童貞の俺が寂しがり屋の友達の彼女にフェラチオして貰ったエッチ体験談

ぴゅあらば

童貞の俺が寂しがり屋の友達の彼女にフェラチオして貰ったエッチ体験談。

2年くらい前の話。

当時は9月中旬くらいで、まだ暑かった。
俺は部活の合宿があったので学校でずっと練習をしていた(学校で合宿していた)

着替えてさぁ帰ろうと思いふと携帯で時間を確認するとメールが来ている。
それは女友達からのメールで「今日暇だよー。彼氏実家に帰ってるからさー」とあった。

その友達(美樹とでもしておこう)の彼氏(義文にしておく)とは友達で、前の日から「明日暇なら美樹と遊んでやってくれよ。寂しがりだからさ〜。」といわれていた。

美樹が寂しがりというのは以前から知っていた。
その寂しがりのせいでいろいろとゴタゴタが起こったりしていたので、またそんな事になったら義文も大変だなと思い結構疲れてはいたが、少し顔出すくらいならいいか、と思い行くことにした。

22:30頃に美樹の家に着いた。
彼女は一人暮らしなので、彼女以外は誰もいない。

「あっ いらっしゃ〜い。どうぞ〜」なんていいながら俺を招き入れる。
「さすがに今日は疲れたよ〜」
「合宿だもんねー。お疲れさん!」などとテレビを見ながら話をする。

この時、俺は少しだけドキドキしていた。
何かあるんじゃないかと・・・

ホントはすぐに帰るつもりだった。
その日は合宿初日だったので翌日もまだ練習があるからだ。
でも、帰れなかった。
少しだけ何かあるんじゃないかと期待していたからだ。

実は、美樹と俺は、美樹が今彼ではない彼氏がいる時に俺の家に来てキスしていたのだ。その頃美樹は元彼とうまくいっておらず、かなり傷心状態だった。

入学当時から仲のよかった俺たちは、よく恋愛相談などをお互いにしていた。
その時は俺の家で話をするということになっていた。

童貞だった俺は美樹の色香に誘われキスしてしまった。
むこうもまんざらでもないみたいで、結構激しくキスしあっていた(舌は入れなかったけど)。
しかし、彼氏がいるのにまずいと思った俺はキスだけでやめた。
その時はそれで終わり、その後は何事もなかったかのように接していた。

12時が過ぎ、さすがに疲れが出たのか眠くなってきた。
「横になってもいい?」と聞くと、
「いいよ。疲れてるんならそのまま寝ちゃってもいいから」と答えた。

・・・誘ってんのか?と思いつつ横になる。

いくら仲がいいと言っても、2時間もいりゃさすがに話すこともなくなってくる。
少しずつ無言になる。テレビだけがにぎわしく喋っている。

ずっと無言というのも気まずいので、独り言のように適当に何か喋るが、間が持たない。時間がたつにつれて期待が少しずつ大きくなってくる。

でも美樹には彼氏がいる。
俺が今考えているような事はしちゃだめなんだと思うのだが、なかなか腰があがらない。眠気があってこのまま寝てしまいたいと言う気持ちもあったからだ。

そうこうしているうちに、少しずつ美樹は二人の間を縮めていた。
あきらかに誘っている。
すごく鈍感な俺だが、それだけはわかった。

「いいよ?泊まってっても。私も一人で寝るのはちょっとさみしいし・・・」
「疲れてるんならもう少しゆっくりしていきなよ」
こんな言葉をかけられて、俺はますます帰れなくなっていた。

それと同時にどんどん期待が膨らんでいく。
もうこの時義文の事は頭になかった。

しかし1時頃になり、さすがに眠気の限界がきた。
帰るなら今だが当然帰る事は出来ない。
というかもう帰ることなど考えていなかった。

美樹が横になっている俺の隣まで来た。
もうすでに会話はないに等しい。

「私も・・・横になろっかな。眠くなって来ちゃった」
そういいながら俺の横で仰向けになる。

美樹はそのまま俺と話を始めた。
俺はその時彼女に無理矢理・・・なんて事は勇気がなくてできなかったので、とにかく受け身でいこうなどと考えていた。(今思えばかなりヘタレなわけだが)

しかし、会話はするが今の俺にはもう話など耳に入ってこない。
心臓がドクドクと鳴り、呼吸も荒くなってきたように感じた。

しかしそれ以上に眠くなってきていた。
落ちるといったら言い過ぎかもしれないが、ホントにいつ寝てもおかしくなくなっていた。

あまりにも眠いので俺はそのまま寝ることにした。
もしそれで美樹が更に近寄ってくることになったら、その時考えようと思っていた。

案の定美樹は横になったまま更に俺にくっついてくる。
顔の距離が30センチ、20センチとなくなっていく。
ふと見つめ合い、どちらともなくキスをした。

今度のキスはいきなり舌を入れてきた。初めてのディープキスに興奮した俺は
さらに激しくキスをする。舌を絡ませる度にピチャピチャといやらしい音がする。

体を寄せ合い抱き合いながらキスをする。
彼女のキスがうまいのか初めてだからか分からないがすごく気持ちいい。

力が抜け、彼女の舌にいいように弄ばれる。
もうこの時ティムポはギンギンだ。

キスをしながら軽く胸を触ってみた。
彼女は何も言わない。もっと触りたい・・・

服の上から乳首をいじりこね回すと「んっ・・・」と甘い声が漏れる。
その声に激しく興奮し、キスをしたまま服をめくる。
Cカップくらいの胸にちょうどいい大きさの乳首がついている。
乳首をそのままいじり、胸をもむ。

キスをやめ、すぐに乳首にむしゃぶりつく。
さっきより彼女の声が大きくなる。
「んっ・・・・あっ・・はぁぁ・・・」

下も触りたい・・・
そう思った俺は彼女のズボンをおろし、パンツの上からゆっくりと秘部をなぞってみる。
「んっ!」っと一瞬大きく反応する。

ビデオなどはしょっちゅうみていたが、実際どうやって触っているのか分からなかったので、とりあえず上下にこするが、それでも気持ちいいみたいでさっきより甘い声がでている。

「俺このままエッチしちゃうのかな・・・さすがにそれはやばいよな」

多少余裕がでてきてそんな事を考えていたその時、ガチガチになった俺のティムポを彼女が触り始めた。

ゆっくりと上下にこする。
「気持ちいい・・」俺は更に興奮し、荒っぽく乳首を舐めまわす。
彼女の手つきはいやらしく、カリや亀頭の先など気持ちいいところばかりを攻めてくる。

何分くらいそうしていただろうか?かなり長いことしていたと思う。
その時の俺のティムポはもうこれ以上ないほど勃起していて、自分でも分かるほどガマン汁がどろどろと流れてきていた。

その時ふと彼女が起きあがった。
「どうしたの?」
「・・・もっとしてほしい?」と彼女。
「あ・・・ううん、いやならもういいよ」と言うと、
「イヤじゃないよ。」と美樹は笑顔で答える。

少しの沈黙の後、俺は「・・・エッチする?」といった。
でもいった後に、それはやばい!さすがにそこまではヤバイよ!と後悔した。
義文は俺の友達だ。
その彼女にそんなことするなんていくらなんでも・・・
と考えていたその時、美樹は俺に覆い被さってきてキスしてきた。

もう理性は一瞬でふっとび、夢中でキス。
すると美樹は「してあげるよ・・」といってティムポを触り始める。
俺はズボンを下げ、勃起したティムポを出す。
やはりもうガマン汁でぬるぬるだ。

彼女はだまって俺のガチガチになったティムポを軽く握り、擦りだした。
「うぅっ・・・うっ」と声が漏れる。

横になっていた体を起こそうと思い、起きあがろうとした瞬間、
美樹はティムポをペロっと一舐めし、そのまま一気に口に含んだ。
「うっはぁっ!・・・・・気持ち・・いいよ」
口の中はすごく暖かく、唾液のせいでぬるぬるしていた。

ティムポを口に含んだまま上下に動く。
美樹がしゃぶっているところをみるとそれだけで快感が増し、時折でるジュルッ、ジュブブッという音が更に俺の快感を高める。

そっと手でさおを握り軽くしごきながら亀頭をぺろぺろ、裏スジを舐めながら玉をもみもみ。

「ああっ気持ちいいよっ!」
「ん?ひもひいい?フフッ」とくわえながらこっちを見て笑う美樹。
喋る口の間から唾液がどろりと流れ出す。

ティムポはもうこれ以上ないくらい勃起して、今にも爆発しそうだった。

「あ・・・で、でちゃうよ。」
「いいよ?このままだして・・・」
「で、でも口の中でいいの?」
「うん・・・」

だんだん美樹のピストンが激しくなる。ジュルジュルと音を立てて激しくしゃぶる。
「ああっ もうだめ!イきそう!イくよ!イク!」

びゅっと精子が勢いよく口の中にだされる。
4,5回ほど脈打って、収まった。
美樹はきれいに精子を舐めとり、飲み干した。

「よかった?」「うん」またキスをする。

射精すると現実に戻るというか・・・
俺はすぐに「まずいことしたな・・・」と思って後悔していた。
その時美樹が、「お口だけでいいの?」などというもんだから、俺は激しく迷った。

しかし、一発抜かれて冷静になった俺は「これ以上はやめよう」と思い、その先のことを断った。最初はそのまま泊まろうと思っていたが、ここにいたら絶対ヤッってしまうと思い少し休んでから帰りました。

その後は何事もなかったかのように接しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。