22歳の派遣OLが俺に惚れているのをいいことに…調教しまくって性奴隷にしてます!

会社で僕に惚れてる子をおもちゃにしてるってのはあり?僕は営業所のセールスやってるんだけど、そこの内勤の派遣の子に告られた。名前はまいで、歳は22歳で色白、すごく細くて髪が長い。

女優の吉高由里子ってのに似てるらしい。でも腕とかホント細くて、そこが僕にはダメだった。好きな人にはいいんだろうけど。

告られたはいいけど、彼女いたし普通に断った。色白髪長細身の時点でヤバいとは思ったんだけど、やっぱりしつこく付きまとった。僕の帰りを待ってるし、弁当とか作ってくるし。

女子にはちょっと距離置かれてるし、男どもも事情は知ってたんで僕がハブられたりは無かった。でもだんだん調子にのってきて社内で彼女ヅラしだしたんで、彼女いるし付き合うつもりないし、と釘をさしたんだが全然懲りない。なんで、同僚とまいと3人で外食に行ったときに彼女を呼んだ。

彼女が着くタイミングでトイレに立ち、彼女が席についたのを同僚にメールしてもらって彼女の席に戻った。彼女には今来たことにした。僕はわざと彼女とイチャついた。いつもと違う僕にちょっと怪訝な様子だったけど、僕からイチャつかれるのはうれしかったみたいで、機嫌もよくなってきた。同僚の席を見ると通夜のようだった。

まいはうつむいて動かない。ちょっと酷かな、とは思ったけどメンヘラ一歩手前の子には荒療治のほうがいいかな、とそのときは思ってた。大きな間違いだった。

まいは余計に僕にかまってくるようになり、周囲の業務に支障をきたすほどになってきた。まいは女子からは完全にハブられ、まぁまぁかわいかったので男どもの人気もあったのに、誰も仕事以外で話かけようとしなくなった。ある日マンションに帰るとオートロックの入り口の前でまいが待ってた。

さすがにキレそうになって声を荒げると逆に大声で泣きわめきだした。さすがにマズいんでまいを連れてファミレスへ。そこで彼女がいること、彼女がいなくてもまいとは付き合えない、というのを懇々と訴えたが全く聞く耳持たない。

「私のほうが彼女よりもあなたを好き」「私のほうが一緒にいる時間が長い」「あなたと私なら絶対幸せになる」という本当によく聞くセリフを泣きながら訴え続けた。正直本当にウザくて、明日休みでまだマシだったよなぁ・・・とふと、まいを見ると当然だが号泣顔でエグエグ言ってる。正直、グッときた。

僕泣き顔が好きなんだよね。泣くのをガマンしてる顔とか、イラマチオんときの涙目赤ら顔とか。今まであまり観察したことなかったまいをじっくり見てみた。肌が白いから泣いてると首筋が真っ赤になるのな。

その日も僕を誘惑しようとしたのか胸元の開いたキャミ着てて、ブラとか普通に見えてて、僕は貧乳に興味ないんで全然気にしてなかったんだけど、急にムラムラときた。突然僕が見だしたんで、まいがきょとんとした顔をしてた。僕「お前さぁ」

ちょっとかわいいと思った。まい「・・・はい?・・・」僕「なんでも言うこと聞く?」

まい「なんでも・・・ですか・・・?」食ってもいいかな、と思った。僕「セフレになんない?いや、セフレよりも低いや。セックスだけの相手。ダッチワイフみたいな。」

まいはしばらく呆けて、意味を頭で理解したのか顔がクシャクシャになって口が「д」になった。僕「彼女としょっちゅうセックスしてるわけじゃないしさ、たまに抜きたいときあるわけ。そんときにお前つかってさ。」まいは自分に言われてることがショックなのか、目を見開いたまま大粒の涙をボロボロ流した。

僕「別にイヤならいいよ。お前、今の会社の自分の立場わかってんだろ?僕が部長にちゃんと言えば、派遣のお前はすぐクビだよ?」僕は彼女の前に置かれた、彼女が自分で入れてきてほとんど飲んでないフリードリンクの、泡の抜けたコーラのストローを持って、コーラのしずくをまいの胸元に飛ばして遊んでた。僕「僕もぶっちゃけもうすぐ引っ越して彼女と住むしさ、クビになったらもう僕とも会えないよね。」

まいはひたすらしゃくりあげてた。きっと今まで言われたことのない侮辱と戦ってるんだろう。僕「僕の言うとおりになんでも聞くなら、お前を性欲処理になら使ってやってもいい。」会社の子に「お前」なんて言ったのは初めてだ。

僕「僕と会えなくなるか、僕のいいようにやられるか」僕はストローにコーラの雫をためてまいの顔へピッピッととばした。まいはしゃくりあげながら真っ赤な顔で僕を見ていた。

僕「どっちがいい?来るならついてこいよ。」僕はまいを置き去りにファミレスを出た。今までにないくらいゾクゾクと興奮してた。

僕が小学生の頃、近くに小さな地蔵があった。そこで律儀にお参りしてたら、「うちの地蔵に勝手にお参りせんとって」と幼稚園か小1くらいの子に言われた。僕はムカついた。

とても近所の子だったので、その子が一人のときを見かけると別の子と一緒になってイジメた。スカートをめくったり、髪を引っ張ったり、泣くまでイジメた。僕はその子をイジメるのが好きだった。

その子をイジメるとムズムズと気持ちよさが体を走っていたから。今ならそれが何故かわかる。自分の中で眠ってたSっ気が小学生んときに既にあったこと、そのことをこの歳になるまで忘れてたことを思って、車の中で一人で笑ってた。

しばらくしてまいが助手席に乗ってきた。まいは車の中で一言もしゃべらず、ずっと肩を震わせてた。僕は上機嫌になり早めに身を引いてれば普通の友だちくらいにはなれたかも、とか、会社の中では一番かわいいと思ってた、しつこくされるまでは、とか、わざとまいを追い詰める、ネチネチとした嫌味を言った。

そして街灯も無くなっていく林道を通り、ドライブウェイを走って山奥へ向かう。さすがに不安そうな顔で僕を見てきたが、僕はわざと黙って不安を煽った。山頂に着き車を止め黙って歩いていく。

「あの・・・」とか消えそうな声で話しかけてくるが無視する。やがて夜景スポットへ出てきた。そこは僕の秘密の場所で、その夜景の綺麗さにまいも感動してた。

少し期待した顔でまいが僕を見たとき、僕は満面の笑みで言った。「僕はここで彼女と将来結婚しようと言ったんだ。」まいは軽い笑顔のまま、すぅっと倒れそうになった。

僕はまいを抱きかかえて更に言った。ここで指輪を渡したこと、優しく抱きしめたこと、何度もキスしたこと。まいは耳を押さえようとしたが、手を押さえつけて泣き叫ぶまいの耳元で彼女との甘い日々を話してやった。

うつむいたまいの顔から、涙やら鼻水やら唾液やらが垂れていった。僕はまいの髪をつかんで、木の生えている林になっているところへ連れていき投げとばすと、ズボンとパンツを脱いでチンポをまいの眼前につきだした。自分でもガチガチに固くなってるのがわかった。

僕「しゃぶれよ。何しについてきたと思ってんの?」まいは地面に突っ伏して泣き出した。僕は笑ってたと思う。

まいの髪をつかんで顔をひきあげ、頬をつかんで口をおちょぼ口にした。号泣した顔で変な顔にさせるのにひどく興奮した。鼻フックに興奮気持ちはこういうのか、とか思った。

僕「イヤ?」まいは僕の目を見て泣き出した。子どもみたいに声をあげて泣いた。僕は手を離し、ズボンを履き、優しく頭を撫でて「さよなら」

と笑顔で言うと足早に車に向かった。まいは「え」とはっきり言うと、僕のしばらくあとをついてきた。僕は車に乗り、すばやくロックをかける。

まいがわめきながらドアや窓を叩いてる。映画みたいだぁーと思いながら車を発進させるとまいは手を振り回してギャーギャー叫びながら追いかけてきた。彼女なりにオシャレしてきたんだろうな。ヒールはいてたのも忘れて豪快に転んで、ヒールの紐が千切れたのか、足元がよくわかんなかったけど普通に全力で走ってきた。短いスカートもまくりあがって太ももとか丸見えだった。

僕はおかしいのと興奮とで楽しくてしょうがなかった。結構長い時間に感じたけど時間にして1分ほど車を走らせる。車を止めると、追いついてきて車のドアをガチャガチャと狂ったように開けようとする。

人間必死なときはこんな雰囲気になるんだぁ、と思いながら車を降りると走ってしがみついてきた。まい「ごべんなざい!ごべんなざい!ごべんなざいぃぃぃ!!」と絶叫に近い声で僕にしがみついてきた。

僕は誰か来たらイヤだなぁと思いながら、できるだけ優しい顔で「ちゃんと言うこと聞く?」と聞いたら、言いきる前に首をブンブンと振った。僕は車のキーを抜いて施錠すると、車の陰になるところへまいを連れて行き、またズボンを脱いだ。

僕「ほら、これが見たかったんだろ?」とチンポを出した。まいはその間もずっとぼくから目を離さなかった。

髪もぐしゃぐしゃで貞子みたいで気味悪いな、と思ったけど興奮と愉快さのほうが勝ってた。貞子、いやまいwは僕から目を離さず、チンポを見ずに口に含んだ。まいはいつ僕が置いていくのか怖かったんだろうけど、僕の目を見たままチンポをしゃぶったのには正直興奮した。

恐怖からか余裕はなく単調なフェラだったから退屈になってきて、僕「イラマチオって知ってる?」と満面の笑みで言うと不安そうな表情に変わった。でもチンポは離さなかった。僕「チンポ噛んだら前歯折って置き去りにするよ?いい?」

と笑顔で言うと、チンポを咥えながら小刻みにうなずいた。僕が両手で頭をつかむと、何をされるのかは感づいたらしい。咥える力が緩まった。僕はまいの頭を思いっきり振った。まいはガマンしていたが、「おごっ!うげっ!」と声を出した。僕はより興奮して喉の奥をつくように頭を調節した。「ごぼごっ!ごぼがっ!」とあわ立つような声をあげたが気にせず頭を振り続ける。口の中から低い嘔吐音のようなものが聞こえるけど、チンポのすべりがよくなって気持ちいいだけなので気にしなかった。

しばらく続け、チンポを抜くと後ろを向いて思いっきり「ごおおぉぉ!、ごぼおぉぉ!」みたいな「音」を出してた。多分、普通に吐いてたかも。でも暗いから気にならなかった。上半身後ろを向いてちょうどよかったので、そのまま頭をつかんで車の屋根の方へ持っていき、スカートがめくれて丸見えだったパンツをパンストごと膝の辺りまで下ろした。まいが何か言ってたかもしれないけど、気にせず尻を広げて挿入した。まいはずっと車の屋根にうつぶせになるように僕の動きに揺られてた。

あまり声は出さなかった。痩せてるだけあって、尻肉のボリュームもイマイチだったけど背骨が浮き上がるような細身に尻だけに肉がついてる感じが妙にエロくて興奮した。僕「声出せよ、入れてもらってうれしくないのかよ」

と言うと、「う~、う~」とあえぎ声なのかうめき声なのかわからん声をあげた。イラっときて「気持ちいいって言えよブス!置いてくぞ!」と言うと「気持ちいい!あぁっ!気持ちいいっ!!」と声をあげた。そっからは、しゃくりあげてんのか呼吸困難なんかわからん高い声を上げつづけてた。僕も限界が近づいてきて、黙って出すか、中出しすると告げて出すかどっちがいいのか悩んで、僕「中に出すぞ!」

と叫んでガンガン腰を振った。まいは「ダメダメダメダメダメダメ!!」と叫んだが無視して中へ思いっきり出した。僕が出している間、「あーーー!」と声を出してたけど、出し切って抜くと「わああぁぁん!!!」と声を上げて泣きだした。

うっとおしかったんで頭をつかんで振り向かせ、顔をひっぱたいて「キレイにしろ!置いてくぞ!」と言うとエグエグしゃくりあげながらチンポしゃぶってた。僕のをしゃぶり終わったあと、まいは地面にしゃがみこんで泣いてた。そんなまいを見て僕はもっと興奮して、まだまだイケる、と思った。

しばらく泣いてる姿を眺めたあと、「じゃぁ帰ろうか」と声をかけるとバッと顔をあげた。また置いてかれるんじゃないかと思ったんだろうな。楽しくてしょうがない。僕は新しいのを買ってあげるから、とキャミをやぶいた。さすがに「いやーー!!」と声をあげたけど、さっきから車も通らないし調子にのってスカートも引っ張って脱がせて足で踏みつけて林の奥へ放り投げた。下着姿で丸まってガチガチ震えてるまいに「一緒に帰ろう」と優しく声をかけ、両肩を抱いて先に車に乗せる。

僕が乗り込むときにまいを見ると、さっきまでは暗くてよくわからなかったけど、白い体はあちこち赤くはれたようになってて、服はボロボロで本当にレイプされたみたいだなぁ・・・と思うと興奮してきた。家まで送るからというと軽くうなづき、黙って胸とパンツを隠して助手席で小さくなってる。途中でコンビニに寄り、「ここで待ってるんだよ」と優しく声をかけるとそこで初めて上着をかけてあげる。

ぬる目のお湯を入れたインスタントのスープを持ってきてあげると、うつむいて泣きだすので黙って頭を優しくなでてやる。上着をかけたまままいの家に向かう途中、少し優しくしたら安心したのか助手席で寝息を立てだした。まいの家に着いてまいを起こす。

まい「家知ってくれてたんですね」と久しぶりに普通に声を聞く。なんとなく自分に都合のいいように解釈してるようだけど、何かあったときのために女子の同僚から聞いといただけ、というのは当然言わず、黙って近くのパーキングに車を止める。

「え?え?」となっているまいの両肩を抱いてまいのマンションへ入る。「あ、あの・・・」というまいを無視してまいの部屋の前まで来る。僕「今日は泊まっていくから」

というとまた勘違いしてるのか顔を赤らめてうつむいた。そのリアクションにちょっとイラっとしたので、扉のカギを開けたときに上着を剥ぎ取った。まい「え?ちょ!?あ!?」

まいを扉から引き離し、上着とまいのカバンを持って中に入りカギをかけた。扉の向こうでは汚れた下着姿の狼狽したまいがいる。扉をコツコツと叩く音が聞こえる。扉の向こうで声をあげているかどうかは、マンションの扉ごしではわからない。

カギはまいが持ってるはずなんだが、パニクってるのかカギノブは回らない。しばらくして扉を開けると、扉にまいがぶつかった。扉のすぐ後ろで丸くなってしゃがみこんでいたようだ。

扉にはじかれる格好でまいは足を広げて転んだ。下着のマンコの部分がが汚れているのがわかる。今までは暗くてわからなかったが、山で漏らしたのかもしれなかった。まい「う・・・うぁ・・・あ・・・」

泣き出しそうなまいを玄関に引きずり込む。玄関で四つんばになったまいの汚れた下着を膝まで下ろし、その場で挿入した。まい「あ・・・!い・・・いた・・・いたいぃ・・・」

痛いというわりにまいのマンコはそこそこ濡れていた。もしかしたら表でも漏らしたのかもしれないが、そんなことはどうでもよかった。まい「あ・・・んん・・・あ・・・」さっきとは違って艶っぽい声を出すようになってきたが、指をかんで声を出さないようにしているようだった。

ワンルームマンションだし、声を聞かれるのを気にしてることに気づき、両手を後ろに組ませて、その手首を両手で押さえた。上半身を肩と頭で支えて、腕は後ろに組ませてバックでやってるさまはまるで犯してるようで(てか犯してるんだがw)余計に興奮してきた。僕「お前のマンコ締まり悪ィなぁ!もっとケツの穴に力入れろよ!」

とわざと大きい声を出した。瞬間、キュっとマンコが締まった。もともとめちゃくちゃ締りがいいわけでもないけど、悪いわけでもなく、生でやってるせいかもだけど肉のヌルヌル感は気持ちよかったから、いいマンコなんだけど、壁の薄さを気にするまいをイジメるためにわざと大声を出してやった。まい「やめっ・・・はぁっ・・・やめ・・・て・・・ん・・・ください・・・」

あえぎながら抗議してくる。楽しくなってもっと声を出す。僕「おーおー締まってきたなぁ。やればできんじゃん。いいマンコしてるよお前。」僕「でもさっきの青姦んときのほうがよかったよなぁ」

もうすぐ夜が明けるこの時間に隣の人間が起きてるかはわかんないけど、言ってて自分で興奮したwまいも抗議しようと手や体を振るけど、それが余計に刺激になって体がビクビク痙攣しだした。僕も射精感がきたので今度は黙って中に出すことにした。スパートをかけると「あん!あ!あぁ!」とまいも声を普通にあげるようになった。

しばらくスパートをかけ、思いっきり中に出した。完全に出しきってもチンポは抜かなかった。まいは僕が脱力すると「え?え?」となんども言っておそるおそる「あの・・・もう・・・」と聞いてきた。僕は「あ?」とだけ言うと、まだ硬いチンポを何度か抜き挿しし(それでまいもちょっと声とか出してたw)チンポを抜くと、まいの髪をつかんで振り向かせ口元へ持っていった。

僕「ちゃんと掃除しろよ」そういうと観念したのかゆっくりとチンポを舐めだした。チンポを舐めさせると僕はそのまま部屋に上がりこみ、タバコに火をつけた。

多分彼女はタバコを吸わないが僕はわざと聞かずに吸った。まいはしばらく呆けていたが、「シャワーあびてもいいですか?」と蚊の鳴くような声で聞いてきた。黙って無視してるとゆっくりとバスルームへと向かった。僕はその間、まいの部屋を軽く物色した。

物色ってほどでもない。軽く見回しただけだが。するとベッドの横の机の上に僕の写真があった。僕の、と言っても会社の人間と何人かで写った写真だ。

まいも一緒に写ってる。写真ではいい顔をしてた。こうして見ると結構かわいいのにな、と思った。

まいが出てくる前に全部脱いでまいのベッドで横になった。実際ちょっと眠って、まいがバスルームから出てくる音で目が覚めた。まいは僕を見て「あ」と声をあげたが、そのまま黙って机に向かうと何かを物色してまたバスルームへ戻っていった。

「何か」とはドライヤーだった。僕が起きないように気を使ったんだろう。バスルームで髪を乾かすとまいはゆっくり戻ってきた。僕は目を開けて待ってた。まいは僕が起きてるのを見るとまた「あ」と声をあげ「起こした?」と言った。バスタオルを巻いただけの姿だった。敬語でないのにカチンときたが、「来い」と言うと黙ってベッドの横に座った。

僕「寝るから、体をキレイにしろ」そういうとキョトンとした顔をした。風呂上りなのに薄くではあるが化粧を直してやがる。僕「全身舐めてキレイにするんだよ」

まいは「そういうのは・・・もう・・・」と顔を伏せる。僕「お前、ヤルだけでもいいんだろ?」まいはうつむいて少し肩を震わせた。

僕「いいから早くしろよ。」僕はちょっと面倒くさくなってた。まいはゆっくりと僕に唇を重ねた。

僕は口を開かなかった。まいは執拗に僕の唇を吸ったり舐めたりした。僕とキスがしたかったんだろう。

だけど僕は一切口を開かなかった。僕はまいの髪をつかんで引き離し、「もういい、他もキレイにしろ」と言うと、唇の近く、頬やあごの辺りにキスしだした。チュッ、チュッと音を立てるキスをしていたので頬をつかんで口を開けさせ、もう片方の指で舌をつかんで「舌をだして犬みたいに舐めんだよ」と言うと、しばらくうつむいていたが、ゆっくりと顔のまわりを舐めだした。

最初は猫みたいにペロペロ舐めてたので、「もっと舌を出せ」と言うとやけになったように舌を出して舐めだした。耳や首筋を舐めながら2回ほど唇を舐めようとしたのでそのたびに髪をつかんで離すと、もう唇には近づかなくなった。顔の周りを舐め終わると「あの・・・」と声をかけるので「あ?まだ終わってないだろ。乳首とか足の裏とか」そういうとまたうつむいて肩を震わせたが、僕が黙ってると観念して乳首を舐めだした。

僕の体に密着して舐めだしたので、バスタオルを剥ぎ取る。まいはより一層体を密着して舐めだした。まいも興奮してきたのか少し息が荒くなってきた。

乳首や腹を舐め、少し硬くなった僕のチンポをゆっくりとこするとゆっくりと口に含んできた。初めてまいの本気フェラを味わったが、マンコと同じで口の中の肉も生暖かくて気持ちよかった。フェラなら彼女よりも気持ちいいかもしれなかった。しばらくフェラをさせると「他も舐めろよ、足とか」と催促をさせた。

フェラにひたってたようで、顔をあげたときはかなりエロい顔になっていた。そのまま太ももの内側やひざを舐めてくる。そのまま上にあがってこようとしたので、「足の指も舐めんだよ」というとさすがに泣きそうな顔をした。

一日歩き回って、靴下を脱いだだけで臭いし汚れてるはずだ。だけど僕はずっとまいの顔をにらんでた。まいは決意を固めたようで、僕の足の指にまずは唾をたらし、それから舌先でなめはじめた。

僕「ちゃんとしゃぶれ」もうまいは従順だった。指を一本一本しゃぶりはじめた。いつの間にかまた息は荒くなってて、さっきのフェラ顔のようにエロい顔になってた。まいのエロ顔と指フェラの気持ちよさにここちよくなった僕は声を出していた。

その声がうれしかったのか、まいは足の指フェラをジュパジュパ音を立てて舐めるようになってた。そのここちよさに、僕はいつの間にか眠ってた。目が覚めると横にまいが寝てた。

まいは僕の腕枕で眠っていた。僕は無意識のうちに腕枕していたんだろうか。まいは携帯を握り締めて眠ってた。

僕はなんとなくイヤな予感がして、反対の手でまいの携帯を取ってあけた。まいの携帯にはまいに腕枕して眠ってる僕と、カメラに向かってピースしてるまいの写メが写ってた。僕はまいが寝てる間にまいの携帯の中を色々チェックした。

イヤな予感はしてたので僕の携帯は車に置いてきた。携帯には僕が寝てる間に十数枚の写メがあった。中には僕のチンポだけの写メや、まいがそれを咥えてピースしてる写メもあった。

僕はズボンのポケットのカギを確認し、念のため車に戻ったが携帯は元の場所のままだった。僕の中でまいに対する憐憫とか罪悪感は無くなった。まいは今の状況を楽しんでるんだ。

僕はそう思ってまいに接することにした。

まいをレイプしてから一週間たった。あれからまいとはセックスしてない。

正直、小心者(てか普通)あれほどのことをしたあとは怖かった。次の日会社に来たときに会社にバレてクビになったらどうしよう、とか。実際、会社にはバレた。

というかまいが自分でしゃべった。ただまいのバカなところはそれを自慢げに話したところ。僕のマンションの前で待っていたらファミレスに「連れていってもらった」。

ファミレスで「セックスしないかと言い寄られた」。車で夜景の綺麗な所に連れて「いってもらった」。しかも僕が彼女にプロポーズした場所で。

山奥でカーセックスをした。家に送ってもらった。家で眠るまで一緒にベッドにいた。

二人の写メを撮った。捉え方の違いはあれど、まいはほぼ忠実に真実をしゃべった。が、誰も彼女を信用しなかった。

まず彼女が僕のマンションに入れてもらえなかったところから始まり、「彼氏」が「彼女」にするような仕打ちじゃないと散々女子連中に突っ込まれてた。いつもは相手にしない彼女らも今回はまいがしつこい上に、セフレ、便器宣言されたことを隠して話すものだから辻褄があわず、更に一緒に撮ったという写メも携帯にはなく(僕が気づいて消したのだから当然なんだがw)まい「でも彼はわたしに優しかったの!」といわれている当の僕がその間全く、まいと口を聞いていない、というのが追い討ちになった。

全てはまいの自業自得、僕の社内営業の成果だ。僕は逆に会社の人間から同情を得た。女子たちは僕に優しくなり、男どもは僕に同情した。

男どもの中には「本当にヤったのか?」と聞いてくるものがいたが、「普通、あんなあぶない女に手を出すか?」と笑って答えた。嘘はついていない。

「手を出すか?」とは言ったが「出してない」とは言ってない。

ただ僕は付き合っている彼女には嘘をついている。と思う。まいをレイプした日は会社の人間と朝までいたと言った。

これは本当。彼女はそれ以上聞いてこなかった。この一週間で2日間彼女の家に泊まった。

浮気してるかと聞かれなかったし彼女のことしか愛していないのも事実だ。風俗は浮気に入るだろうか?風俗と同じようにセックスするだけの関係は浮気に入るだろうか?男ならわかってもらえるだろうが、恋愛感情と性欲は完全に別物だ。しかも一番好きな女と、性欲を発散したい対象はまた別になる。

特に僕の場合は恋愛感情と性欲は全く別のようだ。つまりまいとまたセックスしたくなってきた。あれから一週間の間にまいは何度も、多分ほぼ毎日僕のマンションにいたらしい。

「いたらしい」というのは、この一週間マンションに帰ったのは2日間のみ。休みの前の日は彼女の部屋に泊まったしその他はなんだかだと理由をつけて実家に泊まったりした。マンションに帰ったときも、一度目はまいが僕のマンションの前で座って眠りこんでて、その隙に知らんふりしてマンションに入り、二度目は、マンションの前で見かけたときにまいの携帯にワンコしてかけなおさせ、近所のコンビニに誘導し、その隙にマンションに入った。

(当然、翌日まいは僕の携帯から着信があったと言ったが、僕は正直にみんなに上記のやり取りを話した。みんなまいを無視した。)ただ一週間もすると、山奥でレイプしたあの衝撃や、部屋で全身舐めさせたあの感覚がよみがえってきた。女を物のように扱うあの感覚。僕の中にそんな黒い感覚があるのを知ってなんだか僕は楽しかった。

翌日休みで彼女が仕事の日、僕は先に泊まりにいかないことを告げ、会社の人間と飲みにいくと伝えた。実際、会社の人間と飲みに行った。ただ、行く前にワンコした。

まいに。すぐ着信があった。そして今日泊まりに行くことだけを告げて携帯を切った。

通話時間は大体15秒も無かった。これなら通話時間で他人が怪しむこともない。しかも彼女からの電話だ。

なんとでも周囲に言い訳できる。飲みに行ったのは少人数で3人。僕は彼女の家に行く「かも」ということで早めに切り上げるよう先に行っておく。

残り2人も後輩と妻帯者なので問題はなかった。話題はやはり、まいの話になった。あれはないよなぁ、と僕と妻帯者で話していた。

僕はちょいポチャ(といっても肉感的なという意味で)が好きなので、まいは無いなぁ、という話をしていると、後輩が「贅沢ですよ~」と言ってきた。どうも後輩はまいのことが最初好きだったらしい。

実際、見た目は吉高由里子に似てるし、色も白いし服のセンスも悪くない。ただ腕とかすごい細くて、あばら骨が透ける肌の上に胸が乗ってる感じが僕にはどうしてもダメだった。もっとも嗜虐心をそそる、という意味ではよかったが。

もちろんそんなことも言えずただ細身がダメだというと、後輩はそれがいいらしく、ちょっとプライド高めなところがますますよかったらしい。が、僕のことを好きだと公言するようになって行動も発言もおかしくなり、正直ガッカリしているということだった。僕は悪いねー、でもあれはヤバいって、なんて聞き流すふりをしていたが、まいを後輩に抱かせるのも面白いかな、と思ってきた。

彼女のプライドを落とすそういう行為を僕は求めているようだった。まだ終電も余裕な時間に解散し、僕はまいのマンションへ向かおうとした。さすがに今日は僕のマンションに張り込んでないだろうと思って念のため公衆電話からかけてみた。

まいは僕のマンションで待ってた。呆れたもんだ。僕はまいに自分のマンションに戻ってくるように言った。

僕は二度とまいを信用しないことにした。電車に乗る前に駅前のドンキに寄った。ちょっとした買い物をするためだ。

とは言っても僕もまいを騙し打ちしてるよな、と思って電車の中でちょっと笑ってしまった。お互いに信用していない関係、肉体だけの関係には一番いい関係のような気がする。まいのマンションには僕が先に着いた。近くのコンビニで立ち読みしてるとまいが入ってきた。

まいは僕に気づくとうれしそうに近づいてきた。まい「やっぱり会いたくなったんだー!」かなりムカついた。

僕のドンキの袋を見てまい「お泊りセットですかー?」とかのんきに笑ってた。僕はまずまいの携帯を出させた。

まいから携帯をとりあげると、ロックのかかっていないまいの携帯に僕の暗証番号でロックをかけた。まい「なにするんですかー!?」と怒った顔をする(ふり?)まいの携帯を閉じて返す。

まい「勝手に携帯とりあげないでくださいー。」とちょっとうれしそうに笑いながら携帯を開ける。当然、ロックがかかっている。

まい「なんでロックかけるんですか?」語尾が伸びてない。僕「お前が勝手に写メ撮ったりしないようにだよ。バカ女。」

まいはかなり不満そうな顔を浮かべる。というか明らかに怒っている。意外と怒った顔は初めて見るかもしれない。

マンションまでの道筋、何度も携帯をイジっている。まい「ちょっとロック外してください」僕「帰るときに外してやるよ」

まい「友だちからメールきたらどうするんですか」僕「メールや電話がきたらはずしてやるよ。」まいは不満そうについてくる。

まいに鍵を開けさせてマンションに入る。部屋に入る前に僕「お前デジカメ持ってるだろ」まいは僕の顔も見ずにまい「持ってないです」

僕は返事もせずにエレベーターへ戻っていった。まい「持ってないです、ホントに持ってないです!」僕は無言でエレベーターに乗る。

まいも無言で入ろうとする。僕「カギかけ忘れてんじゃないの?」まいはあわてて部屋に戻る。

僕は黙って1階のボタンを押す。マンションから出ようとしたときにまいが走って追いかけてきた。小声でまい「ないです、本当にないんです」

僕「パソコンは?」まい「・・・持ってます」僕「じゃぁパソコンの写真フォルダは空だよな?」

まい「え・・・?」僕「お前のパソコンの写真フォルダは空だよな?」まい「いや・・・あの・・・妹から借りたデジカメで・・・撮った写真が・・・」

僕は黙って駅へ向かった。まい「ごめんなさい!ごめんなさい!思い出しました!あります!」僕は黙って振り返るとまいの髪をつかむ。

そのまま頭を斜めに軽くひねった。まい「いたい!いた・・・あの・・・」僕「つまんないウソつくんじゃねぇよ。」

僕はこのとき正直かなり興奮していた。部屋につくまでまいはしおらしかった。部屋に入ってまずデジカメを出させた。

僕はデジカメの電池を抜いて、ドンキで買ってきた小さな金庫にしまった。そしてダイヤル錠の錠前でカギを閉めた。僕「この部屋にこれを置いといてやる。よかったな、俺のものがお前の部屋にあって。」

僕「錠前は毎回持って帰るからな。お前のことだから全パターン試しそうだしw」まいはかなりショックを受けたようだった。まさか自分が信用されているとでも思ってたんだろうか。

次に僕はまいに「脱げ」と言った。僕はまいの部屋の玄関近くで立ったままだった。今からセックスをしそうにない雰囲気で脱げと言われて、まいは若干怯えているようにも見えた。

僕は黙って待っていた。僕が一切まいに妥協しないのはもうわかっているはずだ。まいはゆっくりと脱いで下着姿になった。

そこでしばらく待っていたが、僕が何もリアクションしないのを見て全裸になった。全裸になって少し僕から距離をとった。多分前回外に放り出されたのが効いてるんだろう。

学習能力がないわけじゃない。僕はそこで携帯を取り出すと、胸を隠したまいを撮った。まいは力なく「あ・・・」と言った。

胸とアソコ(っても毛しか見えないが)を手で隠そうとする。何度か撮ったあと僕は「顔が丸見えだけど?」と言った。僕はその写メを自分のパソコン携帯へ転送し、そのメールを見せた。

僕「わかってると思うけど、僕写ってないしお前の顔写ってるよね?」僕「なんかあったらみんなにバラまくよ?」多分、この脅しはまいには通じない。

なのでもうひとつ手を打つことにした。僕はまいの部屋にあがると、もう一度携帯を取り上げて黙って部屋を出た。まいはあわてて服を着てついてくる。

近くの自販機でタバコを買い、そのままマンションへ帰る。まいは黙ってついてくる。僕は黙ってまいの携帯を操作し、あるアドレスを僕の携帯へ赤外線で転送した。

まいには僕の操作は見えない。まい「なに・・・してるんですか?」僕は黙って転送して僕の携帯に入ったデータを見せた。

まいの父、母、妹のアドレスだった。まいはさすがに顔を赤くし、まい「ちょ・・・!!」と言って僕から携帯をとりあげようとした。

僕はまいにまいの携帯を返す。僕「さすがに親や妹に部屋撮りの裸写メは見せらんない?」まいは涙目になってきた。

僕「最悪親が乗り込んでくるかもね。」僕「僕が悪いっても当然写メはフリーメールで送るし、例えば2chとか掲示板に貼ってアドレスを家族に送ってあげてもいい」まい「・・・ひどい・・・」

僕「だろ?自分でも信じられないよ」僕は多分すごく「いい」顔で笑ってたと思う。まいの部屋に戻るとまいは心底うなだれたようだった。

これで僕を見限ってくれても、それはそれでよかった。でもまいはこれでも折れない気がしてた。なんとなく、そんな確信みたいなのが。

僕はいつもより悪ぶってw机の上に足を乗せてタバコを吸ってた。まいはしばらくうなだれていたけどまい「シャワーあびてきていいですか?」と聞いてきた。

返事をしないでいると黙ってシャワーを浴びに行った。酒も入ってたんで軽く眠っていると、バスタオル姿のまいがいた。まいは僕の横で座ってた。

僕が黙って携帯をいじってると、またまいから声をかけてきた。まい「あの・・・」僕「・・・」

まい「もう・・・寝ませんか?」僕「・・・」まい「・・・」

僕「セックスしたいの?」まい「いや・・・その・・・」僕「セックスしないよ?」

まい「え!?」まいは驚いた顔をした。心底驚いた顔をした。

何を勘違いいたのか、ちょっとうれしそうな顔をした。そこが勘違いストーカー女の、まいの怖いところだった。僕「お前ピル飲めよ?じゃないとセックスしないよ。」

まいはさすがに絶句したようだった。そしてまい「あの・・・ゴム・・・持ってます・・・あります・・・」僕「・・・」まい「またこういうのあったら・・・大変だから・・・一応用意しとこうかなって・・・」

僕「お前が用意したゴムなんか使えるわけないじゃん」まい「そんな・・・」僕「じゃぁそのゴム見せてみなよ」

まいは黙ってタンスから「開封済」のゴムの箱を出してきた。僕はまさか本当に開封済とは思っていなくてちょっと怖くなった。僕「なんで空いてんの?」

まい「え?でもまだ使ってないです」僕「なんで袋やぶってんの?」まい「あの・・・前の彼氏が・・・」

僕「さっき用意したって言ったよね?」まい「あの・・・奥から出して・・・」まいは完全にしまったという顔になっていた。

さすがにこういう展開で僕を騙せないことに気づいてきたらしい。僕「ピル用意してきてね。処方箋と。それと飲むときは僕の目の前で飲んでね。」まい「はい・・・」

これでまだ「はい」って返事するんだってちょっと驚いた。まいは一通り落ち着いたと思ったのかまい「じゃぁ、どうすればいいですか?」と媚びるような目つきで言ってきた。

性欲が強いのか、自分の役割がわかってるのか。僕は「じゃぁとりあえず咥えて。」携帯から目を離さずに言った。

まいはゆっくり僕の顔に近づいてきた。僕は携帯をどけずに言った。僕「咥えてって言ったよね。」

まい「あの・・・キスは・・・」僕「そういうのいらないから。僕はたまってるのを抜きたいだけだから。」まいはしばらく黙っていたが、僕が全く携帯から目を離さないのを見て観念したのか、ゆっくりと僕のスーツのズボンを脱がしだした。

僕はパンツを脱がされるときにちょっと腰を浮かした。パンツから出たチンポを見てまいはまい「すごい・・・」と言った。今の僕にはまいが僕を喜ばしてポイントを稼ごうとしているようにしか思えなかった。

そしてそうとしか思えてない自分がおかしかった。僕は携帯から少しだけ視線をそらして僕のチンポをイジるまいを見た。まいは僕のチンポを両手でゆっくりと撫でまわしていた。

手つきからは確かにいとおしそうにしている様子は伺える。まいはしばらくチンポをなでまわし、少しカリにかかった皮も完全に剥くと、ゆっくりと咥えていった。咥える瞬間「じゅぼっ」という音がする。

そのままぬらーっと唾液をチンポにまぶして頭を上下する。まいのフェラは口の中が柔らかくてストロークも遅いから、温い肉に包まれているようで気持ちいい。まいもそこがわかってるのかわかってないのか、口の中に唾液を溜めて(勝手に溜まって?)ゆっくりとチンポをしゃぶる。時々口の端から唾液がダマになってチンポを伝うと、それを指でチンポの先や口に戻そうとする仕草がエロい。

ただ、まいのフェラは気持ちいいんだがスッキリ出したいにはちょっと物足りない。恋人にされているならイチャイチャじっくりフェラでもいいんだが、そのときの僕はスッキリと抜いてほしかった。僕「咥えたまま「あー」って言ってみ?」

まいはフェラしながら初めて僕を見た。そしてまい「ふぁあがああぁぁぁ」と言った。僕はそのタイミングに合わせていきなりまいの頭を押さえつけた。

開いてるまいの喉の奥にチンポが入る。まい「ぉおぉごぉおおぉぉ!」と口の中でくぐもった「音」を出すが僕は気にしない。

そのまま両手で押さえてまいの頭を上下に揺らす。まい「ぐぅわぉっ・・・ぐごぉおぉぉっ・・・」まい「ごぼおぉごぉっ・・・ごがぼっ・・・」

口の中の吸い付きが悪くなった分、チンポを押し出そうとする下と頬肉の動きが多分胃液であろう液体と混ざり合って気持ちいい。完全に「まいの頭」でオナニーしている気分だ。まい「ぉおごぅおぅおぅ・・・ごごぉおぅおぉぉ・・・」

まい「おぼぉごぅ・・・ごぼぼおぅ・・・」多分このままチンポを抜けば、まいは僕の体に胃液を撒き散らすだろう。僕は絶対にイクまで頭を離すつもりはなかった。

息ができないのか、気がつくとまいの顔は真っ赤になり目から涙は流れ続け鼻からも鼻水がダラダラと出ていた。なんとか鼻で息をしようとするのか、鼻水が鼻から出たり入ったりして鼻の穴に小さな風船が出来てた。「マンガの鼻ちょうちんみたいだなぁ」

と死にそうな顔のまいの顔とマヌケな鼻ちょうちんを見比べておかしくなった。まいの顔がいよいよ窒息でヤバい感じになってきたので一旦呼吸させてやることにした。僕は上半身だけ起き上がるとまいの頭をつかんで床に向けた。

まい「ぐぼあぁあがあぁぁぁぁ!!」という「音」を出すとまいは床に唾液と胃液を吐いた。そのあと洗面台に走っていき、猛烈に吐いていた。

今度はさすがに胃の中身も吐いたらしい。嘔吐の音と号泣に近い嗚咽が聞こえる。僕はのん気に自分の体に少しだけかかったまいの体液を見てた。

ゲロが自分にかからなくてよかったな、と思った。そのうち嘔吐の音は聞こえなくなったが、いつまでたっても号泣の嗚咽がやまないのでうっとおしくなって覗きにいくと、まいが洗面台にうなだれて泣いてた。床に崩れ落ちて手はかろうじて洗面台にかかってるが顔はうなだれて僕が来たのを気づいてないのか、気づいても余裕がないのか大声で泣いてた。

このまま帰ろうかとも思ったけど、もうちょっとでイケそうだったのでまいの頭をつかんで顔をあげさせた。さすがに腕を振って抵抗したが鼻をつまんで顔をつかむと「ぶぱあぁぁっ!」と泡をたてて口を開いたのでまたチンポを突っ込んだ。髪も顔もグチャグチャで泣きながらイラマチオされてる姿を見ると一気に興奮が頂点に達してきた。

洗面台を見ると水が流しっぱなしで、すでに吐いたものは綺麗に洗い流されてた。僕は水と止めると片手はまいの頭を押さえながら、もう片方の手でまいの洗濯物カゴの中からパンツを1枚取ってそれで洗面台を綺麗に拭いてあげた。まいの頭からチンポを抜くと(間違ってるけどこの表現のほうがある意味正しいw)僕はまいの口に指を突っ込んで、指を唾液まみれにしてチンポをしごいて精子を洗面台に出した。

まいは泣きながらも僕を見上げていた。僕はまいを立たせると、洗面台を覗かせて「舐めろ」と言った。

まいは「д」という口をして僕を見上げたが、頭をつかまれててこのままじゃ洗面台に頭をぶつけられそうな勢いだと感じて、しゃくりあげながら洗面台の精子を犬のようにペロペロと舐めた。ほとんど舐めたあと、まい「あああーーーー!!」とまた号泣してその場に泣き崩れた。

子どものウソ泣きのような、声を出した泣き方だった。僕は頭がクラクラするほど興奮してて、その場でチンポを突っ込もうかと思ったが今出したところだしさすがに思いとどまり、まいの尻をあげるとマンコへ指を突っ込んだ。まい「わああぁぁああんっ!わああぁぁぁあんっ!」

泣いてるんだか感じてるんだかわかんない声をあげた。マンコは指を突っ込む前からビショビショだった。感じているのか漏らしたのかはわからなかった。ものの十秒もしないうちにまい「あぅんっ!あうっ!あううぅぅんっ!」と上下にビクついて痙攣した。

どうやらイッたようだった。泣き声は止んで、「だはああぁぁーーーっ、だはああぁぁーーーっ」と過呼吸のような息をしていた。僕「洗面台舐めさせられてイってんじゃねぇよ、カス」

そう吐き捨てられると、洗面台に突っ伏したまま、また、まいは、号泣した。僕はそのあとまいの泣き声を聞きながら眠りに入った。酒も飲んだしヌイたしでよく眠れた。

目覚めるとやはり隣にまいが眠っていた。こんなに隣で寝ていて安心できない寝顔はない。僕は玄関の金庫を見にいった。

そして僕とまいの携帯を確認。無事を確認すると再度眠りについた。次の朝は普通だった。

まいは昨日のことがウソのようにかいがいしく朝食を作ったりした。まいは今日は仕事だったため、僕と一緒にマンションを出た。二人で距離をおいてエレベーターに乗り、エレベーターが1階に着く前に「おい」と声をかける。

何もない朝に安心していたまいは僕に振り向く。僕はまいのあごをつかむとキスをした。まいはそのまましばらく硬直してた。

僕は何もなかったようにマンションを出た。まいはスキップして(本当にスキップしてた)駅まで並んで歩いた。まい「また明日会社で!」

と通勤ラッシュで結構人の多い駅で大声でそう叫んだ。僕は昨日のことをやりすぎたと思い、まいに自殺でもされないようにと思ってしたことだったがどうも裏目に出たようだ。また会社で言いふらすという不安もあったが、安心もしていた。

当分、まだ、遊べる。

まいはあれから素直に病院に行ってピルを処方してもらってた。毎日会社で飲むところを見てる。

僕の会社はそんなに社員は多くないんだけど自社ビルで資材とか在庫とか保管するところがあって目を盗めるところはたくさんある。そこでまいがピルを飲むところを確認した。いつか会社で犯してやろうと思うが、まだそこまでの度胸は無かった。

その前にやってみたいことがあった。道具を使っておかしくなるまで責めることだ。まいをおもちゃにする前に不安に思ってたことがあった。

それはまいとセックスしてまいに情が移ったり、彼女とのセックスよりまいとのセックスがよくなったりしないかってこと。まぁそれは杞憂だった。まいと2度そういうことになったけど別に特にまいに対して情とかそういうのはなかったし、彼女とのセックスも普通にできた。

まいとのことはいわば完全に風俗みたいなもんで特に心が動かされるとかそういうのは無かった。でも変化が無かったわけじゃない。僕の眠ってた嗜虐心が目を覚ましてw今まで彼女にはしてなかったプレイなんかを試してみたくなった。

てかみんなもそういうのはあると思うんだよね。AVとかでしてみたいプレイとか。野外プレイとか複数プレイとか飲ませたいとか、最悪フェラしてくれないとか。

AVとか風俗ってそういう彼女とか嫁で発散できない性欲を発散させるところだと思うんだけど、僕の場合もっといいおもちゃを手に入れたんだよね。まいとのやりとりはなかなか僕には楽しかった。まいはなんとしても僕とのセックスの証拠を残したい僕は絶対に証拠を残したくないいわば絶対に隙を見せられない騙し合いなわけでなんかそれが僕の刺激になって実際のセックス並に興奮した。

まいがあんまり頭がよくないから僕もなんとか対応できてた。それにまいが懲りないというか、同情の余地の無いずうずうしい子なので僕も気兼ねなく彼女に接することができる。仕事中なんかも次はどうしようか考えるようになった。

実際まいは社内にいるわけだし、嫌でも目に入ってくるんでエロい妄想も現実感がある。でも今までそんなプレイもしたことなかったし、具体的にどうしていいのかわかんなかった。だからこういうのやこういうのとかこういうのとか見て【↑宣伝ですw】自分の中の嗜虐心を具体的に形にしていった。

ここ数日で始まった、ピルを飲ませる毎日の儀式wのときのまいの予定を聞く。こういうときに毎回うれしそうにするのは演技なのか天然なのか学習能力がないのか。全くかわいいなぁ・・・って思えないのはこの子の怖いところを知ってるからだろうなwまぁ予定っていってもまいには当然彼氏もいないんで特に予定とかはないのはわかってるんだけどねw次の休みの前の日、会社が終わって僕は来たこともない路線の、終点でも無ければ急行や特急も止まらない何もない駅に車で来た。

あらかじめ会社の管理部のサーバーで全社員の家とそこから利用するだろう路線を調べ、誰にもかぶらない路線を選んだ。まいにもその駅に来いとしか伝えていない。僕は少し離れた駐車場に車を止め、まいが来る時間駅を遠くから隠れて見張ってた。

まいが誰か会社の人間と来るかもしれない。僕は自分の無駄に警戒しすぎなところにおかしくなったが、まいには警戒してしすぎることはないと言い聞かせた。しばらく待ってるとまいが何人かの乗客と降りてきた。

マイナーな路線のしかもターミナルもない駅なので駅前にコンビニすらない。客待ちのタクシーも止まってないくらいだ。まいは周りを見渡すと不安そうにしながら僕に電話する。

周りの人間はみんなすぐに散らばってまい一人になる。僕はわざと電話に出ない。まいは不安そうにキョロキョロしてまた駅に戻る。せめて明るいところがいいんだろう。

一度切れてまた電話がかかってくる。僕はようやく電話に出て、まいに近くのコンビニまで来るように指示する。「暗いし人いなくて怖い!」と隠れてる僕にまで直接声が聞こえるくらい大声で嫌がったが、僕は電話を切ると携帯の電源も切った。

まいは何度も携帯をかけメールも打ってるみたいだったけど、そのうち諦めてキョロキョロしながら僕が指定した場所へ向かった。僕はあとから気づかれないようについていった。ここまでしたのは、彼女が誰か連れてきてないか確認するためだった。あれだけ不安そうなのに一人で行くってことは、誰も連れがいないってことだ。

僕はしばらく見届けると駐車場へ行って車を出してコンビニへ向かった。まいはコンビニの前でボーッと立ってた。コンビニに着いたら電話すりゃいいのにって思ったけど、そのときに携帯の電源切ってたの思い出したwまいは僕の車を見つけると本当に泣きそうになりながら車に駆け寄ってきた。

僕は山でまいを犯したときときを思い出してちょっと笑った。まいは半泣きになりながら僕の車の窓を叩いた。こういうとこ無神経だよなぁ・・・とか思いながらドアロックを外す。

まい「ひどい!ひどいです!すごく怖かったし!なんでこんな田舎に!」僕「いいから乗れよ」わめくまいを乗せてちょっとだけ上機嫌な僕は車を出した。

まいには何も言ってなかったが今日は買い物の日だ。実はそんな大した買い物じゃない。まいを道具で陵辱するために色々買いに行くだけだ。

僕はまいに「欲しいものがあるんだけど・・・」というとまいは助手席で目を輝かせてまい「え!?なんですか!?なんでも言ってください!」と本当にうれしそうに言った。こいつが僕を好きっていうのは本当なんだなぁ・・・と一瞬良心が痛んだが、まいには決して隙は見せてはいけないとまた自分に言い聞かせた。

まい「財布ですか?カバンですか?山田さんならなんでも似合いますよね!」僕「買ってくれるの?」まい「はい!あんまり高いのは無理ですけど、あたしそんなにお金つかわないんで結構貯金あります!」

本当これで性格が普通ならちゃんとモテるのになぁ・・・と心底思った。そこからあまり距離はなく、目的地にはあっという間に着いた。目的地は深夜も営業してるエロDVD売ってる店で、アダルトグッズが豊富にあるのはネットで調査済だった。

まい「DVD・・・ですか?でもなんかちょっと変な雰囲気ですよね・・・?」さすがにエロ専門店だと感づいたみたいだ。てかまぁ普通気づくしなw僕は黙って店内に入る。

まいもあわててついてくる。今日はさすがにヒールじゃなかったwちょっとおかしかったw店内入り口はさすがに普通のDVDとか置いてた。1Fが駐車場、2~4Fが店内の大きな店舗だけに入り口のダミーwもそれなりに広くて品揃えもよかった。

まいはドラマかなんかのDVDを見ようとしてたけど、僕は無視して大きく「18歳未満禁止」と書かれたのれんをくぐっていった。まいは僕に何か声をかけようとしたが僕は一切振り返ることなく入っていった。僕の目当ては4Fのアダルトグッズだった。

エスカレーターで4Fに来たころに僕の携帯が鳴った。まいだった。まい「今どこにいるんですか?」

どこかじゃねぇよw奥に入ってくの見たじゃんw僕「4F」まい「どうやって行くんですか」僕「のれんくぐってエスカレーター」

まい「そんなとこ行けるわけないじゃないですか」僕「じゃあ帰れば?」僕は携帯を切って電源も切った。

僕の目当ては色々あった。一応ネットで調べはしてたものの、アダルトグッズの値段の高さにちょっと驚いた。まぁ金出すのは僕じゃないし、と思ってたら顔を真っ赤にしたまいが小走りで僕に駆け寄ってきて僕にしがみつき、小声で言った。

まい「ひどいです!こんな・・・恥ずかしいところで・・・!」僕「だってお前に使うのを買いに来たんだぜ?」僕はわざと大きな声で言った。

まいはハッという顔をしてあわてて僕の口の辺りをふさごうとする。アダルトグッズのコーナーは残念ながらあまり人がいなかった。僕「お前買ってくれるっつったじゃん」

まい「こういうのは無理です!プレゼントじゃないじゃないですか!」僕は少し大きめで、まいは聞こえるか聞こえないかの声で話してる。わざと人がいるフロアへ移動しながら話す。

僕についてくるしかないまいは黙ってしがみついてついてくる。アダルトグッズがTENGAとかオナニー用のグッズばかりになり、DVDとかが多くなってきた。まわりに人が多くなってきて僕にも変な優越感みたいなのがでてきた。

僕「お前にリモコンバイブとか使ったり、縄でしばったりしてみたいんだよね」まい「そんなこと大声で言わないでください!恥ずかしいじゃないですか」僕「そういやお前がイッたとこ見たことないよな」

まい「ちょ!!やめて!ほんとやめて!」僕「お前イクの?ちゃんとイケるの?」まい「ほんとごめんなさい、もうやめて・・・」

僕にしがみついて半泣きになってる。多分まいにはこういう性癖はないんだろう。でも僕は楽しかった。

僕「イクの!?イケないの!?」まい「・・・」僕はDVDを見ながら言った。

周りの人気が引いていく。まいがかわいいのに気づいて何人かがチラチラ見に来てる。僕「イケないの?どっち?」まい「・・・イッたことは・・・あります・・・」

僕「あ?聞こえない」まい「イッたことあります!」恥ずかしさの限界だったのか、完全に目が泳いでる。

僕はまいの手を引いてアダルトグッズコーナーへ戻った。僕が色々、割と真剣にwグッズを物色してる間、まいは恥ずかしさが限界に達したのかうつむくこともなく、泳いだ目でビクビクしながら周りをキョロキョロ見回してた。僕はその中から使うかどうかわかんないものも含めてグッズを決めてカゴをまいに渡した。

まいは目を丸くしてものすごくあわてた様子だった。まい「ど、どど、どうするんですかこれ!?」僕「買ってくれるんだろ?お前」

まい「いや、ちょ、そんな、無理です、無理!」僕「無理じゃねぇよ、買うつったじゃん。ウソついたのかよ」まい「ウソじゃないけどこういうのは無理です!」

僕「じゃぁお前置いて帰るわ。商品元に戻しとけ」そう言って僕は足早に立ち去った。まいは商品をどうしていいかわからず、とりあえずカゴをかかえて僕についてくる。

僕は黙って階段を降り、出口へ向かう。まいは僕に色々話しかけてくるが僕は無視してレジを通る。まいはカゴを持ってるため、店員に声をかけられレジで止まってる。

僕は店を出て駐車場に出ると少し小走りで車へ向かった。僕が車に乗ってエンジンをかけたときにまいが全力で走ってきたwもう何度目だよこの映像wとか思いながら僕は車を出す。ドア越しに「買います!買いますから待って!!」とまいの絶叫が聞こえてきた。

僕は無視して車を出した。僕はさっきのコンビニに行ってタバコを買い、泣きながらローターとか買ってるまいの姿を想像して一人で来るまでニヤニヤしてた。携帯の電源を入れるとすぐにまいから着信がきた。

まい「もしもし!切らないで!買いました!どこですか!」一気にまくしたてるようにまいが叫んだ。さすがに耐えられなくなって僕はプッと吹き出した。

僕「本当に買ったんだろうな」まい「買いました、買いましたから迎えに来てください!ごめんなさい!ごめんなさいぃぃ!」僕「全部でいくらだった?」

まい「え?あ・・・あの・・・」僕は携帯を切った。携帯はずっと震え続けてたが、無視してるとそのうち止まり、またしばらくすると鳴り出した。

まい「あの・・・うっ・・・てんいんさんがぁ・・・ぇぐっ・・・イタズラとおもっ・・・っぇえぇ・・・ぜんぶぅ・・・なおしたって・・・」マジ泣きしながら言った。しかしこいつも本当に学習しないな。

毎回なんとかごまかそうとする。僕「じゃぁ店員に聞いてどこに戻したか聞けよ」まい「そんな、そんな・・・!」

僕はまいが言い終わらないうちに携帯を切った。さすがに着信はなく、15分くらいでまた携帯が鳴った。まい「うっ・・・ぐっ・・・買いましたぁ・・・」

僕は小声で最初からそうすればいいのに、と言って車を出した。まいは店の前で大きな紙袋を二つかかえて立ってた。その横に二人男が立ってたが、まいは僕の車に気付くと袋をかかえて走ってきた。まい「かいばした!かってきばした!」

完全な泣き顔でまいは言った。後ろの男はどうやらまいをナンパしてたようだが、僕を見ると駐車場に戻っていった。そら男に置いてかれてアダルトグッズ泣きながら買ってる女みたら、なんとかヤレるって思うわなwまいは助手席で袋をかかえたままずっとえぐえぐ泣いてた。

僕はまいの泣いてる姿を見ると無条件に興奮してることに気付いた。そのまま一応調べておいたラブホに行く。田舎だけに駐車場もデカかった。

僕はいつものようにまいを無視して部屋に行く。まいは必死に袋をかかえてついてくる。僕は部屋にはいるとまいがあわててついてくる。

まだえぐえぐ言ってて、さすがにいつもの軽口はない。僕は少し広めの、でも古めの部屋の中を一通り見回る。まいは袋をかかえたまま入り口に突っ立ったままだ。

ちょっとイラっとしてまいの手を引いてベッドに投げた。まいはそのままベッドに座ってたが僕は無視して袋の中身を色々見はじめた。結構適当に目についたものを放り込んでいったので正直あんまり覚えてないのもあった。

とりあえず皮の手錠と紐、電マとローター、ローションとそれにポールギャグ(口に咥えさせるのね)を出してあとは袋にしまう。さすがにそれらを見てまいは不安そうな顔をする。まい「それ・・・どうするんですか・・・?」

さすがに僕もまいの顔を呆れ顔で見た。僕「いや・・・お前に使うに決まってんじゃんw」まい「道具とか・・・そんなのイヤです・・・」

さすがにちょっとテンションが低い。若干顔色も悪い気がする。でもここで引いたらまたこの子は調子にのる。僕はまいに対しては一切負い目や同情、憐憫をかけないと決めたから。

まいは今日も胸元の開いたキャミとミニスカだった。もしかしたらそういう私服しか持ってないのかもしれない。僕はさっき目をつけておいたソファーへ紐を持っていくと準備をはじめた。

僕の後ろのまいはベッドから動く気配がない。多分不安と、どうしていいかわからないので動くに動けないんだろう。シャワーを浴びに行こうともしない。ソファーの足にそれぞれ紐をまたがせたりして準備してるうちに、僕は自分が鼻歌を歌ってることに気がついた。僕は心底楽しんでる。やっぱり僕にはS、というかいじめっ子の性分が根付いてるんだと思う。一通り準備を終えると、僕はまいに来いと目で合図するがまいは僕から視線を逸らして顔を伏せる。

僕はわざとめんどくさいって顔をしてまいに近づき、髪をつかんでまいをソファーへ連れてった。まい「痛っ!いたいっ、いたいですっ!」まい「あの・・・なんでソファーなんですか?てか先にシャワー浴びませ・・・」

僕は軽く頬を平手打ちした。ピシャって感じの平手だから、痛くても口の中切ったりしないはずだ。まい「いたっ!」というと頬に手をおいて僕を見た。

僕はその手をどけて更に頬を2発叩いた。まい「いたっ!いたいです!」まい「なにするんですか・・・!」

さすがに少し涙目になってまいが言う。僕は「うるさいよ」とだけ言うと、まいの両手に皮の手錠をかけた。さすがに強く抵抗したが、もう何発か頬を叩くとおとなしくなった。

僕「あんまりうるさいともっと叩くぞ?そしたら顔腫れちゃうぞ?」そんなに痛みはないはずだ。尻を叩いたりするときのような叩き方だから、そのかわりにジーンという痛みがあるはず。僕はまいの両手をソファーの背もたれに万歳で固定するようにして、足をソファーの肘掛に広げてM字の格好にした。

まい「ちょ・・・いや・・・」さすがにまいから声がでた。僕は無視してスカートをめくり上げ、キャミもめくりあげた。

パットの入ったブラも引き上げると真っ白い貧相な胸にピンクの乳首が出てきた。まいは胸がないから手を離すとすぐにキャミがズリ落ちてくる。僕はさっき買った袋の中から大きいピンセットのようなものを持ってくると、キャミやブラを留めた。本当は乳首をつまんだりするようのものらしいけど、とりあえず今はこれだ。まいは体をよじってなんとか隠そうとするが、四肢が固定されてる状態ではどうにもならなくて、必死に身をよじる姿はただエロく見せてるだけになった。

僕「恥ずかしい?」そう聞くとまい「恥ずかしいですよ・・・」とちょっと頬を赤くして顔をそむけた。

さっきの店の反応でも、多分まいは露出とかそういうのに感じるMじゃない。でも別にそういうのは僕にはどうでもよかった。僕はローターを取り出すと、まいに向ける。

僕「こういうの使ったことある?」まい「ないですよそんなの・・・」なんかいつもより反応がそっけない気がする。

生意気にもちょっと不満に思ってるのかも。僕は前戯も無しにローターをパンツの上からまいのマンコにあてた。まいのマンコ周辺はは少し蒸れたのかちょっとむわっとしてた。

まいは少し体をピクっとさせたが、あいかわらず顔を伏せてる。そらローター当てられただけじゃいきなり感じないわな。と思いつつ、僕は慣れないローター扱いに戸惑いながらも楽しく遊んでた。僕もまいも無言で、まいは口はつぐんだままで時々「ふんっ」という大きな鼻息を漏らした。

段々まいの口が唇を噛むほどになってきて、パンツも少し染みができてきた。僕「パンツ染みてんじゃん」まい「・・・そんなことされたら普通そうなりますよ・・・」

開き直ってるwと思いながらも僕は段々コツをつかんできて、まいのクリトリスの辺りをローターでグっと押した。まい「ん!」ガマンできなくなってまいが声をあげる。

そのままクリトリスの周辺からまいの弱いところを探る。まい「・・・ん・・・んん・・・」気持ちいいのか、ローターから逃げようとしてるのか、まいは体をよじる。

まい「あ・・・ん・・・んんっ・・・あ・・・」そのまま黙って10分くらいクリをいじってるとまいはさすがに息を荒げて声が普通に漏れるようになってきた。僕はまいを見上げて「気持ちいいか?」と聞く。

まいは僕を寝起きのようなトロンとした目で見下ろした。口は少し半開きになって気持ちよさを味わってるようだった。まい「ん・・・気持ち・・・いいの・・・」まい「・・・もっと・・・して?・・・」

なんか僕が優しく(優しく?)クリをイジってるから勘違いしてきてるみたいだ。僕はクリをイジりながら普通に聞いてみた。僕「まいはオナニーは週何回するの?」

まい「あ・・・え・・・?えぇ!?」顔と声が一瞬素のトーンに戻る。クリをイジる手は止めないのでまた「ん・・・!」と声をあげて顔をそむける。僕「何回?」

まい「そんなの・・・しません・・・」言いながら顔が今までより赤くなる。胸の辺りも赤くなってきた。僕「ウソつけよお前」

まい「本当・・・ですよ・・・あ・・・!」僕「僕に犯されたりするの想像してオナニーとかするの?」まい「や・・・なんでそんな・・・!いやっ!」

顔がカァっと真っ赤になる。白い肌が首からおっぱいの辺りまで赤くなる。体のよじり方も変わってきた。鼻息も荒くなる。僕「ふぅん・・・僕に犯されてるの想像してオナニーするんだ」

まい「いや・・・そんな・・・やだもぅ・・・」顔を左右に激しく振る。どうやらツボのようだ。やっぱりMはMなんだ。

僕「いつも想像してた僕にこうやってイジラれるのはどんな気分だよ」まい「・・・ぃやあぁ・・・もうヤだあぁ・・・」パンツの染みが大きくなってる。

横にずらすと、マンコがジワっと濡れて赤く充血してた。僕「そういやまいのマンコじっくり見るの初めてだよな?」まい「いやあぁ・・・んっ!・・・見ないっで!・・・見ちゃやだあぁ・・・あっ!」

僕「お前のマンコグロいなぁ・・・まわりの肉がもりあがって、ピンクのアワビみてぇ」まい「いやあぁ!なんでっ!んっ!そんなこと!あ!いうのぉっ!」僕「マンコのビラビラはあんま広がってないな。クリも小さいし」

まい「やめてぇ・・・そんなこといわないでえぇ・・・」いつの間にか真っ赤な首をのけぞらせて喘いでる。言葉責めには弱いようだ。僕「でオナニーはしないの?」

まい「しないぃ・・・やっ・・・はずかしっ!はずかしいぃよぉ・・・」僕「オナニーでイケるのかよ」まい「やだっ!しないっ!しないのっ!んっ!」

体が小刻みに震えだした。もしかしたらイク前兆かも。僕「イかないのか・・・僕イカない女ダメなんだよね」まい「うそ!ん!イクのっ!イキます!イケるのっ!あたしっ!」

首をブンブン振りながら声をあげる。まい「あーきもちいいよ!きもちいいよ!?んっ!もっと!もっとして!」僕「オナニーは何回するんだよ」

まい「んっ!わかんないっ!んっ!たまっ!にっ!するっんっ!しますっ!」僕「何回するんだよ」まい「しますっ!んっ!いや!?きらい!?んっ!」

僕「嫌いじゃねぇよ。してるほうがいいよ」まい「いっぱい!んっ!いっぱいするのっ!んっ!ほとんどねっ!まいっにちっ!」僕「どうやってすんだよ」

まい「わかんないっ!しらないよっ!んっ!いやっ!」暴れてるのか興奮してるのか手錠したり縛ったりしてる辺りが赤くなってる。白い肌と赤くなってる部分がコントラストになってて、嗜虐心をそそらせる。

僕「言えよオラやめんぞ」まい「やめちゃっ!やっ!いやっ!するっ!します!ゆびっ!ゆびっ!」まい「あーだめ!もうだめ!いきそう!いきそうだよ!」

僕「僕にイカされるのかよ。いつもオナニーのネタにしてた僕に」まい「あーだめ!いわないで!もうだめ!そんなの!いきそう!もっと!」僕は黙ってローターを離す。

まいは「あん!」と大声を出すと腰だけ跳ねて、離れたローターを追うように腰をくねらせた。まい「いや・・・いやっ・・・なんでっ!もうっ!ん・・・」僕「なに勝手にイキそうになってんだよ」

まい「あーだって、きもちいいんだよ・・・ん・・・はやくぅ・・・」まいのマンコはビシャビシャになっててソファーまで濡らしてる。まいは体を時々ビクビクと痙攣させてる。

腰を必死にくねらせて、パンツにクリをこすらせて少しでも刺激を得ようとしてる。僕はさっきの袋からビニールテープを出すとローターの電源を切ってクリの辺りにあててパンツをかぶせ、ビニールテープをグルグルに腰に巻きつけた。まい「あ・・・!・・・や!なに?なに?」

多分これでローターはズレないはず。僕はローターのスイッチを入れる。まいは「んっ!」と声をあげまた体を跳ねる。

まい「あー・・・、んっ!きもちいっ!んっ!」ローターを自分の気持ちいいところに当てようとするように腰をくねらせる。僕の目を見てまい「もういきそうだよ、さわって?さわって?」

といやらしい目つきで僕を見る。僕はあえて冷たい視線を落として背を向ける。まい「え!?んっ・・・あっ!なんで!?あっ!」

僕は黙ってシャワーを浴びにバスルームへ行く。まいは視線から消え、壁の向こうからまいの声が聞こえる。まい「やだやだやだ!どこいくの!やっ!まって!」

AV流しながら風呂入る見たいだなーとか思いながら服を脱ぐ。まい「あっ!もうだめ!いきそうなの!まって!こんなのやだ!」服脱いでバスルームに入る。入る瞬間にまい「やだやだやだ!こんなの!もういや!まって!まっ!いきそう!」

と絶叫に近い声が聞こえた。僕はのん気にシャワーを浴びてから浴槽に湯を溜める。浴槽に湯を溜めるドバドバという音の合間にまい「・・・あ!・・・や!・・・ん!」

というまいの声が聞こえる。結構古いつくりのバスルームに聞こえるくらいだからかなり大声出してんじゃないか?とか思いながら体を洗う。別にシャワーを浴びるつもりはなかった。

ただ、時間を潰したかっただけだ。浴槽に湯が溜まり音が止まるとまいの声がさっきよりもはっきり聞こえるようになった。まい「あーーー・・・きて・・・きて・・・またいくの・・・こんなの・・・いや・・・」

浴槽につかりながら自分のチンポが固くなってるのがわかった。まい「もういくの・・・はやく・・・もうだめ・・・あ・・・いく・・・いくいく・・・」まいの声を聞きながらチンポをこすってみると、思いのほか気持ちいい。

隣から聞こえるアヘ声ってこんなに興奮できるものかって驚いた。覗きやらするヤツの気持ちがちょっとわかる気がした。まい「もうやだー・・・こんなの・・・ちゃんと・・・あ・・・して・・・あっ・・・」

僕はチンポこすりながらさすがにここで出すのはもったいないなぁ・・・と思いながら手をとめ風呂を出る。まい「いく!!いくの!!もうだめ!!またいく!!やだやだやだ!!」扉を開けた瞬間、まいの声が予想以上にデカくてビビった。

まい「おねがい!!きて!!もういくの!!やだ!!いく!!いく!!」軽く壁から顔を出して覗き込むとまいとガッチリ目が合った。多分まいはずっとこっちを見てたんだろう!まい「あ!!はやっ!!いくっ!!いくいくいくっ!!!」

まいは目を見開いたまま体をビクビクと跳ね上げた。多分僕がいなくならないように見続けてたんだと思う。まいは目を閉じることなく体を痙攣させる。

僕は裸のまま部屋に入る。まい「あー・・・やだっ!!おねがいっ!!さわって!!こんなのやだ!!」黙ってタバコに火をつけてテレビをつける。

まい「やだよう!!おねがい!!おこってるの!?なんで!?」ちょっと古めのホテルなのにリクエストDVDとかあるんだ。まい「ちょっ・・・!!なんで!!なんか!!なんかいって!!」

すべらない話ってどこのラブホにもあるよなぁ・・・。まい「さわって!!おねがい!!また!!もうだめ!!もうだめなの!!」リモコンですべらない話を選択。

まい「いや!!いやなの!!もっと!!さわって!!おねがい!!」黙ってすべらない話を見る。実際あんまし内容は頭に入ってなかった。チンポは立ちっぱなしでずっと興奮して頭がクラクラしてるのが自分でもわかった。

タバコは1箱吸い終わった。まい「あー!!あっ!!あー!!」もうまいは何も言わなくなってただただ声をあげてた。

もうそろそろかな?と思ってふりむく。まいは顔から涙と鼻水を垂れ流して僕が振り向いたのに気付くと口から流れてたヨダレをジュルルッと吸い込んだ。まい「あーーー、あっ!やだやだやだ・・・!」

僕は黙ってまいの傍らに立つと指でローターを押し込んだ。まい「あああーーー!!!ぎいいいぃぃぃぃーーー!!!」まいは目を見開いて歯をくいしばった。

首がばあさんのように筋が立ってちょっと気が萎えた。ソファーはビショビショになって床にまで垂れてた。まい「いぐいぐいぐーーーー!!!!」

歯をくいしばったまま歯の隙間から搾り出すように声をあげる。まい「っぐっ!!!!」まいは最後に跳ね上がると体をビクンビクン痙攣させた。

口と鼻から汁が噴き出していくつか泡がたった。歯をくいしばったまま「しひーーしひーーー」みたいな声をあげて全身で息をする。僕はパンツの上からグルグル巻きにしてたビニールテープを乱暴にズラしてローターをはずした。

ビニールテープをライターで焼ききって全てはずす。もうまいはなすがままで、ソファーにだらしなくもたれて肩で息をする。僕は僕とまいの携帯をとりだしてカメラモードにする。

まいは携帯を向けられてることに気付いたみたいだが、そこまで頭がまわってないのかまい「ああーーー、あっ、あーーー」と口を半開きにしてうつろな目でよくわかんないことをつぶやいた。全身が入る写メを数枚撮ったあと、マンコをユビで広げて写メを撮る。

もうまいは抵抗とかそういうのはなかった。顔はボーッとしてほっといたらそのまま気を失うように眠りそうだった。でも僕はまだ一度も出してない。

僕はビシャビシャになったまいのマンコの汁を手の平にたっぷりつけると、チンポにこすりつけそれを数回繰り返した。自分でもガチガチになってるのがわかるチンポをトロットロになったまいのマンコにあてがい、ゆっくりと挿入する。まい「あああーーーーっ・・・!!!」

僕がゆっくりとチンポを入れていくと、まいは「へ」の字にするように口を開く。声は絞り出すようだった。今までは特別締りがいいとか思ったことはないマンコも、中は多分まいの気持ちとは関係なくうねうね動き、僕のチンポをやわらかく締め付ける。

落ち着いた状態でまいのマンコを味わうのは初めてかもしれない。僕は自分が気持ちよくなるように、チンポでまいのマンコの感触を味わえるようにゆっくりと動いた。彼女と何度か生でしたことはあったが、妊娠の心配は(多分)ないという安心感と、なにより「自分だけが気持ちよくなるために女のマンコを使ってる」という歪んだ征服感が僕を気持ちよくさせてた。

まい「ああぁぁーーー、ううぅぅーーーっ!うぅっ!うんっ!」わざと斜めや上下にに腰を動かしたりして、チンポがマンコの肉壁をこする感触を味わう。多分カウパーも出てると思う。

でもそんなのを気にしないでゆっくりと感触を楽しむ。まい「いいいぃぃーーー、いいよおぉぉぉーーー、いいのおおぉぉぉーーー」体をいやらしくくねらせてまいが言う。目も完全にイッてて僕を見てるけど焦点があってない感じだ。

僕はまいの口に指を突っ込み、舌をつかんで引っ張り出す。まい「ふぁがあがんわぐわぁーーー」まいのあごがガクガクと震えてる。

体の力が抜けて、あごの間接がゆるくなってるみたいに見える。僕「舐めろ」そういうとまいはじゅぱじゅぱ音を立てながら僕の指を舐めた。

「しょごちゅぼじゅごぼぽ・・・」唾液の音なのかまいの声なのかわかんない「音」がまいの口から出る。僕の指はまいの唾液まみれになってて、手の平をつたってまいの首やおっぱいのあたりに垂れていく。

まい「あああーーーー、んっ、あーーー」まいはその自分の唾液をこぼさないようにしようとしてるのか、舌をのばして唾液をすくい取ろうとする。もちろんちょっとしか届かないけど、そのしぐさがエロくて僕はすごく興奮した。

僕はソファーに手をかけてまいの顔の前に僕の胸をもっていった。まいは理解し、僕の乳首を舐めはじめる。まい「ああぁぁん、んんっ、んぱっ、じゅるるるっ」

まいの顔は見えないが必死に舐めようとしているのはわかる。実際まいの舌はあたたかく僕の体にまいの唾液がつたっていくのがわかった。まいはさっきから一度もまともな言葉を発してない。動物のようになったまいに僕は更に興奮していた。

ソファーの背もたれを握って僕は奥までチンポを入れる。まい「いいいいぃぃぃぎいいううぅぅぅぅ!!!」僕の顔の真下でまいが歯を食いしばっただろう声をあげる。

入れてからそんなにたってないけど、実際僕も限界だった。僕は足をのばしてソファーに手をかけた腕立てふせのような体勢で、まいの「肉」にチンポをたたきつけた。まい「ああああ!!!!いくいく!!いっぅっくーーーー!!!」

白目を向く勢いで僕の顔の真下で頭を大きくのけぞらせまいが絶叫する。僕のことは見えてない気がする。まいのマンコがギュウッと僕のチンポを締め付けるのがわかる。

大きく絶叫しながら大きく痙攣した後後、ガクンと後ろに頭をもたれさせたせ、そのまま人形のようにカクンカクンと僕の動きにあわせて頭を振られていたが、まい「げほっ!げほっ!」と大きく咳き込むと、きゃあぁぁぁみたいな音を出して大きく息を吸い込みまい「まっ!まっ!もっ!ひっ!ひいいぃぃぃぃ!!!」と大きく目を見開く、目をギュっと瞑る、一瞬白目を剥く、を何度か繰り返したあと、またまい「いっぐううぅぅぅぅーーー!!!」

と叫んで同じように大きく痙攣した。もう泡をふいてもおかしくない勢いだった。僕は僕のチンポでこんなに女がおかしくなる、という変な征服感と自信で僕の中の「オス」が満たされていくのがわかった。

そのままチンポをこすりつづけてもまいの反応はなくなった。気を失ったように見える。ありえないけどもしかして死んだ!?ヤバいことをした!と思った瞬間、自分のチンポがそこまでの状態に女をしたのかという興奮からか、一気に射精感がのぼってきて「イクかも」と思った瞬間に一気にものすごい気持ちよさと一緒に強烈な射精をした。

尿道を精子が通っていくのがわかる、尿道を広げながら通ってると思うくらいの勢いで発射されて、「液」じゃなくて「固体」を一定の間隔で押し出してるようだった。僕は「おおぉぉっ!!おおぉおおうぅ!!」みたいな変な声をガマンできずに思わずあげてた。

チンポが異常に敏感になっていて射精しながらも腰を振るのを止められなかった。射精するたびに体中がしびれて手足の先が快感で震えた。まいの中に自分の中の全ての体液を吐き出すまで腰を振り続けるぐらいの勢いで僕は何度もまいの中に射精した。

僕は最後まで声を出しながら射精する。まいは僕の気持ちよさとは別に完全に死んだようになってた。ただ、僕の射精とは全く違うリズムで小さな胸は上下に動いていて、生きているのはわかった。

僕は全てを出し切るとタバコを吸いたいとすら思わず、強烈な眠気に襲われてそのままベッドになだれこんだ。そこからの記憶は朝、まいの泣き声で目が冷めるまで完全に無い。僕は今まで一番性欲が満たされた充足感で完全に熟睡してた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。