厳しい審査を通り、ようやく参加が許された高級マンションの一室で行われている乱交パーティ

俺は今、ある高級マンションの一室にいる。ここにゲストとして招待されるまでには、かなりの苦労があった。

性病にかかっていないという医師の診断書に、ゴムをつけるという誓約書、身分証明書のコピーまで提出させられて、やっと参加をゆるされたのだった。ここは、超高級マンションの一室を利用した乱交クラブの会場だ。普段なら話す機会もないような人たちが集まっていて、控え室でお酒を飲んだり、歓談したりして休憩し、プレイルームというフローリングの部屋で乱交する。

年齢層は熟女という感じの色っぽいむちむちした女性から、知的な感じのスレンダーなOL風の女性、高校生かと思うような幼い感じの少女まで、各種取り揃えといった感じだ。とりあえず俺が逆立ちしたって、ベットインできないようなハイクォリティなのは間違いない。期待と緊張でわけがわからなくなってる俺に、主催者の男性が微笑みながらいった。「最初は緊張でできない人も多いので、見学しつつ、できるようならするというくらいの方がいいですよ。普通、人前でセックスすることなんてありませんからね。」プレイルームと控え室はカーテンで仕切られているだけなので、あえぎ声やぱんぱんという音がきこえてくる。「あ、新しい人ね。はじめまして。」知的でスレンダーな感じのOLがパンティだけの姿で通りかかった。おっぱいは大きく、ウエストがきゅっとくびれていて、すらっとした足がまぶしい。フレームレスのメガネで、髪をまとめているところも、そそられる。「こ、こんにちは。遼太です。」あわててあいさつすると、知的美女は「綾香っていいます。よろしくね。」とにこやかにこたえてくれる。主催者の男性は、綾香のおっぱいをいきなりわしづかみにして、乳首を指でいじりだした。

「あいかわらず、いいおっぱいしてるね。」「ん・・もう・・セクハラオヤジみたいですよ!」綾香は主催者の男性をちょっとにらむようにするが、抵抗はしない。「綾香ちゃん、遼太くんをお願いできるかな。」主催者の男性はおっぱいをいじったまま、綾香の耳をべろべろとなめ、ついでのようにきいた。「は・・ん・・いいですよ。」綾香がそう答えると、主催者の男性はぱっと綾香から離れ、俺の肩をぽんとたたいた。「じゃ、楽しんでいってね。」綾香はパンツだけの俺をプレイルームに連れて行った。そこにひろがっていたのはAVのような光景だった。かわいい顔の少女がおじさんのペニスをフェラチオしながら、正常位で別のおじさんに入れられている。色っぽい熟女は筋肉ムキムキの青年に後ろからぱんぱんと犯されて、あられもない声をあげている。「すごーい。かちかちだね。」呆然としていた俺のペニスをパンツの上から、綾香がにぎった。「ん・・。」さわさわとなでられるだけで、俺のペニスは先走りをにじませている。「脱がしちゃってもいい?」俺がうなずくと、綾香は俺のペニスの前にヒザをついて、パンツをおろした。

「わあ!遼太くんのステキだね。」むきだしになった俺のペニスは完全にそりかえっていて、先走りで濡れている。綾香は俺のペニスの根元に手をそえて、下かられろーっと舐めあげた。「あっ・・。」こんな美人に会ったばかりでフェラチオされるなんて夢のようだ。ぺろぺろと舐めてくれる綾香の舌の動きと、そのいやらしい肢体にうっとりとしていると、筋肉ムキムキの青年が近づいてきた。「綾香さん、久しぶりですねえ。」青年は綾香のパンツをいきなり脱がす。「やだあ。光希くん、強引なんだから。」やだといいながらも、綾香は抵抗しない。ヒザ立ちになっている綾香の足をもっと開かせて、青年はアソコを指で愛撫する。「新人君のペニスをフェラチオして、感じちゃってるんですか?ぐちゅぐちゅですよ。」綾香にしゃぶられながら、綾香がアソコを指でいじられているのをみるのは不思議な感じだ。「彼のペニスは大きくて固そうだから、早く咥え込みたくて、仕方なかったんでしょう?」青年は指をアソコに入れて、出し入れしながら、反対の手でクリトリスをいじっている。「ふ・あ・。」綾香は手と口で俺のペニスをしごいてくれるが、青年の愛撫にすごく感じていて、集中できていないのがよくわかる。

「君、あぐらをかいてもらえる?」青年にいわれてあぐらをかくと、彼は綾香をよつんばいにさせて後ろからアソコを舐め始めた。綾香はアソコを青年に舐められながらも、俺のペニスをしゃぶって快感を与えてくれる。俺は綾香のおっぱいに手をのばして、さわさわとなでまわした。「あ・・やだ・・イっちゃう・・。」乳首をいじっていると、綾香は俺のを手でしごきながら、体をふるわせた。青年が指を出し入れしているアソコがぐちゅぐちゅという音をたてている。「一回、イったところで、彼のペニスを入れてもらったら?」青年は綾香を抱きかかえて、あぐらをかいている俺のペニスの上にゆっくりとおろした。十分ほぐされていた綾香のアソコは、俺のペニスを楽に飲み込んでいく。ずっぷりと全部入ると、青年は綾香の体をもちあげて、抜いてしまった。「あ・・あん・・。」その刺激で綾香は嬌声をあげる。「ごめん、ゴムつけてなかったよね。」青年に渡されたゴムをつけおわると、青年は笑いながら綾香にいった。「綾香さん、ご自分でどうぞ。」綾香は自分で俺のペニスをもって、アソコに入れていった。

「すごい・・気持ちいいの・・。」自分から腰を振り、快楽を追っている綾香の前に青年が立ち、大きくなっているペニスを綾香の顔の前に突き出した。「俺のも舐めてくださいよ。」綾香は青年のペニスをしゃぶりながら、自分の気持ちのいいように腰を揺らめかせる。俺も後ろからつきあげながら、ゴムの中に、精を吐き出した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。