メーカーのブス社員が生意気にも誘ってきやがったから中出ししたった!

そのまま何事もなく俺は、学校を卒業して無事就職。東京に配属になって新しい彼女も出来て、まぁまぁ幸せだった。そんな時に、メーカーブスから電話が入り、会社の用事で東京に出張に行くので逢えないかと電話があった。まぁ言われた日に用事は無く、久しぶりなので「いいよ」と返事をして逢う事にした。夕方5時にメーカーブスに逢って、居酒屋へお互い久しぶりに逢って懐かしんだ。その勢いで相当飲んで、続きは家で飲もうと俺の部屋へ連れて行き飲んでるとメーカーブスが、「ホテルの門限に間に合わない」と言い出した。ビジネスホテルに門限があるとは思わなかったが、「じゃぁ泊まっていけば」と何の考えも無く言ってしまった。よく考えると、男の家に女を泊める事ってマズイと思ったが、内心門限があるし俺がその気にならなければ問題ない事だし大丈夫大丈夫と思い、二人で飲んでた。よく見ると黒のミニタイトに胸の開いた黒のジャケット白のブラウスにブラが透けて見えてた。巨乳ではないが、そこそこ盛り上がった胸にミニスカから出た太股と奥に見える白い下着。12時を回り、「よかったらお風呂はいれば?」と声をかけると「ありがとう、でも着替え持ってきてないし」「じゃぁ今からどっか買いに行こうか」と部屋を出て下着を買いに出た。コンビニかドンキかどっかあるだろ部屋を出て近くのコンビニへ行くと男性用はあるが女性用は無かった。しょうがなくドンキに行くとエロい下着に盛り上がってしまった。色々店内を物色しているとアダルトのコーナーが目に入り酔った勢いもあり二人ではいると、中にいた客がそそくさと出て行ってしまった。悪かったなぁと思いながらも、大人のおもちゃに盛り上がり、勢いついでに手ごろなのを買ってしまった。そのまま二人盛り上がり部屋へ帰って、メーカーブスは風呂へ入る時「背中洗ってあげるよ」とメーカーブスが入る時強引に風呂に入ろうとすると「電気消して」と言われ、「見えないじゃん」といいながらもしょうがないなぁと思いながら、服を脱ぎ一緒に風呂に入ることになった。洗い場で背中を洗いながら、後ろから泡をたくさんつけて逆ソープで胸やお尻、足を手のひらタオルあらいまくると、身悶えるメーカーブス体をくねらせ悶え声を上げる暗い風呂場が、余計興奮してお互い向き合い体を重ねあった。泡を流し合い風呂からあがり、ドンキで買ったエロ下着を穿かせて、二人で寝室へ張りのいい胸と筋肉質の太股首筋から胸上半身から下半身へと舌を這わせると「ダメ、彼女に悪いよ」言葉を無視して股間を押さえた両手を無理やりはがして股間に顔を埋め舌で陰毛を掻き分けマムコの筋を舐め回しクリを舌で転がすと、声を上げるとマムコから蜜が溢れ流れた。彼女にでも使おうと思ってた。買ったばかりのおもちゃを使用。メーカーブスは、おもちゃに気づいたのか、「あっ!それ」言うや濡れたマムコにゆっくり挿入「あっん、ぁっんダメ」奥へと突っ込みスイッチON子宮を刺激しながらマムコの中を掻き回すおもちゃ「あっダメ、感じちゃう、逝っちゃうよぉダメ出ちゃう」胸をしゃぶりながら一気におもちゃで高速ピストン運動、体を反り返しマムコから大量の蜜が流れ出て他と思うと一気に果てた。果てたメーカーブスは、「お願い、おもちゃで逝くのは嫌」逝っておいて何を言うやらと思いながらも、「何?何がいいの?」「嫌、そんな事言わせないで、もぉ」と言いながら俺のチムポを力強く握って来てた。ヒクヒク蠢くマムコをしゃぶると「ダメ、今すごく敏感になっちゃってるの、すぐ逝っちゃいそう」一気にイチモツを挿入、声を上げると同時にピストン運動感じて体にしがみついてくるメーカーブスが背中に爪を立ててきて首筋に吸い付いてきてキスマークをつけようとしてきたので、乳房にしゃぶりつき乳首を甘噛みで対抗、感じて我慢出来ずに首筋から離れるブス奥へ突っ込むと子宮に当たるたび、声を上げ「いい、すごいのあぁぁ当たってるのそぉもっと突いて、もっと突いて欲しいの、そぉいいの」一気に中田氏フィニッシュ、子宮口にザー汁をぶっ掛けてしまった。絞まりの良さに我慢できずに中に出してしまった。内心やばいなと思いながらも、そう簡単に出来るわけないさと軽く考えてた。翌朝、メーカーブスはホテルへ帰り身支度後会社へ、俺は仕事へ出かけ、一度メールをして以来逢う事も連絡する事も無かった。その後、出来たとも何も連絡が来ない事を考えると、運良く出来なかったんだろうなと思い、それ以後メーカーブスのことを考える事は無かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。