画がはじまって30分もたたないうちにミキのほうから「ねえ、チューして……」と暗がりで甘えっぽくキスをもとめてきました。あの時は本当に面食らいましたが、もうこうなったらミキのペースに乗ってしまうしかないと思いました。1×歳の甘い唾液の香りに酔いしれながら、私はもうビンビンに勃起していました。「……うふンッ……もう勃ってんじゃん……ねえ、この映画つまんなくない?……もうさあ……映画とかいいからあ……部屋でキモチいいコトしようよ……」チュッチュッとキスされながら甘えっぽく囁かれて断れるはずがありません。私とミキは映画館を出ると、そのままタクシーで私の部屋に向かいました。

タクシーのなかでお互いの指をからませあいながら見つめあい、私とミキはもう完全に発情していました。部屋に入るなり、私とミキはお互いの息をぶつけあうようにキスをくりかえしました。「……ああミキ……はじめて見たときから……たまんなかったよ……」「……ああンッ……わたしも……超会いたかった……」ねっとりと舌を絡ませながら甘い唾液を味わったあと、ミキを壁にむかって手をつかせてうしろから痴漢するようにミニスカのなかの太股に指を這わせました。「……はああンッ!!」軽く指先が触れただけで、ミキは電流が走ったように腰をビクンッと跳ねあげさせて敏感に反応しました。

その甘い媚声を聞いただけでもう先走りの精液がもれそうになるほどでした。「……こういうふうに痴漢すること想像してたよ……」「……ああン……超エロいよお……勝手に腰が動いちゃう……」指が太股のうえを這いまわるたびにミキは甘えっぽく腰をくねらせます。私はもう、早熟な1×歳の色香の虜でした。私より頭ひとつ分ほど背が高いミキのからだにうしろから抱きつくようにして、制服にこもった女子〇生特有の甘酸っぱい匂いに陶然となりながらスカートのなかに顔をもぐりこませていきました。

「……いやあンッ……お尻だめえッ!!」パールピンクのパンティのうえからお尻に鼻先をうずめていくとミキは身をよじって逃げようとします。こちらを向いたところを両手首をつかまえて壁に押しつけ、太股の奥の濃厚な匂いをパンティのうえから楽しみました。パンティのうえから、あそこをねっとりと舐めあげていきます。「……はああううンッ……!」腰からガクンッとちからが抜けるように、ミキは床のうえに尻もちをついていきました。いままで色んな女性とセックスしてきましたが、あれほどからだが敏感な子も珍しいと思います。

「舐められるのが興奮する」と言っていたのは本当にその通りで、私が匂いフェチで舐めフェチだということがわかった途端、ミキはたまらなく興奮したようでした。紺のハイソックスだけを残してすべての衣服を脱がされ、2時間近くものあいだ、身体の隅々を舐めまわされ撫でまわされるうちに、ミキは全身に鳥肌をたたせて感じまくっていました。あのプルンッと音をたてそうな果実のようなバスト。なんともいえない甘い匂いのする吸いつくような若い肌。思い出しただけで涎が出てきます。中年男の変態性欲を丸出しにしてしゃぶりついていくと、ミキは早熟なからだをもてあますかのように悩ましく身をくねらせて応えました。

「……はああンンッ……からだがとけるう……!!」うしろからお尻の穴に舌を入れてやるとミキはいやらしく腰を上下にふりたてて部屋中に響くほどの甘い悲鳴をあげました。いちばん敏感なクリだけは最後まで焦らしに焦らされ、ミキはもうたまらない声を洩らしていました。そのあと、クリを丹念にねぶられまくって何回いったか覚えていませんが、気がついたときには私とミキは舌をからませあいながらお互いの粘膜をこすりあわせていました。

「……ねえ……ゴムなんていいから早くう……」ゴムなどつける余裕がないほどミキも私も発情しきっていました。ミキは自分でもそうとうセックスが好きだと言っていましたが、私の精力には驚いていました。もちろん女の子によって私も淡白になることもあるのですが、ミキとは特に体の相性がいいのか硬さといい角度といい勃起のはげしさがいつもとは比べものになりませんでした。また、この機会を逃したら次はないかもしれないという思いがより一層精力をかきたてていたと思います。

ミキは私が下品に責めれば責めるほど興奮するようでした。とくにうしろから犯しながら思いきり歯を立てて肩を咬んでやると泣くような声を洩らしながら昇りつめていきました。「……ねえ……どうしてそんなにすごいの?……ケダモノだよお……マジでおかしくなりそうなんだけど……」とろけるような声でキスをねだるミキに私は最高の気分でした。結局そのまま夜になるまでベッドのうえで絡み合い、気がついたらミキは家に帰れなくなって電話で親にさんざん怒られていました。ハメ狂う、とはまさにあのことを言うのでしょう。次の日は朝から晩までカーテンを閉め切って部屋に籠ってしていました。

「今まででいちばん興奮した。もうふつうのセックスはできないと思う」というミキの言葉は嬉しかったのですが、さすがに1×歳の体力はすごいなと思ったものです。今頃はどういう女になっているか。今度は逆に年下の男を食っているかもです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。